簿記1級にどうしても独学で合格したい場合の勉強方法とおすすめテキスト

スポンサーリンク
簿記1級を独学でとりたい!それって厳しいの…?
大変なのは知ってるけど独学がいい!どうやって勉強すればいいかな?
独学で簿記1級とった人に、おすすめのテキストを教えてほしい!

こんな人のための記事です。この記事を読むと簿記1級の独学用勉強法がわかります。

この記事のポイント

 

※効率的に勉強したい人・経理実務で簿記を使いたい人には予備校の利用が必須です。

 

フルーツ
私フルーツ、実際に独学で簿記1級を取得しました!その経験を踏まえて、勉強法を解説いたします!
フルーツの簿記受検歴

高校2年生11月:簿記3級受検・合格

大学1年生11月:簿記1級受検・不合格

大学2年生  6月:簿記1級受検・合格

  • 簿記2級は受検していません。
  • 簿記1級は完全独学です。2回目の受検で合格しました。

 

簿記1級試験の特徴

フルーツ
ひとことで簿記1級試験の特徴を語るなら「ボリューミーで難しくて大変!」です。独学でチャレンジしようという方、覚悟を決めてのぞんでください!

 

特徴①:試験科目

試験科目は

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

4科目です。

①商業簿記と会計学、②工業簿記と原価計算が、内容的には似ています。

「商工会議所簿記検定試験出題区分表」でも①商業簿記と会計学で1つ、②工業簿記と原価計算で1つという公表の仕方になっているほどです。

試験時間は、①商業簿記と会計学・②工業簿記と原価計算、それぞれ90分ずつの計180分となっています。(①と②の間に休憩が入ります)

 

特徴②:合格ライン

70%以上得点することができれば、合格となります。

ただし、科目ごとの得点が40%以上なくてはいけません。この制限にひっかからないためには、苦手科目をつくらないように勉強していく必要があります。

フルーツ
ちなみに私フルーツは、商業簿記と会計学が苦手で、足切ギリギリでの合格でした。苦手科目ができてしまうとかなり苦労するので、注意しましょう。

 

特徴③:合格率

過去5回の平均は約9%。合格率はかなり低く、国家資格なみの難易度となっています。

 第147回
(H29.11)
第146回
(H29.6)
第144回
(H28.11)
第143回
(H28.6)
第141回
(H27.11)
合格率5.9%8.8%9.3%10.9%9.6%
フルーツ
当然ですが、この合格率は予備校利用者を含めた合格率です。独学でこれに挑むみなさんは、しっかり気合を入れてかかりましょう!

 

特徴④:出題傾向

日商簿記検定の1級は、出題された問題のうち

  • 難問は解かない
  • 難問以外は確実に解く

ことが必要になる試験です。8割の問題に取り組み、9割正答するというようなイメージです。

科目別の最低点が設定されていることからも、捨て科目・捨て論点を作らないことが試験対策のポイントのひとつになります。

 

税理士試験 簿記論

日商簿記検定1級と、よく対比される試験に、税理士試験の簿記論という科目があります。この科目には、50%程度の得点で合格することができます。

ボリュームがかなり多い(試験時間内に解き終わらない分量)ことから、問題の取捨選択をしつつ部分点を拾っていく試験になります。7割の問題に取り組み、7割正答するというようなイメージです。

  • 難問以外は着実に点を取るのが簿記1級
  • 問題を取捨選択して部分点を拾いにいくのが簿記論

同じ簿記という分野の試験ですが、試験傾向はかなり異なると言っていいでしょう。

 

特徴⑤:配点

簿記1級の場合は傾斜配点という仕組みがあります。合格率を調整するための仕組みですが、多くの場合「正答率の高い問題の配点が大きく、正答率の低い問題の配点が小さく」なります。

フルーツ
つまり、「みんなが解ける簡単な問題を決して間違えない」ことが合格への第一歩になるわけです。

 

簿記1級を独学で取得するメリット・デメリット

フルーツ
簿記1級の特徴がわかったところで、独学で簿記1級に挑むメリット・デメリットを復習しておきましょう。

 

独学のメリット

  1. 自分のペースで勉強できる
  2. 費用が安い

なんといっても、独学の最大のメリットは自分のペースで勉強できることだと思います。場所や時間も自由になりますから、

  • まとまった時間がとれない人
  • 短期間に詰め込んで勉強したい人
  • 何年もかけてコツコツと勉強したい人

などは、独学が有力な選択肢になると思います。(逆にいうと、自分でペースメイクできない人には、独学でのチャレンジは向いていません。)

 

また、費用が安いのもうれしいポイント。簿記1級を予備校で学ぶには、10万円以上かかるのが普通です。

これに対して、独学であれば費用はテキスト代のみ!2~3万円程度で済むでしょう。(カフェなどで勉強する場合の場所代を除く)

 

独学のデメリット

  1. 内容の理解が難しい
  2. 試験上のポイント・テクニックがわからない
  3. 時間がかかる

私フルーツは、独学で簿記1級に合格しました。合格はしましたが、「試験内容がきちんと理解できていた」とはとても言えません。

  • よくわからないけど、この数字とこの数字を足せばいいらしい
  • なんでか知らないけど、この科目とこの科目を足すとこの科目になるっぽい
  • とにかく答えは〇〇法なんだっ! …etc.

パズル的な解法や丸暗記で対応した部分が多かったからです。

経理の仕事を始めてすぐに、そのことに気づきました。実務がさっぱりわからなかったからです。結局、予備校の簿記の講座に通い直す羽目になりました。

「とりあえず資格が欲しい」という方は、独学もアリだと思います。でも、経理の実務者を目指す人は、ぜひ、はじめから予備校を利用して「深い理解」をしておいてください。実務では、必ず差がつきます

 

勉強時間については、予備校利用で600時間程度独学で800-1000時間程度と言われています(もちろん個人差はあります。特に独学は個人差が大きいです。)。

プロ講師の授業の有無は、それだけ勉強の効率を左右するということですね。

 

独学のメリット・デメリットまとめ

結論からいうと、独学はかなり大変です。個人的には、可能なら予備校の利用をおすすめしたいというのが本音です。簿記1級は価値の高い資格ですから、予備校費用くらいは軽く回収可能だと思います。

簿記1級は価値ある資格!5つのメリットを現役経理マンが教えます【取る意味アリ】

2018.04.11

通学が難しければ、通信講座の利用も検討してください。通信講座なら勉強の時間は自分の好きなように選べますし、価格も通学講座よりは安く済みます。

※ネット上で「簿記1級は独学可能!」と言ってる人たちの中にも、「通信講座の利用者」が実は含まれているようです。

 

「予備校利用もアリかなぁ」と思い始めた方へ

ぜひTAC大原の講座を検討してください。私フルーツ、両予備校とも実際に通ったことがありますが、どちらも自信をもっておすすめできます。

まずは資料だけでも取り寄せてみてください。ネットだけではわからない情報が載っていますから、パンフレットを見ながら、独学・TAC大原を比較検討するのが◎です。

資料請求はもちろん無料です。

 

フルーツうるさいなぁ。独学が大変なのは知ってるってば。でもボクは独学でやるって決めたの。
フルーツ
はい!すみません!ついつい老婆心で…。ではでは気を取り直して、簿記1級の独学用勉強法、まずはおすすめテキストから説明させて頂きます!

 

簿記1級の独学用おすすめテキスト

独学を始めるのに欠かせないものといえばテキストです!まずはテキストを用意しましょう。良いテキストに出会えるかどうかは、試験の合否を左右するとても重要な要素です。

簿記1級は試験範囲が広いですから、テキストもかなりのボリュームになります。金額的にも、全てそろえると2~3万円になると思います。

少々痛い出費に思えるかもしれませんが、ここはケチるところではありません。費用面では、予備校利用に比べて独学は間違いなく安上がりですから、必要なものはきちんと購入してメリハリをつけましょう。

 

おすすめテキスト①:参考書

参考書としては

  • スッキリわかる
  • 簿記の教室(簿記の教科書)
  • よくわかる簿記
  • スラスラできる
  • とおる簿記(日商簿記1級に合格するための学校)
  • サクッとわかる

といったシリーズが有名です。

この6シリーズの参考書(テキスト)は、基本的にどれもよくできています。あえてマイナーなシリーズを利用する理由はありませんが、この6つの中から選択するのなら、どれを選んでも致命的な欠陥はないと思います。

フルーツ
そんな6シリーズの中でも、私フルーツがぜひともおすすめしたいのはとおる簿記シリーズです!

 

6シリーズの違いを理解するために、まずはそれぞれの作成者を見てみましょう。

  1. TAC(スッキリわかる・簿記の教室・よくわかる簿記)
  2. 大原(スラスラできる)
  3. ネットスクール(とおる簿記・サクッとわかる)

①と②は、ご存知の通り、大手の資格予備校です。彼ら作る参考書は、あくまで「予備校の授業で使うため」の参考書。出版されている各シリーズも、その焼き直しにすぎません。

もちろん経験豊富なプロの講師の知恵が詰まった良い参考書ではあるのですが、必ずしも独学に最適とは言えません

講師による補足説明がないと

  • 内容理解のポイントはどこか
  • 暗記してしまったほうがいいのはどこか
  • 試験上重要なのはどこか
  • 試験を考えると飛ばしてもかまわないのはどこか

といったことがわかりにくいからです。

 

一方、ネットスクールの会社情報には

簿記検定をメインとした書籍、教材の作成とサポートを通して学習者を支援しています。また、現在インターネットを使用したWEB上での生講義を行っており、『とおる』シリーズや『サクッと』シリーズ・その他刊行書籍の著者等が講義を行っております。

(ネットスクールホームページより一部抜粋)

と記載されています。

講座ではなく、書籍の刊行がメインであることがうかがえる文章ですね。実際に、ネットスクールのとおる簿記シリーズは、講義無しでも十分に理解がすすむように作られています。

フルーツ
と、いうわけで、独学にはネットスクールの参考書が最適!独学で簿記1級をとりたい方は、今すぐとおる簿記シリーズの参考書(計6冊)をそろえてください

テキストの構成通りに読んでいけば、順々に理解が深まるようになっています。説明もわかりやすく、読みやすい作りです。6冊をきっちり理解すれば、1級合格間違いなしです!

 

※ネットスクールには「サクッとわかる」というシリーズもあります。

こちらは、短期合格を目指す人のためにポイントだけを絞った参考書です。ポイントが絞られている代わりに、試験範囲のすべてはカバーされていません。

独学だけで簿記1級取得を目指す以上、きちんと理解して1つずつ進むことが重要ですので、試験範囲をきっちりカバーしている「とおる簿記」シリーズをおすすめいたします♪

 

出題範囲

日商簿記検定2級の出題範囲は、28年度から3年間で段階的改定がされています。

例えば、平成28年度からは自社利用ソフトウェア貸倒引当金の個別評価に関する論点等が、平成29年からは課税所得の算定方法連結会計の一部の論点等が、2級の出題範囲に加わりました。

このため、これらの論点に関する解説は、今後は1級ではなく2級の参考書に掲載されるようになっていきます。

フルーツ
簿記2級の取得から時間がたっている人は、これらの論点について、2級用の参考書をざっと確認してから1級の学習に取り掛かるようにしましょう♪

 

おすすめテキスト②:問題集

次に準備するのは、問題集です。合格のためには絶対に必要なアイテムです。(参考書を読んで「理解したつもり」になっただけで受かることは、まずありません。問題演習が大切です!)

おすすめ問題集はこちら。参考書と同じく、ネットスクールのものです。

 過去問を論点別に解くことができるのがポイントです。さらに、各論点内では問題が難易度順に並べられていて、かなり使いやすい問題集だといえます。

直近3回分の過去問については、論点別ではなく、1試験分通して解くことができるようになっているのも良いですね。

 

直近の過去問

直近の過去問については、予備校の無料送付サービスを使って入手してください。

例えば大原の送付サービスでは、全問題・解答・解説がはいった「問題・解答集」を無料で受け取ることができます。(リンク先ページの「トピックス」から「解答速報情報」をご覧ください)

フルーツ
予備校が受講者に配っているのと同じ、予備校の本気の解説集です。無料で必ず役に立ちますから、忘れずに申し込んでください!

 

おすすめテキスト③:予想問題集

最後に予想問題集です。試験時間にあわせて集中力を保つ練習や、各問題にかける時間配分の練習のために使用します。

おすすめ予想問題集はこちら。こればかりは、大手予備校のものを使うべきです。

大手の予備校は、それだけたくさんのデータを持っています。受験生のレベルについても詳しいですし、最近の出題傾向に関する調査も当然進めています。

かれらを上回る精度で問題予想ができる人はいない」と言い切ってよいと思います。

 

簿記1級独学勉強法

では、入手したテキスト類を使って、早速勉強にとりかかりましょう!

 

勉強法ステップ1:参考書通読

まずは購入した参考書を、流し読みします。流し読みですから、ゆっくり時間をかける必要はありません。

この段階では、わからないところがあっても無視して進んでください。簿記は、「習うより慣れろ」の世界。問題演習をしているうちにわかってくるものも多いので、最初から全部理解する必要はありません。

フルーツ
簿記1級の出題範囲全体について、「なんか見たことあるな」という状態になれば◎です。

 

勉強法ステップ2:ひたすらに問題演習

独学で簿記1級に合格するための肝は、問題演習です。特に、過去問を使った問題演習が効率的です。実際に試験に出題される問題のレベルやクセに慣れながら、どんどん解き進んでください。

参考書をさっと通読しただけで過去問を解き始めますから、はじめは当然正解することができません。正解どころか、解き方がさっぱりわからないこともあるでしょう。

フルーツ
それでOKです!最初は解けなくて全然かまいません。
  1. 問題に取り組む
  2. わからない・間違える
  3. 解説を読む
  4. 理解する

これを繰り返すことで、だんだん解けるようになっていきます。

わからなかった問題・間違えた問題については、翌日以降に解き直しをしましょう。

フルーツ
購入した「日商簿記1級 だれでも解ける過去問題集」の問題全てについて「1回以上正解したことがある」と言えるまでやれば、合格は目の前です♪

 

勉強法ステップ3:予想問題にチャレンジ

問題演習が進んできたら、予想問題にチャレンジしましょう。

模擬試験だと思って、時間を測って取り組んでください。そうすることで、

  • 各問題への時間配分を工夫する
  • 試験時間いっぱい集中力を保つ
  • 難問・奇問は解かない

など、試験上重要なテクニックも身に着いていくはずです。

解き終わったら採点と復習。間違えてしまった問題は、参考書に戻って理解を深めましょう。こちらについても、翌日以降の解き直しがおすすめです。

フルーツ
日商簿記1級 網羅型完全予想問題集には8回分の予想問題が入っています。3時間×8回で計24時間!きっちり集中してがんばりましょう♪

 

簿記1級独学のポイント

学習上の注意点です。

 

ポイント①:捨て科目を作らない

「簿記1級試験の特徴」で説明しましたとおり、この試験、各科目40%以上の得点が合格の要件になっています。例え合計点が70%を超えていたとしても

  • 商業簿記:  8/25
  • 会計学 :13/25
  • 工業簿記:25/25
  • 原価計算:25/25

といった得点(合計71/100)では不合格になるわけです。(商業簿記が25点の40%である10点を下回っているからです)

フルーツ
つまり!!1つでも捨て科目があると受からないということです!

苦手科目を作ってしまうと、かなり苦労することになります(体験談)。4科目とも、まんべんなく勉強しましょう

 

ポイント②:捨て論点を作らない

簿記1級試験に合格するためには、7割の得点が必要です。8割の問題を、9割の正答率で解くイメージです。これはつまり、難問・奇問以外は確実に得点しなくてはならないということです。

また、簿記1級試験には傾斜配点の仕組みもあります。みんなが正答する問題を解くことができないと、合格は一気に遠のきます。

「退職給付は苦手だから、飛ばしちゃおっ」っていうのはダメってこと?
フルーツ
その通りです!試験範囲全体の着実な理解が求められる試験なのです!

 

ポイント③:難関論点を押さえる

簿記1級試験には、特に難易度の高い論点がいくつかあります。

例えば連結会計やヘッジ会計などです。これらの論点は、取引のイメージがつかみにくく、処理も複雑でわかりにくいので、得点が伸び悩み、嫌いになってしまう人も少なくありません。

しかし、だからといって、それらの論点を捨ててしまうわけにはいきません。捨て論点を作らないことが、合格のために重要だからです(ポイント②参照)

これらの論点については、きっちり時間をかけて理解するのがおすすめです。腹をくくってその論点にどっぷりはまり、十分に理解して、得意論点に仕上げてしまうのがよいでしょう。

具体的には

  1. 専門書を読む
  2. 会計基準を読む

といったやり方があります。

 

専門書は、本屋さんにたくさん並んでいます。

例えば「図解でざっくり会計シリーズ」。

「図解でざっくり」のシリーズ名どおり、「図で理解する」がコンセプトの本です。監査法人編集のしっかりした内容でありながら、比較的わかりやすい書きっぷりです。

フルーツ
これさえ読めば、苦手論点が得意論点に早変わり♪ぜひ読んでみてください!

 

会計基準については、簿記のルールの原点ですから、本気で取り組むなら一度は見ておきたいものです。

特に、「簿記1級に合格したら、経理の実務をやってみたい!」と思っている人にはおすすめです。経理実務の現場ではしばしばお世話になるからです。

読みやすい文章とは言い難いのですが、早いうちに慣れておくことは、実務をはじめてからきっとアドバンテージになると思います。(ASBJ(企業会計基準委員会)のHPはコチラ

フルーツ
ちなみに、「会計基準を読むのは鳥肌が立つほどイヤ!」という人は、経理に向いていない可能性がありますのでご注意くださいw

 

ポイント④:必ず手を動かして問題を解く

簿記3級・2級に合格したみなさんなら、もうお気づきかもしれません。簿記は、手を動かさないとできるようになりません。わかるようになりません。

参考書をカンペキに理解してから、問題演習に進みたいんだっ!

こういう勉強法は、簿記には向いていません。

参考書は何言ってるのかわかんなかったけど、とりあえず問題解いてみたら、だんだんわかってきた!

これが簿記に向いている勉強法です。

フルーツ
簿記の合否は、どれだけ手を動かしたかで決まる!…と言っても過言ではないのです♪

 

ポイント⑤:試験前夜はよく休む

「試験の前夜に必死に勉強する」ことはおすすめできません。

試験前夜にやるべきことは

  • 難易度が低めの問題をささっと解いて、「ほーら、カンタン。合格間違い無しだねっ!」と自信をつける
  • リラックスしてよく休み、頭がスッキリした状態で本番を迎えられるようにする

の2つです。

試験前夜は「実力アップの時間」ではなく、「本番で実力を発揮できるように整える時間」なのです。

フルーツ
試験前夜は10時間睡眠!これが、各種試験で理解度以上の点数をとってきた私フルーツの必勝法です♪

 

独学簿記1級まとめ:独学には覚悟がいる…!

 

簿記1級は、独学でも取得可能です。ただし、それは決して楽な道ではありません

  • 時間を効率的に使いたい人
  • 自分でペースメイクするのが苦手な人
  • 簿記を経理の実務で使いたい人

こういった人は、予備校(TAC大原)を利用して簿記1級を取得した方が良いでしょう。

 

独学でチャレンジしたい場合は

あたりが重要になってきます。

 

フルーツ
簿記1級は価値ある資格。ぜひ取得して、キャリアに活かしてくださいね!

こびと株.com運営メンバーは、簿記や経理に興味のある人を応援しています。何かわからないことがあれば、問い合わせフォーム・コメント欄などからお問い合わせください!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。