CDS 2020年12月期第3四半期決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

CDS 2020年12月期第3四半期末決算(2020年11月10日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2020年1月1日~9月30日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
3Qは…さらに厳しく…。

        当第3四半期  前第3四半期

売 上 高    59.3億円       81.0億円

営業利益率    8.8%       14.1%

1株純利益     66.22円      106.68円

 

前年同期比で

  • 売上:26.8%減
  • 営業利益:54.6%減
  • 経常利益:46.5%減
  • 純利益:37.9%減

と、2Qと同じかそれ以上に酷い数字が出ています。

助成金を計1.3億円程度受け取ったり、経費削減に努めたりしてはいるものの、相変わらず営業活動の制限(特に新規受注)等、コロナの影響が苦しいようです。

フルーツ
主たる取引先である三菱自動車は、売上半減&営業赤字で相変わらずボロボロ。それなのに新規受注の営業ができないんじゃ、ツライよね…。

 

セグメント別にチェックしてみても

  1. ドキュメンテーション事業:12.1%減収、31.7%減
  2. エンジニアリング事業:20.1%減収、44.2%減
  3. 技術システム事業:37.1%減収、48.5%減

各セグメント、より一層厳しい数字になっています。

フルーツ
問題は、これがいつまで続くのか?だよね…

 

財政状態の報告

CDS
こちらは問題ナシ…。

         当第3四半期末      前期末

総資産           81.7億円         88.9億円

1株純資産       930.08円          921.50円

自己資本比率        77.6%           70.7%

A(※)/総資産     20.2%        20.8%

※ A=現金預金

 

CDSくんの良いところは、当期の損益に関わらず、財政状態が安定しているところ。

今回の決算も、気になる点はありません。

フルーツ
さすがは、こびと株…!

 

今後の見通し

 

最新ニュース

CDS
名古屋支社を…移転した…

2020/9/7付けのお引越しです。

  • 移転前:愛知県名古屋市中村区の名古屋ダイヤビルディング
  • 移転後:愛知県名古屋市西区の名駅ダイヤメイテツビル

ということで、徒歩5分の距離での移動となりました。

CDSくんの場合、登記上の本店は愛知県岡崎市にあるけれど、実際の業務を行っているのは「名古屋支社」。事実上の本社移転ということですね。

 

  • 他にも似たような引っ越しをしている会社があったり
  • 「移転補償金」が特別利益に計上されていたり

することからみて、おそらくリニヤ関連の名古屋駅前再開発に関連しての引っ越しと思われます。

フルーツ
「コロナによる業績悪化やリモートワークの導入の影響でオフィスを縮小したい!」みたいな、CDSくん都合の引っ越しではなさそうかな…

これに伴って、「敷金・保証金」が増加しているようなので、オフィス賃貸料も上がっているのではないかと、ちょっぴり心配しています。

 

業績予想

CDS
予想変更はナシ

通期予想に対する進捗は

  • 売上:70%
  • 営業利益:57%
  • 経常利益:54%
  • 当期利益:62%

3Q終了時点の業績として、好ましいとは言えません

フルーツ
7月に予想を大幅下方修正したけど、それでも厳しそう…。特に利益面では、期末時点で業績未達もありえそうな雰囲気…

 

配当金について

CDS
配当予想に変更はナシ…

業績が苦しいCDSくんですが、昨年と同額の普通配当(50円)+創立40周年記念配当(5円)で計55円の配当予想を維持しています。

CDSくんは、自己資本が厚く、キャッシュリッチで財政状態が優良な会社。

短期的な業績が苦しいくらいで、減配する必要はないわけです。

フルーツ
さすがは、こびと株っ!

 

さらに言えば、

  • 業績予想を達成した場合の配当性向は50%ちょっと
  • 3Q末時点で、既に1株配当<1株純利益
    (4Qが赤字でない限り、タコ足配当にはなりえない)

ということで、配当予想の水準はCDSくんにとって

フルーツ
コロナ禍で厳しい業績の当期でも、普通に払える金額

というわけ。

宣言通り、55円の配当を運んできてくれるものと考えています。

 

問題はむしろ、来期以降。

  • しっかり回復トレンドが描けるのか?
  • 昨年程度の業績水準に戻るのにどれくらいかかるのか?

といった点です。

フルーツ
ワクチンに関する明るいニュースも出てきたし、そろそろ経済が正常化に向かってくれるといいんだけど…

気長に見守っていきたいと思います。

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 四半期決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。CDSくんのように業績不安がある株があっても、「当面は配当維持してくれれば十分」と割り切れるのは、自分の資産が多数の株式に分散されていてこそ。

少額分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。