CDS 2020年12月期期末決算に関するつぶやき(配当ニュートラル)

CDS 2020年12月期期末決算(2021年2月12日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2020年1月1日~12月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
大幅に減収減益…。コロナ禍が…。

             当期        前期

売上高         79.0億円        106.7億円

営業利益率     9.5%        14.6%

1株純利益    101.62円        145.66円

配当          30円(中間)+25円(期末)

 

前期に比べて、

  • 売上:25%減
  • 営業利益:52%減
  • 経常利益:38%減
  • 純利益:30%減

と、かなり厳しい業績になっています。

 

主要取引先である三菱自動車は、相変わらずの営業赤字。

新規案件受注に努めようにも、コロナ禍で制約を受ける営業活動。

厳しい事業環境が続いています。

こびと株
そんな中でもコストカット(役員報酬の1/3カット等)をやって営業利益率9.5%。去年の14.6%から見ると激下がりしてるけど、頑張ってはいると思う。

来期以降、ソーシャルディスタンスに配慮しつつの新規案件受注がどれくらい進められるかは、今後に向けた重要ポイントかなと思われます。

 

財政状態の報告

CDS
財政状態は問題ないから…。

           当期末       前期末

総資産           83.2億円         88.9億円

1株純資産      965.51円           921.50円

自己資本比率        79.1%          70.7%

A(※)/総資産     22.5%      21.6%

※ A=現金預金+投資有価証券

 

財政状態に関して、心配な点はありません。

業績悪化がコロナ禍による短期的なものであれば、バッチリ乗り切っていける備えはあります。

こびと株
長い目で見て応援していきたいな、と思ってはいる。しっかり業績回復への道が描けるなら!

 

キャッシュ・フローの状況

CDS
キャッシュの動きも悪くはない…

        当期        前期

営業C/F    1,040百万円      1,100百万円

投資C/F  ▲515百万円    ▲663百万円

財務C/F  ▲561百万円    333百万円

 

純利益が30%も減少したのに対し、営業CFのマイナスはわずか数%

そもそも昨年の営業CFがイマイチ伸びていなかったという事情があるとはいえ、そのときの懸念事項(売上債権の増加)は解消しています。

FCFもきちんとプラスに保っていますし、借入金返済・配当金支払(記念配当を含む)を加味してもキャッシュ残高のマイナスはわずか。

悪くない安定感です。

こびと株
業績が悪化しても、キャッシュが安定しているのは救いだね。

 

今後の見通し

 

業績予想

CDS
来期も厳しい…

来期の業績は、当期実績比で

  • 売上:6.6%増
  • 営業利益:17.5%増
  • 経常利益:0.2%増
  • 純利益:10.8%減

ということで、昨年(2019年)並みにはほど遠い予想。

こびと株
これでも「コロナ影響は残るものの徐々に景気は回復する」という前提に基づいた予想。つまり、景気動向によっては下方修正もあり得るということ…

 

個人的には、財政状態とキャッシュフローの状況が安定しているので、当面の心配はしていません。

とはいえ、業績低迷が長期に渡るのはぜひとも避けて欲しいところ。

こびと株
CDSくんの手腕が問われています

 

配当金について

CDS
記念配を除いた部分の配当を維持
こびと株
業績低迷でも配当は維持!CDSくんエライ!

実際のところ、年間50円の配当は

  • 業績予想が達成できれば、配当性向は55%程度
  • 財政状態とキャッシュフローにも安定感がある

といった感じで、特にムリのある水準ではありません。

株主重視の配当姿勢を貫きつつ、着実に業績を回復していってほしいと思います。

 

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 決算短信等)

 

自分で決算発表資料を見るにはどうすれば?と思ったら…

「簿記」という会計の基本ルールを学ぶことです。

遠回りに感じるかもしれませんが、基礎をきちんと固めることが、結局は一番の近道。

興味のある人は、ぜひチャレンジしてみて下さい!

【経理歴10年が解説!】スキマ時間をつかった簿記オススメ勉強法

2021.04.18

【最高の基礎教材】本気でお金持ちになりたい人が学ぶべき資格【理由も解説】

2021.09.20

 

高配当の「こびと株」っていいかも?と思ったら…

分散が鉄則の高配当株投資。コロナの影響も、株式によって様々。CDSくんみたいに苦しんでいるコがいても、しっかり分散が効いていれば全体としての心配はありません。そういう状況を作ってこそ、長期的な保有を考えられるというものです。

少額分散投資をやりたいならSBIネオモバイル証券が最有力候補。理由は2つ。

  1. 1株から買える(NTTドコモなどの超優良企業を3000円程度で買えます)
  2. 取引手数料が最安(大手ネット証券で少額分散投資をやると手数料負けします)

口座開設料・口座維持手数料はもちろん無料で、個別株なら投資信託と違って信託報酬などの保有コストもかかりません。

SBIネオモバイル証券を使った少額分散投資は、コスト面では最安ですね。

Tポイントを使って株が買えるので、Tポイントユーザーにとってはさらに使い勝手が良い証券口座です。他の証券会社とは一味違う、唯一無二のサービスになっています。

 

※関連記事です。

高配当株投資をはじめて、配当金を受けとりたい人のためのスタートマニュアルです。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20

 

「もっともっとわかりやすく!初心者の中の初心者でもわかるように!」というご要望に応える、専門用語を使わないバージョンのスタートマニュアルはこちら

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

 

高配当株についてもっと知りたい方向けの記事です。

高配当株のポートフォリオは、金のタマゴを産む”痩せない”ニワトリのようなものである

2019.08.03
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。