蔵王産業で配当金生活!【こびとNo.9986】

スポンサーリンク
ざおうさん
美しく、健やかに!お掃除機器で稼いでいます

蔵王産業の配当金は期待できる?要点だけ知りたい!

こびと概要

ざおうさん
商社だけど、研究だってしてるんですよ
項目名内容
本名蔵王産業
誕生月1956年4月
仕事の内容環境クリーニング機器等の製造・販売
配当献上月6月(予定)
12月(予定)
特徴・メーカー機能を持った専門商社
・独自仕様の環境クリーニング機器(清掃機器・洗浄機器等)を海外から輸入、国内で販売
・ファブレス(製造部門をもたない)企業でありながら、研究開発に取り組む
・実演販売の実施
主なリスク・製造業・ビルメンテナンス業の経済状況
・特定の取引業者(海外)への依存
・土地の含み損

重要項目No.1:投資効率

「投資額の何%の配当金を得られるか?」

株価の下落リスクは低いか?」

以上2点を確認します。

ざおうさん
悪くないと思いますがいかがでしょうか?

配当利回り4.02%

PBR 0.83倍

(※いずれも2018年8月31日の終値ベース)

 

重要項目No.2:配当姿勢

「オーナーに対する配当をどのように考えているか?」を確認します。

ざおうさん
稼いだお金の半分くらいは配当金としてお支払いしますよ

株主への利益配分と会社の体質強化のための内部留保との調和を図りながら、配当につきましては配当性向重視の方針を維持してまいりたいと考えています。今後の配当金額の決定につきましては、長期的な観点で株式を保有していただくため、グループの事業展開や財政状態のほか会計基準の変更等特殊要因による業績変動等を総合的に勘案し、毎期の業績に応じて配当性向50%程度を目標として行ってまいります。
剰余金の配当は、中間配当と期末配当の年2回を基本方針としております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
なお、当事業年度の剰余金の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり61円(うち中間配当27円)としております。
内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、市場規模の拡大・アフターサービス体制の強化を図るために有効投資してまいりたいと考えております。
(「2018年3月期 蔵王産業有価証券報告書」の「配当政策」より一部修正・抜粋)

配当性向50%!日本の上場企業の配当性向は平均で3割弱(出典:2015/4/19付 日経新聞「配当性向 日本は欧米企業より低く」)といわれていますので、これはなかなか高い目標です。利益はぶれるものですから、それに比例させる配当性向重視の政策は、必ずしも安定的な配当を意味しません。それでも、この配当性向の高さは、「オーナーのもとへお金を運ぶことに一生懸命なこびとである」という印象を与えてくれますね。

この方針を参考にしつつ、過去の配当実績と、当期の配当予想を並べて確認しましょう。

配当2009/32010/32011/32012/32013/32014/32015/32016/32017/32018/32019/3
(予想)
中間0001518222324272730
期末3018312126242731283431
合計3018313644465055556161

今のところ、「配当性向50%程度を目標」にがんばっているみたいですね。

重要項目No.3:配当継続力

「最近の配当実績と同水準の配当を何年間継続できるか?」を確認します。

ざおうさん
なかなか良い値だと思います

23.4年(調整後利益剰余金ベース)

13.9年(修正ネットキャッシュベース)

以上、こびと概要と3つの重要項目をチェックしてきました。

このこびと株に興味を持った!」という方は、以下「もっと詳しく知りたい!」をご覧になって下さい。配当に関連する主要情報について、さらに詳細なデータを記載してあります。

 

蔵王産業をもっと詳しく知りたい!

主要財務情報(直近10年)

(1)損益計算書・貸借対照表関係

一覧表(Excel Onlineのデータを表示します)

【筆者3点コメント】

営業利益率が高水準。(過去10年平均で13.6%)

②過去10年間一貫して、高い財務安定性。(80%以上の自己資本比率、550%以上の流動比率を維持)

③ひたすらに豊富な現預金
2018年3月期末時点で、有利子負債ゼロ(無借金経営)、かつ総資産の4割が現預金(又は容易に換金可能な有価証券等)です。これだけ現金があれば、安心ですね。高い配当性向の秘密はここにあるのかもしれません。
しかし、裏を返すと、「社内に溜めているだけの現金がありすぎる」という見方もできます。「もっと効率的にお金を使いなさいよ!できないなら配当してオーナーに返しなさいよ!」という見方です。
このあたりをどう見るかが、このこびと株の評価の分かれ目になるかもしれませんね。

 

(2)キャッシュフロー関係

一覧表(Excel Onlineのデータを表示します)

【筆者3点コメント】
①過去10年間、景気変動にも負けず、毎年プラスの営業C/F

②2018年3月末現在のキャッシュ残高は54.1億円の高水準

③2018年3月期の年間配当金61円をベースにすると、配当総額は約3.8億円。2018年3月期のFCF約8.2億円で十分まかなえるレベルです。これからも、事業規模を維持又は拡大しながら、安定した配当を実施してほしいですね。

 

直近10年の株価推移

直近の株価は、10年前の2倍以上の水準です。少ない投資金額で効率的に配当金を増やすには、高値掴みをしないようにしっかり注意していきたいものですね。

 

こびとの過去のつぶやき

こびと目線での決算速報やIR解説などを記事にしています。

蔵王産業 2019年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2018.08.05

蔵王産業 2018年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

2018.05.03

蔵王産業 2018年3月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

2018.02.04

蔵王産業 商品の発煙・発火リスクを公表!

2017.12.29

蔵王産業 2018年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.11.05

蔵王産業 2018年3月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.08.03

蔵王産業 2017年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.04.30

蔵王産業 2017年3月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2017.02.01

蔵王産業 2017年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

2016.11.08

 

ゆるゆるピックアップ!

一度使ってみて欲しいのがこのアルマジロです\(^o^)/
富士岡山運搬機株式会社(出典:富士岡山運搬機株式会社HP ブログ スイーパー紹介「AM9D・AM7D」アルマジロ 蔵王産業 岡山県 搭乗式掃除機

アルマジロ…。アルマジロとな。

どうやら蔵王産業の搭乗式中型動力清掃機(要するに車みたいになってて乗り込める、おっきい掃除機的なモノ…かな?)の通称だか本名だかがアルマジロというらしいです。

アルマジロ≒清掃用機械!?うーむ。不思議だ!だれか由来をご存知の方がいらっしゃったら教えてくださいな。

 

商品を売り切る営業力は、「実演販売」が支えている。数値だけでは伝わりにくい機械の能力を、実演によって伝える。高度な実演販売のスキルを持った人材が平均価格100万円の高額機械を販売しているのだ。
東洋経済(出典:東洋経済ONLINE「清掃関連企業が就職先として優れているワケ」

やっぱり実演販売って特徴的ですよねー。見てみたいっ!

それはともかく、東洋経済ONLINEのこの記事、ざおうさんがめっちゃ褒められてます。オーナーとしてはうれしい限り。

いいね、いいね、ざおうさん!これからも高度な実演販売スキルをもった人材とともにがんばってねー!

(最終更新日:2018年9月2日)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA