「副業がうまくいかない!」成功を邪魔するサラリーマン・マインド5選

サラリーマン
副業、ずっと気になってるんだけど、なかなか始められないんだよなぁ
サラリーマン
ボクは副業始めてみたんだけど、なんっかうまくいかないんだよね…

こんな人のための記事です。

 

私フルーツには、約3年の副業歴があります。

成果も順調に出ていて、現在は、当初の目標「副業&資産運用で月額20万円以上」も無事、達成しています。

※たった1ヵ月達成しただけの最大瞬間風速ではなく、1年以上にわたり達成し続けています。

 

でも、ここまでたどり着く過程では、いろいろなことがありました。成果が出るまで山あり谷あり、ヒィヒィ言いながら歩いてきた感じです。

この記事では、そんな中で私自身が感じた「サラリーマン・マインドの足かせ」について語ってみたいと思います。

 

実際、副業を行う中で身に染みたのは

フルーツ
サラリーマンの考え方そのままで副業に取り組むと、だいぶしんどい…

ということ。

サラリーマン・マインドとオーナー・マインド(※)には、どうやらいくらか違いがあるようなのです。

この記事では、この「違うところ」を5つご紹介していきます。

フルーツ
共通して必要なビジネススキルを活かしつつも、違いをしっかり意識しておくことで、副業の失敗を避けましょう!というお話です

※副業とはいえ、「業」ではあります。そして自分の「業」を持つ以上、小さくともオーナーということになります♪

 

補足

この記事では、掛け持ちで給与所得を得るケース(深夜アルバイトなど)は想定していません。

プログラマー・ライター・コンサルタントなど、自分のスキルで独立して仕事をするパターンについて考えていきます。

 

①時間をかけた分のお金が欲しい

 

うまくいかないサラリーマン・マインド

サラリーマンはおおむね、働いた時間に対して給料をもらっています。

  • 労働時間が延びれば残業手当がもらえる
  • 有給休暇以上に休みをとれば給料が減らされる

これが基本です。

そういう約束働いているのだから、当たり前ですね。

 

ところが副業を始めようと思うと、コレは通用しません。

  1. 100時間かけて、1万円しか稼げない人
  2. 2~3時間で、数十万円を稼ぐ人

どちらも普通にいるのが副業の世界。

フルーツ
そして大抵、副業を始めたての初心者さんは、限りなく①に近いのです…

 

副業初期の時給計算は挫折のもと

フルーツ
私が副業を始めたとき、最初の3ヶ月の時給は50円くらいでした!

ちなみに、副業を始めるために、会社での残業をスッパリあきらめています。

残業の時給は2,600円くらいです。

…これ、どう思います?

 

フルーツ
残業すれば、副業の52倍稼げるじゃん!!

こう考えて挫折するのが、サラリーマン・マインド。

当時の私は、もちろんサラリーマン・マインドでした。でしたので、時給計算の結果にのたうち回りました。

 

  • ビジネスには、投資が必要。投資から回収までは時間がかかって当然
  • オーナーの収入は、時間ではなく成果にひもづく

この辺りを理解しておかないと、ほぼ間違いなく心がおれます。

 

②失敗したくない

 

うまくいかないサラリーマン・マインド

会社や職種にもよりますが、サラリーマンにとっては

フルーツ
失敗しないことが重要

というケースも少なくないと思います。

  • 黙っててもいいけど、誤った発言はNG
  • チャレンジしなくてもいいけど、悪目立ちはNG

こういう環境です。

サラリーマン
上司の「新しい挑戦が大切」なんて、真に受けたら大変なことになるよ~

 

ところが、副業は、「副」とはいえ、「業」です。新しいビジネスです。

はじめてビジネスを立ち上げて、いきなり成功する人なんて、あんまりいないわけです。

  • どんどん挑戦して
  • どんどん失敗して
  • 5コに1コでも、10コに1コでも成功すればOK!

みたいな進め方が必要になります。

フルーツ
なんていうか、失敗する方が普通。数打つことこそが重要というわけ。

 

方向転換ドンと来い

とりあえずブログを作ってみる。データを飛ばして真っ青になりながら、対策を学ぶ。

とりあえず記事を書いてみる。誰ひとり読んでくれないことに涙しながら、記事の書き方を学ぶ。

こういう感じが正解です。

失敗しても、誰もあなたを責めないので大丈夫です。(たぶん、誰も気づきもしませんw)

 

サラリーマンだと、新しいことを始めるには

  • 根回しして
  • 課長の許可を得て
  • 部長の決裁を得て
  • 役員にプレゼンして

みたいな手続きが必要になります。

そして、始めたことを止めるにも、これと同じだけの手続きが必要です。

 

  • 試すことのハードルを低くする
  • 小さな失敗を繰り返す
  • やってダメならすぐ止める

この感覚に慣れるまで、副業は何度も座礁しかかりました。

フルーツ
失敗してもOK、今日始めたことを明日止めてもOK。小さな挑戦を繰り返すのみです

 

③カタチが大切

 

うまくいかないサラリーマン・マインド

学生からサラリーマンになって社会に出たとき、その第一歩は

  • スーツをそろえる
  • 髪型を変える
  • 名刺を作る
  • ビジネスマナー研修を受ける

こういう感じだったかな、と。

フルーツ
これによって、「仕事ってこういうモノ」だという無意識の思い込みがつくられます

 

走りながら学ぶ

でも、副業の場合は

  • ×カタチを整えて準備する
  • とりあえず始めてみる
フルーツ
名刺もオフィスも研修も、一切必要ありません!

 

ときたま副業を始めるときに、カタチから入るあまり大きな初期投資をしてしまう人がいます。

  • オフィスを借りてみた
  • 高額なセミナーに申し込んでみた
  • 超ハイスペックな機材(PC・カメラ・ソフトウェア等)を買ってみた

みたいな感じですね。

フルーツ
私たちが取り組むのは、大企業の新規ビジネスではなく、しがたないサラリーマンの副業です。最初に大金を払うのは、私は反対です…

※ちなみに私が副業を始めたときの初期投資額は、年間13,920円でした。毎月おやつ代をちょっとケチれば支払るサイズ感です!

 

④収入は一定ペースで増えていくはず

うまくいかないサラリーマン・マインド

サラリーマンの給料には、「定期昇給」という仕組みがあります。

この仕組みのおかげで、(年功序列の日本企業に勤めているサラリーマンなら)毎年少しずつ給料が上がっていくわけです。

フルーツ
将来設計がしやすいのが嬉しいですね♪

 

この、「毎年少しずつ上がっていく給料」に慣れてしまっているせいで、サラリーマンはついつい

フルーツ
副業だって、頑張れば、毎年少しずつ上がっていくはず。

と予測してしまいがちです。

アタマの中に、なんとなくこんな感じの収益予想イメージが作られるわけです。

 

収益が

  • 1か月目:0円
  • 2か月目:1,000円
  • 3か月目:2,000円

だったら、

サラリーマン
4か月目は3,000円かな?

みたいな、何の根拠もない思い込みです。

 

収益予測より、「今」できること

でも、実際の副業収益は、大暴れします。(特にネットビジネスはこれが顕著です)

  • 1か月目:0円
  • 2か月目:1,000円
  • 3か月目:2,000円

ここから

フルーツ
0円に戻るか、2,000円が続くか、150,000円まで増えるか、全くの未知数

というわけ。

 

実際、私自身も、収益が1ヶ月で

  • 2~3倍になった
  • 2/3になった

どちらも経験しています。

それ以来、

フルーツ
意味のない収益予想に一喜一憂するより、「今自分ができること」に集中するのが◎かな~

と思うようになりました。

 

まずは

  • 「今だ!」と思った分野に集中するとか
  • 成功要因をパターン化して繰り返すとか

そういう工夫をする。収益は、後からついてくるものと考える。

この方が自分のメンタルに優しいです。あてにならない予想は、ストレスのモトになりかねないですからね。

 

⑤入金したお金は使っていい

 

うまくいかないサラリーマン・マインド

サラリーマンの場合、経費は会社から支給されます。

フルーツ
例えば海外出張時には航空券が手渡されますし、タクシーやホテル代は会社カードで精算することができます

 

さらに、サラリーマンの給料は

  • 税金
  • 社会保険料

などが天引きされた上で支給されます。

これはつまり、

フルーツ
サラリーマンは、手にしたキャッシュを好きなように使ってOK!

ということ。

 

経理部員でもビックリ

ところが副業の収入は、全くコレにあてはまりません。

売上がそのまま入金するので、

  • 支払うべき経費を取り除けて
  • 計算した税金を取り除けて

残った金額だけが、自由に使えるお金ということになります。

フルーツ
わーい、副業で稼いだぞー!

と考えて、経費や税金にあてるべきお金も使いきってしまえば、資金ショートです。

 

特に怖いのは、税金。

知り合いの起業家にも

起業したて
税金とかよくわかんないし、まぁ大丈夫でしょ

と売上を使い切ったあげく、税務署からこっぴどく怒られていた人がいます。(〇千万円単位の罰金を支払ったそうです)

 

実際、私自身も、

フルーツ
うわっ。税金たかっ。

と少々慌てた記憶があります。

サラリーマンをしていると、どうしても税金には無頓着(むとんちゃく)になりがち

経理部員でお金の計算にはうるさい私でさえも、ついつい「入金額≒自分のモノ」と思ってしまいそうになります。

 

まとめ:副業には副業に適したマインドがある

  • サラリーマンには、サラリーマンに
  • 副業オーナーには、副業オーナーに

適したマインド、考え方があります。

これは、どちらが良い・どちらが悪いということではなく、種類が違うという話。

「野球に必要なスキルと、サッカーに必要なスキルは違うよね。もちろんどっちもスポーツだから基礎体力は必要だけどさ。」というようなお話です。

フルーツ
混ぜるな危険!

 

副業では避けておきたいサラリーマン・マインドは以下の5つ。

  1. 時間をかけた分のお金が欲しい
  2. 失敗したくない
  3. カタチが大切
  4. 収入は一定ペースで増えていくはず
  5. 入金したお金は使っていい
フルーツ
働き方に合ったマインドを使い分けて、本業・副業ともにバッチリ成果を出していきましょう♪

それではまたっ!

 

※関連記事です

【副業のリスク5選】迷っているサラリーマンは要チェックの副業体験談

2020.01.12

副業で成功する人の5つの特徴【体験談アリ】

2020.01.25

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。