蔵王産業 2019年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

蔵王産業 2019年3月期第2四半期決算(2018年10月30日公表)

蔵王産業株式会社のこびと「ざおうさん」から、2018年4月1日~2018年9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
減収減益ですぅ…。でも、第1四半期よりは、減収幅・減益幅を縮めましたよっ!

      当第2四半期 前第2四半期

売 上 高    32.7億円   34.4億円

営業利益率    14.8%     15.3%

1株純利益   52.87円    56.32円

配当     30円(中間)+31円(期末予想)

 

第1四半期に引き続き、減収減益のざおうさんです。第2四半期累計期間の予想も未達の業績でした。

 

利益率については、前年同期に比べ、微妙ながらも減少傾向が見られます。

  • 営業利益率(前期15.3%、当期14.8%)
  • 経常利益率(前期15.7%、当期15.4%)
  • 純利益率 (前期10.2%、当期10.1%)

売上の減少と利益率の低下のダブルパンチで、減収減益というわけですね。

 

ちなみに、第2四半期の3か月だけをみると、売上は前年並み、利益は減少という状況です。

第1四半期に比べて減収幅・減益幅が小さくなったことは評価できますが、まだまだ油断できません。

 

相変わらず、減収現役の要因について、決算短信では一切説明されていません通期の業績予想は増収増益のままです。

通期決算に向けて、あと6ヶ月、ざおうさんの健闘に期待したいと思います。

 

財政状態について

ざおうさん
安心していただける状態です。

       当第2四半期末  前期末

総 資 産     133.2億円   133.5億円

1株純資産    1,848.58円   1,827.31円

自己資本比率    87.0%     85.7%

A(※)/総資産     41.7%     43.2%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

こちらも相変わらずのざおうさん。減収減益など、どこ吹く風。盤石の財政状態です。

有利子負債がほぼゼロの無借金経営、負債を全て即金で払えるほどの現預金保有、投資と配当支払を十分にまかなえる営業CF…。

この半年のふるわない経営成績からは、ゆっくり回復してもらえばOKという状況ですね。

 

まとめ(今後の配当について)

配当についても、特に変更はありませんでした。中間配当は予定通り30円で実施されますし、期末配当予想も31円のままです。

減収減益が少々続いたところで、当面の配当を支払う体力は、十分あります。

 

問題は「減収減益は一時的なものなのか、今後のトレンドになってしまうのか」という点です。

情報開示に積極的とは言えないこびとちゃんですが、じっくり見守っていきたいと思います。

それではまたっ!

(参考:蔵王産業株式会社 四半期決算短信等)

蔵王産業に関する基本情報はコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。