TAKARA&COMPANY 2021年5月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

 

TAKARA&COMPANY 2021年5月期第2四半期決算(2020年12月25日公表)

たからちゃんより2020年6月1日~2020年11月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

たから
コロナ禍でも増収よ!

       当第2四半期   前第2四半期

売 上 高    128.0億円    105.5億円

営業利益率     12.2%         13.4%

1株純利益    72.06円     84.03円

配当        27円+27円(期末予想)

 

売上・営業利益・経常利益ともに前期比10~20%程度の増加を記録しました。

  • 投資有価証券評価損の影響で、最終利益は前期比マイナス
  • 人件費の増加が目立ち、営業利益率は低下

といった課題はあるものの、厳しい経済環境の中、

フルーツ
頑張ったね、たからちゃん!

という印象です。

 

ディスクロージャー関連事業は増収増益。製品別でみると

  • 金商法関連:増収
  • 会社法関連:増収
  • IR関連:減収
  • その他(株主優待関連など):減収

という状況。

 

一方の通訳・翻訳事業は増収減益

  • コロナ影響でイベント・シンポジウムの開催が延期・中止→通訳案件キャンセル
  • のれんと無形固定資産の償却

などの要因により、セグメント損失を計上する結果となりました。

フルーツ
のれん・無形固定資産の償却を上回る利益が出ないなら、M&Aが正解だったのか疑っちゃうよね…。「コロナの影響が収まれば」という話なら、まだ良いけど…。

 

財政状態の報告

たから
安全で安心だと思うわ。

        当第2四半期末   前期末

総 資 産    295.7億円    264.5億円

1株純資産    1,603.40円    1,437.01円

自己資本比率     71.1%      60.8%

A(※)/総資産      48.6%     36.7%

※A=現金預金+投資有価証券

 

財務の健全性は一層高まっています。

高まっている一番の要因は、9~10月に行われた自己株式の処分&第三者割当増資

そしてまた、これによって払い込まれたお金の多くが、現預金のまま保有されていること。

安定した財政基盤は良いのですが、

フルーツ
株主から集めたお金を、そのまま持ってるだけ…!?

という状態はイマイチですよね。

今後は、これらのお金の使い方(有望な事業投資に充てられるか?)がたからちゃんの課題かなと思っています

 

キャッシュ・フローの状況

たから
相変わらずFCFもバッチリ+だし、問題ないわ。

        当期       前期

営業C/F     16.2億円      16.6億円

投資C/F    ▲6.1億円     ▲7.3億円

財務C/F     33.2億円       ▲3.5億円

 

FCFは+10.1億円。営業CFもしっかり出ていますし、設備投資もしっかりコントロールされています(無形固定資産の取得が大きかった分、有形固定資産の取得が抑制されてる等)

財務CFのメイントピックは、なんといっても自己株処分&第三者割当増資。

  • 自己株式の処分による収入が35.9億円
  • 株式の発行による収入が4.6億円
フルーツ
借入金の返済(純額で4億円程度)も若干行っているものの、現時点では多くがキャッシュで残っています。さきほども触れたとおり、今後は「使い方」がポイントになりそうです

 

今後の見通し

 

業績予想

たから
1Qに出した予想と変わりないわ。

通期予想の変更はありませんでした。

1Q時点で出していた2Q予想の達成率は

  • 売上:94.8%
  • 営業利益:104.4%
  • 経常利益:111.8%
  • 当期利益:91.8%

という感じ。

フルーツ
まぁまぁおおむね頑張ったって感じかな

 

通期予想に対する進捗は

  • 売上:48.3%
  • 営業利益:62.6%
  • 経常利益:67.1%
  • 当期利益:54.5%

です。

フルーツ
下期もこの調子でがんばってくれれば問題ナシ!

 

今後の配当について

たから
配当予想も変更ナシよ。

中間配当は、予定通り27円で実行されるもようです。(支払開始予定日は2021/1/25)

  • 一株あたり利益は2Q末時点で72円。年間配当予想金額54円を軽く上回っている
  • 現預金が約117億円と、十分にある(年間配当に必要な金額は7億円程度)

といった理由から、期末配当についても全く心配はしていません。

 

フルーツ
むしろ!増配を!期待してる!

自己株処分&増資の影響で株式数が増加しており、増配する場合に必要な資金が大きくなっています。

たからちゃんには、「それでも増配できる!」というだけの利益を、ぜひ稼ぎだしてもらいたいと思っています。

フルーツ
がんばれ、たからちゃん!

それではまたっ!

(参考:株式会社TAKARA&COMPANY 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。不況などで各社業績が厳しい時期こそ、分散の効果を実感できます。たからちゃんのような優秀なこびと株が、他の株のポカをおぎなってくれますからね。

少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。