【ブログ】貯金額=買わなかったものリスト。死に金にしないように気をつけよう

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

お金は使えばなくなりますし、使わなければなくなりません。

22歳で就職し、30歳時点で1,000万円の貯金をしたAさんがいるとします。

一方で、同じく22歳で就職し(Aさんと年収は同じ)、30歳時点で貯金がゼロのBさんがいるとします。

この1,000万円の差はどこから生まれたのか?

答えは「Aさんはお金を使わなかったから」です(投資をしていない前提)。

非常にシンプルですね。

 

1,000万円の貯金の内訳イメージを見てみましょう。

  • 200万円:車を買わなかった
  • 100万円:駐車場代、車のガソリン代、保険などの関連費用を払わなかった
  • 200万円:月2万円の保険料を払わなかった
  • 300万円:平均レベルの結婚式をあげなかった
  • 200万円:住宅を購入しなかったため、諸経費(物件価格の約8%)がかからなかった

 

こびと株メンバーの会社の後輩たちは大体こんな感じです。

  1. 車を持たず
  2. 保険に入らず
  3. ハデな結婚式をあげず
  4. 住宅は買わない

使途不明金がなければこれで1,000万円ぐらいは貯まりますし、逆に言えばこれらにお金をかけるなら1,000万円も貯まりません(もちろん収入によりますが)。

地元や大学の友達も、貯めてる人はみんな『使ってない』人たちです。

周りが羨ましいと思うような暮らしをしている人たちがお金を持っていなくて、つつましく暮らしている人たちがお金を持っているのは当然です。使ってないんですから。

 

それなりの貯蓄をしている人は、自分達の資産が『何を買わなかったことで増えたのか』だいたいイメージできていると思います。あれとこれとそれにお金かけてたらすぐなくなっちゃうよ~という肌感のある人たちです。

ただ、お金は使ってナンボですから、この資産に意味を持たせるには次の2点に留意する必要があります。

  1. 必要な時に必要なものは買うこと
  2. お金を働かせること

もし必要な時に必要なものを買わずに我慢して、お金を働かせることなくひたすら貯金しているだけであれば、それはただの貯金マニアです。

『貯金マニア』は、資産だけはあるように見えますが金融リテラシー(IQ/EQ)の低さで言えば浪費家と変わりません。なぜなら、使えないお金は存在していないのと変わらないからです。

 

  1. 必要なものにはお金を払う(欲しいものは資産からの収入で買えば良い)
  2. 貯まったお金を運用する

この2つをできるかどうかで、将来見える景色が大きく変わると思います。

使わないことによって貯めたお金』を活き金にできるかどうか、勝負は”貯めてから”です。

このツイートは賛否両論でした(もともと何の主張もしていないんですけどねw)。

確かに私もこんな感じで貯金できました!という意見から、保険ぐらい入っとけよ、こんなつまらなそうな人生ヤダ、とかたくさんの意見がありました。

お金の貯め方・使い方は人それぞれなので、自分の好きなようにお金に接すれば良いと思います。

ただ、貯めた人達のお金が死に金にならないといいな~とは思います。単純にもったいないですからね。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


1 個のコメント

  • こんばんは!ねこむと申します。
    もう、超激しく同意です!!!
    保険に盲目的に入っている人を見ると、腹立たしく思ったりします(別に影響はないのですが…)。何のために、そのお金を使うのかという価値観を養わなければいけないと思います。少なくとも、自分はそうありたいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    シーウィード

    こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。