【会計士の将来性は?】AIの影響と、これからの会計士資格活用法

会計士に興味アリ
会計士って、取って意味ある資格なのかな?AIの影響でなくなる仕事だっていう話もきくけど…
公認会計士
これから会計士の仕事ってどうなっていくんだろう?いまのうちにしておくべきことってあるのかな?

こんな人のための記事です。

 

  1. 会計士資格の将来性
  2. 会計士資格の活かし方
  3. 会計士/会計士志望者が気を付けるべきポイント

を、まとめます。

 

フルーツ
一言でいうと、「監査だけが仕事」なら将来性ナシ・「会計専門家として働く」なら将来性アリ、という感じ。

ではでは、ひとつずつ見ていきましょう!

 

会計士の将来性は?→活用法次第です

公認会計士
やっぱり、会計士の仕事って、AIに取って代わられちゃうのかな?

それは、会計士資格のとらえ方・活用の仕方次第でしょう。

 

監査業務の将来性

2015年12月に発表された、野村総研とイギリスのオックスフォード大学との共同研究によると、

  • 会計監査係員
  • 経理事務員

は、「人口知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」とされています。(㈱野村総合研究所「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」より)

 

これを受けて、週刊ダイヤモンドの「機械が奪う職業・仕事ランキング(米国)」にも

  • 会計士
  • 財務・投資顧問
  • 会計・経理事務員

は、堂々とランクインしています。

 

フルーツ
これを見る限り、監査業務に将来性が無いのは明らかですよね。近い将来、監査業務の主たる担い手はAI・人間は不要…ということになっていくでしょう。

 

「公認会計士資格」の将来性

しかし一方で、「公認会計士」の会計専門家としてのブランドが、そう簡単になくなるとは思えません

  • 経理・財務に関する最上級の知識・スキルをもつ
  • 会計専門家の最高峰

としての知見を、監査業務以外に活かすことができれば、「公認会計士資格」は将来も、プラチナ資格として認知され続けるでしょう。

公認会計士
なるほど。監査は会計士の独占業務だから、どうしても「会計士なら監査!」ってイメージが強いけど、会計スキルを活かせる仕事は他にもあるよね。
フルーツ
AI時代の会計士資格は、活かすも殺すもあなた次第…というわけです。会計士資格のブランドを上手に使って、より付加価値の高い業務に踏み出してください♪

 

将来性を考えた、会計士資格の活用法

会計士に興味アリ
つまり、会計士資格の活用ポイントとしては…

ズバリ、

 監査だけやっていてはダメ!

です。

 

会計士資格の活かし方

会計士に興味アリ
監査だけじゃダメだとすると、どんなことをすればいいの?

一言で言えば、会計の知見を事業そのものに活かすということです。

例えば、事業会社に入って、内側から事業に貢献する仕事が考えられます。

  • 経理から入って、管理会計強化
  • 財務部署で、ファイナンス
  • 経営・事業企画について、会計の見地からの提言
  • 監査部門で、ガバナンスのフロー構築
  • CFOとして、投資の意思決定

といった感じですね。

フルーツ
また、外部専門家として、コンサルタント的に活躍することも考えられます。

 

会計士に興味アリ
なるほど~。そういうのも面白そうかも。…そっちの仕事は、AIに取られちゃったりしないの?

さきほどご紹介した、野村総研とイギリスのオックスフォード大学との共同研究では、

  • エコノミスト
  • 経営コンサルタント
  • 中小企業診断士

といった仕事は、「人口知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職種」に含まれています。

フルーツ
会社の内側から取り組むにせよ、外側からアドバイスするにせよ、この手の仕事はAIに奪われにくいとみてOK。安心してスキルを磨きましょう!

 

会計士/会計士志望者が気を付けるべきポイント

公認会計士
ふーん。会計士の将来、なんとなく見えてきたかも。…もっと具体的に注意することとか、なんかある?

 

会計士さんが気を付けるべきポイント

すでに会計士として働いている人のための注意ポイントは…

できるだけ早く監査業務以外を経験すること!

です。

監査業務がAIに侵食される前に、できるだけ早く、

  • 事業会社での業務
  • コンサルティング

といった仕事の経験を積むことが重要です。

フルーツ
監査業務にいつまでも没頭していては、将来にリスクが…!なるべく早く、「会計知識を事業に活かす経験」をしておきましょう♪

 

方法は、大きく分けて2つ。

  1. 監査法人内でコンサルティング部門等に異動する
  2. 事業会社に転職する

①と②では、向き不向きも働き方も異なるので、注意しておきましょう。

 

①コンサルタントとして働くことで、

  • 個人名をブランド化できる
  • すきな仕事が選べるようになる

高時給コンサルタントを目指すことができます。

フルーツ
エースコンサルタントになれば、仕事も顧客も事実上選び放題ですし、給料もケタ違いな上、実際かなりカッコいいです…!

 

とはいえ、そこにたどり着くまでの日々は

  • スケジュールが立たず
  • 顧客にふりまわされ
  • 上司・同僚に詰められ
  • 長時間労働に巻き込まれ
  • クライアントワークに疲弊する

可能性もあります。

フルーツ
個人的には、相当適性がある人をのぞいて、おすすめはしにくい働き方ですね。異動希望がサクッと通りそうなら、まずは一度試してみるのもアリですが…

 

一方、②事業会社への転職は、比較的おすすめしやすい選択肢です。

  • 当事者として事業に関われる
  • クライアントに振り回されない
  • ワークライフバランスがとりやすい
  • 周囲より良い待遇で働ける(手当・昇進など)
  • 会計知識を頼られる

といった感じで、落ち着いて新しい仕事に取り組むことができます

フルーツ
事業会社としても、会社内部に会計士さんがいると、かなりかなり助かります…!

 

AIによる監査業務の代替が始まれば、競争が激しくなるのは目に見えています。事業会社への転職、ぜひ今のうちに検討してみてくださいね。

ちなみに会計士さんが利用すべき転職エージェントは

の2つです。

フルーツ
まずは相談してみることが大切です。転職市場のプロに話をきけば、自分の置かれている状況が客観的につかめるようになります!

 

管理部門・士業に特化したMS-Japanは、求人の質・量、サポート実績ともに確かなものですし、「公認会計士のための」転職ノウハウも豊富。

登録して損は無いエージェントですね。

 

JACリクルートメントは、ハイクラス・専門職の転職サポートに特化したエージェント。即戦力を求める求人案件に強いエージェントなので、会計士さんにはピッタリです。

MS-Japanで概観をつかんだあとで、

  • よりハイクラス向けの求人を見逃さないため
  • セカンドオピニオンとして

使うと良いでしょう。

 

会計士を目指そうか悩んでいる人が気を付けるべきポイント

会計士に興味アリ
これから会計士資格を取ろうって思ってる人が、気を付けた方がいいポイントってあるの?

ポイントは

  1. 「監査がやりたい!」に、将来は無い
  2. 監査法人に就職するなら、はじめから転職を視野に入れるのが◎
  3. 就職浪人は避けた方が良い

の3つです。

 

まず、①「監査がやりたい!」と思っている人は要注意です。

さきほど書いた通り、監査業務そのものは、これからAIによる代替が進むお仕事だからです。

「会計の専門家を目指して会計士資格をとる」はアリだけど、「監査業務がしたいから会計士資格をとる」のはNG。将来性があるとは言えません。

  • 内部監査を行う、監査部
  • 税務調査を行う、税務署
  • 上場審査を行う、証券取引所・証券会社

など、別の働き先を検討した方が良いかもしれないですね。

 

次は、会計士資格取得後の注意点です。②監査法人に就職するなら、その後の転職を視野に入れておきましょう。

最初の就職先に監査法人を選ぶのは、悪くはありません。その後、事業会社に転職したり、コンサルティング業務を行ったりする上で、役立つ知見を得られるからです。

けれども、いつまでも監査業務を続けていくのは考えものです。就職時点から、「〇年たったら転職する(異動願いを出す)」と決めておく方がよいでしょう。

フルーツ
はじめから転職・異動を視野にいれておくことで、監査業務への取り組み方も変わってくるはずです。監査経験を、自分の将来に役立つインプットにしちゃいましょう!

 

最後に、③就職浪人しての会計士受験についてです。

これは、あまりおすすめできない選択肢になりつつあります。就職浪人期間が伸びた場合に、リカバリーが難しくなるからです。

何年も就職浪人したあとで会計士を取得しても

  • 監査法人には、求人減で入れず
  • 事業会社には、年齢がネックで入れない

という可能性があります。

AIの利用がすすめば、監査業務にかかる人手が減り、監査法人の採用人数が減っていくのは必然です。それ以降、年齢の高い未経験人材は就職に苦労するハメになりかねません。

フルーツ
会計士資格は、学生のうちor仕事をしながら取得するのが◎ですね。

※ちなみに、「仕事をしながら会計士を目指したい」という人には、ホワイト企業の経理部がおすすめです。実際、働きながら会計士に受かっている経理部員を何人も見ています。勉強時間が確保できる&実務を通して活きた知識が身に着くので、なかなか有利だと思いますよ。

 

会計士の将来性まとめ:監査に特化はNG

会計士の将来性は

  • 監査だけやって生きていこう→将来性ナシ
  • 会計専門家として生きよう→将来性アリ

 

具体的には、

  • 事業会社で活躍
  • コンサルタントとして活躍

など、「会計知識を活かして事業そのものに貢献」することが重要です。

 

フルーツ
監査業務がAIに代替される前に、事業に貢献する経験を積んでおくのが◎

サクッと監査を経験したら、すぐにでも異動や転職を考えると良いでしょう。

おすすめは、事業会社への転職。管理部門・士業に特化した転職エージェント「MS-Japan」に相談すれば、

  • 将来への不安無しに取り組める
  • 会計専門家としての知見が活きる

仕事を、紹介してくれることと思います。

 

フルーツ
会計士さんの専門性が、より付加価値の高い業務で活かされますように。

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。