チャンス到来!!会計職(経理/財務)の転職市場が熱い!

スポンサーリンク

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マンです。

経理の転職市場が「売り手市場になっています。最近、

  • KDDI
  • ユニクロ
  • 日産自動車

みたいな大企業からたくさん面接確約オファー(※リクナビNEXTのスカウトオファーです)がきてたのでおかしいな~と思ってたんですよね。

付き合いのある転職エージェントに市況を聞きに行ってみたところ、今はかなり転職者に有利な状況のようです。

 

超大切なことですが、日本企業に雇用される場合、「スキルレベルの高さ」と「年収」は直結していません。外資と違い、ジョブをこなす個人の能力にお金を払っているわけではないからです。

年収をアップさせようと思ったら、これしかありません。

年収水準の高い業界・企業に転職する

日本企業の報酬形態は「メンバーシップ型」なので、何ができるかより

  • どの会社に所属しているか?
  • あなたは今何歳か?

の方が大切です。

もし若い人が今所属している会社で年収をアップさせようと思ったら残業しまくるしかありません。

嘘だと思うなら仕事をバリバリ頑張って成果を出して定時で帰ってみてください。きっとA評価を得てB評価の人よりも年収が10万円くらいアップするでしょう。

しかし、評価による査定を考慮しても、残業しまくるB評価の人の年収は越えられないはずです(年俸制やみなし残業制のところはちょっと事情が違うと思いますが。)

そもそも、年功序列・終身雇用は、個人のスキルや成果を短期的に評価しようとする雇用形態ではないのです。

ここを勘違いすると、私のように『10年頑張り続けたのに、10年いい加減に仕事してた人と給料がほとんど変わらねえええええ』と悩むことになりますw

頑張っても給料は上がらない【もっと早く知りたかった】

2018.01.23

 

話を本題に戻して、じゃあ年収水準の高い業界・企業に就職するために何が大切か?ということなのですが、それはズバリ『運と縁』です。

どんなに経歴がよくてスキルが高くても、募集がなければどうにもなりません。たまたま新卒時/転職適齢期に就職氷河期だったというだけで、割のいい就職先にありつけなかった人はたくさんいます。

個人のスキル以上に、企業サイドの採用熱の高さが重要なのです。もともと人材の流動性が低い日本では、なおさら活況時のチャンスは貴重です。

今は、ここ数年でトップクラスに市況が良いです。この環境は、東京オリンピックぐらいまでは継続するだろうと言われています。

  • 今の会社に不満があって脱出したい人
  • 年収をアップさせたい人
  • キャリアチェンジして手に職をつけたい人(経理やってみたい人)

ぜひチャレンジしてみてください!!

気に入る会社が見つからなければ転職しなければ良いだけの話ですから、ノーリスクです。

  • 未経験からでも大丈夫?
  • 中小企業の経理経験〇〇年だけど、大手に転職できる?

こういう人は、もし相談してくれれば履歴書や志望動機の書き方などサポートします!20代なら全然チャンスありです。なんなら簿記をレクチャーしてもいいぐらいですw

経理はいいですよ~!

 

  • 経理未経験だけど、簿記や経理に興味がある人

売り手市場はまだもう少し続きそうですから、簿記を学び始めて2級を取ってから転職活動を始めても間に合います。

日商簿記2級のまとめ(勉強方法・勉強時間、合格率・難易度、おすすめテキスト・過去問集など)

2017.12.13

簿記が取れたら、転職サービスに登録して活動を開始してみましょう。今の市況だと

  • 一部上場企業!簿記2級以上であれば、未経験OKで年収500万円~600万円
  • JASDAQ上場企業!簿記を知っていて企画業務の経験があれば、未経験OKで年収600万円前後

といった案件がザクザクでています。

 

  • 経理経験者(経理っぽい業務含む)で、ちょっと転職に興味がある人へ

既に経理職に就いている人は、とりあえずリクナビNEXTに登録しておくだけでも上位企業からスカウトオファーが来るかもしれません。

某転職サイトのスカウトサービスは、登録者の職歴を無視して「牛丼屋の店長」などのスカウトがバンバンきました。リクナビNEXTではちゃんと職歴とマッチしたスカウトが届きますのでご安心を。

もしも良い縁があればサクっと移ってしまうのもアリですね!私は日本郵船とKDDIは結構迷いました…結局今の会社に残ってますけどね。

 

  • 経理経験者(経理っぽい業務含む)で、転職したくてしょうがない人

会計職の転職にめっぽう強いジャスネットに登録しましょう。会計士などもよく使っている有名なエージェントです。

経理の転職ならジャスネットは必須」と言えるぐらいおすすめです。他のエージェントは、ジャスネットが合わなかったら考えるという感じでOK。

エージェントが非常に親切で、「どこでもいいから無理やり転職決めさせる」みたいなことをしません。経理の人は転職回数が多いので、丁寧な関係を築いて長くお付き合いをするという方針を取っているからです。

ぜひ面談を試してみてください。呼べば職場の近くまで来てくれることもあるので、会社帰りにサクっと話ができます。

プロフィールの記入も5分ぐらいで済みます。あとは待ってればエージェントからメールが届きますので、楽しい楽しい物件選びの始まりです。

気に入った物件が見つかるといいですね!

 

スキルも大事ですが、市況はもっと大事です。この波に乗りましょう~

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comのボス(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。