ビジネス会計検定2級のまとめ。内容、難易度(合格率)、勉強法や勉強時間など。

スポンサーリンク

今日は、ビジネス会計検定2級についてご紹介したいと思います!

「ビジネス会計検定って何?どんな資格?」という方は、コチラをご覧ください。3級のご紹介とともに、ビジネス会計検定そのものの概要や簿記検定との関係についてもまとめてあります。

 

フルーツ
2級のご紹介も少し長くなりますので、気になるところだけ拾い読みしてくださいなー。

 

ビジネス会計検定試験2級の概要

ビジネス会計検定の受験要項

受験資格・学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません。
・希望の級から受験可能です。
・連続する2つの級を同日に受験することができます。
受験申込方法郵便振替、インターネット、コンビニ端末のいずれかでお申込みください。
(詳細は公式HP参照)
受験地札幌・仙台・さいたま・東京・横浜・新潟・静岡・名古屋・京都・
大阪・神戸・岡山・広島・山口・松山・福岡より選択できます。
受験料
(税込)
2級:6,480円
試験月3月、9月

受験料が1.5倍になっている以外は、3級とほぼ同じ受験要項です。

受験資格に制限はありませんから、3級を飛ばして2級から受験することも可能ですし、同時受験も可能です。同時受験の場合には、午前中に2級試験(2時間)を受けて、午後に3級試験(2時間)を受けることになります。若干ハードですが、やりがいはありそうです。

試験が年に2回ある点も、3級と同様です。1級は年1回試験になってしまって少しやりにくいのですが、2級は大丈夫。勉強の進捗をみながら受験時期を決めましょう。

 

ビジネス会計検定2級の試験内容

公式HPで試験内容を確認してみます。しかしここからは、3級のステップアップであるという以上のイメージはつきにくいですね。やはり、具体的な試験範囲は公式テキスト(後述)を確認するほかなさそうです。

ビジネス会計検定2級試験内容

(出典:ビジネス会計検定HP)

 

ビジネス会計検定2級の難易度(合格率)

公式HPで受験者数・合格者数は公表されているので、それをベースに合格率を算定してみました。

合格率(全実施回)

2級合格率の平均は約37.6%。3級の約61.1%に比べるとグッと低くなりますですが、まぁまぁの合格率といえるでしょう。

一番低かった合格率の低かった回は、第15回試験で28.3%です。

なお、毎回3~4人に1人は申し込みをしたものの受験を放棄しています。3級よりも若干放棄者が増えている印象ですね。

 

難易度

3級に比べると、もちろん難易度はあがっています。公式テキスト&過去問の2冊(後述)を使った試験対策をしっかり行うことが重要になってくるでしょう。

とはいえ、「いくら勉強しても受からないっ!」というような高難易度の試験ではありません。

簿記や会計の知識がある人なら、3級を飛ばして2級からの受験、あるいは同時受験も十分可能だと思われます。一方、会計分野に初挑戦の方は、3級から順を追って学習した方がよいかもしれません。

 

ビジネス会計検定2級の出題形式・出題例

実際の過去問(第16回試験)を参考にして、出題形式出題例を見てみましょう。(引用符の中はいずれもビジネス会計検定試験公式過去問題集より)

Ⅰ 正誤形式の個別問題9

【問1】次の文章について、正誤の組み合わせとして正しいものを選びなさい。

(ア)金融商品取引法上、発行市場においては有価証券届出書と目論見書を内閣総理大臣に提出することが求められている。

(イ)すべての株式会社は、定時株主総会の終結後遅滞なく、計算書類を公告しなければならない。

① (ア)正 (イ)正  ② (ア)正 (イ)誤

③ (ア)誤 (イ)正  ④ (ア)誤 (イ)誤

 

Ⅱ 「正しいものの個数を選ぶ」「与えられた説明がどの語句の説明であるか選ぶ」「該当するものの個数や組み合わせを選ぶ」などの個別問題5

【問1】次の項目のうち、四半期報告書における連結財務諸表に該当するものの組み合わせを選びなさい。

ア. 四半期連結貸借対照表 イ. 四半期連結損益計算書 ウ. 四半期連結付属明細表

エ. 四半期連結キャッシュ・フロー計算書 オ. 四半期連結株主資本等変動計算書

① アイウ  ② アイエ  ③ アイウエ  ④ アイエオ  ⑤ アイウエオ

 

Ⅲ 計算系の個別問題6

【問1】次の資料により、無形固定資産に該当する項目の合計額を計算し、正しい数値を選びなさい。(金額単位:省略)

繰延税金資産   30 ソフトウェア 80 開発費 40 長期前払費用 40

投資有価証券 150 建設仮勘定  50 のれん 50 長期貸付金  90

① 50  ② 130  ③160  ④ 180  ⑤ 210

 

Ⅳ 総合問題(小問7題)

財務諸表が与えられて、それを分析する問題です。財務諸表上の空欄箇所を埋めたり、指標等について書いた文の正誤を選んだりします。

第16回試験では、ある会社の2期比較の問題が出題されました。

 

Ⅴ 総合問題(小問11題)

財務諸表が与えられて、それを分析する問題です。財務諸表上の空欄箇所を埋めたり、指標等について書いた文の正誤を選んだりします。

第16回試験では、2社間の比較の問題が出題されました。

 

Ⅵ 総合問題(小問12題)

財務諸表が与えられて、それを分析する問題です。財務諸表上の空欄箇所を埋めたり、指標等について書いた文の正誤を選んだり、指標を計算して正しい数値を選んだりします。

第16回試験では、ある会社の2期比較の問題が出題されました。

 

というわけで、個別問題20問、総合問題30問の計50題です。

3級と同じく正答率7割で合格なので、35問以上正答しないといけません。かなり高めのラインですが、問題は基礎的なものが多くやればやるだけ得点に結びつく点も、3級と同様です。ひとつひとつの論点をしっかり押さえて、合格を目指しましょう!

 

ビジネス会計検定2級の勉強法・勉強時間

2級の受験においても、まずは独学or予備校(資格スクール)利用の選択が重要です。

ビジネス会計検定3級に合格されている方は、3級のときと同じ勉強方法の選択がおすすめです。成功体験を活かして、ステップアップを狙ってください。

はじめてビジネス会計検定を受ける方は、このフローを参考にしてみてくださいね。

独学かスクールかの判断フロー

 

独学の場合の勉強法・勉強時間

使用教材

3級と同じく、2級試験でも公式テキストは必須教材です。この公式テキストが試験範囲である以上、確認しないわけにはいきません。

2,000円(税抜)です。3級テキストより400円アップしてますね(笑)

公式テキストを買わないで勉強をする≒試験範囲を確認しないで勉強する、なので、公式テキストを買わずに勉強するのはなかなか厳しいと思います。

そして、テキスト内に例題がある(ただし、問題数が少なすぎる)のも、3級と同様です。テキスト内の例題数は69問。分野によっては2~3問しかないものもあります。

やはりこれだけでは試験対策としてあまりにも心もとないです。どうしても過去問も必要になりますね。この手の試験は、過去問をどれだけこなしたかが合否を分けます。必ずチェックしましょう。

こちらは1,800円(税抜)です。

 

 

勉強時間

通常、資格試験に合格するためには「予備校が提供する授業の時間+授業時間の2~3倍程度の勉強時間」が必要と言われています。

ビジネス会計検定2級の授業時間は、各予備校以下の通りです。

  • 資格スクエア:20分×30回=10時間
  • TAC:2時間30分程度×8回=20時間
  • 大阪商工会議所:5時間×3回=15時間

ここから類推すると、勉強時間全体は50時間程度というところでしょうか。

 

コラム:資格取得は目的ではなく手段!

ビジネス会計検定は、財務諸表の分析能力を問う試験です。財務諸表の分析能力というのは、株式投資や就職先の経営状態チェックなどにダイレクトに役立ちます

単にお勉強しておしまい!ではとてももったいないです。会計学は実学です。ぜひ身につけた知識を活用したいものですよね。ここでは、机上のお勉強から、実用への橋渡しとなる一冊をご紹介します。

「No.1アナリストがいつも使っている投資指標の本当の見方」です。

小難しい算式や文章で読者を混乱させる本ではなく、とても分かりやすく読みやすい一冊です。しかも、この本で紹介されている指標(ビジネス会計検定の学習範囲と被る部分もあります)は、本当に実務でも役に立つものです。

上場企業で経理を7年やっていて、株式投資も実際に行っている私から見ても納得できる優れた指標ばかりが丁寧に紹介されています。ビジネス会計検定2~3級くらいの知識があって、この本を1冊マスターしていれば、もう完全に財務諸表分析の入門レベルは卒業したと言って差し支えないでしょう。

ぜひ、身につけた分析能力を株式投資や就職活動・転職活動に活かしてください!

 

  • ビジネス会計検定試験は、財務諸表の分析力を問う試験
  • ビジネス会計検定試験は、学生、ビジネスマン、個人投資家に広く役立つ
  • 特に、学生が就職先を探す際には「財務諸表が読める」力は人生そのものに影響するレベルで重要
  • 2級試験の合格率は30%~45%程度
  • 合格に必要な勉強時間は50~150時間程度
  • 「公式テキスト」と「過去問」の2冊をやるだけで十分合格レベルに到達可能
  • 資格取得費:独学の場合、教材費と受験費は10,280円程度。予備校利用なら+2~3万円程度
  • スクールに通うなら、資格スクエアがおススメ。お金も時間も節約できます。
フルーツ
3級からのステップアップにぴったり。実践的で活かしやすい知識を効率的に身に着けられます。学生さんの就活のアピールポイント作りにも!

3級を取得した方は、ぜひあと一歩、2級までがんばってみてください。初めての方も、チャレンジして損のない資格だと思います。

こびと株.comは、会計に興味のある皆さまを心より応援しております。

 

それではまたっ!

お知らせ!(2017年9月12日掲載)

ご希望があれば、一部上場企業で働く現役の経理/財務マン(ウーマン)が直接ビジネス会計検定の対策講義をやらせて頂きます!ビジネス会計検定の勉強に限らず、財務諸表分析を生かした株式投資や経理への転職等、リアルで色々と聞いてみたい!という方がいらっしゃれば、遠慮せずにコメントして下さいv

こびと株.comメンバーよりも若い「大学生」や「20代の方」は特に大歓迎です!

(なぜこのようなことをやろうとしているかは↓の記事をご覧ください)

なにか自分達なりに人の役に立つことがしたい

2017.09.12
  • 土曜日か日曜日
  • 場所は都内/池袋近辺
  • 時間は要相談(2~4時間程度)
  • 参加者は複数人OK

不安な点、疑問点などあればお気軽にご相談下さい。初めての試みなので、いくらでも柔軟に対応可能です。

シーさん
ご連絡頂けると嬉しいです。お待ちしてます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。