【会計事務所や経理部をクビになった…】失意の経理マンがすべき3つのこと

会計事務所クビになっちゃった…
経理部から異動させられた…役に立たないからクビってことだよね…

こんな人のための記事です。

この記事を読むと、クビになってしまった経理マンが、今からするべきこと見えてきます。

 

この記事のポイント

経理部や会計事務所をクビになってしまった人は

  1. 自分が経理に向いているのかどうか考える
  2. 会計・税務を学ぶ
  3. 経理に詳しい転職エージェントに会う

の3つが必須。同じことを繰り返さないためにも、3つとも並行してすすめることが大切です。

きちんと手を打って、次の職場で活躍し、クビにしたやつらを見返してやりましょう

こびと株
中でも③経理に詳しい転職エージェントに会ってみるのは超重要!今の自分の状況が専門家からどう見えるのかは、必ずチェックしておくべきポイントです。エージェントは優しいので、こわがらずにどうぞ!

 

※この記事を書いているこびと株(@kobito_kabu)は、経理歴10年超。

私は今まで社内外で

  • 経理部から左遷された人
  • 経理部にいられなくなって転職していった人
  • 会計事務所を辞めさせられた人

などを何人も見てきました。

こびと株
この記事が、クビになって落ち込んでいる経理マンにとっての道しるべになればうれしいです。

 

経理部・会計事務所をクビになる3つの理由

こびと株
まずは、よくある「クビの理由」についてみてみましょう。

 

経理部・会計事務所をクビになる理由①ミスが多い

会計事務所・税理士事務所での仕事にせよ、経理部での仕事にせよ、会計・税務の仕事にとってミスは大敵です。

クビの理由として

  • ミスが多い
  • 注意しても直らない
  • ミスによってお客さんに迷惑をかけた
  • フォローのために先輩や上司が日々走り回っている

といったことを言われる例は、少なくないようです。

こびと株
ミスをする→怒られる→焦ってしまう→またミスをする」という悪循環になってしまう人もいます。

 

経理部・会計事務所をクビになる理由②簿記がわからない

会計・税務の仕事は、専門職です。

基礎になるのは、簿記の知識。これナシで仕事をしようとすると、かなり苦労するのは間違いありません。

  • 簿記の学習がすすまない
  • 教えてもらっても、なかなか覚えられない
  • 覚えても、実務に当てはめることができない
  • あせると、借方と貸方がわからなくなる

こんなことを繰り返しているうちに、「もういいよ、キミ。向いてないんじゃない?他の仕事探したら?」と見放されてしまうケースもあるようです。

こびと株
簿記は、経理の基本です。…とはいえ、突然の異動で経理部に配属された人や、「未経験OK」に応募して会計事務所に入った人からすると、納得しにくい状況かもしれません。

 

経理部・会計事務所をクビになる理由③もともといるメンバーと合わない

小さい会計事務所などでよくあるパターンです。

  • ベテラン税理士と相性が悪かった
  • ちょっとしたことで所長の機嫌を損ねた
  • お局さんに嫌われた …etc.

人数の少ない会社・部署では、人間関係がうまくいかないと全てが空回りしてしまうことがあります。

こびと株
社歴・部歴の長い人は、それなりに力を持っているもの。会計・税務の能力とは全く関係ないところでクビが決まってしまう例もあるようです。

 

その他

他にも、

  • 居眠りをしていた
  • 遅刻が多い
  • 無断欠勤をする

といった勤務態度の問題もありえます。

また、単純に「所長の気分」や「会社側の都合」でクビになってしまうことも…。特に会計事務所・税理士事務所では、雇い主の横暴が多いというウワサもあります。

 

こびと株
「会計事務所ではクビが多い!」というのもよく聞く話です。一体どうしてこうなってしまうのか…つぎは、会計事務所でクビが多い事情について、見てみましょう。

※「会計事務所の話なんて興味ないやい。経理部をクビになったオレがとるべき対策について早く聞かせてよね。」という方は、「クビになった経理マンのための対策3つ」へジャンプしてくださいませ。

 

会計事務所でクビが多い3つの事情

 

会計事務所でクビが多い事情①所長の独裁

会計事務所・税理士事務所は、約9割が10人以下の小さな事務所です。(政府統計「令和元年経済センサス‐基礎調査」)小さな事務所では、所長の権限がとてつもなく強い場合があります。

従業員の

  • 時間
  • 給与
  • 仕事の配分
  • 待遇

その他一切を、自分の気分で振り回してしまう横暴な所長が、残念ながら存在します。こういった人たちは、従業員など自分の機嫌ひとつでクビにしてOKだと考えています

こびと株
従業員は「仲間」だと考える、魅力的な所長さんもいます。従業員は「道具」だと考える、困った所長さんもいます。中小・零細事務所では、所長さんとの相性がものすごく重要です。

 

会計事務所でクビが多い事情②事務所自体が儲かっていない

会計事務所・税理士事務所の中には、事務所自体の経営状況が不安定なところもあります。儲かっていない事務所では、

  • 教育に時間を使うゆとりはナシ
  • ミスやコミュニケーション不全でトラブルが起きればクビ(フォローする余裕がない)
  • 仕事ができなければクビ
  • 仕事ができても、経営の状況によってはクビ

といった事態になりかねません。

こびと株
儲かっていない事務所では、あらゆる意味でゆとりが無くなります。「すぐクビにされる!」という事態も、本当の原因は事務所の経営状況だったりします。

 

会計事務所でクビが多い事情③勉強は自分でして当然・仕事は自分で覚えて当然という文化

会計事務所・税理士事務所でよくある文化は「勉強は自分でするもの」・「仕事は自分で覚えるもの」。税理士試験受験中の人が多いせいか、

  • 簿記の勉強なんて、家でする
  • 税金の疑問なんて、自分で調べる
  • 仕事の仕方なんて、過去の資料みながら自分で考える
  • 仕事と勉強の両立で忙しいので、他人にかまっている余裕はない

という雰囲気の事務所は少なくないようです。

こびと株
ここに知識のない未経験者が飛び込むと、かなり苦労します。ひとりで仕事を身につけないと、すぐにクビ候補になりかねないからです。
こんなに事務所側の事情を説明されても、納得いかないよ…つらい…これからどうすればいいんだ…

では、会計事務所をクビになってしまったあなたのために、今すぐするべき3つの対策についてご紹介します!

 

クビになった経理マンのための対策3つ

対策①経理の向き・不向きについて考えてみる

まずは、自分が経理部や会計事務所での業務に、向いているのかどうか考えてみましょう。

向いていない仕事を続けるのは、辛いもの。なかなか成果があがらず、自信を失いがちですし、周りの人にも苦労をかけがちになります。

こびと株
向いている仕事でがんばるのが、生きやすいと思います。

 

自分は経理関係の仕事に

  1. 向いているのに、諸事情でクビになってしまった
  2. 向いていないから、いろいろあったけど結局クビになった

①と②のどちらなのかを見きわめて、今後の方針を立てましょう。

①であれば、恐れることはありません。もう一度経理の仕事を得るために、対策②・対策③をすすめてください。

②の場合は、きっぱり見切りをつけましょう。クビになったのは、自分に向いている仕事を見つけるためのチャンスかもしれません。

 

「そもそも、経理に向いてる人ってどんな人だ?」と思った人は、こちらの記事↓も参考にしてみてくださいね。

【経理向き不向き】向いている&向いていない性格を現役経理マンが紹介!

2019.06.26

※↑この記事では、経理部で働くことをメインにご紹介しています。けれども、会計事務所で働くことを考えても、共通点は多いと思います。ぜひ、ご参考になさってください。

 

「経理はもういいや。」という人へ
経理だの会計だのはもういいや…。でも、どんな仕事すればいいんだろう…どうやって転職先みつけよう…

そんなあなたは、

  • 経理経験を活かしつつ働ける転職先
  • あなたの職歴で、内定を得やすい転職先
  • あなたの性格に、向いていそうな職種

について、転職エージェントに相談してみましょう。

 

幅広い求人の知識が必要ですから、利用するのは、専門に特化したエージェントではなく、大手のエージェントにすべきです。具体的には、マイナビエージェントがぴったりです。

マイナビエージェントなら、経理に詳しい専任のエージェントがいます。彼らなら、あなたの今までの仕事内容をきちんと理解した上で、あなたに向いている職種の紹介をしてくれるはず。

もちろん完全無料ですし、期間無制限の手厚いサポートがウリですから、安心して相談できます。

こびと株
ひとりで悩んでいても、前には進めません。プロのエージェントを味方につけましょう!

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

対策②会計・税務を学ぶ

「もう少し会計分野で働いてみたい」「もう一度経理にチャレンジするぞ!」という気持ちが出てきたら、会計や税務の知識をつけましょう

特に、クビの原因として

  • 簿記がわからない
  • 税金の知識不足
  • ミスが多い

といった事情が思い当たる人にとって、勉強は必須です

こびと株
勉強は、自分が経理関係の仕事に向いているかどうかについて、悩んでいる人にもおすすめです。学んで楽しいと思えるかどうかは、向き・不向きの重要な要素だからです♪

 

勉強方法としては、クレアールという資格スクールを活用するのが良いでしょう。クビ・異動・転職と疲れがたまる時期に、独学で勉強を続けるのはかなりハードです。

クレアールは「合格に必要な範囲だけを勉強する」ことに特徴のあるスクールで、とにかく効率的に勉強できます。

それでいて、実務に耐えられるだけの「理解」もできるサポートがついています(質問対応は無制限!)ので、安心して勉強できます。

 

科学的に解析され、厳選された超効率的な学習法で、時間・価格両面でのコスパが最高なので、

  • 過去に簿記の勉強で挫折してしまった人
  • 昔勉強したことを、ほぼ覚えていない人
  • 効率よくステップアップを図りたい人

なんかにもおすすめしやすいスクールなのです。

二度とクビになってイヤな思いをしないために。自分をクビにした人たちを見返すために。会計・税務の専門家として活躍するために。

スクール代も時間も努力も、決してムダにはなりません。ぜひ真剣に取り組んでみてください。

こびと株
会計・税務分野でがんばっている人は、どこかでガッツリ勉強している人がほとんどです。スクール利用は、必要な知識を得るための近道なのです♪

 

WEB通信での学習が基本なので、スマホ学習でスキマ時間を活用できますし、早見再生で時間短縮もできます。音声のみのデータも用意されています。

こういうちょっとした利便性が、合格と挫折を分けたりするのですよね。

※資料を請求すると、無料で講義DVDがもらえます。見てから決めればOKなので、とりあえず請求だけしておきましょう。

 

【クレアールの評判・口コミ】資格好き経理部員が徹底チェック!

2019.04.22

対策③経理に詳しい転職エージェントに会ってみる

対策①②と並行してやってほしいことが、もう1つあります。それは、経理職に詳しい転職エージェントと話をすることです。

  • 自分が経理職に向いているかどうか、悩んでいる
  • 自分の経歴だと、経理・会計関係の転職をするには、何を勉強すればいいのか知りたい
  • 二度とクビにならないために、何に気を付ければいいか聞いてみたい

といった要望をかなえるには、転職のプロに相談するのが一番です。

こびと株
きっと、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらえるでしょう♪

 

転職エージェントを選ぶポイントは、「経理職に」詳しいかどうか。会計事務所の独特の事情や、経理部の働き方について知識がないエージェントと話しても意味はありません。

ですから、使うべきエージェントサイトは

  1. 経理経験が3年程度あればJACリクルートメント
  2. 経理経験が短いならマイナビエージェント

で決まりです。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05
こびと株
エージェントと話をするだけで、今の自分の立ち位置や、これからするべきことが見えてきます!エージェントは、みなさん優しいので、安心して相談してくださいね♪

 

まとめ:経理をクビになってしまったあなたへ

経理部や会計事務所をクビになってしまった人は

  1. 自分が経理に向いているのかどうか考える
  2. 会計・税務を学ぶ
  3. 経理に詳しい転職エージェントに会う

の3つが必須。同じことを繰り返さないためにも、3つとも並行してすすめることが大切です。

きちんと手を打って、次の職場で活躍し、クビにしたやつらを見返してやりましょうね♪

こびと株
中でも③経理に詳しい転職エージェントに会ってみるのは超重要!今の自分の状況が専門家からどう見えるのかは、必ずチェックしておくべきポイントです。エージェントは優しいので、こわがらずにどうぞ!

 

それではまたっ!

※関連記事です。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2021.01.11

キャリアプランがない人でも、よい転職もよいキャリアも手に入る理由

2021.01.13

【経理の転職理由】「ポジティブに」は間違い!面接での回答ポイント

2020.04.18
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。