蔵王産業 商品の発煙・発火リスクを公表!

フルーツ@こびと株オーナーです。

今日は久しぶりのこびとMTG。ざおうさんから「商品の安全に関する重要なお知らせ」です。良いニュースではなさそうですが、早速話をきいてみましょう。

補足:こびとMTG
こびとMTGは、不定期に開催される、こびとたちとオーナーとのMTGです。こびとたちのことを知り、株式についての理解を深めることを目的としています。各会社のプレスリリースをもとに、財務情報をはじめとする定量的情報の他、製品情報などの定性的情報もご紹介していきます。

※今日のこびとMTGでは、蔵王産業株式会社のプレスリリース「シルバー400、シルバー400Ⅱ及びシルバー600に関する 重要なお知らせとお願い」の内容をご紹介します。

 

ざおうさん
みなさん、みなさん、きいてください!

はーい。ざおうさん、どうしたのー?

ざおうさん
シルバー400、シルバー400Ⅱ、シルバー600を買ってくださったみなさーーん。
ニフラ
シルバー400Ⅱやシルバー600は、動力清掃機またはカーペット清掃機として発売中の機械だよね。

あ、ニホンフラッシュ株式会社のニフラくん。ひさしぶりー。なんかざおうさん慌ててるよね。

ニフラ
うん。ざおうさん、どうしたの?
ざおうさん
内部に埃がたまると、発煙・発火の恐れがあるのです!

それは大変!

ざおうさん
カバーやフィルターの中の状態や、フィルターの取り付けに関して、点検をお願いしますっ!

発煙・発火はヤバいもんねぇ。火事になっちゃうよ…

ざおうさん
中に綿埃がたまっている場合や、異常な気配を感じた場合、耐用年数が6年を超えている場合は、点検をご用命ください!!

ざおうさんの機械が原因の火事なんて、起きませんように。

ざおうさん、お客さんたちに早く伝えて、防止策をとるんだよー!

 

蔵王産業は、プレスリリースの少ない会社です。決算発表以外では、夏季・冬季の休暇のお知らせ、展示会への参加のアナウンス、役員の異動のリリースなどが、年間数件ある程度です。

そんなざおうさんが臨時に出したリリースが、「商品の安全に関する重要なお知らせ」。火事の発生、業績への影響など、いろいろと心配になってしまう内容でした。

素人目には、リリース内に一切謝罪がなかったのも気になるところ。特に商品の回収などを行うわけでもないようですし、シルバー400Ⅱやシルバー600の販売も続いているようですから、欠陥商品というわけではないようです。(でも煙や火が出るかもなんてこわいよなぁ…)

清掃機械は埃がたまるような使い方をすれば危ないのが業界の常識、今回のリリースはただの注意喚起…ということなのでしょうか?

現時点ではいろいろとわからないところも多いですが、今後のざおうさんの行動を、しっかり観察していきたいと思います。

 

それではまたっ!

 

※今日の主役、蔵王産業のざおうさんに関する基本情報はコチラです!ぜひご覧下さい♪

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。
少額で分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの注目している企業を3000円程度で買えます)
  2. サービス利用料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持利用料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

初心者さん向けに、もっともっと簡単に解説したバージョンです。

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。