【資格なし経理部員の転職術】「資格をとってから…」は間違いです!

経理部員
転職したいなー。でも僕、資格とか何も持ってないんだよね。どうすればいいかな?

こんな人のための記事です。

入社以来、特に希望したわけでもないのにいつの間にか経理に配属されてしまった人。こういう人は、結構持っている悩みかもしれません。

 

このブログは経理や簿記の話題が多いので、こういった相談を受けることが時々あるんですよね。

  • ハイレベルな資格(※)をとる熱意は無いけど
  • 今の会社の待遇には不満がある…
  • でも今さら営業とかはやりたくないし…

※簿記1級、会計士、税理士、USCPA等です

そんな人には、迷わず転職をススメています。なぜなら「転職のしやすさ」こそが経理という専門職の一番の武器だから

 

この記事のポイント

経理の転職は、資格がなくても実務経験があればチャンスありです。

今は転職市場が完全売り手市場。「資格をとってから…」と回り道をしていると、このチャンスを逃してしまいかねません。

資格持ちの候補者と戦うために、プロのサポートを受けて転職活動にはげみましょう

MS-Japan公式サイトへは、管理部門に特化した転職支援サービス。経理の転職では外せないエージェントですね。

 

経理ひとすじ10年超の経理部員が、

  • 転職してきた経理部員
  • 転職活動中の経理部員
  • 複数の転職エージェント

からのヒアリングを参考にまとめていきます!

フルーツ
経理の転職は今がチャンス!

 

経理の転職での重要ポイント

せっかく転職するのなら、ホワイトな経理部を目指したいですよね。

  • 年収アップして
  • 残業減らせて
  • 腹立つ上司はいなくて
  • 気の合う同僚たちと
  • おもしろい仕事で

働けたら最高ですよね。

フルーツ
そのためには、やはり大企業の経理部を狙うほうが有利。好待遇の確率が上がりますし、人手にゆとりがあることが多いからです。

ここでは、主として大企業経理を狙うためのポイントについて解説していきます。

 

ポイント①書類スペックは重要

安定した大企業の経理部で好まれやすいのは、やはり、書類がキレイな経理部員。

  1. 職歴
  2. 資格
  3. 学歴

このあたりが重要になってきます。

フルーツ
面接対策も大切ですが、まずは書類選考を通らないとはじまりません。書類スペックはどうしても重要になってきます。

 

ポイント②資格が無いのは不利

はっきりと言いますが、書類スペックが重要な経理の転職活動において、資格がないのは不利です。

  • 会計士
  • 税理士
  • 日商簿記検定1級
  • USCPA
  • TOEICハイスコア

こういった資格の保持者と比べられたとき、他にアピールする点がないと、勝ち抜くことができないからです。

フルーツ
資格なしが不利になることは知っておきましょう。その上で、リカバリーする方法を考えることが大切です!

 

ポイント③最重要は「実務経験」

「資格なしは不利」は真実ですが、資格が転職時の最重要ポイントというわけでもありません。

転職で、最も重視されるのは職歴。実務経験です。

  • どんな会社で
  • どんな仕事を
  • どれくらい

やってきたか、そしてどんな成果をあげてきたか、ということです。

逆に、「簿記1級を持っているけど実務経験がありません!」というような人は、あなたのライバルになりません。中途採用では即戦力が求められていますから、何よりも経験が重視されるのです。

フルーツ
経理の実務経験持っていて、その内容を上手にアピールすることができれば、資格なしでも十分転職できます!

 

資格なし経理部員が選ぶべき道

経理部員
資格は無いけど、実務経験はあるよ!どうすればうまく転職活動の成功につなげられるかな?

資格を持たない経理部員がとるべき道は、ただひとつ。しっかりした転職エージェントのサポートを受けることです。

それも、ただの転職エージェントではなく、経理に詳しい転職エージェントでなければなりません。

MS-Japanは、管理部門に特化した転職支援サービス。経理の転職についてもバッチリです

 

「まずは資格をとろうかな」の間違い

ちなみに、時々見かけるのが

経理部員
経理の転職には資格が重要なんだな。よし、まずは資格取得をがんばろう!転職活動はそのあとだな。

という経理部員です。

フルーツ
残念ですが、これは間違い。今すぐ転職活動を始めるのが正解です。

※資格の勉強を「転職活動と同時並行でやる」のならですけどね。熱意のある人にはおすすめです。

 

なぜなら、今、経理の転職市場は超・売り手市場だからです。

チャンス到来!会計職(経理/財務)の転職市場が熱い!【中途入社増えまくり】

2019.02.22

採用は、景気の動向に大きく左右されます。

  1. 景気の悪いときの資格アリ転職
  2. 景気の良いときの資格ナシ転職

を比べると、有利なのは②とみて間違いないでしょう。

フルーツ
転職希望者にとってメチャクチャ有利なこのチャンス、見逃してしまうのは大損害。資格勉強より、市場チェックの方が重要なのです!

 

資格なし経理部員に、転職エージェントの利用が必要な理由

転職者の採用を決めるにあたって、企業側は

  • この人の知識レベルは、どの程度か?
  • この人にはどういった仕事を、任せられるのか?
  • 採用後の教育には、どれくらいかかりそうか?

といったことを気にかけています。

 

資格の保有者は、これらを、資格によって証明することができます。

しかし資格がない場合には、これらの点を職歴の中で上手にアピールする必要があります

 

アピールすべきポイントは企業ごとに違いますし、時期によっても違います(今はIFRS人材がほしい、いや管理会計の経験のある人がほしい、など)。

それを複数社分きちんと把握しているのは、

  • 経理の業務に詳しく
  • 企業のニーズをしっかりとらえている

転職エージェントだけ。

フルーツ
転職エージェントなしで転職活動に挑めば、ムダに苦しい戦いになってしまうでしょう。

 

経理部員のための、転職エージェントの選び方

一般的な転職エージェントを選ぶのはNGです。業界や仕事内容に詳しくないからです。

こちらのニーズに合わない適当な企業・職種を、いい加減にすすめられて、時間をゴミ箱に捨てることになります。

フルーツ
DOD〇とか、ほんとダメでしたね。経理職を探してるのに、牛丼屋の店長とかススメられましたからね…

経理業務に理解があるエージェントを選びましょう。企業が欲しがっている人材像を、実務レベルで把握しているエージェントということです。

【経理の転職】おすすめエージェント 現役経理部員が選ぶベスト3

2019.05.01

 

絶対使うべき!おすすめ転職エージェント

最もおすすめのエージェントは、MS-Japanです。

  1. 資格受験してから転職活動
  2. MS-Japanで今すぐ転職活動

だと、断然②がオトクだということです。

フルーツ
転職者に有利な市場環境、変わるときは一瞬です。後悔しないよう、今すぐ動き出しましょう!

 

MS-Japanなら、

  • 管理部門特化で経理にも詳しいですし
  • 評判もかなり良く
  • 実績も豊富

です。

私自身実際に利用経験がありますが、安心して使えるエージェントでした。

MS-Japanの評判を徹底解説!実際に利用した経理マンがメリットを紹介します

2018.05.30

 

もちろん無料で利用できますので、ぜひ一度話をきいてみてください。

あなたの実務経験は、どうやってアピールするのが効くのか、大事なポイントを教えてくれるはずです。

きっと、転職活動の成功につながることでしょう。

フルーツ
経理のような専門職は、自分を高く評価してくれる会社に身を置くべきですよね。私も、常にチャンスは狙っています。

MS-Japan、転職を考える経理部員(とくに資格ナシというハンデを抱える人)には、必須のサービスだと思いますよ!

 

資格なし経理部員の転職まとめ:プロの力を上手に使おう!

経理の転職は資格がなくても実務経験があればチャンスありです。

資格持ちの候補者と戦うために、プロのサポートを受けて転職活動にはげみましょう

MS-Japanは、管理部門に特化した転職支援サービス。評判・実績もバッチリです。

 

経理は、なんといっても実務経験が重要な仕事。資格なんてなくても、しっかり経験をアピールして、転職活動の成功をつかみとってくださいね。

フルーツ
そのためにも、経理実務がわかっている転職サービスは利用必須ですよ~。

それではまたっ!

 

※関連記事です。

「年収上げたいなぁ。どうしようかなぁ。」という人はこちらの記事をどうぞ。経理の年収にまつわる真実が分かります。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2019.02.26

 

「経理の強みとか自己PRって何を書けばいいの?」という人はこちらの記事をどうぞ。超重要な2つのポイントが分かります。

【経理の転職】履歴書に書く「長所/強み/自己PR」の超重要ポイント教えます【たった2つだけ】

2019.05.30
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。