経理に向き不向きはある?経理歴10年の現役経理マンが「向いてる性格&向いていない性格」を教えるよ

スポンサーリンク
就活中の学生
経理に興味があるんだけど、向いてる性格/向いていない性格ってあるのかな?
現役経理マン
うーん、仕事がつらい…俺ってもしかして経理向いてない?
転職活動中のOL
経理職に転職しようと思うんだけど、私の性格は経理に合うかな?やっていけるかなあ?

こんな疑問にお答えします。

私は大学4年生の時に「経理採用」をしている企業にかたっぱしから応募して就活を行いました。結果、縁のあった大企業から内定を頂き、既に経理歴10年以上です。この10年で

  • 経理屋として毎日楽しそうに働いている人
  • 経理が辛くて異動/転職していってしまった人

たくさんの人たちを見てきました。この経験を整理して、実例を交えながら「経理の向き/不向き」をお伝えしたいと思います!

 

経理に向き不向きはあるのか?

まず、この質問にハッキリお答えしておきましょう!

経理はめちゃくちゃ向き・不向きが別れます

向いている人にとっては、経理の世界は天国です。楽しいです。ストレスもないです。

一方で、向いていない人にとって、経理の世界は地獄です。つまらないです。ストレスばかりです。

このブログでは、この記事の他にたくさんの経理関連の記事がありますが、基本的には経理職最高!というノリで書いています。それは、私が経理に向いている性格だからです。

いったい、この差はどこから出てくるのか?

それでは解説しま~す!

 

経理に向いている性格

結論から言うと、こんな性格の人達は経理に向いています。2つ以上当てはまれば適性アリと考えてOKです。

経理に向いている性格
  1. 勉強好き(会計や法律に興味がある)
  2. 一人仕事が好き
  3. 説明好き
  4. まじめ
  5. 心配性

 

①勉強好き(会計や法律に興味がある)

経理をやるにあたり、一番重要なポイントはコレです。

  • 会計や法律の勉強が好きか(苦にならないか)?
  • スキルアップを楽しいと思えるか?
  • コツコツと知識を積み上げることに充実感を覚えるか?

この質問に対する答えがYesなら、経理を楽しめる可能性は非常に高いです。

私は経理が大好きなので、基本的には「経理は楽しいよ!お得な職業だよ!」と言いますが、勉強が嫌いな人には絶対に勧めません。

会計や税法の世界は、毎年のように改正があります。これを読み解いて知識をアップデートできない人はあっという間に取り残されます。

社会人A
大人になってまで「お勉強」なんてやってられないよ。そういう意識高いお話はよそでやってくれ

こういう人にとって、経理は苦痛でしかありません。

社会人B
え?勉強してればラクに給料稼げるの?そんなおいしい仕事あるのか~!

私はコッチですね。謎のサラリーマン文化に縛られるより、法律や会計基準を守って仕事する方がはるかに納得感があるのでw

ちなみに、会計とか法律とか聞くと小難しく感じますが、最近では非常に読みやすいエントリー本も出ています。こういう本から始めて、徐々にステップアップしていけば良いかと。

「女騎士、経理になる」はうちのブログからも良く売れていて、評判が非常に良いのでオススメです。経理に興味がある人はぜひどうぞ~

 

②一人仕事が好き

経理の日常って、こんな感じです。

  • 朝:今日の業務スケジュールを上司・グループメンバーと共有
  • 日中:一人で淡々とお仕事
  • 夕方:進捗報告。退社

おしまい。もう一人仕事ばっかりですねw

もちろん、ミーティングも時々あります。電話をかけたり受けたりということもしょっちゅうです。コミュニケーション能力が求められる場面(しかも重要な場面)がないわけではありません。

しかし、誤解を恐れずに言うと大半は一人でPCとにらめっこです。

会計知識があってPCスキルが高いと、自分の担当業務はいくらでも早く終わらせることができます。私はやるべきことを午前中に終わらせてしまって、午後はのんびり(ひっそり)していることも多いです。

かるく職場内引きこもり状態です。

  • チームで何かを成し遂げたい!
  • みんなでプロジェクトを完成させたい!

こういう人は、経理ではなかなか満足感を得られないでしょうね~。システム導入やM&A(企業買収)のような大きな案件があれば面白いのですが、そう頻繁にあるイベントではないので…

自分の裁量でマイペースに業務をこなしたい人は、経理を楽しめると思います!

 

③説明好き

経理は英語では「Accountant(アカウンタント)」と言います。「説明する人」という意味ですね。これが語源です。

この言葉が示す通り、物事を上手に説明できる経理はめちゃくちゃ評価されます。一方で、口下手でうまく説明できない人は非常に居心地が悪くなります…何言ってんだアイツ…という白い目で見られます。

  • 難しいことを、分かりやすく伝えられる
  • 話す相手によって、会話のレベル感を変えられる
  • 長々と説明せずに、要点だけ伝えられる

臨機応変に説明できる人は、それだけで「デキる人」扱いされます。

  • 塾の講師をしていた
  • 家庭教師のバイトをしていた
  • 教職課程をとっていた
  • 大学や現在の職場でしょっちゅうプレゼンしている

こういう人達は経理に向いています。うちの職場に営業のエースが異動してきた人がいましたが、彼はとんでもなく説明が上手であっという間に職場に溶け込みました。

勉強嫌いでじっとしているのが苦手な人だったので、転職していってしまいましたけどね…

 

④まじめ

日本の学校教育にあまり違和感を感じてこなかった人、つまり、他人が決めたルールで暮らすことに強い違和感を持たない人は経理に向いています。

ルールに対して個人的に思うことはあるけれど、大多数の人がそれに従ってるんだしまぁいいかという感覚の人です。簡単に言うと「マジメ」ということですね。

自由人
なんでイチイチ他人の作ったルール・価値観に縛られて生きなきゃいけないんだよ。僕は僕のやりたいようにやるよ

こういう人は、経理には不向きです。なぜなら、経理は他人の作ったルールを守って仕事をする職種だからです。

経理が守るべきルール
  • 社内の経理規程・申請規程
  • 会社法・税法・金融商品取引法などの各種法令
  • 会計基準etc…

上記のほか、守るべきルールは山のようにあります。

  • 権力には従わないぜ!
  • こんなくだらない慣習、俺がぶち壊してやるぜ!

という反骨精神が強い人は、経理の仕事は堅苦しいとしか感じないでしょう。

高校受験や大学受験をボチボチ乗り越えて、のんびりと過ごしてきたタイプは経理は向いていると思います。

 

⑤心配性

職場に、こういう後輩がいます。

後輩
むむむ、このスケジュールで決算は乗り越えられるのだろうか?心配だ…
後輩
むむむ、この税金の申告書はこれで合っているのか?なんか間違っている気がする…心配だ…
後輩
よく分からないけど何かが引っかかる。何か忘れていないか?うーん、心配だ…

こういう心配性な人も経理に向いています。

経理の仕事は「減点方式」なので、とにかくミスをしないこと求められます。価値観としては、間違えないことが最優先です。

心配ばっかりしてたら毎日が辛いじゃん!

という意見もあるかと思いますがそんなことはありません。こういう心配性な人はミスを犯さないので怒られるようなことがありません。むしろ、信頼されて大事に扱われます。

実際、たいていの心配事は現実には起こらないですしね。慎重にやってソンすることは滅多なことではありません。

 

以上、「向いてる性格5つ」に少しでも当てはまった人は、コチラの記事も読んでみて下さい。きっと経理の仕事って面白いかも!と感じてもらえるはずです。

経理は楽しい!「面白さベスト5」を現役経理マンがリアルに語る

2018.05.04

 

経理に向いていない性格

向いている性格との逆、つまり、こういう人達は経理に不向きだと思います。

  • 会計や法律に興味なんかない
  • みんなで仕事がしたい
  • 説明が苦手・嫌い
  • 世の中のルール・慣習に納得できない
  • おおざっぱでいい加減

これとは別に、もう少し「不向きな性格」を上げるとこうなります。

経理に向いていない性格
  1. 物事を理屈で考えるのが苦手
  2. 整理整頓が苦手
  3. データ分析が苦手
  4. 同じことを続けるのが苦手
  5. 誰からも嫌われたくない

⑤番ついて補足しておくと、経理は必ず誰かからは嫌われてしまう職種です。むしろ、デキる経理マンほど嫌われると言って良いでしょう。

経理マンは嫌われ者?デキる経理屋ほど嫌われる傾向にあるので、承認欲求は社会で満たす方がいいかも

2017.10.10

この辺が割り切れる人は、経理をやって辛い思いをすることはあまりないでしょうね。

 

まとめ:人によっては経理は楽園!のんびりと暮らせます

経理は向き・不向きがハッキリと別れる職業です。

繰り返しになりますが、向いている人にとっては「これほどラクで面白い仕事」は他に見当たらないでしょう。

一方で、向いていない人にとってはまったく魅力を見出せない仕事です。

職種としては、まさに縁の下の力持ち。決して目立つポジションではありません。目立ちたがり屋は居心地が悪いでしょうね。のんびりひっそり堅実に暮らしたい人にオススメできる職種ですね。

というわけで!

あまりキラキラしたことを書けませんでしたが、無理してアピールしていないということなので、内容の確かさについてはどうぞ信用して下さいw

経理の魅力をもう少し詳しく知りたい!という人はこちらの記事もあわせてお読み頂ければと思います。

経理の魅力&やりがいを、経理歴10年の中堅社員がお伝えします

2016.11.16

ちなみに、今は経理の転職市場は超売り手市場です。未経験者も、経験者も、待遇アップの大チャンスですよ~。

チャンス到来!!会計職(経理/財務)の転職市場が熱い!

2018.04.12

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。