簿記1級の難易度・勉強時間の目安を現役経理マンが教えます

スポンサーリンク
簿記1級を検討中の学生
簿記1級の価値ってかなり高いらしいね。受験してみようか悩んでるんだけど、難易度はどれぐらいかな?僕なんかでも受かるのかな?
簿記1級を検討中の主婦
簿記1級を取得して働きに出たいと思ってるんだけど…家事に子育てにやることがいっぱい。勉強時間はどれぐらいかかるのかしら?1日どれぐらい勉強すれば受かるのか知りたいわ

こんな疑問にお答えします。

こびと株.comのメンバーは全員が日商簿記1級ホルダーの実務家です。4人のうち1人は独学で、残り3人はスクールを利用して合格しています。簿記1級を武器に就活し、皆30歳前後で600万円強の年収があります。

職場にもたくさんの簿記1級合格者がいるので、その難易度・勉強時間に関する情報はたくさん持っています。この記事ではそういった情報をまとめて公開します。

この記事を読めば、次のことが分かります。

  • 簿記1級の難易度
  • 簿記1級の勉強時間の目安
  • 簿記1級の難易度・勉強時間に関する口コミ

結論としては、

  • 簿記1級は受験者のレベルが高く、合格率10%前後・勉強時間500~1000時間を要する難しい試験

です。独学は厳しいので【TAC】【大原】といった優良スクールを使って早期合格してしまいましょうという話です。簿記1級は就職・転職・昇進で評価されるので、趣味資格と違ってスクール代のモトは簡単に取れます。

それでは詳しく見ていきましょう!

 

簿記1級の試験概要

試験概要を知らずして、難易度や勉強時間を語ることはできません。まずは簿記1級の試験概要をざっくりと掴みましょう。

試験科目・試験形式

試験科目は4科目で、配点は各25点です。100点満点の試験ということです。70点以上の得点で合格となります。

膨大な試験範囲の試験でありながら、試験時間は180分しかありません。

  • 証券アナリスト試験は420分(2次試験午前・午後)
  • 中小企業診断士は510分(1次試験7科目)
  • CFP(ファイナンシャルプランナーの上級資格)は720分(6科目)

これらの資格試験と比較すると、簿記1級の本番試験は学んだことのごく一部しか問われない試験だと言えるでしょう。そういう意味では、報われにくい試験です。

 

その他試験の概要・特徴

その他の特徴としては「足切り制度」があげられます。4科目のうち、いずれか1科目が10点未満/25点だと、それだけで合計得点にかかわらず不合格が確定します。

本番の試験では、膨大な試験範囲から特定の論点がピックアップされて出題されます。もし未学習・苦手論点があるとそれだけで不合格の確率がグっと高まるということです。

 

難易度を受験資格×合格率×勉強時間の3要素で判断

さて、簿記1級の難易度をできるだけ客観的に評価してみたいと思います。その要素は3つです。

  1. 受験資格
  2. 合格率
  3. 勉強時間

例えば、司法試験は受験資格が非常に厳しく(法科大学院に合格し2~3年勉強しないと受験できない)、本試験の合格率は20%弱、勉強時間は数千時間に及びます。文句なしの最高難易度ですね。

一方で、簿記3級は誰でも受験することが可能で、30~40%の合格率、数十時間で合格できるので易しい試験ということになります。

簿記1級はどうでしょうか?順番に見てみましょう。

 

要素①受験資格

学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません。つまり、受験資格は一切ありません。誰でも受験することが可能です。

ただし、ここで1つ留意すべき点があります。

形式上のことはさておき、事実上は簿記2級が受験資格になっているということです。周りを見ていても、簿記2級を飛ばしていきなり簿記1級にチャレンジしている人はほとんど見当たりません。

  • 日商簿記3級の合格率は40%前後
  • 日商簿記2級の合格率は30%前後

結局、簿記1級の受験者は40%×30%=12%、10人に1人レベルの受験生だということです(連続一発合格者を想定)。

さらに、日商簿記1級の受験生のうち、それなりの割合を「公認会計士試験」の受験生が占めています。彼らの大半は有名大学の学生です。

こういった背景を考慮すると、簿記1級に受験資格はないものの、受験者達のレベルは比較的高いことが分かります。宅建士、行政書士、中小企業診断士といった士業試験の方が、レベルの低い記念受験者は多いかもしれません。

 

要素②合格率

受験生のレベルが比較的高い簿記1級ですが、合格率はどうでしょうか?

最近の試験を見てみると、このような結果になっています。

5.9%~10.9%の間におさまっています。10%弱の合格率だと考えておくと良いでしょう。

ちょっと古いデータですが、士業試験の合格率と比較してみます。

簿記1級は、これらの試験とたいして変わらない合格率の試験であるということが分かります。合格率だけで見ると、難関国家試験並みの難易度です。

合格率は低いという認識でOKです。

 

要素③勉強時間

最後に、合格に必要な勉強時間を見てみましょう。これは、専門予備校(スクール)のカリキュラムを見ると大体掴むことができます。

 

スクールを利用した場合の勉強時間

有名スクールのTACの「簿記1級対策講座」でそのボリュームを見てみることにします。出題範囲を網羅するために必要な授業回数はなんと【91回】です。総時間は250時間に及びます。

最低でも、復習のために講義時間と同じだけの勉強時間を確保する必要があると言われています。つまり、予備校利用した場合の”最短”学習時間は500時間程度ということになります。

簿記1級は、理解するのが難しい難関論点が目白押しですから、500時間という想定はかなり甘めです。

授業時間の3倍である750時間~で見込んでおいた方が現実に近い数値でしょう。

日商簿記1級を学習すると、税理士試験の「簿記論」「財務諸表論」の学習範囲を8割以上カバーできます。簿記論と財務諸表論に合格するにはそれぞれ400~500時間の学習が必要とされていますから、(予備校を利用して)750時間というのはイイセンいっている数字だと思います。

1日2時間×365日勉強して合格ラインにのってくるというわけです。1発合格すればこれでおしまいですが、何度か受験を繰り返すとどんどん勉強時間は膨らみます。

コラム:短期合格者が生まれる理由

インターネットで情報収集していると、時々「数ヶ月の勉強で合格しました!」というようなすごい受験生を発見することがあります。これはどういうことでしょうか?

答えはズバリ、次の3つのどれかです。

  1. 受験エリート(超有名大学卒)
  2. 簿記の学習経験が豊富(商業高校・商学部卒)
  3. ヤマが当たった

①のパターンは本物の秀才です。

②のパターンは「実は全くの初学者ではなかった」というケースです。商業高校や商学部で、1級の論点に触れた経験がある人達です。ゼロからチャレンジしようとしている人、簿記2級からステップアップしようとしている人は参考にしてはいけません。

③のパターンは、膨大な試験範囲のなかから狭い論点が出題される簿記1級ならではのできごとです。要するに、捨て論点を作っても運が良ければ生き残れるのです。単にラッキーな人ということですね。

ほとんどの人は、最低でも半年~1年かかるという心づもりでいた方が良いでしょう。

 

独学の場合の勉強時間

独学の場合は、スクールより時間がかかります。なぜなら

  • 新しい論点の理解に時間がかかる
  • つまづくと進まない(誰も解説してくれないので)
  • 勉強ペースが一定になりにくく、長期化しがち

こういったことが起こるからです。

勉強が得意な人、要領の良い人は500時間ぐらいで合格できるかも知れませんが、普通の人は1発合格は厳しいです。数回の受験を繰り返す間に、総勉強時間は1,000時間近くになってしまうかもしれません。

 

簿記1級の難易度:難関試験です!

  1. 受験資格:事実上、簿記2級以上レベル
  2. 合格率:10%前後(難関国家資格並み)
  3. 勉強時間:500時間~1000時間

これらを判断材料にすると、簿記1級は文句なしの高難易度試験と言えます。だからこそ、簿記1級には希少価値があるのです。就職や転職に役に立つというのも当たり前の話ですね。

公認会計士や税理士、司法書士などの上位士業よりは易しいですが、中小企業診断士、社会保険労務士などとは良い勝負かもしれません。

「簿記1級は難関試験だが、希少価値が高くメリットが大きい」

これがこびと株.comメンバーの見解ですが、ネット上ではどのような評判でしょうか?まとめてみましたので、参考までにご覧ください。

 

簿記1級の難易度・勉強時間(口コミ編)

日商簿記1級の合格率は約10%ですが、このうち3.5%分は会計士受験生、4.5%分は税理士受験の受験資格を得ようとする受験生が合格していると推定されます。

なので純粋に簿記1級の合格を目指している受験生の合格率は実質的に2%だという計算になります。このように考えると実質的な難易度は極めて高そうに見えますが、きちんとやるべきことをやっていけば合格できます

(出典:簿記革命「簿記1級の合格率に隠された真実と簿記1級に合格する方法」)

合格者の大半は会計士や税理士受験生で占められており、1級のみの合格者は極めて少ないだろうという見解です。どんなに頑張っても合格できない!というレベルではないですが、やはり試験の難易度は高いです。

 

こんな意見もあります。

よく「簿記1級と高校受験、大学受験はどっちが難しいのか?」と聞かれますが、個人的には「大学受験>簿記1級>高校受験」の難易度だと感じました。(参考までに、ボクの大学の偏差値は62で、高校の偏差値は60です。)

(出典:簿記ログ「日商簿記1級の難易度はどれくらい?簿記2級との違いや必要な偏差値を調べてみた」)

大学の偏差値62というと、私立ではMARCHレベルでしょうか。これぐらい学力のある人なら、大学受験の方が難しかったと感じるようです。

 

日商簿記2級 までであれば、少し勉強をしただけで合格できる方もいるでしょう。

しかし、日商簿記1級は非常に難しいです。

その理由は、学習範囲がとてつもなく広いからです。

ちなみに、筆者は専門学校で日商簿記1級の勉強をした経験もありますが、教科書だけでトータル1000ページ以上はありました。

教科書が薄い訳ではないので、勉強するのも一苦労でしょう。

(出典:FULL HOUSE「日商簿記1級の試験日、難易度などを解説。就職活動中、公認会計士を目指す人は必見です!」)

日商簿記2級とはケタ違いの難易度だ、というのは簿記1級の受験生・合格者なら誰もが知っていることです。試験範囲を一通り勉強するだけでもかなり大変です。

 

簿記1級なんて簡単!

という意見はまったく見つけられませんでした。もう、これが結論でOKです。

簿記1級は難しい試験です。

ここから、1つの結論が導かれます。

難易度は高い!だから何?
  • 簿記1級は難しい
  • 難しいからこそ、希少価値が高く、就職や転職・昇進で評価される!=モトが取れる!
  • だから、本気で合格したいなら(会計の専門職に就きたいなら)スクールを使おう

こういうことです。

 

簿記1級はスクールを使うのがベストな試験

簿記1級は価値がある難関資格(モトが取れる資格)

簿記1級は経済的価値がある資格です。就職・転職・昇進などで年収をアップさせることができます(私の勤務先は一部上場の大企業ですが、転職者たちはみんな簿記1級ホルダーです)

世間に多数存在する趣味資格とはワケが違います。簡単にモトが取れるのだから、スクールに通って早く合格してしまいましょうということです。

簿記1級の価値・取得の5つのメリットについては、こちらの記事に詳しくまとめてありますのでぜひご覧ください。

簿記1級は価値ある資格!5つのメリットを現役経理マンが教えます【取る意味アリ】

2018.04.11

 

簿記1級は独学をおすすめできない難関資格

独学でも合格できるのなら、その方が良いに決まっています。しかし、簿記1級に独学で合格するのはかなり難しいのです。

独学をおすすめできない5つの理由についてはこちらの記事で詳しく解説しています。これを読んでも「自分は大丈夫!」と思える人だけ挑戦してみて下さい。

簿記1級の独学は可能だけどおすすめしない。基本無理だと思う5つの理由

2018.04.13
  • 独学で不合格を重ねるうちに歳をとる
  • 独学で不合格を重ねるうちに挫折してしまいキャリアチェンジが無理になる

勉強しているうちに、もっとも柔軟にキャリアを選択できる20代が過ぎてしまう方がよほどリスクが高いのです。

スクールに支払う20万円弱のコストをケチって、自身の数百万円の市場価値を失うなんてことにならないようにしてください。これはおおげさな話でも何でもなく、よくある話なのです。

「簿記1級は立派ですけど、年齢がネックなんですよね…」

転職エージェントにこう言われた知り合いは1人や2人ではありません。早く合格できることには大きな意味があります。本気で合格を目指すなら、スクール代ほど効果的な投資はないのです。

  • 合格率が劇的にアップする(合格率が10%と20%では天と地の差です)
  • 実務でも使える正しい知識が身につく(独学者の理解はおかしなことになってることが多いです)
  • 人に説明する力が身につく(講師の説明の仕方は、プレゼンのお手本です)

会計の専門職を目指すなら、スクールを利用しないという選択肢はありません(断言!)。

 

簿記1級のおすすめスクール

おすすめスクールは2つしかありません。超大手の【TAC】【大原】です。

私の職場の簿記1級ホルダーのスクール利用者はこの2校だけです。

  • TAC‥‥5名
  • 大原‥‥3名

昔から、簿記1級合格者のシェアはほとんどこの2校で占めています。選択肢から外す理由がありません。私は、簿記1級だけじゃなく証券アナリストなどもTACの講座を受講して合格しています。

TACと大原をおすすめする理由
  1. カリキュラムを100%消化できれば絶対に受かる
  2. 教材の質がこれ以上ないぐらい高い
  3. 最短5ヶ月で合格を狙えるカリキュラムがある

授業を受け始めれば「こんな良い教材で授業を受けてる人がいるんじゃ、独学の人は勝てないじゃないか!」ということに気づくと思います。本当にクオリティが高いです。

ちなみに、どちらも教育訓練給付金制度対象の講座があるので、スクールに支払った料金の20%は取り戻すことができます

また、TACは上場企業なので「株主優待」のチケットをネットオークションなどで手に入れれば受講価格を10%割引できます。

例:TAC 1級合格本科生 1年コース 165,000円

  •  →株主優待で10%OFF!→16500円引き!
  • →教育訓練給付金で20%取り戻す!→29700円キャッシュバック!

結局、46,200円お得に受講できることになります。12万円程度で受講できるということになります。

どちらのスクールも授業の質には絶対の安心感があるので、個人的には株主優待のチケットで割引受講できるぶんだけTACをおすすめします。

とはいえ、好みの問題もあるので、比較対象として大原も検討してもいいかなという感じです。

資格スクールのパンフレットには、合格者体験記などネットでは手に入らない良質な情報が含まれているので、是非請求してみて下さい。単純に、読み物としても面白いですよ。

 

以上、「簿記1級の難易度・勉強時間の目安を現役経理マンが教えます」でした。

皆さまが簿記1級に合格して、会計専門職に就けることを応援しております!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。