税理士試験に挫折した経理マンが悟る「税理士試験がヤバい2つの理由」

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

  • 日商簿記1級
  • 証券アナリスト
  • TOEIC800点超

など、それなりの資格を取得している自称「勉強好き」のこびと株.comメンバーですが、「さすがにコレは無理」と思った試験があります。それは税理士試験です。

 

【挫折まったなし】税理士試験がヤバい2つの理由

税理士試験は、会計科目2科目+税法科目3科目に合格すればクリアです。全部で5科目ですね。

さて、この税理士試験、一体どのあたりがヤバいのか見ていきたいと思います。

 

挫折要素①:全科目合格までに時間がかかりすぎてヤバい

5年で5科目合格できれば御の字です。巷では平均8年程度とも言われています。弊社にも5科目合格の税理士が3名いますが、全員6~8年かかっています。

ふ~ん、8年かぁ…

アホか!

子供が小学校に入って中学3年生になるあたりでようやく合格です。いやいや時間かかりすぎでしょ…

なぜこんなことになるのかというと、税理士試験では「科目合格制」が取られているからです。各科目の合格は生涯有効なので、どんなに時間がかかっても5科目取れれば税理士になることができます。

そのため、働きながら毎年1科目ずつ合格を目指している受験生が多いのですね。

各科目の勉強時間は、「税理士通勤講座」では次のように記載されています。

普通に足し合わせると5科目で軽く2,000時間を超えるのですが、この勉強時間が少ないことは税理士試験の受験生の中では周知のことです。

TACの消費税法講座とか実際に通いましたけど、300時間で合格とか無理に決まってるだろ!って感じです。一度見たことは忘れないみたいな脳みその持ち主なら別ですけどね。

上記の勉強時間は、予備校が受験生を呼び込もうとして少なめに出してるともっぱらの噂です。実態としては、1.5倍~2倍ほど見込んでおいた方が良いです。つまり、3,000~5,000時間ほどですね。

ちなみに、私が大学時代にオンラインゲームに費やした時間が3,000時間ほどですから、実は大学生時代に税理士になれるチャンスがあったということになります。あれぇ?

 

とにかく、税理士試験は時間がかかりすぎるのです。

日常を税理士試験に捧げる覚悟が必要です。

 

挫折要素②:税法科目の受験生のレベルがヤバい

会計科目2科目はまだ良心的なんです。ヤバいのは税法科目。

この税法科目に受かりたければ、

  • とんでもないボリュームの条文(予備校テキスト)をすべて丸暗記して
  • 1分1秒を競う時間のなかで正確に答案用紙を作成し
  • 約50%の配点を占める計算問題ではほとんどミスをしてはいけません

なんでこんなことになるのかというと、受験生のレベルが非常に高いからです。

もうね、アスリートの世界なんですよ、税理士試験って。世界陸上の短距離走で、コンマ何秒のタイムを競っている感じです。あまりに受験生のレベルが高く実力が拮抗しているので、基本的にミスが許されません(もちろん、科目によりますが)。

合格レベルにある受験生は、例外なく条文を丸暗記できているので、あとはスピードと正確性だけの勝負になります。だから、30分で何文字書けるかを競いあってる受験生もいます。なんの試験だよ

 

ちなみに、税理士試験は相対評価の試験です。税法科目では上位10%前後の受験生が合格します。

私たちが予備校で受けていた消費税法の授業では、ついにたったの1回も上位20%に入ることが出来ませんでした。結構頑張って勉強してたんですけどね。100点満点で90点取って上位30%とかですからね。意味が分かりません。

受験生のレベルが高い理由は、受験ベテランが滞留しているからです。税理士の数が増えすぎると困るので、国が合格者数を絞ってるんですよね。

実は、税務署に23年勤めると税理士になれます。公務員の天下りみたいなもんですね。このルートで税理士になる人って結構多いんですよ。あまり税理士(試験組)を増やしすぎると、この人達が困ってしまいます。じゃあ、税理士試験の合格者を少なくしようってことになるわけです。

科目合格制を採用しているため、下手に2~3科目合格してしまうと退くに退けなくなる試験でもあります。最後の1科目を合格するのに5年かかった…!ということもザラにある試験です。とにかく、あらゆる理由から受験ベテランが生まれやすい環境になっています。

税理士試験は、さながら群雄割拠・戦国時代の様相です。

 

もはや「税理士としての資質を問う試験」からは程遠い試験になっているんじゃないですかね。個人的には、受験生の実力を考えると、上位20%ぐらい受からせたって実務上は全く問題ないんじゃないかと思います。

まぁ、弁護士にしても会計士にしても、国家資格は政策ですからね。国がいい加減な舵取りをすると、割を食うのは受験者達です。もう少しマトモな試験になれば本格的に受験を考えても良いのですが、私たちのレベルでは手を出せそうにありません。

 

まとめ:時間がかかりすぎるうえに受験生のレベルが高いので挫折しました

ほんと無理。

社内の合格者達は口をそろえて言います。「人におすすめできる試験ではない」と。

税理士業界は斜陽産業ですし、もはや税理士資格は取っても食える資格ではないと言われています(取っただけでは食えないという意味で、実力=営業力のある人はもちろん別)。

生半可な覚悟で受けて良い試験ではありません。

ちなみに、税理士資格は「独立開業してナンボ」の資格です。事業会社に勤めたいなら、税理士資格を取るのはコスパが悪いです。上場企業には日商簿記1級+アルファで十分潜り込めると思いますので、目的に合わせて戦略を練りましょう。

 

というわけで、税理士試験に挫折した経理マンのお話でした。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。「お金の話」と「健康」をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計職人。40歳時点で、給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。