蔵王産業 2021年3月期第2四半期決算に関するつぶやき(配当ネガティブ)

蔵王産業 2021年3月期第2四半期決算(2020年10月30日公表)

ざおうさんより2020年4月1日~2020年9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績について

ざおうさん
減収減益です…。コロナですし…ね。

         当第2四半期  前第2四半期

売 上 高     31.8億円    33.4億円

営業利益率     12.4%      14.2%

1株純利益    43.69円      52.87円

 

前年同期に比べると、売上で5%、利益で十数%の減少となっています。

ざおうさんの顧客には、オフィスビルやホテル・交通機関・ショッピングモール等もありますから、コロナ禍の影響は小さくないということなのでしょう。

フルーツ
40%以上減益だった1Qと比べると、ずいぶん持ち直してきていると思うけど。ざおうさんは情報開示に積極的でないので、イマイチ状況がつかみきれません。

 

財政状態について

ざおうさん
財政状態は問題ないですけどね。

         当第2四半期末   前期末

総 資 産     132.9億円    140.6億円

1株純資産    1,995.72円    1,933.16円

自己資本比率     86.0%       86.1%

A(※)/総資産    42.7%       45.8%

※A=現金預金+有価証券+投資有価証券

 

懸念点は、特にありません。

自己株取得(後述)の影響で現預金が5.5億円ほど減少していますが、一時的な要因ですし、相変わらず「負債を全額支払ったとしても、まだ現預金が余る」というレベルの現預金を保持しています。

こびと株オーナーとしては

フルーツ
「お金が余っている」状態なわけだから、もう少し株主還元を意識してくれてもいいんだけどなぁ…

というのが、本音のところ。もちろん、これだけ安定的な財政状態だからこそ、安心して投資ができるという面はあるのですけれども。

 

キャッシュ・フローの状況

ざおうさん
CFも、特に心配ないと思います。

      当第2四半期    前第2四半期末

営業C/F      2.0億円       2.4億円

投資C/F   ▲3.1億円      ▲4.1億円

財務C/F     ▲9.5億円        ▲1.9億円

 

当期は、キャッシュの残高が10.7億円ほど減少していますが

  • 営業CF減少は、減益のため
  • 投資CFがマイナスなのは、有価証券取得のため
  • 財務CFのマイナスなのは、自己株取得配当金支払いのため

ということで、とくに問題視する必要性は感じません。

フルーツ
設備投資のためのキャッシュは十分稼げているので、不安のない財政状態。今後は、利益の回復&積極的な株主還元…となってくれるといいんだけど。

 

今後の見通し

 

最新ニュース

ざおうさん
自己株の取得を行いました。

ざおうさんの一番の大株主である佐々木健二氏(持株比率8.6%)から、株式売却の意向が表明されました。

8.6%もの株式が市場に放出された場合、株価の低迷は避けられません。

これを考慮してざおうさんは、9/4自己株の買い取りを行いました。

  • 買い取った株式数:538,500株
  • 取得価額:7.6億円

 

佐々木健二氏は、創業者(佐々木英男氏)の一族。株式の保有目的は、「安定株主として長期保有」と言ってきた人です。

けれども今回の売却により、端株30株を残して、ほぼ全ての蔵王産業株式を手放した形となりました。

フルーツ
この人、平成30年の11月にも蔵王産業株式を手放してるよね。

そのときは無償譲渡により、16.65%→8.59%に持株比率を減らしています。

  • 創業者一族が株式を手放す
  • 2年前は無償譲渡、今回は有償譲渡
フルーツ
このことにどういう意味があるのか…若干判断に悩むイベントだなぁ…

 

業績予想

ざおうさん
予想を発表しました。

前期に比べて、売上で8.5%、利益は26~28%程度の減少を見込んでいます。

進捗は

  • 売上:49.1%
  • 営業利益:52.9%
  • 経常利益:52.5%
  • 当期利益:52.2%

という感じ。

 

この数字の背景に

  1. 下期もコロナ影響は続くと見込んでいる
  2. オフィスの縮小による、根本的な需要の減少を予測している
  3. 単純に2Qまでの成績を2倍しただけ

のどれがあるのか…

フルーツ
IRにヤル気のないざおうさんの動向、どう読むべきか悩ましいところです。

 

配当予想

ざおうさん
27%減配して、45円の配当にしたいと思います!

22円(中間実績)+23円(期末予想)で、年間配当45円。業績予想達成時の配当性向は約52%。

昨年実績(60円)はさておいて、配当性向重視(50%程度)を貫いた形になりました。

 

ざおうさんの現在の財政状態からいえば、当期の配当維持は難しくなかったはず。

自己株取得を考慮しても十分なキャッシュ(約61億円)を持っているのに対し、配当維持でも配当金総額は3.8億円程度です。(実際には自己株取得をしているので、さらに少なくなる)

フルーツ
もう少しねばって欲しかったなぁ

という残念さはぬぐえません。

 

こうなってくると

  • コロナ禍の影響が意外と長引く見通しなのか?
  • コロナ禍が、オフィス需要の減少を始め根本的な需要減につながる見通しを持っているのか?

という不安も出てきます。

こびと株として選定した当初とは状況が変わりつつあるのかもしれません。

フルーツ
株価が下がっても、「買い増ししよう!」って気持ちにはなれないなぁ…
  • 将来の見通しが暗いから減配したのか?
    (だとすると、”長期的に元本を減らさず、安定配当を運び続けてくれる”とは言えなくなっちゃうよね…)
  • ひたすら単純に「配当性向50%程度」を守る気なのか?
    (だとしたら、貯め込んだキャッシュは一体何に使うんだろ?…もう少し株主の方向いてー!って感じよね…)
  • それとも…

今後の動向を慎重に見守っていきます。

 

それではまたっ!

(参考:蔵王産業株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。ざおうさんのように減配してしまう株があってもパニックを起こさずにいられるのは、やっぱりたくさんの株式に分散をしているおかげ。

少額から始めるならSBIネオモバイル証券がおすすめです。理由はカンタン、1株から株が買えるので

  • 投資額が少なくても
  • しっかり分散して
  • 高配当株を集められる

から。500円でも株主になれるとか、ステキですよね。

さらに、取引手数料が押さえられたり、Tポイントを使って投資できたりするのもうれしいポイントです。

まずは口座開設で、あなたも配当収入GETの第一歩を踏み出してみてくださいね。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。