選択の幅を広げよう!サラリーマンだって選ぶのだ。

スポンサーリンク

フルーツ@決算期間中!です。誤解されやすいのですが、経理部の繁忙期は月末ではなく月初です。3月決算会社では、特に4・7・10・1月の月初。ただいまの経理部は、1年で3番目くらいに忙しいのです。ふぅ。

 

先日、「昨今の世界では消費者の選択の幅が広がっている」という話を耳にしました。インターネットの隆盛を機に、よく聞くようになった話ではあります。

しかし、選択の幅が広がったのは消費者だけなのでしょうか。私たち(の多く)は消費者であると同時に、労働者でもあります。

サラリーマンの選択の幅だって、広がっていいじゃないか!実際広がっているのじゃないだろうか。だとしたら私は、増えてきた数多くの選択肢をきちんと活用して暮らせているのだろうか。このあたり、一度立ち止まって考えてみたいと思うのです。

 

選択の幅

消費者の選択の幅

昨今、消費者の選択の幅はかなり広がっているように思います。

各店舗の店頭には、一つのジャンルの商品が複数種類並んでいます。ドラッグストアで歯ブラシが、十数種類並んでいたりするわけです。

ニッチなサービスも広がりを見せています。消費者一般大多数と同じ特性をもっていなくても、自分にあった商品を選ぶことが容易になっているわけです。

またインターネットを通じて、好きな店の好きなものを好きなだけ購入することができるようになりました。歩いていけない場所にあるお店のものでも、ほしいものはきちんと手に入るようになったのです。海外製品の個人輸入なんかはこの典型ですね。

消費者にとって、様々なワガママに応えてもらえる、ユメのような時代といえるのかもしれません。

 

サラリーマンの選択の幅

一方で、サラリーマンの選択の幅はどうでしょうか。インターネットの隆盛を契機として考えれば、こちらも選択の幅はどんどん広がっているはずです。

 

例えば会社選びの幅。昔は入った会社に納得がいかなくても、転職活動なんてそうそう始められることではなかったはずです。

ところがいまは、転職サイトに登録するだけで、自分の職歴にマッチした求人が山のように届きます。家でごろごろしながら、電車の中で片手間に、自分のための転職サービスが受けられるのです。

私もリクナビNEXTに登録してみたら、「いい仕事を紹介するから面談しましょう!」といってくれるエージェントや、職務経歴をみて声をかけてくれる企業がたくさんありました。中には「書類選考をスキップして面接からでいいから是非一度当社へ!」と言ってくれる企業さえあるのです。

その中から、自分好みの会社を選ぶのは、ぐんぐんカンタンになっているように思われます。

必要なことは、転職サイトに登録して自分の職歴等を入力しておくことだけ。インターネットによって、転職活動のハードルはぐっと下がり、選べる会社はぐっと広がったのではないでしょうか。

そして、職種選びの幅。今は、事前に職種に関する情報を得ることがカンタンにできます。情報を得ていくなかで、思いもしなかった職種が自分に合うことに気が付いたりもするでしょう。

働くなら、自分にあった会社で、自分にあった職種で働きましょう。せっかく広がったサラリーマンの選択の幅を、活かして暮らしていきましょう。

 

それからもうひとつ。サラリーマンにも、給与以外の収入を得るという選択肢が選べる時代になっています。収入選びの幅も、広がっているのです。

ネット証券の登場により、指先の操作だけで株式購入ができるようになりました。GMOクリック証券SBI証券などです。また、株券を発行している会社に関する情報も、24時間365日、好きなときに検索することができます。配当収入を得るチャンスです!

昼間の時間を会社に拘束されていても、夜や隙間時間に対応可能な、サイト運営などのビジネスがあります。自分の事業による収入も得やすくなっているのでしょう。

不動産を探すにも、ネット検索やグーグルマップ、不動産会社の方とのメールでのやりとりなど、活用できるものが増えました。時間のないサラリーマンにも、不動産投資を行って家賃収入を得る道が開けたといえるのではないでしょうか。

サラリーマンの選択の幅は広がっています。給与収入だけで満足するのか、他の種類の収入をプラスすることで、ゆとりある安定した暮らしを目指すのか。それもまた、私たちの選択ひとつなのです。

 

まとめ

生き方の選択の幅が広がっている時代です。せっかくだから、自分のことをよく知って、自分にあったやり方で、生きやすいように生きていきたいと思います。

消費者としても、サラリーマン(さらりーうーまん?)としても、選択の幅を活かして暮らしたいと思います。こびと株.comも、みなさまの選択の幅を広げる一助になるといいな、と思っています。

私は、自分にあった仕事をしながら、こびとと共に暮らします。経理職ばんざい!こびと株ばんざい!

みなさまも、よろしければ、ぜひ。

 

ではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。