フィスコソーシャルレポーターに参画させて頂くことになりました

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

先日のことです。

会社で仕事をしていると、携帯のバイブレーションが鳴りました。

 

ヴーヴー…ヴーヴー…

 

シーさん
ん、なんや。メールがきておる。どれどれ
シーさん
ん?フィスコ?

 

フィスコソーシャルレポーターをやらないかとお誘い頂きました

メールは、株式会社フィスコからの連絡でした。

フィスコとは、ジャスダックに上場している投資情報会社です。

はて?なんでそんなところからウチに連絡があるんだろう?と思ってメールを読んでいたら、フィスコソーシャルレポーターをやってみないかというお誘いでした。2015年8月頃から行っている取り組みのようですね。

■ソーシャルレポーターとは

フィスコ・ソーシャルレポーター制度は、自ら情報を積極的に発信している個人投資家のなかから、フィスコが「ソーシャルレポーター」として公認した方について、フィスコと連携するものです。具体的には、FISCOアプリ(http://app.fisco.jp/)やFISCOウェブ(http://web.fisco.jp/)、ヤフーファイナンスなどの金融ポータルサイトへ向けたコンテンツを定期的に執筆していただくことから始めております。

ソーシャルレポーターには、ご自身のメディアでの執筆・情報発信を中心としつつも、フィスコの情報配信先やFISCOアプリ・FISCOウェブへのコンテンツ執筆・情報提供活動にご協力いただく予定です。また、今後は、マスメディア等への寄稿・出演、ソーシャルレポーター同士の集まりやセミナーなど、多彩な活動にもご協力いただきたいと考えております。

(出典:フィスコHP)

シーさん
ぼくの書いた(てきとーな)記事が、ヤフーファイナンスに載ったらすごいなぁ

記事を書いてみませんか?って提案されることなんてないので、新鮮な体験です。どのような経緯でうちのような零細サイトにたどり着いたの分かりませんが、数あるサイトの中からうちに興味を持っていただいたのは単純に嬉しいですね。

まだサイトを開設して半年経つか経たないかくらいですが、少しは認知され始めたということなのでしょうか!そうだといいな!

 

メールによると、Bコミ氏、むらやん氏、DAIBOUCHOU氏など、たくさんの方々がフィスコソーシャルレポーターとして活動されているとのことです(DAIBOUCHOUさんは、雑誌で何度かお名前を拝見している他、ツイッターでフォローさせて頂いているので、存じております。)

記事の執筆によって金銭的やりとりが発生するものではありませんが、参画することでメリットもあるそうです。

  • ブログ名付きで掲載されるため、ブログへのアクセス増が期待できる
  • フィスコによる編集を行うため、コンテンツのブラッシュアップが図れる
  • 多数の金融系ポータルに無料で掲載される(LINEニュースやヤフーファイナンスなど多数)

なんだか面白そうですね!

 

お引き受けすることにしました

というわけで、お引き受けすることにしました。

デメリットがあるような話ではないですし、フィスコさんが主宰するセミナーやイベントなどがあれば、是非積極的に参加してみたいと思います。新しい交流があるかも知れないですしね!

イチ投資家として、どこかの誰かのお役に立てるような良い記事を書けるように頑張りたいと思います。このような機会を頂き感謝ですね、ご連絡ありがとうございました!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。