CDS 2019年12月期第1四半期決算に関するつぶやき(配当ポジティブ)

CDS 2019年12月期第1四半期末決算(2019年5月10日公表)

CDS株式会社のこびと「CDS」から、2019年1月1日~3月31日の業務報告が届いております。

 

経営成績の報告

CDS
大幅な増収増益…!大型案件受注したしな…。

        当第1四半期    前第1四半期

売 上 高      33.8億円       22.8億円

営業利益率      13.0%       13.6%

1株純利益       39.53円       30.77円

配当予想         24円(中間)+24円(期末)

 

前期から引き続き、業績好調なCDSくん。当第1四半期も、前期で大幅な増収増益となりました。

フルーツ
48%の増収、30~40%近い増益というのは、なかなかの好業績だね。

当期は最大の取引先である三菱自動車も好業績でしたから、CDSくんにとっても業績の上げやすい環境だったことでしょう。

 

もう少し細かくみてみると

  • ドキュメンテーション事業:1ケタ%の増収増益
  • エンジニアリング事業:2ケタ%の減収減益
  • 技術システム事業:3ケタ%の増収増益

と、セグメントごとにかなり大きな違いがあります。

 

CDSくんによれば、エンジニアリング事業の減収減益は「教育関連案件の入札の時期が前年と異なった影響」とのこと。

であれば、入札時期以降の業績は回復が望めるかもしれません。2Q以降の実績に期待したいと思います。

フルーツ
このセグメント、去年から子会社㈱バイナス用の新工場を建設してるよね。CDSくんとしては注力セグメントということだろうから、2Q以降の業績は楽しみにしていいのかな~?

 

技術システム事業については、

  • 売上が伸びたのは、「IT機器販売の大型案件受注」したから
  • 利益が伸びたのは、「既存ビジネスの付加価値向上の取り組みが奏功」したから

とのこと。

利益の伸び率(107%)が売上の伸び率(129%)ほどでないところをみると、大型案件の利益率は、既存案件に及ばない様子です。

フルーツ
売上増は一時的かもだけど、利益率はこれからさらに良くなるのかな?

 

セグメントごとの状況を、2Q以降も継続的に観察していきたいと思います。

(「」内はCDS㈱四半期決算短信より)

 

財政状態の報告

CDS
財政状態も健全…。

          当第1四半期末    前期末

総資産           94.0億円         78.6億円

1株純資産       839.39円          821.62円

自己資本比率        60.9%           71.3%

A(※)/総資産     19.1%        22.0%

※ A=現金預金

 

前期末に比べ、改善している指標は1株当たり純資産のみです。特に、自己資本比率は10%以上低下してしまっています。

約15億円増加している総資産のほとんどを、負債の増加でまかなっているのが原因です。

 

主な増加項目は

  1. 受取手形及び売掛金(13億円)
  2. 支払手形及び買掛金(10億円)
  3. 短期借入金(3億円)
フルーツ
①を②③でカバーしてるから、とりあえずのキャッシュフローには問題がないけど…。。

という状態ですね。

①受取手形及び売掛金と、②支払手形及び買掛金が同時に激増している理由が気になります。

①受取手形及び売掛金の増加を短期借入金でまかなっている状態も、少々心配ではあります。

 

CDSくんは、引っ込み思案なこびとで、なかなか積極的な情報開示がみられません。

  • ①受取手形及び売掛金の増加要因は何か?
  • ②支払手形及び買掛金の増加要因は何か?
  • 増加しているのはどの取引先との債権債務なのか?
  • その取引先との関係はどうなっているのか?

などについて、一言説明がほしいところですが…。

フルーツ
この状況が、最大の取引先である三菱自動車と、関係あるのかないのか…。謎は深まるばかりです。

 

とはいえ、全体としての安定感には変わりありません。安全性という意味では、当面は心配のないこびとちゃんです。

 

今後の見通し

業績予想

CDS
前期末決算のときの予想から、変更なし

前期末決算時に発表した、増収増益予想に向け、着実にすすんだ第1四半期だったといえるでしょう。

売上・各段階利益とも、進捗は30%以上。なかなか好調な決算でした。

 

一方、当期は最大の取引先である三菱自動車工業とのITアウトソーシングサービス契約が満了する期でもあります。業務発注量の下限保証が、この3月までで無くなるわけです。

三菱自動車の決算発表をみると、同社は2020年3月期、大幅な減益予想となっています。

売上の3割を占める最大取引先の

  • 業績不振
  • 業務発注量保証なし

という状況下で、増収増益予想を達成に向け、2Q以降どのように対応していくのか…。

CDSくんの実力が改めて試されることになるでしょう。

 

配当金について

CDS
増配予想を維持…

期末に行われた予想から、特に変更はありません。

当期の配当は予想通り、問題なく支払われることと思います。

フルーツ
配当楽しみ~!

 

来期以降配当については、良好な1Q業績から「配当ポジティブ」とはとらえているものの、上述の通り

  • 売上債権の回収状況
  • 三菱自動車との契約満了の影響

の2点を懸念しています。

フルーツ
この2点がクリアされ、さらなる増収増益につなげていければ、より一層の増配も…!

期待の膨らむこびと株オーナーです。

 

それではまたっ!

(参考:CDS株式会社 四半期決算短信等)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。