付加価値の高い経理って何?経理部員がAI時代を生き抜くために。

経理部員
最近よく付加価値の高い仕事しろって言われるけど、具体的にはどういうことなの?何すればいいの?
経理部員
AIで経理の仕事は無くなるとか聞くと不安だよ…。今からできる対策って何?

こんな経理部員のための記事です。

 

私フルーツ自身も現役経理部員。ここ数年、「効率化」「システム化」「付加価値」などの言葉を聞く機会が増えてきました。

CFOの指示を受けた経理部長の元、経理部の役割について考え直すプロジェクト(?)的なものに参加したりもしました。その中で、様々な

  • セミナーに参加したり
  • 専門書籍や雑誌を読んだり
  • システム屋さんと話したり
  • コンサルタントを使ったり
  • 社内・社外の経理関係者とディスカッションしたり

したことで、見えてきたものがあります。

フルーツ
経理部員は、自分の仕事の付加価値に自覚的になるべき!早めに付加価値の高い仕事にシフトしないと、失業する未来も遠くないかも…

 

付加価値の低い仕事≒経理部員(正社員)がやらなくてもいい仕事

経理部員
そもそも、付加価値の高い仕事・低い仕事ってどんな仕事?

経理の仕事で、付加価値の高いものと低いもの。イメージはついても、実はなかなか明確に区分できない人もいるかもしれません。

 

フルーツ
付加価値の低い経理業務とは、経理部員(正社員)がやらなくてもいい仕事のこと。
  1. 人間がしなくてもいい仕事
  2. 社内でやらなくてもいい仕事
  3. 正社員がやらなくてもいい仕事

の3つです。

 

人間がしなくていい仕事

AI・システム・ロボットの領域です。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とか、デジタルレイバーとかいった言葉を耳にすることも増えてきましたよね。

  • 単純作業
  • 繰り返し作業
  • ミスのない作業

は、ロボットの得意領域。

フルーツ
既に販売されているRPAソフト(WinActor、Automation Anyeware…)でも、かなりのことができます。
  • 会計ソフトへの入力・転記
  • 定型の証憑チェック
  • 帳票発行(請求書等)

といった業務の担当は、だんだんとロボットに置き換えられていくことでしょう。

フルーツ
24時間ミスなし・休みなしで働けるロボットと仕事を奪い合うのは、ゾッとしないですよね。私たちは別の仕事(=もっと付加価値の高い仕事!)をしましょう♪

 

社内でやらなくていい仕事

外注業者さんの領域です。

最近は、人手不足や働き方改革の影響もあって、経理業務外注化の動きが加速しています。

  • 税理士
  • 会計士
  • システム屋さん(プロネクサス・宝印刷・DIVA…)

などが外注業者として進出しており、大企業を含めた多くの会社で外注化の検討が始まっている状況です。

フルーツ
それぞれの分野に、専門知識を備えた信頼性の高い業者が現れています。

 

業務の内容は

  • 伝票入力
  • 税務申告書作成
  • 開示資料作成
  • 連結決算全体

など。制度会計のかなりの部分を占めています。

フルーツ
経理部員は、自分の今の仕事が外注化の対象になりうるかどうか一度考えてみる必要があります。

 

正社員がやらなくていい仕事

非正規雇用の方の領域です。派遣社員さんや、契約社員さんにお願いする部分ですね。

今まで以上に明確に、仕事の区分がなされていくことと思います。

フルーツ
派遣さんと同じ仕事をして年収1,000万…みたいなおじさん・おばさんは、生き延びられない社会がやってくるはずです。

 

付加価値の低い経理業務まとめ

  • ロボット
  • 外注業者
  • 派遣さん

これらの人にお願いできる業務は、今後厳しい競争にさらされる可能性があります。

 

  • システムを導入するのと外注に出すのと、どちらが安いのか
  • 派遣さんと外注業者で、情報管理上安全なのはどちらか
  • システムと派遣さんでは、どちらが速く仕上げてくれるのか

といった視点で、比較され続けていくことになるのです。

フルーツ
正社員は、基本的に高コスト。この競争に参加するのは得策ではありません。
経理部員
そっか。それで、彼らにお願いできない仕事=付加価値の高い仕事をしろって話になるのか。

 

付加価値の高い経理の仕事 3領域

付加価値の高い仕事とは、付加価値の低い仕事の逆…つまり、ロボット・外注業者・派遣さんといったリソースにはお願いできない仕事です。

代表的な3つの領域をチェックしておきましょう。

 

付加価値の高い領域①マネジメント

フルーツ
これからの経理部員は、早いうちからマネジメント能力が求められるようになる可能性があります。

担当者レベルでも

  • ロボット
  • 外注業者
  • 派遣さん

をマネジメントする必要が出てくるからです。

システムメンテナンス、外注業者とのコミュニケーション、派遣さんの業務管理などが、経理部員の仕事の重要なパーツになってくることでしょう。

経理部員
確かに、外注業者に「正しく伝える」とか、システムを業務に合うように調整していくとか、大事な仕事かも。経理知識だけじゃない新しいスキルが必要だよね。

 

付加価値の高い領域②経営への提言・事業サポート

フルーツ
管理会計の代表的な分野で、現在も重要視されている機能のひとつですよね。
  • 企業・事業買収の意思決定
  • 商流の再検討
  • 組織再編
  • 評価制度の構築

といった場面で、経営や事業部をサポートしていく仕事です。

経理部というよりは財務部や経営企画部よりの仕事もあるかもしれませんが、事業の役にたてるよう、協力して取り組んでいく方向です。

経理部員
過去に発生した取引を記録するだけの経理部から、未来の取引を支援する経理部に、変わっていかなくちゃいけないってことなんだね。

 

付加価値の高い領域③ガバナンス強化

フルーツ
ガバナンス強化も、経理部正社員のお仕事でしょう。

会社の基礎を守る仕事ですね。

  • 不正防止
  • 内部統制
  • 子会社管理
  • PMI(買収後の統合プロセス)

様々な切り口がありますが、効率化とあわせて気を配るべき重要なポイントです。

 

  • 管理方針の作成
  • ITの活用
  • 業務フローの構築
  • 適切なレポートライン・コミュニケーション

など、考えていかなければいけない点はたくさんあります。

経理部員
忘れちゃいけない経理の役割だね。

 

付加価値の高い経理部員になるためのポイント3つ

経理部員
これから取り組んでいくべき仕事はわかってきた。付加価値の高い仕事を始めるために、気を付けるべきポイントは何かな?

 

ポイント①とにかく始める

何より重要なのは、「とにかく始める」ことです。

  • 今すぐ動き出す
  • できることから始める
  • 今日から着手する

といった視点がないと、変化の速い今の時代を乗り越えていくのは困難です。

フルーツ
経理部員は慎重派が多いもの。「動きながら考える」スキルも、少しずつ身に着けていくと◎です。

 

  • PRAのセミナーを予約する
  • M&Aプロジェクトに立候補してみる
  • コーポレートガバナンスに関する書籍を読み始める

といった、カンタンなことから始めましょう。止まっていては、置いて行かれるばかりです。

フルーツ
新しい流れに関しては、誰もが手探り。始めた者勝ち、動き出した者勝ちなんですよ!

 

ポイント②付加価値の低い仕事をやめる

何かを始めるためには、何かをやめなくてはいけません時々これを忘れて、ひたすらに業務時間を拡大していく人がいますが…必ず行き詰ります。

自分の業務を棚卸してみましょう。きっと、「ロボットに頼みたい…」「外注してしまいたい」「派遣さんでもできるよね」という仕事があるはずです。

それを自分の手から離す算段を始めましょう。付加価値の低い仕事をやめて時間ができれば、自然と付加価値の高い仕事にシフトしていけます

1日の労働時間は、9:00から18:00まで(休憩をのぞいて)約8時間です。この時間の、有効活用を考えるのです。

 

付加価値の低い仕事を手放すためには

  • 切り分ける
  • 整理する
  • 提案する

ことが大切になってきます。

自分のやるべき仕事と、手放すべき仕事を切り分ける。手放すべき仕事を他人に頼める形に整理する。外注やシステム化を提案し、予算をとる…。

フルーツ
限られた時間の中で行うのは、大変なこともあると思います。でも、これらは付加価値の高い仕事に着手するための第一歩。ぜひ、根気よく取り組んで下さい。

 

ポイント③できる場所を選ぶ

最後に重要なのは、付加価値の高い仕事ができる場所を選びとることです。

今は、経理の仕事が変わっていこうとしているときです。どの会社で何をしていても、将来が保証される…なんてことはあり得ません。

 

もしもあなたの今いる場所が

  • 付加価値の低い仕事ばかりさせられる
  • システムを導入する予算がとれない
  • 何かをやめようとしても、上司が許さない
  • 提案をすると、うるさがられる

というような職場なら、今すぐ逃げ出すことをおすすめします。

 

効率化に興味がない、将来を描けない、社員のことを考えない…こんな会社に縛られて付加価値の低い仕事を続けていると、突然

上司
キミの仕事って、ロボットでもできるんだって。

と言われて、失職する日がやってこないとも限りません。

 

少しでも早く、「付加価値の高い仕事で成果を出せる人材」になっておく必要があります。

そのために必要なのは、何よりも実務経験。自分の身を守るためには、付加価値の高い仕事にチャレンジできる環境に身を置くことが圧倒的に重要なのです。

フルーツ
「今の会社に居続けるのは、ちょっとヤバイかも…」と思ったあなたは、まずは転職エージェントに相談してみてください。

「付加価値の高い仕事がしたい!」というあなたを、喜んで迎えてくれる会社が、必ず見つかるはずです。

【経理の転職】おすすめエージェント 現役経理部員が選ぶベスト3

2019.05.01

 

まとめ:今から付加価値の高い仕事に手をつけないと、経理部員に未来はない

付加価値の高い経理業務とは

  • マネジメント
  • 経営への提言・事業サポート
  • ガバナンス強化

といった仕事です。

付加価値の高い仕事ができるようにならないと、経理部員は

  • ロボットやシステム
  • 外注業者さん
  • 派遣さんや契約社員さん

に仕事を奪われてしまいます。

ですから、付加価値の高い仕事のできる環境に身を置くことが超重要です。いまのうちに実務経験を積んで、「付加価値の高い仕事のスキル」を手に入れておきましょう。

フルーツ
「今のままで大丈夫かな?」「付加価値の高い仕事ができる環境ってどんな職場かな?」と気になった人は、一度転職エージェントに相談してみてください。きっと良いアドバイスがもらえますよ。

【経理の転職】おすすめエージェント 現役経理部員が選ぶベスト3

2019.05.01

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク