アウトプットのためのインプットが危険なたったひとつの理由

インプットとアウトプット、最近よく聞く言葉だよね
えぇ。「アウトプットの方がインプットより大切」っていう話も聞くわ。私もアウトプット頑張らないと。

こんな人のための記事です。

 

私フルーツ、もう何年も

  • インプット:月20冊程度の本を読む
  • アウトプット:毎日3,000字以上文章を書く

のを基本にした生活をしているので、インプットもアウトプットも、まぁまぁ充実している方だと思います。

フルーツ
インプットもアウトプットもメッチャ楽しい。

 

最近

  • アウトプットの方がインプットより何倍も重要
  • アウトプットのないインプットは無駄
  • インプットはアウトプットのための手段でしかない

という話をよく耳にします。

でも私は

フルーツ
その考え方って、一理あるけど、でもちょっと危険かも。

と思うんです。

 

そんなわけで、この記事では、

  1. アウトプットのためのインプットが素晴らしい3つの理由
  2. アウトプットのためのインプットが危険なたった1つの理由

について解説していきます。

 

アウトプットのためのインプットが素晴らしい理由3つ

インプットとは、入力のこと。要するに、情報収集ですね。本を読んだり、TVやYouTubeを見たり、講義を聞いたり…自分に情報を入力する行為を指します。

アウトプットは、その反対で、出力のこと。文章を書いたり、プレゼンをしたり、おしゃべりをしたり、行動したり…自分が情報発信をする行為を指します。

フルーツ
まずは「アウトプットのためのインプット」という考え方の素晴らしさをご紹介します!

 

理由①インプットの効率が上がる

アウトプットを考えると、インプットのやり方が変わります

  • 目的をもって情報を探すようになる
  • なんとなく情報をながめて、インプット「したつもり」になってしまうことが激減する

必要な情報を、必要なだけ、必要なカタチで吸収するので、インプットの効率がグッと上がるわけです。

フルーツ
意識が変わると、行動が変わる…♪

 

理由②インプットが面白くなる

目的のないインプットは、時として退屈です。

  • 何のためにやっているか分からない
  • どこまでやればいいか分からない
  • 自分が進歩したのか分からない

ゴールが見えず、分からないことだらけでは、なかなかモチベーションもあがりません。

 

フルーツ
私自身、明確なアウトプット先をイメージするようになってから、インプット学習が大好きになりました♪

例えば、同じ簿記について学ぶ場合でも…

学生時代は、どの仕訳についても全くイメージが付かず、「知らない言葉だらけで疲れる…」というのが主な感想でした。

ところが社会人になって、経理部で働くようになってから復習した際は

  • ああ、仕事で使ってるワークシートはこういう意味だったのか
  • あれ?こういう考え方の計算なら、会社の資料、もっと分かりやすく直せるかも

など、具体的な「知識の使い道」がイメージできます

フルーツ
どっちが楽しく勉強できるかは、明白ですよね(笑)

 

理由③行動するクセがつく

インプットは重要です。判断の材料になる情報がなければ、適切な行動を選択できないからです。

でも一方で、情報収集だけしてても未来は変わらない、これも事実です。未来を変えるのは行動、つまりアウトプットの方なんです。

インプットを始める時点で、目的としてアウトプットを意識しておくと、「情報収集したら行動する」というクセがつきます。

フルーツ
日々の行動を積み重ねれば、いわゆるノウハウコレクターとは、大きな差がつきます

 

まとめ:アウトプットのためのインプットは、メリットたっぷり

アウトプットを意識すると

  • インプットの効率が上がる
  • インプットが面白くなる
  • 行動するクセがつく

ということでメリットたっぷり。

フルーツ
アウトプットのためのインプットは、メッチャいい!
あれ?さっきは、「アウトプットのためのインプットは危険」って言ってなかった?

そうなんです。アウトプットのためのインプットは

  • メリットがたくさんある
  • でも1つだけ危険なデメリットがある

というわけで、次は「アウトプットのためのインプットが危険なたった1つの理由」を解説していきます。

 

アウトプットのためのインプットが危険なたった1つの理由

インプットをするときに「アウトプットのため」と決めてかかることは

フルーツ
アウトプットにつながらない情報は排除する

ということでもあります。

これは確かに、効率的なやり方です。膨大な情報があふれるこの社会で、手あたり次第にインプットを重ねても、情報の海に溺れるばかりです。ほとんど生産性は見られないでしょう。

 

すぐにアウトプットにつながらない情報は不要なのか?

けれども、

  • すぐにアウトプットにつなげられる
  • 明日の行動が変わる
  • 即効性がある

こういう情報ばかり集めるのは、果たして本当に良いコトでしょうか?こういった情報だけが、自分自身にとってプラスになる情報でしょうか?

フルーツ
私はそうは思いません。

 

深みのあるアウトプットを出すために

  • 宇宙の成り立ち
  • 古代の人たちの文化
  • 人間の感情の機微を描いた長編小説
  • 心動かされる美術作品

こういうものに触れることは、

フルーツ
短期的には全くアウトプットにつながらないでしょう
  • 何の役に立つか分からない
  • すぐには行動に反映できない
  • それでも価値がある

そういうインプットは、存在します。

長い目でみたとき、こういう深みのあるインプットこそが、その人のアウトプットに深みを与えるのだと、私は思います。

 

まとめ:すぐには使えないインプットも取り入れていくことが重要

近視眼的に「すぐにアウトプットできるインプット」だけを求めるのは、少々危険です。

付け焼刃の、浅いアウトプットしかできなくなってしまうからです。

フルーツ
本当にアウトプットを重視するなら、すぐに使えるインプットと、いつか役に立つインプット、両方のバランスをとっていくことが重要だと思います

 

まとめ:「アウトプットのためのインプット」のメリット・デメリット

「アウトプットのためのインプット」に取り組むメリットは3つ。

  • インプットの効率が上がる
  • インプットが面白くなる
  • 行動するクセがつく
フルーツ
アウトプットというゴールを見据えてインプットするのは、基本的にはとっても良いことです♪

 

ただ、デメリットが1つ。それは、短期的にアウトプットしやすいインプットに偏ってしまうこと。

  • いつ何の役に立つかは分からない
  • でも自分自身の知識や人間性に深みを当ててくれる

そういうインプットを、遠ざけてしまわないよう、注意が必要です。

フルーツ
バランスを意識して、より良質なインプットと、より深みのあるアウトプットを心がけてみて下さいね!

私も、すぐ使えるインプット&深みのあるインプットをバランス良く取り入れていきます♪

それではまたっ!

 

※関連記事です

残業をゼロにするスケジュール管理 【メッチャ簡単&無料】

2020.03.08

あなたが仕事で成長できない、たった1つの理由【解決策アリ】

2020.06.26

「副業で本業がおろそかになる」は本当か?【副業の本業への影響6選】

2020.02.23
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。