【銀行員の転職】有利な職種はズバリこれ!経理職が最高な3つの理由

銀行員
最近、銀行の将来が不安になるようなニュースばっかり聞くなぁ。やっぱり転職した方がいいのかな?

こんな人のための記事です。

 

結論から言うと、「不安になるのは当然。転職するなら”経理職”が狙い目」です。

この記事では

  • 銀行員の転職は、「経理」狙いが有利な3つの理由
  • 銀行員の経理への転職を有利にする具体的なステップ

を解説します。

 

さらに

  • 「経理の将来性は大丈夫なの?」と思う人が、安心していい3つの理由
  • 「今は転職したくない」という銀行員が、将来を有利にするためにすべきこと

もご紹介するので、

フルーツ
「有利に転職する方法を知っておきたい」という銀行員のみなさん、ぜひお目通しくださいませ。

 

銀行員の転職先は、「経理」狙いが有利な3つの理由

銀行員
将来に不安はあるけど、転職って言ったってなぁ…銀行以外で何の仕事ができるものやら…

という銀行員の皆さんには

フルーツ
経理への転職が、圧倒的におすすめです

その理由を、ひとつずつ解説していきます。

 

理由①銀行に将来を賭けるのは怖すぎる

かつては「安定」の象徴だった銀行員。今となっては、

  1. 銀行そのものの将来性が不穏
  2. 人手の要らないカタチへの変化
  3. 変わらない銀行文化
  4. 既にリストラは始まっている

という実態があります。

 

まずは、銀行そのものの将来性不安。

  • 人口減少
  • ネット銀行の台頭
  • 超低金利・マイナス金利
  • 金利競争の激化 …etc.

ビジネス環境は苦しくなる一方です。

フルーツ
銀行株の株価低迷をみても、銀行の将来見通しの暗さがうかがえます。

 

メディアにも

といった文字が躍っています。

 

仮に銀行そのものが生き残ったところで、事業の中身は人手の要らないカタチへ、変化していきます。

  • キャッシュレス
  • AI化
  • フィンテック

こういった言葉は、耳にしない日がないほど広まってきました。

キャッシュレスなら、銀行窓口に人は要らない。AI化すれば、融資判断も人員不要。フィンテックでビジネスの形が激変すれば、今までの銀行員は不要に…。

フルーツ
銀行自体がダメなら、銀行員もダメ。銀行自体が生き延びても、銀行員は…。

かなり厳しい将来が、目前に迫っているのです。

 

そしてさらに事態を深刻にするのが、③変わらない銀行文化

古い銀行の体質は

  • 挑戦できない減点主義の評価
  • 能力を評価できない年功序列

に象徴されています。

フルーツ
法的規制の強い業界は変化に弱い…というありがちなお話ですね。

 

  • 減点主義だから挑戦できない→優秀な人は辞めていく
  • 年功序列だから頑張れない→頑張れないから変わらない
  • 景気が悪いからポストは減る→出世競争はますます熾烈になる

優秀な人が減り、頑張れない仕組みが残り、世の中の流れそっちのけで出世競争に必死になる…。

これでは、業界の将来が明るかろうはずもありません。

 

そして最後に、④既にリストラは始まっているという事実。

 実際、各メガバンクの経営陣はリストラの動きを加速させている。みずほは1万9000人、三菱UFJは9500人、三井住友は4000人分の業務削減と合わせて、店舗の統廃合も検討しているという。

(週刊現代「「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ」より抜粋

3メガバンクが2020年4月入社の新卒採用数を計1800人程度とし、19年4月予定に比べ2割以上、減らす方針だ。

(日本経済新聞 電子版「3メガ銀、20年春の新卒採用2割減 ピークの3分の1に」より抜粋)

 

さらに、過酷なノルマによる不正といったニュースも後を絶たず…

 

この上、コロナ禍による、貸し倒れの増加や低金利の長期化などを考えれば、収益悪化は必至。

収益が圧迫されれば、「リストラクチャリング」を考えるのは当然です。

フルーツ
結局、「今のうちに転職先を探しておいた方が安全」というのが現実なのです。

 

理由②経理は銀行員にとって有利な転職先

銀行員
銀行は将来性が無いとしてもさ、なんでまた経理なの?

銀行員の転職先として経理をおすすめするのには

  1. 銀行員と経理はスキルがマッチしやすい
  2. 銀行員を目指したタイプは、経理にも向いていることが多い
  3. 経理はホワイト職種
  4. 大企業の経理なら年収水準も維持できる

といった理由があります。

 

まず、「①銀行員と経理はスキルがマッチしやすい」について。

銀行業界で学んだ

  • 会計知識(簿記)
  • 財務・法務・税務に関する知識(銀行業務検定)
  • 金融用語に関する教養(証券外務員)
  • ファイナンスの知識
  • 金融法制に関する知識
  • リスクマネジメントに関する知識

などは、経理でも活かせる可能性があります。

フルーツ
スキルのマッチしない他業界・他業種への転職に比べて、経理への転職は有利にすすめやすいわけなんです。

 

また、「②銀行員を目指したタイプは、経理にも向いていることが多い」というのも重要な点です。

やはり、銀行を就職先に選ぶ人には

  • マジメ
  • 保守的
  • 努力家
  • 安定志向

といったタイプが多いですよね。これは、そのまま経理部員に多いタイプでもあります。

フルーツ
向いていない仕事は、続かないものです。転職先を選ぶときは、銀行員に合いやすい仕事を選ぶのがポイントです。

 

そして、何を隠そう、「③経理はホワイト職種」です。

  • 業務の効率化・外注化で業務負担を軽減できる
  • 仕事の計画がたてやすく、有給がとりやすい
  • 転職しやすいので、ブラックな会社からは逃げればOK

というわけで、「せっかく転職したのに、仕事きつすぎ。銀行に居た方がマシだった…」みたいな後悔をしなくて済みます。

フルーツ
コンサルとかに転職すると、ハードワークで大変だと思いますよ。いくら専門性が高くても、営業要素が強いので、クライアントに振り回されます。その点、経理は気楽です♪

※詳しくは以下の記事もご覧下さい。

【これって偏見?】経理ってワークライフバランス最強説あるよね

2019.03.31

 

最後に、「④大企業の経理なら年収水準も維持できる」ことを付け加えておきます。

銀行から転職しようと思ったとき、年収ダウンが足かせになる人は多いと思います。

でも経理職なら安心。

仮に当初の転職先で年収がダウンしたとしても、そのあと再転職で年収をアップさせていくことが可能だからです。

経理は、転職の多い職種。転職回数3~4回なんて人は、めずらしくもありません。

ステップを踏んで大企業の経理部にたどり着けば、

  • それなりの年収を稼ぎつつ
  • ホワイトな働き方ができる
  • 将来も、今より安心

という環境が手に入るでしょう。

フルーツ
残業の少ない会社に入れば、副業なんかで年収をプラスする工夫も可能ですよね。

 

銀行員
でもさ、仕事内容があんまり変わらない金融機関への転職の方がよくはないかな?

確かに、銀行員の実際の転職先は、銀行・信用金庫・保険会社など、金融業界も多いのが現状です。

でも、銀行→銀行の転職では、銀行業界全体をおおう将来性の不安への対策にはなりません。

転職先でも、人手の要らない事業形態への変化が起こったり、リストラが始まったりするかもしれません。

一方で、保険会社などの営業職には、過酷なノルマといった問題があります。

フルーツ
このタイミングで手に職つけておく方が、将来の安心につながるのではないでしょうか?

手に職つけたい人に経理をすすめる理由3つ【経理はなくならない】

2020.08.16

 

理由③転職するなら「今」しかない

銀行員
じゃあ、もし転職の決意が固まったら、経理職を中心に探してみるよ…

その考え方はNGです。

なぜなら、自分の都合だけで転職タイミングを選べるとは限らないからです。

転職への正しい取り組み方は

  • 常に転職市場の状況をチェックしておく
  • 自分の気持ちと良い求人案件がマッチしたタイミングで転職する

です。

フルーツ
もし今が不景気の入り口かも?と思っているなら、なおさらですね

【不況突入】転職が気になる人が今すべきこと3つ【最後のチャンス】

2020.09.17

 

さらに言えば、「業界・職種を変える転職は、若ければ若いほどやりやすい」という事実もあります。

一般に

  • 新卒の就職:ポテンシャル採用
  • 中途の転職:即戦力を期待される

という事実があります。

そして、期待される「即戦力」としての実力は、年齢が上がれば上がるほど高度になっていきます

フルーツ
今日こそが、人生で1番若い日。未経験の業種・職種への転職には、「今」が一番ふさわしいのです。

 

経理の将来も不安?→心配いらない3つの理由

銀行員
「銀行は危ない、経理に転職しろ」って言うけどさ、経理だって将来性は怪しいもんじゃない?AIに奪われる仕事だって聞いたよ~

こんな疑問をもつ慎重派のあなたのために、「今経理に転職して大丈夫な理由」を解説します。

端的に言えば

  • 経理はなくならないし
  • 経理→他部署への異動も可能だし
  • 外注先・コンサル先への転職もできるので
フルーツ
担当業務をきちんと選択すれば問題ナシということです♪

 

理由①将来も経理はなくならない

野村総研とイギリスのオックスフォード大学との共同研究によれば、

  • 会計監査係員
  • 経理事務員

は「人口知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」です。(㈱野村総合研究所「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」より)

 

フルーツ
確かに経理は、AIやシステムによって、かなりの仕事を奪われるでしょう。

具体的には、

  • 会計ソフトへの入力・転記
  • 定型の証憑チェック
  • 帳票発行(請求書等)

などですね。

これらの仕事に従事する経理部員に、将来性が無いのは間違いありません。

 

とはいえ、「会社に経理がひとりもいなくなる」という状況もまた、考えにくいもの。

  • 計数管理は経営のキモだし
  • 投資判断に会計・税務の知識は欠かせないし
  • 金庫番は部外者には任せられない。

実際、転職市場の動向をみても、事業をサポートできる会計人の需要は高まり続ける傾向にあります

フルーツ
記帳屋さんがいなくなっても、経理自体はなくならないのですよ~

 

銀行員
そっか。それじゃ、とりあえず経理に転職した上で、事業経営や投資判断のサポートスキルを身に付ければ安全ってことだね!
フルーツ
そうなります。実際、銀行員は融資業務などを通じて事業・投資を見る目を持っている人も多いもの。経理に移ってからも、そういった業務を任されるチャンスは作りやすいと思います。

 

理由②部署異動を視野に入れて働くことも可能

銀行員
でもさ、経理の人数は減るわけでしょ?なんか不安だなぁ…。

会計・税務がわかるようになれば、経理部以外にも活躍の場は広がります

例えば

  • 財務部
  • 経営企画部
  • 事業企画部
  • 広報室

といった感じでしょうか。

 

財務部はもちろん経理の隣接職種ですし、数字の読めるビジネスパーソンは企画系の部署でも求められています。

また、経理で外部開示の資料(有価証券報告書・招集通知・決算短信等)の作成を経験した後に、広報室でIR活動に関わっていくキャリアパスなんかも考えられますね。

フルーツ
会計スキルをもった人間は、かなりいろいろな部署からの需要があるんですよ~

 

銀行員
なるほど。じゃあ、まずは経理に転職した上で、社内異動で好みの職種へうつっていくプランも考えられるってことだね!
フルーツ
そうなります。銀行から事業会社へ転職する入り口として、スキルがマッチしやすく受け入れられやすい「経理」を活用するわけです。

 

理由③外注先・コンサル先への転職も選択肢になる

フルーツ
さらに、経理スキルを使って隣接職種へ転職していくことも可能です

経理の世界において、システム化とならんで最近話題なのが、外注化

  • ルーチンの仕事→外注業者
  • 専門的&社内事情を知らなくてもできる仕事→コンサル

に、任せていこうという流れです。

社内の人材は、事業サポートやガバナンス強化など、付加価値の高い業務に集中させる」のが、最近のトレンドというわけです。

 

銀行員
あれ。それってでも、経理部員が減っていくって話じゃないの?

「経理部員」の人数は、減少する可能性もあります。

けれども、仕事自体が減るわけではありません。結局、経理のスキルを持って仕事をする人材は、なんらかの形で必要とされます。

働く側の立場としては、業務を委託される側(外注業者側・コンサルタント側)で活躍するプランも選択肢になる、と考えておけばOKです。

フルーツ
外注やコンサルは、クライアントワークです。向き不向きがありますので、そこは注意しておきましょうね。

 

結論:担当業務を戦略的に選べば将来は安泰です

銀行員
結局、経理のスキルと実務経験を身につけておけば、①経理に残る、②他部署へ異動する、③他職種に転職する…どれでも選べるってことなんだね。

その通りです。

ポイントは「経理のスキルと実務経験を身に着ける」こと。定型業務だけではなく、付加価値の高い業務に取り組む必要があります。

具体的には、

  • 経営への提言・事業サポート
  • ガバナンス強化
  • マネジメント

といった感じです。

※詳しくは、以下の記事もご覧ください。

付加価値の高い経理って何?経理部員がAI時代を生き抜くために。

2019.03.26

 

銀行員
…なんか大変そう?そういう仕事って、取り合いになったりしそうだよね。

いいえ、自分の業務を戦略的に選ぶのは、全く難しくありません

なぜなら、多くのサラリーマンは、基本的に「仕事をしたくない」からです。

「何もしたくない」人が多いので、「この仕事がしたい」という希望は通りやすいのです。

  1. 実績を見せて
  2. 勉強をすませて
  3. ヤル気アピールをする

ところまでやれば、カンペキです。(実際には、③ヤル気アピールだけでも、好きな仕事を選べる可能性が高いです)

※詳しくは、以下の記事もご覧ください。

経理部員のステップアップ術~現役経理部員からの忠告~

2018.08.28

 

フルーツ
と、いうわけで、銀行員のみなさん。経理は将来性のある、悪くないお仕事なのです♪

 

銀行員の経理への転職を有利にする具体的

銀行員
うーん…経理への転職、考えてみようかな。具体的には、どう動けばいいの?

経理転職への道は、カンタン3ステップです。

  1. 転職エージェントに相談する
  2. 資格取得を検討する
  3. 積極的に応募する

①で優良な転職エージェントに相談できれば、あとはイロイロとお膳立てしてもらえます

フルーツ
細かいテクニックや選考書類の書き方・面接の不安解消などは、転職エージェントにリードしてもらえば大丈夫です

 

ステップ①転職エージェントに相談する

転職を考えたら、最初にすべきことは、転職エージェントへの相談です。

転職の戦略を考えるには、

  • 今の転職市場の状況
  • 今、自分のスペックで選べる求人
  • 自分の経歴にプラスすると良い資格

といった事を確認して、状況を知ることが最も大切。

そして、これらの情報をタイムリー&リアルに把握しているのは、転職のプロである転職エージェントだからです。

 

具体的なおすすめは、マイナビエージェント

私自身も実際に利用経験がありますが、実際、かなり優良な転職エージェントでした。

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

  • 職種別の選任チームのエージェントさんなので、経理の仕事に詳しい
  • 経理で求められているスキルについても詳しい
  • キャリア診断~選考サポートまで、しっかり充実
  • 利用者の満足度が高い

ということで、経理への転職を有利にすすめたい銀行員にとってはピッタリのエージェントだと思います。

ぜひ一度、話だけでも聞いてみてください。

「転職ってどうなの?」「経理ってどうなの?」という疑問をぬぐいさり、具体的なイメージを持つ機会になるはずです。

 

ステップ②資格取得を検討する

転職エージェントと相談することで現状がわかったら、次は「資格」について考えます。

  1. 今すぐ求人案件に応募するのが良いか
  2. 資格をとってからが良いか
  3. 並行してすすめるのが良いか

検討していくわけです。

 

ここのところ経理は人手不足が続いていて、未経験・資格ナシでも比較的転職先が決まりやすい状況にありました。

とはいえ、コロナの影響を考えると、「資格をとってから転職した方が有利」という可能性も低くありません。

転職市場の状況は、刻一刻と変わっていくのです。

フルーツ
経理の転職では、資格は重要性が高いです。状況を見つつ検討しておいて損はありません。

 

「資格をとる」と決めたなら、日商簿記検定が一番です。財務諸表を「作る」スキルを証明することができます。

まずは簿記3級から始めて、少なくとも簿記2級まで取得したいですね。

もしも簿記1級まで取れれば、最強のカードを1枚手に入れたと考えて良いでしょう。

【日商簿記3級のすべて】難易度、勉強方法・勉強時間、合格率、おすすめテキスト・過去問集など

2019.11.26

日商簿記2級のまとめ(勉強方法・勉強時間、合格率・難易度、おすすめテキスト・過去問集など)

2019.11.26

※「会計士」「税理士」といった上位資格もあります。しかし、これらは取得の難易度が高すぎて、コスパの点ではイマイチです。また、実務経験の無い士業資格の保有者は、企業からは「すぐ辞めちゃうんじゃ?」と疑われる傾向にあります。

 

また、TOEICなどの英語資格も、経理の転職市場では高い価値を持ちます

  • 連結決算
  • 海外子会社管理
  • 海外M&A案件の精査
  • 海外企業との取引確認
  • 海外税務

といった業務の需要が高まっているからです。

もし、簿記1級&TOEICハイスコアを持っているなら、「もうそれ以上資格は要らない」と断言できます。

【TOEICは転職に効果大】英語嫌いが独学45日で730点!方法と効果を紹介します!

2017.09.13

 

ステップ③積極的に応募する

  • 情報収集(転職エージェントに相談)
  • 資格取得の検討(簿記。できれば英語をプラス)

ができたら、あとは実際に求人案件に応募していくだけです。

フルーツ
マイナビエージェントなら、良い案件をたくさん紹介してくれるはず♪

 

応募を始めてからのポイントは、「積極的に」応募すること。

経理の転職は

  • 実務経験アリ
  • 実務経験ナシ

でハードルの高さが変わってきます。

フルーツ
未経験者に厳しく、経験者に有利な世界なのですw

 

最初は条件をゆるめて、まずは経理実務の経験を積みましょう。

戦略的に業務を選びつつ、2~3年も働けば、再転職は十分可能。そして、そのときは「実務経験アリ」として転職可能です。

フルーツ
経理は3~4回転職してる人なんてゴロゴロいる業界ですから、再転職はごく普通ですよ~

 

未経験からの転職では、イマイチ気の乗らない条件のものもあることと思います。

最初からゴールの年収を求めるだけでなく

  1. 2~3年我慢して、実務経験をゲット
  2. 再転職で、年収アップを!

という方法も視野にいれつつ、まずは積極的に応募していきましょう。

フルーツ
担当のエージェントさんと、よく話し合ってみてくださいね。

 

「今は転職しない」銀行員が、将来のためにかけておくべき保険

最後に。

様々な事情から「今は転職できない」という人もいると思います。

将来は不安だけど、今は転職しない銀行員…そんな人に、ぜひおすすめしたいことがあります。

それは、保険をかけておくこと。当面は銀行員を続けるとしても、「もしものとき」には転職できるだけの材料をそろえておくことです。

フルーツ
材料というのは、具体的には、日商簿記検定です!

 

簿記資格は、保険になります。簿記があれば、いざというとき、経理に転職できる可能性がグッと高まるからです。

少なくとも簿記2級、できれば簿記1級を目指して下さい。

簿記2級があれば、未経験でも、応募できる経理の求人案件が激増します。

簿記1級があれば、採用試験はかならず有利になります。周囲とはワンランク違う状態で転職活動にのぞめるでしょう。

 

フルーツ
銀行員が他職種・他業界に転職するとき、求められるのは「数字に強い」こと
  • 未経験だけど、数字に強いから
  • 畑は違うけど、財務諸表は読めるから

といったイメージで「採用してみようかな?」と思われているのに、

「財務諸表の作りは、よくわからなくて…」

「財務諸表は、詳しくはないんですけど…」

なんてことになったら、採用されるのは難しいですよね。

フルーツ
ぜひ、簿記資格で、いつでもどこでも「財務諸表への深い理解」を示せるようにしておいてくださいね。

 

簿記を取るなら

簿記をとるなら、せっかくだから、最短距離で資格取得にたどり着きたいですよね。

  • 効率重視で合格したい
  • 忙しくて時間がない
  • 費用を抑えて取り組みたい

という人には、クレアールという資格スクールの活用をおすすめしています。

「満点」ではなく「合格」をねらうイメージの学習法で、時間・価格両面でのコスパが最高です。

※資料を請求すると、無料で講義DVDがもらえます。見てから決めればOKなので、とりあえず請求だけしておきましょう。

 

詳しくは、以下の記事もご覧くださいね。

【簿記講座】経理のプロのおすすめ、教えます【コスパ最強】

2020.09.19

【クレアールの評判・口コミ】資格好き経理部員が徹底チェック!

2019.04.22

 

まとめ:銀行員が転職するなら、やっぱり経理職が有利!

銀行に就職すれば一生安泰。そんな時代は、残念ながら終わりを迎えました。

  • 銀行の将来は危ういし
  • 銀行員が転職するなら経理が最適だし
  • 転職タイミングは「今」が有利なので

銀行員は、今こそ経理に転職すべきです。

フルーツ
経理歴10年の私が言います。経理、めっちゃ楽しいですよ…!(笑)

 

具体的な転職方法は

  1. 転職エージェント「マイナビエージェント」に相談
  2. 資格取得を検討(日商簿記検定が断然おすすめ)
  3. 積極的に応募

の3ステップですすめましょう。

フルーツ
まずは一度、転職エージェントと話をしてみて下さい。情報収集だけなら、無料ですしノーリスクですよ~。

 

何かあってから慌てても遅いですからね。

ぜひ、今のうちに適切に対策して、将来の不安に備えましょう。

フルーツ
経理は、しっかり手に職がつく、なかなか良い仕事ですよ♪

それではまたっ!

 

※関連記事です。

【経理の転職】おすすめエージェント 現役経理部員が選ぶベスト3

2019.05.01

【価値ある資格】簿記3級・2級の学習を始めるのに「最適な時期」とその理由

2020.02.25

【経験者が教える】社会人が簿記1級に働きながら合格する具体的方法

2020.08.04
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。