広告が不快という人は多いけど、実は広告ってかなり使えるよという話

広告は不快派
ネット見てても雑誌見てても、広告だらけでうんざりしちゃう。うっとうしいな…
広告は不快派
うんうん。広告見せられると、不快な気分になるよね。

こんな人のための記事です。

 

ネットを始め、いろいろなところで「広告」は不快に思われがちかなと感じます。

  • 邪魔
  • お金を払ってでも消したい
  • 信用ならない

みたいな感じでしょうか。

㈱イーライフの調査では、75%の人が「ネット広告に不快になったことがある」と回答しています。ネット広告「不快になったことがある」75%。意図せぬ広告クリックは68%が体験【イーライフ調べ】より抜粋)

 

私自身、あんまり深い考えもなく「広告って不快」と思っていたんですが、最近

こびと株
広告って実はめっちゃ面白いかも。

と思うようになりました。

実のところ、広告は、めちゃくちゃ役に立ちます。最高の教材です。

日々街を歩いたり、ネットをさまよったりするだけで、こんなに学べるなんてすごいです。

 

というわけで、この記事では、広告から学べること5選をまとめてみました。

こびと株
ただ不快に思うより、教材にした方が、たぶん人生が豊か!

な気がするので、サクッと目を通して頂ければと思います。

 

「広告が不快」で終わったらもったいない!広告から学べる5つのコト

広告から学べるコト①今お金が集まっている場所

広告は、街中やテレビ・雑誌・ネット上など、いろいろなところに掲示されています。

  • どんな商品
  • どんな会社
  • どんな業界

広告が多いか眺めているだけで

こびと株
今お金が集まってるのって、このあたりなんだ♪

というコトが見えてきます。

 

特に単価の高い広告枠(都心の大型屋外広告やTV等)を見ながら

  • 今お金のある企業はどこなのか?
  • 今儲かる商品は何なのか?
  • 今TVに対して力を持っている業界はどこなのか?

なんて想像するクセをつけておくことが、

こびと株
まわりまわって、新しい投資やビジネスのヒントになるかも!

というわけなんです。

 

広告は不快派
確かに、「不快な広告がいっぱい」って思ってるより、”世の中の動向を知るための観察材料”だと思って見た方が、楽しそうかも。

 

広告から学べるコト②人の心を惹きつけるコトバ

様々な広告を眺めていると

  • 印象的な言葉
  • 刺激的な言葉
  • たくさんの広告に使われている言葉

など、特徴的なコトバに気が付きます。

 

こびと株
不快に思われスルーされがちな広告に使われているということは、人の目や心を惹きつけるのに役立つということでしょう。

広告に使われている言葉の多くは、

  • 専門のコピーライターが考え抜いた言葉
  • 世間の反響を試しつつ選び抜かれた言葉
  • 時に数億円以上の費用をかけてでも伝えたい言葉

であるわけです。

こういう言葉を自分の中にストックしておけば、自分が人に何かを伝えたいときに活用することができるでしょう。

広告は不快派
自分自身がどういう言葉にどう反応するのか考えてみるだけでも、意外に面白いのかも…

 

広告から学べるコト③自分がどう見られているか?

特にネット広告から学べることです。

「どんな広告が表示されるか?」というのは、そのまま

  • 何に興味があると思われているのか?
  • 何にならお金を払いそうだと思われているのか?
  • 何を買いそうだと思われているのか?

要するに、自分はどういう商品のターゲットなのか?ということを表しています。

こびと株
「こんなの買わないよ!」「おー、これは確かに欲しくなるね~」なんてつぶやきながら、広告を”不快がるのではなく面白がる”というのもアリかなと思います。

 

自分が企業サイドからどんなお客さんだと思われているのか知っておけば

  • 余計な買い物をしないために
  • 自分と似た人(※)が何に興味をもっているか知るために
  • 企業側の意図を知って上手に付き合うために

※検索履歴、購買履歴等が似ている人

役立てることもできるかもしれません。

 

広告から学べるコト④炎上するモノ/しないモノ

最近は、広告が炎上するケースも少なくないですよね。

2019年には

といった広告が、炎上しました。

 

こういった広告の内容について

  • ひどい
  • けしからん
  • いや別にいいんじゃない?

などと意見を持つことも大切ですが、それ以上に

こびと株
この広告が炎上したのってなんでだろう?今、炎上するモノと炎上しないモノの違いって何だろう?

みたいなことを考えてみるのも、また勉強になります。

 

広告は、世の中に公表されているものです。

  • 広告そのものも
  • それに対する世間の反応も

おおむね、誰もが知ることができます

広告は不快派
そういう意味でも、”世の中の動向を知るための観察材料”になるわけなんだね

 

広告から学べるコト⑤知らなかったモノ

そしてもちろん、広告されている商品や会社などとの、新たな出会いもあり得ます。

広告は、「不安や欲望を煽ってくるイヤなもの」である場合もありますが、知らなかったモノを知る良い機会になることだってあるわけです。

こびと株
良い広告が、消費者にとって便利なケースだってあるはず。振り回されずに賢く付き合えば◎です
広告は不快派
「広告だから」って特に嫌ったりしなくても、情報源として上手に使えばいいってわけね

 

まとめ:「広告が不快」は普通だけど、「広告を教材に」と考えると学びがある

生活していく中で、自然と目に入る、広告。

こびと株
どうせなら、単に不快に思っているより、面白がったり学んだりできないか探してみる方が、毎日が楽しいかな、と。

その気になってみれば、

  • 今お金が集まっている場所
  • 人の心を惹きつけるコトバ
  • 自分がどう見られているのか?
  • 炎上するモノ/しないモノ
  • 知らなかったモノ

など、広告から分かること、学べることもたくさんあると思うのです。

 

広告は不快派
確かに。っていうかそれって、広告に限った話じゃないかも?

そう思います。

身の周り、自分の目に入る様々なモノを、

  • 今とは少しだけ違う視点
  • 自分とは少しだけ違った立場

で考えてみたら

こびと株
世の中おもしろいことだらけ!

なのかなと、私は思っています。

それではまたっ!

 

オマケ

広告をはじめ、世の中のいろんなことから学んでみようと、もし思うなら

こびと株
せっかくだから、学びを活かす場があると最高!

私の場合は

  • ブログ
  • 高配当株投資

がその役割を果たしてくれています。これらにつながると思えばこそ、観察力もアップするというもの。

気になる方は、ぜひぜひこちらの記事もご覧になっていって下さい♪

WordPressでブログを作ろう!初心者におすすめのレンタルサーバー

2020.08.15

【超初心者向け】はじめての高配当株投資。始め方&ポイントを専門用語をほぼ使わずに解説

2019.09.07

それではまたっ!

 

※関連記事です

得意な仕事で稼ぐ人vs得意な仕事で稼げない人【5つの違い】

2020.10.21

旅の本「僕が旅人になった日」で人生とお金について考えた件【感想】

2020.10.07

【5選】こびと株.comがガチでおすすめする「あなたのお金」を増やす本

2019.11.29
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。