CDS 2019年12月期期末決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

CDS 2019年12月期期末決算(2019年2月12日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2019年1月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
増収増益…!3期連続…!

             当期        前期

売上高        106.7億円        91.6億円

営業利益率     14.6%       14.2%

1株純利益    145.66円       125.18円

配当          24円(中間)+26円(期末)

 

昨年を大幅に上回る好決算でした。売上・各段階利益ともに、15~20%程度の増収益となっています。

  • 3Q予想比でも十数%の増収益
  • 全てのセグメントで増収増益(特に技術システム事業はめざましい)
  • 利益率もアップ
  • 売上・利益ともに2期連続で過去最高実績
フルーツ
もう言うこと無し…!

 

当期は、三菱自動車工業とのITアウトソーシングサービス契約がきれる年でした。H31/3/31以降、業務発注量の下限が保証されなくなっていたはずです。

ところが、フタを開けてみれば、同社に対する売上は32.5億円(前期比+19%)。相変わらず売上全体の約3割を占めています。

契約切れでも発注量が変わらなかったのか、はたまた契約の更新があったのか。いずれにせよ、今後にも期待のもてる決算でした。

 

財政状態の報告

CDS
財政状態も大丈夫…。

           当期末       前期末

総資産           88.9億円         78.6億円

1株純資産      921.50円           821.62円

自己資本比率        70.7%          71.3%

A(※)/総資産     21.6%      22.9%

※ A=現金預金+投資有価証券

 

相変わらずの安定感。不安な点も特になく、このままの状態をキープしてくれればという感じです。

フルーツ
ほれぼれするほどの安定性…♪

 

キャッシュ・フローの状況

CDS
キャッシュの動きもまずまず…

        当期        前期

営業C/F    1,100百万円     1,138百万円

投資C/F  ▲663百万円   ▲523百万円

財務C/F  ▲333百万円   206百万円

 

利益が伸びた割に、営業C/Fの伸長は見られませんでした。

税金関係の増減はともかく、前期に増加傾向だった売上債権が、当期さらに増加しているのは気になります。

とはいえ、子会社の工場建設に関わる有形固定資産の取得支出があったにも関わらず、FCFは4.4億円の増加。

配当金支払いを加味しても、キャッシュのは前期比+1億円。

フルーツ
全体としては悪くないんだけど、売上債権だけはなんとかして欲しいなぁ…

 

今後の見通し

業績予想

CDS
次はさすがに減収減益

当期の業績はデキすぎだったということなのか、来期は数%の減収減益を予想しています。

セグメントでいうと、当期伸びすぎた技術システム事業のみで減収減益となる見込みです。

フルーツ
そんなこといって、来期も増収増益になっちゃったりするんじゃないのー?(希望)

 

配当金について

CDS
当期は増配、来期は記念配…
  • 当期配当は、増配!3Q時点予想+2円で50円(うち中間24円)
  • 来期配当予想は、55円!(うち中間30円、うち記念配5円)

こびと株オーナーの大好きな「増配」です!これで3年連続。えらいぞ、CDSくん!

とはいえ、来年の+5円分は創立40周年の記念配当。来期限りとなる可能性も捨てきれません。

業績予想通りの利益が出れば、記念配を含んだ55円をベースに考えても、配当性向は40%弱。有り得ない水準ではありません。

フルーツ
記念配に乗じて、今後は55円を続けてくれてもいいんだよー!

少々浮かれたこびと株オーナーでした。

 

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 決算短信等)

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。CDSくんみたいな中小型株、名の通った大型株ではありませんが、成績が良いんですよね。こういった中小型株を含めて分散しておくと、安定した配当を安心して受け取り続け安いわけです。

少額分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業が500円未満から買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントで株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。