宝印刷 2018年5月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

スポンサーリンク

宝印刷 2018年5月期第1四半期決算(2017年9月29日公表)

たからちゃんより2017年6月1日~2017年8月31日の業務報告が届いております。

たから
減収減益で営業利益率も下がっちゃったわ…競争が激しくて…。

      当第1四半期 前第1四半期

売 上 高   56.3億円   57.7億円

営業利益率   24.8%        26.5%

1株純利益     87.14円      95.17円

配当予想    25円+25円

 

たから
財政状態は健全なの。1株当たり純資産も自己資本比率も伸びてて順調よ。

      当第1四半期末  前期末

総 資 産   181.5億円   186.4億円

1株純資産   1,277.12円   1,209.12円

自己資本比率    78.6%     72.5%

A(※)/総資産     53.7%      46.4%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

今回の決算は、業績がいまひとつのたからちゃんです。前年同期比で、売上は2.4%減営業利益は8.7%減最終利益は8.4%減

半期・通期の業績予想は修正していませんが、達成は苦しくなっている可能性があります(たからちゃんの事業は、売上が第1四半期に偏る、季節変動の大きい事業です)。

売上減少の要因として「競争激化」が挙げられているのも気になるところです。

といって、「即当期の配当に影響が出る」というような水準ではありませんし、安全性の指標は相変わらず盤石です。

今後の動向をじっくりと見守っていきたいと思います。

 

宝印刷に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。