【ブログ】10年の念願叶う。会社内でやりたい仕事をやるための3つの方法

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

10年来の念願叶って、かねてから希望していた業務に就くことができそうです。

私がやりたい業務の基準は一貫しています。

自分の資産形成に役立つかどうか?

これだけです。資産形成に役立つとはどういうことか?もう少し詳しく分解すると、この3つになります。

  1. 社内でのポジションアップに役立つ
  2. 転職価値が上がる
  3. 独立した時に売れるスキルになる

 

①社内でのポジションアップに役立つ

職場内で「やれば評価される仕事」と「やっても評価されない仕事」は明確に区別されています。

経理の場合、高い専門性を要求される業務(連結や税務など)や、社内調整が難しく正解のない業務(予算管理など)が、評価されやすい仕事になります。評価されない仕事は、いわゆるルーチンですね。

どうせ仕事をするのなら、評価される仕事をした方が金銭的にもモチベーション的にもお得です。あえて誰にでもできる仕事をやる理由はありません。

 

②転職価値が上がる

他社にも評価されるスキルであればなおOKです。①と②は重なるようでいて重ならない部分があります。特定の会社でしか通用しないスキルは、イザという時には何の役にも立ちません。

私がこの10年で経験してきた業務/培ってきたスキルは、基本的にはどれも転職時に評価されるスキルばかりです。リクナビNEXTを経由したスカウトオファーがなくならないのは、その証左でしょう。

 

③独立した時に売れるスキルになる

基本的に、経理スキルは売上が立つスキルではありません。唯一、税務はカネになるのですが、これは税理士の専売特許です。無資格者が税務で金をとるのは(金をとらなくても)違法です。

ただ、今回私が担当する業務は「会計コンサル」として需要があるような業務です。公認会計士などの外部専門家では経験できない業務で、まさに事業会社で働くことでしか得られない貴重なスキルになります。AIに代替されない分野でもあります。

これを経験したくて今の会社を選んだといっても良いような業務です。

 

このような視点で仕事をしていると、

  • 専門家としての自負(自己満足)も得られます
  • 今後の選択肢(転職・独立)も広がってきます

では、どうやってやりたい仕事をゲットするか?という話ですが、基本的にはこの3つです。

会社内でやりたい仕事をゲットする方法

①今の担当業務で成果を出す

→手抜きの仕事をする人にわざわざチャンスを与えようとする人はいません

②セミナーや書籍、関連資格取得などで、座学を終わらせておく

→あとは実務で戦うのみ!という状況にしておくと、任命されやすいですし実際に仕事にもはいりやすいです

③やりたいと言い続ける

→そもそも「仕事をやりたい」という人自体が多くないので、声に出し続ければ勝てます

意外かもしれませんが、一番重要なのは③です。

10年やらせないっていうのも大分根性ありますね。まぁ組織再編やら上司退職などでアピールがリセットされてしまったせいなのですがw

とにかく声に出して言い続けること。後輩、先輩、上司、人事。ひたすら言い続けましょう。何かの拍子でどこかから繋がります。社内にそうまでしてやりたい仕事がないのなら、転職しどきかも?

最近あまり仕事のモチベーションが高いとは言えない状況だったのですが(もう出来るようになった仕事ばかりで飽きてた)、久しぶりにやる気が出てきました。

ガッツリ取り組んで、おカネになるスキルに変換しようと思います(結局ソレ(〃▽〃))

 

仕事をするなら、やっぱりやってて楽しい仕事がしたいですね~

それではまたっ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。