日系企業の経理部員が外資系企業に転職するメリット・デメリット

経理部員
外資系企業ってどんな感じなんだろう?気になるな~

こんな経理部員のための記事です。

 

筆者フルーツのスペックは

  • 経理歴10超年の現役経理部員
  • バリバリの日系企業勤務
  • 英語は嫌い
  • 外資には興味ある

という感じ。

フルーツ
複数名の転職エージェント・キャリアカウンセラーへの取材&外資に在職中の友人へのヒアリングの結果をまとめます!

「イメージだけで転職すると大失敗するかも」と思われる意外な真実もわかったので、ぜひぜひ参考にしてみてくださいね。

 

経理部員が外資に転職するメリット3つ

まずは外資系企業のメリットから。経理部員にとって優れた点を3つ、ご紹介します。

※もちろん、「外資系企業」とひとくくりにしてみても、実際には各会社ごとの違いがありますので、注意してください。ご紹介するのは、あくまで「一般的な傾向」です。

 

理由①年収が上がる

外資に転職した経理マン
まずはなんといっても、年収があがったことだね!

外資系企業に転職すると、年収は上がりやすい傾向にあります。

日系企業では、基本的な給与体系が「年功序列」で作られています。このため、

  • スキルは上がった
  • 年収は「まだ」上がらない

という状態の若手・中堅(30代頃など)時に、能力に対して安めの年収で雇用されている可能性があるわけです。

一方、外資系企業の給与は「実力主義」で支払われることが多いです。ですから、スキルのある経理部員は、年齢にかかわらず年収があがることになります。

フルーツ
やっぱりお給料がいくらもらえるかは、かなりの重要ポイントですよね~。年収があがれば、モチベーションもあがろうってものです!

 

理由②ルール外の不合理が減る

外資に転職した経理マン
外資はやっぱり、「仕事は仕事、プライベートはプライベート」と割り切った文化がいいよね。

「組織に対する忠誠」ではなく「雇用契約上の職務遂行」を要求される外資系企業は、日系企業とはずいぶんと違った文化をもっています。

  • サービス残業
  • 逃げられない飲み会(さらには幹事や出し物…)
  • 強制参加の休日イベント
  • 使えない有給
  • 名ばかりのフレックス …

こういった、日系企業でありがちな文化(?)にうんざりしてきた人にとって、外資系企業は魅力的な選択肢かもしれません。

フルーツ
プライベートも重視したいので、仕事は仕事、ある程度割り切って働きたいです~。やっぱ外資、アリかな。

 

理由③成果が報われる

外資に転職した経理マン
そして何よりうれしかったのは、自分の成果がきちんと報いられるようになったことだね。

経理は専門職ですから

  • 専門知識をあげ
  • スキルをみがき
  • 組織に貢献する職務を果たした

とき、報酬を求める気持ちになるのは当然ですよね。

 

しかし、日本企業の報酬体系は「メンバーシップ型」。担当業務の内容ではなく、構成員であることそのものに対して報酬を払うシステムです。給料を決める最強の要素は「年齢」なのです。

一方、外資系企業の報酬体系は「ジョブ型」です。職務内容によって報酬が決まっており、同一労働・同一賃金です。

フルーツ
年収そのものも大事だけど、専門職として、「成果を出せば報われる環境」にあこがれちゃうんですよね~

 

経理部員が外資に転職するデメリット5つ

次は、実際に外資に転職した人がよく言う「外資系企業のココがイマイチ!」な点を5つ、ご紹介していきます。

※こちらも、もちろん会社ごとに違いはあります。「全ての外資系企業が、必ずこのような状況である」というわけではありませんので、注意してくださいね。

 

理由①社内営業がエグイ

外資に転職した経理マン
外資は「仕事さえキチンとすればOK」だと思って転職したんだよね…

外資系企業では、仕事のスキルのひとつとして、自分を売り込む能力が求められます

  • 仕事をとりにいく
  • 成果をアピールする
  • 上司と良好な関係を築く

といった要素が、日系企業以上に重要なわけです。

キャリアカウンセラー
「経理スキルは高いけど、無口で引っ込み思案」といったタイプの方が、「経理業務さえすればOK」と思って外資に転職すると、かなり苦労すると思います。

 

特に、上司との関係づくりはシビアです。日系企業と異なり、外資系企業では、上司自身が人事権を持っているからです。

上司とうまくいかないとき、

  • 日系企業:日々の仕事がやりづらい・何かと不快・業務分担が不利・評価がつかない…
  • 外資系企業:クビになる

くらいのインパクトの違いがあります。

フルーツ
そういうえば外資系企業で管理職やってる知り合いも「クビにするのは、まず①仕事のできないヤツ。次に②オレが嫌いなヤツ」って言い切ってたな…

 

外資に転職した経理マン
外資の社内営業はかなり大変だから、自己主張の強い人じゃないと合わないと思うよ…

 

理由②日系→外資は片道切符

外資に転職した経理マン
外資から日系企業に戻るのって、実はかなり難しいんだよね…

個人的には驚きだったのですが、「日系企業から外資系企業への転職は、基本片道切符」というのが実態のようです。

外資経験者に対して、日系企業が

  • 外資の文化に染まってるから、ウチには合わないよ~
  • きっとまたすぐ辞めちゃうんでしょ?
  • そんなバリバリな感じの人が来ても、扱いにくそうだし
  • ウチのやり方に合わせてくれないよね

という感覚をもつせいなのだとか。

フルーツ
ぅーん…確かにウチの採用面接担当者を考えても、ありそうな話かも…

 

キャリアカウンセラー
もちろん「絶対ムリ」ということはありませんが、一度外資を経験すると、日系企業に戻りにくいのは確かです。
  • 「日系→外資」の転職:いつでもOK
  • 「日系→日系」の転職:若ければOK
  • 「外資→外資」の転職:比較的カンタン
  • 「外資→日系」の転職:意外に困難

とのこと。

外資に転職した経理マン
外資への転職は、慎重に考えた方がいいよ…。勢いだけでやっちゃうと、後悔するから…

 

理由③退職金が無い

外資に転職した経理マン
外資の高給は見せかけだけだったりするんだよね…

外資系企業と日系企業では、報酬制度の考え方や仕組みそのものが異なります。

外資の年収は、パッと見では高く見えますが

  • 退職金が無い
  • 福利厚生も弱い

といった点は考慮しておく必要があります。

 

キャリアカウンセラー
現職が日系企業の場合、「退職金込みの年収」を把握してから転職活動を始めるのがおすすめですね。

「退職金も福利厚生も全て計算に入れた上で、各企業の年収を比較する」という視点はとても大切です。

外資に転職した経理マン
目の前の年収だけに惑わされないようにした方がいいと思うよ…

 

理由④終身雇用の文化が無い

外資に転職した経理マン
ボクが入社して3日後、隣の席の人があっさりクビになっててホントびびったよ…

外資系企業には、日系企業のような終身雇用の文化がありません。「3年後も5年後も10年後も、基本的には皆この会社で働いているよね」という前提がないわけです。

  • 転職時に約束した業務が遂行できない場合
  • 部署の統廃合などで業務自体がなくなる場合
  • 成果がイマイチ上がらない場合

かなりシビアな判断を下される可能性があります。

 

キャリアカウンセラー
転職後数か月で大きな組織変更があり、「あなたのポジションはありません」と通告されるようなケースもあります。

日系企業の、一度入社してしまいさえすれば

  • 仕事をしなくても
  • 経理知識が数十年前から変わっていなくても
  • カンタンなPC操作さえできるようにならなくても

決してクビにならない体質も困ったものですが、外資系企業の緊張感もなかなかです。

外資に転職した経理マン
どっちも一長一短だけど、安定・安心して働き続けられるってことの価値について改めて考えちゃったよ…

 

理由⑤未経験業務にチャレンジしにくい

外資に転職した経理マン
外資はシビアに成果を求められるからさ、「やったことない仕事を学びながら進める」っていう場合、ハードルが高いよね…

例えば、国際税務の担当者が、転職していなくなってしまったとしましょう。

日系企業の場合、

  • とりあえず周囲のメンバーが引き継いで
  • 慣れない仕事に右往左往しながらも
  • 本や専門家を駆使して
  • なんとか業務をまわせるようになっていく

みたいなパターンが多いですよね。

効率や業務負荷などを考えるとなんとも言えませんが、少なくとも「未経験の新規業務にチャレンジできる」「多少時間がかかっても許される」環境ではあるわけです。

 

一方外資系企業の場合

  • 担当者がいなくなったなら雇う必要がある
  • できない人にやらせるより、できる人を連れてくればいい

という考え方が多いようです。

キャリアカウンセラー
研修制度や自己啓発環境が整っていないわけではありませんが、基本的には「できる人に任せた方が効率的」という発想の外資系企業が多いと思います。

 

外資に転職した経理マン
だから意外に日系企業の方が、新しい業務の経験が積みやすかったりするんだよね…

 

外資転職を考えている経理部員へのおすすめプラン

経理部員
うーん。外資も一長一短だね…。どうしようかな~

そんな人におすすめのプランがあります。そのプランとは…

「外資系と日系の中間」でほどよい温度感を探ること。

 

世の中には、たくさんの企業があります。そしてそれぞれの企業ごとに、企業文化は様々です。

外資系/日系とひとくくりに考えがちですが、実際には、その中間的な文化を持つ企業もたくさんあるということです。

  • 外資っぽい日系企業
  • 日系よりの外資系企業

こういった企業を選ぶことで、「外資系と日系のいいとこどり」ができる可能性があります

キャリアカウンセラー
企業ごとの細かな違いをよく理解することで、あなたにとっての「外資に惹かれる点」&「日系も悪くないと思う点」の両方を手に入れられるかもしれません。

 

ポイント①外資・日系のどこに惹かれているのかを整理する

  • 外資系企業に魅力を感じる
  • でも、不安な点もある
  • 日系も悪くないかもしれないと思う
  • でも、不満を感じている点がある

こういう状態にあるとき、

  1. なんとなく日系企業に留まる
  2. 勢いで外資系企業への転職を決める

といった行動は、あまり建設的ではありません。

キャリアカウンセラー
①なんとなく留まったのでは不満は解消しませんし、②勢いで転職するとさきほど挙げたようなデメリットに泣く可能性があります

 

大切なのは、

  • 日系企業への不満は何か
  • 外資系企業の魅力は何か
  • 日系企業の悪くない点はどこか
  • 外資系企業の不安な点はどこか

言葉にして整理してみることです。

そして、それがただのイメージなのか事実なのかを確認し、自分の求めていることの優先順位をつける必要があります。

キャリアカウンセラー
ひとりで自分と向き合い紙に書き出してみるのも良いですし、転職エージェント等との会話の中で整理していくのも◎です。
フルーツ
私はJACリクルートメントのエージェントと話すことで、ずいぶんと整理が進みました!やっぱり、外資の転職事情に詳しい人のアドバイスは、参考になります~

 

ポイント②個企業別の情報収集をする【超重要】

外資系と日系、それぞれのどこに魅力を感じているのかが整理できたら、次は個別企業の情報収集です。

  • 自分が惹かれる外資系の特徴
  • 自分が惹かれる日系の特徴

両方を兼ね備えた会社を探すわけです。

フルーツ
「こんな希望はワガママかな…」とあきらめる前に、実際にそういう会社がないのかどうか、調べてみることが大切です。

 

経理部員
個別企業の情報なんて、どうやって調べるの?
  • ネットには細かな情報は無いし
  • あっても信頼性が低い
  • 各個別企業に知り合いがいるわけでもないし
  • イチイチ電話してきくわけにもいかない

ということで、自分の力では調べようがありません。転職エージェントを活用しましょう

 

おすすめは、JACリクルートメント。外資系・日系・その間の文化をもつ会社、それぞれの求人案件をたくさんラインナップしているからです。

エージェント自身も外資系・日系の事情に詳しく、個別企業の状況もよく把握しているので

  • ここはガチで外資系文化
  • ここはバリバリの日系文化
  • ここはこの点が外資っぽくて、この点は日系ぽい中間文化

といったことを、きちんと教えてくれます。

フルーツ
「日系と外資系の中間くらいの文化の〇〇社なんかが、フルーツさんには合うかもしれませんね」といったアドバイスも、積極的にしてくれましたよ!

 

ポイント③交渉する

最後に重要なのは、条件交渉です。

良さそうな会社を見つけて内定をとっても、それだけで「何もかも希望通り」とはいかないもの。

  • 職場環境は良さそう
    →だけどもう少し年収アップできないかな
  • 退職金入れると年収減になっちゃう
    →なんとかならないかな
  • 会社はすごく良さそうだけど、上長になる人がちょっと…。
    →隣接部署で空いてるポジションないかな
  • 入社スケジュールが、ちょっと厳しいかも
    →前職の引継ぎがきちんとできる日程に変えてほしいな

といった細かい条件調整が必要になります。

 

経理部員
ぇ~、内定先とそんな話できないよ~

それは、ごく普通の感覚だと思います。

実際、未来の上司・同僚に対して、入社前から直接生々しい話をするのは考えもの。印象を悪くして嫌われてしまっては、元も子もありません。

そこで活躍してくれるのが、転職エージェントです。②個企業の情報収集で使ったエージェントが、企業と転職者の間に入って、必要な調整をしてくれます

フルーツ
ただし!エージェントによっては「企業よりの意見しか言わない」「転職者の希望を押さえつけようとする」といったケースもあるので、エージェント選びには注意が必要です。

まともなエージェントなら、条件交渉までしっかり面倒をみてくれるはず。

例えばさきほどご紹介したJACリクルートメントなら、その点は安心です。入社後のサポートまで視野にいれて、きちんと対応してくれますよ。

 

経理部員の外資転職まとめ

外資への転職を、イメージだけで決行するのはNG。なぜなら

  • 年収アップ
  • 不合理が減る
  • 成果が報われる

というメリットがある一方で、

  • 社内営業がエグイ
  • 日系→外資は片道切符
  • 退職金が無い
  • 終身雇用の文化が無い
  • 未経験業務にチャレンジしにくい

といったデメリットもあるから。

 

おすすめなのは、「外資系と日系の中間」の文化をもつ、ほどよい温度感の会社を探すこと。

  1. 自分が外資に惹かれるポイント・日系に惹かれるポイントを整理して
  2. ①に合う企業を探し
  3. きっちり条件交渉をして

外資系と日系のいいとこどりができる会社を見つけてください♪

フルーツ
優秀な転職エージェントの助けを借りると、①~③までどれもスムーズに進みますよ

具体的には、外資の転職にも強みをもつJACリクルートメントが良いでしょう。

各社の実態を良く知るエージェントから、適切なサポートが受けられますよ。

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。