エックスネット IFRS-NEWS第30号を発表!

スポンサーリンク

フルーツ@英語は苦手!です。英語は嫌いだから数字に強くなろう!って決意して経理部に入ったのに、英文契約書やら国際会計基準やら海外子会社との取引やら、英語からは逃れられない運命のようです。

英語からの逃避を企てる私のところへ、株式会社エックスネットのXネッコがやってきました。今日もこびとMTGがはじまります!

補足:こびとMTG
こびとMTGは、不定期に開催される、こびとたちとオーナーとのMTGです。こびとたちのことを知り、株式についての理解を深めることを目的としています。各会社のプレスリリースをもとに、財務情報をはじめとする定量的情報の他、製品情報などの定性的情報もご紹介していきます。

※今日のこびとMTGでは、株式会社エックスネットのリリース「XNET / IFRS-NEWS」第30号「IASBがIFRS17号(保険契約)の最終基準を公表」を掲載しました。の内容をご紹介します。

 

Xネッコ
IASBがIFRS17号の最終基準公表したなっ!

ん~?

Xネッコ
フルーツわかってねーのか?IASBはInternational Accounting Standards Boardで国際会計基準審議会。IFRS(国際会計基準)作ってる機関だぞ!

あー。なんかそんなのあったかも。17号ってのは会計基準のことだよね。何の会計基準?

Xネッコ
保険契約。IASBの議長も「保険業界はグローバル経済において非常に重大な存在だ」って言ってるくらいだから重要だぜ!

ふーん。要するに、IFRSの保険契約に関する会計基準が新しくなるってことかー。

Xネッコ
そうそう。2021/1/1からの適用!

なるほどねー。

たから
XネッコはIFRSにも詳しいのよね。Xネッコの提供するXネットソリューションの中には、「IFRS管理」もあるもの。

あ、宝印刷株式会社のたからちゃん。

Xネッコ
「IFRS管理」は、IFRS元帳を追加管理するのに必要なデータ作成や開示の機能を提供するんだぞー。
たから
保険会社や投資顧問会社、銀行なんかを対象に、IFRS9(金融商品)なんかに対応していくサービスよね。IFRS伝票が作れたり、IFRS開示に必要なデータがとれたり…

それでXNET IFRS-NEWSなのか!XネッコとIFRSの関係がわかった。ありがとう!

 

XネッコはIFRSにも詳しいシステム屋さん。アプリケーションアウトソーシング事業で使うアプリケーションの開発のために、様々な会計基準にも目を配っているようです。

日本取引所グループによれば、IFRS適用済の会社は111社。これから増えていくことはあっても減っていくことは考えにくいです。IFRSにも詳しいXネッコであることで、Xネットサービスの導入が増えていくといいですね。

うーん。勤勉でいいこびとだ!これからもいろいろ勉強してまじめに働いて、私たちこびとオーナーに配当金を運んできてね!

それではまたっ!

 

※今日の主役、エックスネットのXネッコに関する基本情報はコチラです!ぜひご覧下さい♪

(参考:日本取引所グループ「IFRS適用済・適用決定会社一覧」、株式会社エックスネットなど)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。