【スマホ1つで財産管理】先祖代々の株を育てていきたい

 

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

とにもかくにも、まずは月10万円の配当金が欲しい。

 

なぜ配当金が必要か

なぜ配当金が欲しいかというと、日本経済がゆるやか~に衰退していくと思っているから。

主な理由は、超少子高齢化です。

短絡的な意見ですが、やっぱり大変なことだと思うんですよね。

  • 2004年…1.27億人(高齢化率約20%)
  • 2050年…0.95億人(高齢化率約40%)

減り過ぎじゃないですかね…

 

生産年齢人口(15歳~64歳)は、2050年までに3,500万人減って5,000万人を下回ると予想されています。

 

生産年齢人口が減っていき高齢者の割合が増えると、社会保障システムの維持が難しくなります。健康保険とか年金制度とか。構造上、不可避の問題です。

  • 実際に社会保障システムは破綻するのか?
  • 日本が財政破綻する可能性はあるのか?

この辺の議論は専門家に任せるとして、自分が10年以上にわたり会社員生活を続けてきて抱いたリアルな感覚を頼りにモノを話すと

  • 税金高い(所得税、住民税、固定資産税、消費税…etc)
  • 社会保険料高い(毎年上がり続ける保険料率…)
  • 生活が豊かになってる感がない(手取りそんなに増えてない)

です。これが実感。

 

  • 別に国家破綻を煽る気もないし(不安を煽るビジネスはいつの世も存在します)
  • 政治に絶望して投票なんてムダだと主張する気もないですが(私は投票に行きます)

自分は自分で、もっと積極的に対策をしていかなければと思っています。結局、コントロールできるのって自分に近いところだけですしね。

で、私にできる対策が何かというと配当金を増やすことです。

※10年以上も経理をやっていると、お金がどこからきてどこに流れていくのか、ハッキリと分かるようになります。やっぱり、現代における富の源泉は「株式」です。お金は株主に流れるということです。

 

配当金はベーシックインカムになりうる

株価は読めません。理論上の適正値(そんなものがあるかどうかはさておき)から、需給によってかなり上下に変動します。

一方で、配当金はある程度読めます。それなりの慎重さは必要ですが、迂闊なことをしなければ概ね予想通りの配当金を獲得し続けることができます。

日本経済の成長が期待できないのなら、世界中で稼ぐ優良企業に投資してお金を稼いできてもらえば良い。こびと株はそういう発想です。

一度手にすれば分かると思いますが、配当金は完全な不労所得です。

※不労所得という言葉ほど、陳腐で怪しい言葉もありませんが、事実です。株式会社のオーナーになるというのは、そういうことです。

 

増配も加味するならば、3,000万円の資産を築くころには十分に目標を達成できるでしょう。配当利回りにして、税引後4%です。

各種優遇税制、配当控除等を考慮すれば、ポートフォリオ全体でこれぐらいの利回りを確保することは難しくありません。もちろん、元本成長にはあまり期待できませんけどね。

 

超長期保有の高配当ポートフォリオの良いところ
  1. 現役世代の時には、インカムの強化になる
  2. 老後世代になったら、年金の足しになる
  3. 次の世代にそのまま託せる(ルールは1つ。売らないこと)

スマホ1つで管理する、先祖代々の株というわけですね。土地や家屋と違って管理が不要です。

身軽で最高ですね。

 

高配当株ポートフォリオの作り方

原資の確保

キャピタルゲインをとってグイグイ資産を増やしていくわけではないので、入金力が必要になります。

基本スタイルは質素倹約です。とにかく、ムダな支出は天敵です。

収入-支出=残額

これをひたすら高配当株に突っ込んでいきます。私たちの場合、入社当初と現在で生活水準が全くと言っていいほど変わっていません。昇給分はすべて投資へ。

 

通信費を3大キャリアに払っていたり、たくさんの保険に加入していたりしたら、原資の確保はおぼつかないでしょう。

※ちなみに、質素倹約という生活スタイル自体が、配当金と非常に相性が良いです。なぜなら、配当金の金額にボリューム感を持たせることが難しいからです。

月1万円の配当を「たったそれだけか」と思うか「そんなにもらえるのか」と思うかは、生活スタイル次第。月1万円あれば色々できるじゃん!と思える人は、高配当株投資に向いていると思います。

 

元手を300~500万円ぐらいためて、集中投資で5~6倍にしてから高配当株を買いたいという人もいると思いますが、もちろんそういったスタイルも否定しません。

給与からの入金で間に合うペースなのかどうか、自分で判断すればいいだけのことですからね。もし失敗すれば、高配当ポートフォリオの完成が遠のくだけの話です。

 

原資を貯めて何を買うか

基本的には、ETF(上場投資信託)をメインに据えることになるでしょう。

  1. 管理がラク(銘柄の入れ替えを自動でやってくれる)
  2. 分散が効いていてリスク低減されている

 

じゃあどんなETFを選ぶかということですが、

  • 信託報酬が低い
  • 株主還元の意識が高い
  • 企業のファンダメンタルズが強い/今後も期待できる

こういった条件をバランスよく備えているETFはやはりアメリカにしかありません。

 

  • HDV(高配当株約70~80銘柄に分散投資)
  • VYM(高配当株約400銘柄に分散投資)
  • SPYD(高配当株80銘柄に分散投資(REIT含む))

上記ETFは主力になります。もし利回りが足りなければ、個別株をトッピングする必要がありますが、もちろん個別リスクは高くなります。

※為替や税制の問題で、私たちは日本株も買っています。日本株には優良ETFがないので個別株を買い集めてポートフォリオを自作していますが、割と難易度が高いなと思っています。

 

新興国や他の先進国(ヨーロッパ等)の高配当ETFも欲しいところですが、信託報酬の高さや企業のファンダメンタルズが気になるところ。

とはいえ「先祖代々の株」を作りたいのなら、この先50年100年を見据えるのなら、アメリカ集中投資というのは非常にリスキーです。

投資期間が長期になればなるほど、国際分散投資が基本になります。新興国やその他先進国のなかからも、投資に値するETFを探していきたいと思っています。

 

まとめ:畑に水をやるように、証券口座に金を入れる

証券口座は宝石箱です。

スマホ1つで、世界中の優良企業に投資できる。今はそんな時代です。

先祖代々の株を作るべく、ひたすら証券口座に水をやり続けようと思います。

シーさん
配当金投資は時間がめちゃくちゃ余るので、副業との相性はバッチリです。副業で稼いだお金をさらに証券口座に流し込んで…

うーん、楽しい。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。