蔵王産業 2018年3月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

蔵王産業 2018年3月期期末決算(2018年4月27日公表)

ざおうさんより2017年4月1日~2018年3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
前期比で増収増益です!予想比でも、利益はプラスに振れました。…というわけで、増配ですっ!

         当期     前期

売 上 高    72.0億円    69.4億円

営業利益率     16.3%         15.5%

1株純利益     125.07円    121.56円

配当予想    30円(中間)+31円(期末)

 

前期に比べ、売上高が3.7%、営業利益が9.2%、最終利益が2.9%増加しています。

高営業利益率を維持(むしろ向上)させながら、着実に売上を伸ばしている上、

  • 原価率 :低減(48.2%→48.0%)
  • 販管費率:低減(36.4%→35.7%)

と、文句ナシに優秀な経営成績でした。

 

さらに、これを受けて期末配当を6円増配することを発表しています。

配当総額は、中間配当と合わせて3.8億円。当期のフリーキャッシュフロー8.2億円で十分にまかなえる金額です。

配当性向は48.8%。ざおうさんの配当政策は「配当性向50%程度」が目標なので、この観点からも適性水準と言えそうです。

こびと株オーナーとしてはうれしい限り!ざおうさんを褒めたたえたい気持ちです♪

 

財政状態について

ざおうさん
どの指標も改善しています。ご安心頂ける数値だと思います。

        当期末    前期末

総 資 産   133.5億円   129.8億円

1株純資産   1,827.31円   1,759.19円

自己資本比率    85.7%     84.9%

A(※)/総資産     41.5%     39.1%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

この財政状態の安定感。「この会社はどうやったらつぶれるんだ!?」と聞きたくなるレベルですね。これでこそ、ざおうさんです。

 

キャッシュの状況も問題ナシ。営業活動で稼いだキャッシュで投資額をきっちりカバーし、配当支払いも問題なくこなしています。

キャッシュの動きの中で特徴的だったのは、有形固定資産の取得が昨年の1/100以下であったこと。ざおうさんの事業は

  • 26/3期:0.77億円
  • 27/3期:0.04億円
  • 28/3期:2.38億円
  • 29/3期:5.03億円
  • 30/3期:0.04億円

と、有形固定資産の取得額が大きくブレる傾向にあるようです。当期だけが異常値(ムリに投資を抑えてキャッシュを創出している)というわけでは無いなので、心配は不要ですね。

 

まとめ(今後の配当について)

来期の配当予想は、増配後の当期と同水準の61円となっています。業績予想も(わずかながら)増収増益

増配後の金額でも、問題なく配当してくれることでしょう。

少しずつ安定的に利益を伸ばし、それにつれて配当も伸ばしていく…安心して見守れるこびと株のポジションを、今後も堅持してほしいと思います。

がんばってね、ざおうさん!増配ありがとう!

 

蔵王産業に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。