【価値ある資格】簿記3級・2級の学習を始めるのに「最適な時期」とその理由

 

こんにちは、シーウィード@こびとが見える経理マン(@kobito_kabu)です。

  • なんとな~く、心のどこかで簿記のことが気になっている
  • 勉強してみようかな?そんなことしてもムダかな?
  • もし勉強するとしたら、いつから始めればいいのかな?どうやればいいのかな?
簿記の勉強検討中
考えてたら面倒になってきた。とりあえず今回はやめておこう…

そんな人のための記事です。

なんとなく簿記が気になっているあなた。その直感をぜひ大事にしてください。

簿記こそ、この世界の経済を支える根幹的な技術です。この技術を学んでソンすることなんてありえません(強気に言い切る!)

この記事を通して伝えたいことはたったの3つです。

この記事で言いたいこと
  1. 簿記は価値ある資格だということ
  2. 学習の開始時期は2月・6月・11月が最適だということ
  3. 上記の時期が最適である3つの理由

上記の通り。

こびと株管理人
それでは順番に見ていきましょう。

 

簿記は価値ある資格・知識

ストレートに言って、簿記は役に立つ資格です。

  • 経理の仕事で年収700万円を稼ぎ(30代前半で退職金増加額込み。年間休日140日超で残業はほぼナシ)
  • 2,000万円を超える運用資産があり
  • 月間30万前後のPVをもつWebサイトを運営

私の発信スキル・経済的な基盤になっている知識は、間違いなく「簿記」です。大学の時にこの知識を学んでいなかったら、今の私は間違いなくいません。

 

とはいえ、私のケースはかなり偏っていると思うので、一般化してみましょう。

価値があると言える理由
  1. 資産形成に役立つ(年収アップ・家計管理・投資)
  2. 会計士、税理士、中小企業診断士等のステップアップに役立つ
  3. 経済ニュース・経済書籍の理解度が増す
  4. 副業・フリーランス・独立起業に役立つ

上記は、一般論としても成立すると思います。

 

簿記を活かした仕事をするのなら、簿記2級以上があれば(年齢・職歴次第ですが)経理として働くチャンスは十分にあるでしょう。1級があれば上場企業だって狙えます。

簿記2級・簿記1級さえあれば、未経験から経理に転職できるのか?

2019.06.08

 

我が家では、簿記を使ってバランスシートを作っています。株・現金・不動産をいくら持っていて、負債はいくらあるのか。これがあると資産状況が一目で分かります。

こびと株管理人
自分のバランスシートが良くなっていくのは楽しいんだ

 

株式投資では、簿記の知識が必要/不要という意見は分かれていますが、ファンダメンタルズを重視する株式投資なら活用の余地があります。私は思いっきり簿記の知識を使って投資してます。

※世界一有名な投資家であるウォーレンバフェット氏も、会計知識は投資に役立つと言っているとか言っていないとか。Twitter界隈でも、億り人さんで「簿記は大事」と言ってる人はいます。

 

簿記3級から始めて、会計士・税理士・中小企業診断士などへステップアップして、専門家として働いている知人は少なくありません。

副業で確定申告が必要な人なんかも、簿記の知識があると帳簿付けがめちゃくちゃラクになります。経営感覚もつきますし、自営でやっていくにもほぼ必須と言えるスキルですね。

 

上記で見てきたように「役に立つ資格」だから、年間これだけの受験者がいるというわけ。

日商簿記検定の受験者数
  • 簿記3級…年間30万人前後
  • 簿記2級…年間20万人前後
  • 簿記1級…年間2万人前後

1954年から始まった簿記検定は、累計で2,600万人を超える受験者がいます(出典:商工会議所)。

資格の世界には「情弱ビジネス」と言えるようなよく分からない資格もたくさんありますが、簿記ほど長い伝統があって信頼されている資格はそうないでしょう。

 

こびと株管理人
少しでも簿記に興味があるのなら、学んでソンはありません。簿記やろう簿記!

簿記、好きなんですよねぇ。

 

学習の開始時期がいつが最適か?→2月/6月/11月

簿記の勉強検討中
ふーむ…いつから学習を始めるのが良いのかな?

答えは、2月・6月・11月です。

理由は以下の通り。

2月/6月/11月に学習を始めるのが最適な3つの理由
  • 理由①過不足のない学習時間を確保できる
  • 理由②人によっては簿記2級まで狙えてしまう
  • 理由③簿記講座の割引額が大きい

上記について、もう少し詳しく見ていきます。

 

理由①:過不足のない学習時間を確保できる

2月/6月/11月というのは、簿記2級・3級の試験がある月なんです。

つまり、この月に学習を開始すると、次の試験日までたっぷり余裕があるということ。

  • 簿記3級の合格率は40%前後
  • 学習時間の目安は100時間程度

簿記3級の場合、1日2時間勉強できれば50日でOK。1日1時間やれるのなら、大体3ヵ月で終わるということですね。

 

  • 簿記2級の合格率は30%前後(最近は15%前後とかなり低い)
  • 学習時間の目安は200~300時間程度

簿記2級の場合は、1日2時間勉強できれば3~4ヵ月で終わります。

 

このように、検定月(2月/6月/11月)から学習を開始すると、ちょうど良い勉強時間を確保できるのです。大体4ヵ月ぐらいの学習期間を確保できるということです。

こびと株管理人
証券アナリストの資格とった時は、学習期間が2年以上あって大変だった

資格試験によっては、学習に1年も2年もかかるようなものがあります。こういうのって、モチベーションの維持がすごく難しいんですよね。

学習期間というのは、

  • 長すぎてもダメ
  • 短すぎてもダメ

です。長すぎればダレるし、短すぎれば挫折します。

簿記3級・2級の場合は、4ヵ月ぐらいが一番ちょうどよい勉強期間かなと思います。

 

理由②:人によっては簿記2級まで狙えてしまう

簿記って、ハマる人はすごくハマります。問題解くのが楽しくなっちゃって、ノリノリで進んじゃうんですよね。

学習の進捗が良い人のなかには、簿記3級の学習が終わったらすぐに(受験・合格を待たずして)そのまま簿記2級の学習を開始してしまう人もいます。

4ヵ月という期間は

  • 1ヵ月で簿記3級の学習を終わらせて
  • 残り3ヵ月で簿記2級の学習を進める
  • 本番では同時受検!もし2級がダメでも3級はちゃんと合格ゲット

みたいな感じの戦略が立てやすいんですよね。

こびと株管理人
だから資格スクールによっては「簿記3級・2級同時合格パック」なんてのもあります。

 

理由③:簿記講座の割引額が大きい

あとは、検定試験が終わった直後は資格スクールの割引額が非常に大きくなります。

資格スクールも、次のお客さんが欲しいからですね。

 

こびと株.comでは、基本的に独学をススめていません(挫折したり、変な理解をしている人をたくさん見てきたから)。

スクールは、基本的には、

をすすめています。最近はクレアールの評判がとても良いので、こちらを勧めることが多いです。

 

クレアールについては、はじめて聞く人もいるかもしれませんが、資格の受験指導歴50年の老舗です。公認会計士試験の合格者も輩出しているちゃんとしたスクールです。

特徴は下記。

  1. 教材の質が高い(網羅性よりも、ポイントにぎゅっと絞った教材 ※もちろん合格レベル
  2. 料金が安い(最大手の有名スクールより20~40%ぐらい安い
  3. サポートが充実回数無制限のメール・TEL相談不合格になった場合はもう1年聴講可能など)

コスパ最強と言われるスクールですね。

 

さきほど話題に出した「3級・2級講義パック」もあります。

完全初学者対象で、最短で簿記2級を目指すコース(講義時間は約80時間)です。

なんと、6月限定で50,000円 → 32,500円になっています。まさかの35%引き

これが、検定月に勉強を開始するメリットの1つです。検定月の翌月ぐらいまでならそれなりに安くなることがありますが、値引率は検定月の方が良いことが多いです。

※参考までに、最大手TACの簿記2級本科生(通信)は割引価格で73,000円です。勝負にならないですね。

 

簿記3級レベルの”知識”は役に立ちますが、”資格としては”いまいちなのは事実です。やはり、履歴書に書くのなら、簿記2級レベルの資格が欲しいところ。そういう意味では、上記パックは最高ですね。

 

クレアールの場合は、無料で簿記のサンプル教材やパンフレットが貰えるので、興味のある人は請求してみましょう。

 

まとめ:簿記3級・2級にもちゃんと価値がある。安心して学習を開始しよう

以上をまとめると、この通り。

簿記という知識・資格には文句なしに価値があります。

価値があると言える理由
  1. 資産形成に役立つ(年収アップ・家計管理・投資)
  2. 会計士、税理士、中小企業診断士等のステップアップに役立つ
  3. 経済ニュース・経済書籍の理解度が増す
  4. 副業・フリーランス・独立起業に役立つ

 

簿記の学習を始めようと思ったら、2月/6月/11月がおすすめ。

2月/6月/11月に学習を始めるのが最適な3つの理由
  • 理由①過不足のない学習時間を確保できる
  • 理由②人によっては簿記2級まで狙えてしまう
  • 理由③簿記講座の割引額が大きい

 

基本的に、独学よりはスクール利用をおすすめします(特に、難化している簿記2級まで目指すなら)。

クレアールはコスパ最強なので、初学者には最適といえる選択肢だと思います。

6月限定の割引価格だと、50,000円の講義を32,500円で受講できます。1時間あたり400円ちょっとというとんでもない価格です。コスパの良い投資になりそうですね。

 

簿記の勉強検討中
いきなり2級はちょっと…簿記3級からゆっくりやりたいなぁ…

という人も大丈夫。3級講義パックも、6月限定で15,000円から9,600円になっています。30時間程度の講義なので、1時間あたり320円です。

質問無制限で延長保証付、教材も高品質なんですけど、大丈夫なんですかねw

 

とにもかくにも、今は「簿記の学習を始めるには良い時期」ということです。

  • のんびり3級からでも
  • いきなり2級を目指すのでも

気になる人は資料を請求してみましょう。

サンプルの講義DVDなどを見て、雰囲気を掴んでから申し込んでも遅くはありません。ぜひ、この機会に検討を!

それではまたっ!

 

関連記事です。

簿記2級を独学でやってみたい!という人はこちらの記事を参考にどうぞ

日商簿記2級のまとめ(勉強方法・勉強時間、合格率・難易度、おすすめテキスト・過去問集など)

2019.07.03

簿記の初心者がやってはいけないことをまとめてみました。

簿記の初心者がやってはいけない3つのこと【あなたは大丈夫?】

2017.12.04

簿記資格を取った後の「スーパーホワイト経理」の世界をご覧くださいw

【本音】経理は楽な仕事なのか?|回答→暇だし楽すぎです

2018.08.14
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。