TAKARA & COMPANYで配当金生活!【こびとNo.7921】

たから
ディスクロージャーのパイオニアなのよ

 

宝印刷の配当金は期待できる?要点だけ知りたい!

こびと概要

たから
情報開示をサポートするのがお仕事よ
項目名内容
本名宝印刷
誕生月1960年4月
仕事の内容ディスクロージャー支援(コンサルティング、ソフトウェア開発・販売、セミナー開催、書籍出版)、IR関連物の制作・印刷
配当献上月1月(予定)
8月(予定)
特徴・ディスクロージャー関連書類の作成支援と印刷に専門特化した印刷会社
・「単純な印刷会社」ではなく「情報を加工する会社」
・金融商品取引法や会社法のエキスパートが多数在籍
・ニッチマーケットの寡占企業
主なリスク・顧客の機密データの管理
・関連法令の改正
・株式市場の影響

 

重要項目No.1:投資効率

「投資額の何%の配当金を得られるか?」

株価の下落リスクは低いか?」

以上2点を確認します。

たから
人がたくさん増えてきて、隠れたくなるお年頃なの

配当利回り2.96%

PBR 1.33

(※いずれも2020年5月1日の終値ベース)

 

重要項目No.2:配当姿勢

「オーナーに対する配当をどのように考えているか?」を確認します。

たから
安定を基本に、業績に応じて配当を運ぶつもりよ。

株主の皆様への長期的利益還元を重要な経営課題の一つと考え、安定配当を行うことを基本とし、企業体質の強化および今後の事業展開を勘案したうえで、業績に応じた配当を加味することとしております。また、剰余金の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としております。
剰余金の配当および自己株式の取得等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会決議によって定めることができる旨、定款に定めております。

(「2019年5月期 宝印刷有価証券報告書」の「配当政策」より一部修正・抜粋)

 

2018年5月期まで、たからちゃんの有報には「年間配当50円」という、とてもわかりやすい配当方針が明示されていました。

しかし2020年5月期の配当予想を54円と増やすのにあわせて、2019年5月期は若干あいまいな表現に変わっています。(こびと株オーナーとしては、増配方向の変更ですから、ポジティブにとらえています。)

 

また、たからちゃんは、「安定配当金」の他に「業績連動配当金」株主優待もオーナーのもとへ運んできてくれます。

「業績連動配当金」は、当期純利益が前期を上回った場合、増益要因等を勘案の上、余剰キャッシュフローの範囲で実施されるものです。過去5年間では1度だけ、4円の配当がありました。

これを含めた過去6年間の動向は以下の通りです。

(出典: 宝印刷株式会社ホームページ 配当金・配当政策/株主優待

株主優待制度は「選べるギフト」です。お菓子や日用品、寄付などから選ぶことができます。

 

重要項目No.3:配当継続力

「最近の配当実績と同水準の配当を何年間継続できるか?」を確認します。

たから
悪くないと思うのよ

21.1年(調整後利益剰余金ベース)

16.5年(修正ネットキャッシュベース)

以上、こびと概要と3つの重要項目をチェックしてきました。

このこびと株に興味を持った!」という方は、以下「もっと詳しく知りたい!」をご覧になって下さい。配当に関連する主要情報について、さらに詳細なデータを記載してあります。

 

宝印刷をもっと詳しく知りたい!

主要財務情報(直近10年)

(1)損益計算書・貸借対照表関係

一覧表(Excel Onlineのデータを表示します)

【筆者3点コメント】

高い財務安定性。(65~85%の高い自己資本比率と、240~370%の高い流動比率)。

少ない有利子負債(2019年5月末時点で総資産の3.4%)と豊富なキャッシュ(過去8年間常に総資産の40%以上)。

ニッチマーケットの寡占企業。たからちゃんは、ディスクロージャー関連書類の作成支援と印刷に専門特化しています。このマーケットはニッチマーケットで、宝印刷㈱とプロネクサス㈱の寡占市場です。

ディスクロージャーに関する情報提供やコンサルティングを行うためには、かなり専門的な知識が必要です。参入障壁が高く、寡占市場が維持しやすいわけです。

①も②も、このあたりの事情が主要因であると考えられます。ニッチマーケットそのものの今後に関する見解が、このこびと株の評価の分かれ目になるかもしれませんね。

蛇足ですが、開示書類作成歴6年の私のみるところ、宝印刷やプロネクサスのもつ専門知識のレベルは相当なものです。参入障壁を確実に維持できるレベルだと思います。実務の現場では、「印刷会社がそういってますけど」の一言に監査法人が恐れをなす様子が見られたりもします。

 

(2)キャッシュフロー関係

一覧表(Excel Onlineのデータを表示します)

【筆者3点コメント】

①過去10年間、景気変動にも負けず、毎年プラスの営業C/F

②2019年5月末現在のキャッシュ残高は78.4億円の高水準(ここ10年間で最高!)

③2020年5月期の予想年間配当金54円をベースにすると、配当総額は約6億円。2019年5月期のFCF約10.2億円でなら十分まかなえます。ただし、2015年5月期までさかのぼると、FCFは約4.5億円。54円の配当は厳しい状況です。

ぜひ、FCFの水準をコントロールして、事業規模を維持又は拡大しながら、安定した配当を続けてほしいものです。

 

直近10年の株価推移

直近の株価は、最近10年間の中でもかなり高水準にあるようです。すっかり隠れこびとになってしまいました。税引後で3%程度の配当利回りを確保できるタイミングをじっと待ち、少ない投資金額で効率的に配当金を増やしていきたいものですね。

 

こびとの過去のつぶやき

こびと目線での決算速報やIR解説などを記事にしています。

TAKARA&COMPANY 2020年5月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2020.03.31

宝印刷 2020年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2019.12.27

宝印刷 2020年5月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2019.10.06

宝印刷 2019年5月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

2019.07.08

宝印刷 2019年5月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2019.04.06

宝印刷 2019年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2019.01.04

宝印刷 2019年5月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2018.10.06

宝印刷 4円増配!?

2018.07.29

宝印刷 2018年5月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2018.07.11

宝印刷 2018年5月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2018.04.05

宝印刷 リーディング証券からのJ-Adviser業務 譲受検討!

2018.01.28

宝印刷 2018年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2018.01.02

宝印刷 J-Adviser資格取得!

2017.11.29

宝印刷 2018年5月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.10.02

宝印刷 中期経営計画発表!あわせてグループ行動規範策定!

2017.07.13

宝印刷 2017年5月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.07.11

宝印刷 2017年5月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.04.05

 

ゆるゆるピックアップ!

企業の機密情報を取扱いますので、当社での勤務の間は株の取引はできません。
また、機密情報の取扱いについて採用時および、その後1年毎に、身元保証人を付した機密情報取扱いに関わる誓約書をご提出頂きます。
宝印刷株式会社 採用情報 募集要項
(出典:宝印刷株式会社HP 中途採用情報 グラフィックデザイナー 募集要項

宝印刷は、勤めちゃいけない会社ですね!こびと株を買えないなんてっ!買えないなんてーーー! それだけ機密情報の管理がしっかりしているということなのでしょう。身元保証人が必要って相当ですよね? たからちゃんは、口の堅い良いこびとだってことですかねv

 

宝印刷の行間は広くて、プロネクサスの行間は、狭い。
経理業界ナビ
(出典:経理業界ナビ 宝印刷かプロネクサスかの確認方法(EDINET編)

たからちゃんは情緒豊かってこと!? 思わせぶりなコメントですねー。たからちゃんは行間でかたるっ!

※上記のコメントは、どちらの会社が作成支援した有価証券報告書かによって、目次の行の幅が違うというお話の一部です。気になる方は経理業界ナビをご覧くださいね。

(最終更新日:2020年5月4日)

 

<関連記事>

【日本株の高配当株投資】最安で適切な銘柄数に少額分散投資する方法

2019.08.10

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。