旅の本「僕が旅人になった日」で人生とお金について考えた件【感想】

お金について、ちゃんと考えないとなぁ
お金かぁ…。でもなんかよくわかんないし、面倒だよね…。

こんな人のための記事です。

 

お金について、ちょっとした不安がある。

お金のこと、もう少しちゃんと考えないといけない気がしている。

でも、よくわかんなくて、メンドクサイ!!

こんな人にピッタリの本を見つけたので、ご紹介させて下さい。

カネにまみれた「こびと株.com」にしては珍しく、なんと、マネー本ではりません!

 

こびと株
僕が旅人になった日」という、旅の本です!

 

いつもとはちょっと違った角度から、

  • お金
  • 人生

について考えさせてくれる本です。

お金について考えるって、結局、「どう生きるか?」みたいなところからスタートせざるを得ないと思うんですよね。

いきなり

  • 資産運用が~
  • 老後資金が~
  • 家計管理が~

とか、テクニカルで具体的で「確かに不安」なポイント突かれるとドキドキしちゃうけど、多分それってちっとも本質的じゃない。

 

そうではなくて、

  • 「何のために稼ぐのか?」とか
  • 「自分にとって幸せな暮らしってどんな暮らしか?」とか

そういう本質的なことを、”考える”というより”感じながら”読み進められのが「僕が旅人になった日」です。

こびと株
写真満載で読みやすくて楽しい本なので、読書が苦手な方も、ぜひ一度手に取ってみて下さい♪

 

 

 

考えるコト①お金を使う「罪悪感」

800㎞を歩く巡礼の旅

この本は、20人の旅のストーリーをまとめた本です。

様々な人の様々な旅が、写真で文字でマンガで、様々に表現されています。

その中で、個人的に一番「やってみたい…!」と惹きつけられたのが、コレ。

こびと株
「Buen Camino!(よき旅を!)」800kmを歩く巡礼の旅

というエピソードです。

 

「社会のスピードについていけなかった」という益田奈央さん(25歳)が、フランスからピレネー山脈を越えてスペインへ、800㎞の道を自分の足で歩きとおします

34日かけて巡礼を終えた益田さんは、感じたこと・学んだことをすっきりした文章で書き綴り

あの日、勇気を出して歩き出した自分自身を、私は少しだけ好きになれた気がした。

と締めくくっています。

 

「やりたいこと」の価値

私がこのエピソードを読んで最初に思ったことは「わたしも歩いてみたい…!」。

次に思ったことは

こびと株
一体いくらかかるんだろう?交通費に、装備代、宿泊や食事…どう考えても数十万円はかかるよね…
  • もったいないよね
  • 浪費だよね、無駄遣いだよね
  • そこまでして行きたいわけじゃないんじゃない?

…。

 

私は今、経済的自由を目指して、蓄財にはげんでいます。

  • 高い満足度を維持しつつも支出を抑えた生活をし
  • 一生懸命働いて
  • 高配当株を買う…!

という暮らしをしているわけです。

そうするとついつい

こびと株
浪費は敵だ!節約は美徳だ!

みたいな思考になりがちです。

思えば最近、支出に対する罪悪感がするすると育っている気がします。ついでに言えば、生産的でないことに時間を使う罪悪感も。

 

これって単純に

こびと株
なんか変。

ですよね。「何のために生きてるんだ?」という話です。

もちろん、ムダな散財をしまくることが幸福だとは思いません。けれども、

  • 心弾むこと
  • ワクワクすること
  • 直感で「やりたい!」と思えること

の価値を、もう少し大切にしてみてもいいじゃん、とは思います。

こびと株
「未来のためのガマン」ばかり重ねてみても、明日死んでしまうかもしれないわけですし。

 

お金は、使うためにある。使うときに罪悪感を感じるなんて、なんか間違ってる。

人生の目標とか、やりたいこと探しとか、そんなおおげさな話じゃなくて、ただただ心惹かれること。

そういう事柄にアンテナをたてて、良いカタチでお金を使っていきたいな、と感じる今日この頃です。

 

こびと株
「貯めたカネの量」だけ、「経験」を我慢してるとも言えるよねぇ
こびと株
もし仮に80歳で1億円もってても、ヨーロッパで800kmの巡礼なんてもう無理。若いうちに使うことも考えないと。

 

考えるコト②「価格」と「価値」

僕がたどりついた世界

この本の中には、20人分のエピソードの他に「Finally, here I am.  僕がたどりついた世界」という写真集があります。

  • ストラホフ修道院/チェコ
  • モンテロッソ/イタリア
  • グリフィス天文台/アメリカ
  • トロムソ/ノルウェー
  • ウユニ塩湖/ボリビア …etc.

何時間でも見ていられそうな、美しい写真たち。

この世のものとは思えない、でもこの世界のどこかにある景色。

こびと株
心が動く作品って、こういうモノをいうのかも。

 

1500円で心が動く

僕が旅人になった日」のお値段は、1,500円(税抜)です。

こびと株
たったの1,500円で、心が動く作品が手に入る。

と感じたことは、ひるがえって、自分の仕事の価値について考えるきっかけになりました。

 

日々働く中で

  • 「給料が少ない」とか
  • 「年収アップしたい」とか
  • 「もっと稼げる方法はないものか」とか

考えること、ありますよね。

でも、

こびと株
自分が”受け取りたい金額(価格)”を考える前に、自分が”生みだしている価値”について考える必要があるのでは…?

と思うと、ちょっぴりドキッとしませんか?

 

1,500円で、感動が買えるこの時代。

例えば600万円稼ぎたいなら、単純計算で、最低4,000人は感動させるくらいの何かを生み出す必要があるということ。

  • 稼ぐことを考える前に、価値を生むことを考える
  • どうやったら、より大きい価値を生み出せるのか考える
  • 生み出している価値に見合った収入がないなら、働く場所を変える
こびと株
こういう視点を忘れると、人にもお金にも嫌われる思考パターンにハマるのかも。

 

考えるコト③お金を「基準」にした生き方ってどうなの?

パスポートの永住権

この本で紹介されているストーリーの中には、狭い意味での「旅行」だけではなく、海外移住の体験談もありました。

英語もできず、覚悟も足りないままニュージーランドへ移住した、サトウカエデさんの体験記。

夫と2人、生活を整え、仕事を得て、永住権を取って、生まれた子供は「キーウィ(ニュージーランド人)」となり…。

こびと株
陳腐(ちんぷ)な感想で申し訳ないけど、「日本以外にも生きる場所はたくさんある」と思わせてくれるエピソードでした

 

ココ以外でも生きられる

日本を出たサトウさん夫婦、ニュージーランドでは決して金銭的に豊かな暮らしをしているワケではなさそうです。

  • 二人で働いても、所詮はバイト。減っていく貯金には、すずめの涙だ。
  • 生活費は、バイトしてもマイナスなこと。資金はいつか尽きること。
  • 年々、最低賃金が上がる国。物価の上昇は激しい。
  • 8年前に住んでいたアパートの家賃は6万円近くも上昇した。
  • 必要なお金を手に入れるには移民の壁はまだまだ厚い。

(「僕が旅人になった日」TABIPPO編より抜粋。太字は筆者)

 

海外移住という選択は、必ずしもお金の面で有利な、経済合理的な選択ではなかったのかもしれません。

  • 移民だからこそ、老後どうするんだみたいな不安もある。
  • 日本にいたら、人並みの年収を得ていたかもね」

といった文章にも、自分や子供の将来について悩む気持ちがにじんでいます。

それでも、最後のページの1行目は、強烈です。

 

 

二人で歩いてきた道は、二人で選びとったものだ。

 

 

この一文には、自分たちの選択に対する誇りが感じられます。お金を軸にしない生き方とは、こういうものを言うのでしょう。

実は私自身、海外にルーツを持つ人間です。日本で生まれて日本で育ったけれど、いろいろと不利な局面に出くわしたこともあります。

それでも私は、日本のこの場所での暮らしが気に入っています。

お金のためだろうと、他の何かのためだろうと、

  • ×「仕方なく」ここにいる
  • 「自分で選んで」ここにいる

そういう意志の在り方が、自分にとって幸せな道を歩くための必要条件だと改めて感じました。

こびと株
「お金を稼げるからココにいる」というのと「ココにいたいかどうか」は、別な話だよなぁ…

 

考えるコト④人にお金を「渡す」ことの意味

なんであの時、1000ソム渡さなかったんだ

この本の中で一番私の心に刺さったのは「旅人のレールを脱線してロバを買って大冒険」というエピソードにある

そして僕は家に帰り、お母さんに500ソムを渡した。

ただ、今ものすごく後悔している。

なんであの時、1000ソム渡さなかったんだって。

 

「いったい、僕は何をケチったんだろう?」

みんなからたくさんの幸せをもらったのに。

お金に執着していたのは、僕の方だったのかもしれない。

という部分です。

 

場所はキルギスのキチケミン村。

何日も泊めてもらいい、家族同然に過ごさせてもらった家のお母さんに、「小麦粉を買うお金が欲しい」と言われたときのお話です。

現在のレートを調べてみると、1キルギス・ソムは1.3円くらい。1000ソムは、1300~1400円程度でしょうか。

 

こびと株
あなたはこのお話、どう思いますか?

「お世話になったんだから1000ソムくらい渡すでしょ」

「1400円なんて、日本でバイトすれば1~2時間で稼げるでしょ。家族のために小麦粉がいるって言ってるのに、ケチるなんてひどい」

こんな風に思うでしょうか。

 

私は

  • 募金箱にいれる百円玉を、「惜しい」と思ったことがあります
  • 両親への誕生日プレゼントを、「安くすませられないか?」と企んだことがあります
  • 困窮している親族に仕送りする父親を、「そんなことする必要あるのか?」と問い詰めたことがあります
こびと株
自分の生活が盤石になる前に寄付なんかして、将来、何かトラブルが起きて自分が困窮するようなことになったら後悔するんじゃないかと、心配になっちゃうんですよね…

 

ほぼ初めて、寄付をした

でも、最近、子どもの頃お世話になったNPO法人に、15,000円の寄付をしてみました。

募金箱に小銭をいれる以外では、初めての寄付です。

こびと株
先ほどのエピソードを読んで、思うところがあったので、行動を起こしてみました(笑)

慣れない寄付。

サイフから飛び出した15,000円に”痛み”を感じなかったわけではないですが、その一方で「皆が豊かになるためにお金を使う」ということの意味を、少し理解できたような気がします。

もっと「徳」を積んでいかないといけないですね(笑)

 

考えるコト⑤お金の価値が「急上昇」する瞬間

死期が迫った父との旅

本に描かれている20のエピソードのうち、唯一

こびと株
ちょっと泣いた…

のが「死期が迫った父の夢 ユーコン川で親子二人で漕ぐカヌー」。

末期ガンを宣告されたお父さんの夢「聖地ユーコン川をカヌーで冒険したい」を叶えた旅のエピソードです。

 

お金は「選択肢」で、お金は「力」だ

もしも自分の親が余命宣告をされたとしたら…。

長年の夢を叶えてあげたいと思ったところで、実に現実的な課題としてお金の問題は降りかかってきますよね。

 

例えば、このエピソードに出てきたユーコン川のカヌーの旅。

  • テント、大型動物(ヒグマ、オオカミ等)対策、レインウェアといった装備品
  • カヌーそのもの
  • カナダまでの旅費
  • お父さんのトレーニングや薬剤準備の費用 …etc.

いったいどれほどのお金がかかったのでしょうか。

 

この旅の時間は、もちろんお金では買えないかけがえのないモノであったでしょう。

でもこの旅の時間を手に入れるには、間違いなく、お金が必要です。

こびと株
この旅はお金が用意してくれた「選択肢」であり、お金という「力」があったからこそ実現した旅だったということ。

ふだん、銀行口座に眠っている100万円。

何も使わずに眠らせておけば、その価値は「ゼロ」です(使わない限り、お金はただの紙切れです)。

でも、「眠らせておくのがもったいない!」と言って、日常的に散財してしまったら、今回のエピソードのようなタイミングでお金を使うことはできなくなります。

 

「お金さえあれば…」という瞬間(=お金の価値が急上昇する瞬間)は、ある日突然にやってきます。

  • 日常使いする100万円と
  • 余命宣告された親の夢を叶えるための100万円が

同じ価値だとは、私には思えません。

「きたるべき時」に、十分な選択肢を持てるだけの力(=お金)があると、満足度の高い人生を送れるようになるのかなと思いました。

 

まとめ:「僕が旅人になった日」は、旅とお金と人生を考える本

僕が旅人になった日」、旅を題材に「人生」や「お金」について考えることができる良書でした。

  • お金を使う「罪悪感」
  • 「価格」と「価値」
  • お金を「基準」にした生き方ってどうなの?
  • 人にお金を「渡す」ことの意味
  • お金の価値が「急上昇」する瞬間

について、みっちり考えさせてくれる、学びの多い一冊です。

 

日本を飛び出して、世界を見に行こうとする人たちは、やはりどこか「日本という国に息苦しさ」を感じているようです。

そんな彼らが、

  • 世界で何を見て
  • 現実的な問題として「お金」とどう向き合っているのか

参考にしてもらえたらなと思います。

こびと株
頭で考え込むというより、心で感じるところが多くて、本が苦手な人にもおすすめ

 

  • 「お金について考えないとなぁ…」と思っている人
  • 日本での暮らしになんとなく息苦しさを感じている人
  • お金の不安と悩みでいっぱいの人

には、本当におすすめです。きっと、何か感じるところがありますよ。

こびと株
自分の価値観と向き合う旅に。ぜひこの一冊を。

それではまたっ!

 

※関連記事です

【自由への家計簿】経済的自由の6つのレベルと、セミリタイアのための家計管理について

2020.10.23

【最高の基礎教材】本気でお金持ちになりたい人が学ぶべき資格【理由も解説】

2020.09.13

【初心者向け】資産運用って結局どうすれば良いの?に対する具体的回答【超シンプルプラン】

2019.10.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。