あなたが仕事で成長できない、たった1つの理由【解決策アリ】

サラリーマン
仕事で成長ってカッコいいけど、現実には難しいよね。
OL
うん。成長したいと思わないわけじゃないけど…なんかよくわかんないかも。

こんな人のための記事です。

 

あなたは、1年前と比べて成長していますか?

もしも

  • 「ぇ…そんなこと言われても…」と即答できない
  • 「いや…成長とかしてないかも…」と悩んでしまう

のであれば、ぜひこの記事を読みながら、自分の状況を見つめなおしてみてください。

 

フルーツ
毎日の仕事の中で少しずつ成長している人と、ただただ昨日と変わらない今日を過ごしている人…想像以上に大きな差がつきます
  • 日々の仕事を、成長につなげるために
  • 厳しくなっていく世界の中で、しっかり生き残るために
  • 今日より明るい明日を手にれるために

必要な行動を始めていきましょう。

 

仕事で成長できないと、これからの時代を生き抜くのはキツイ

ここ数年、日本の雇用環境は大きく変わろうとしています。

象徴的なのが、終身雇用の終わり。これによって、

  • 大企業に入りさえすれば
  • 大きなミスさえしなければ

安泰である、という状況が崩壊しつつあります。

フルーツ
スキルや知識・人間性などを磨き、成長していかない限り生き残れない時代が近づいているのです

 

終身雇用の終わり

  • キリンHD
  • セブン&アイHD
  • 損保ジャパン
  • 富士通
  • 三菱UFJ
  • 味の素
  • CASIO
  • 日産

これは、2019年にリストラを行った企業(の一部)です。このリストをみただけでも、終身雇用の現状をヒシヒシと感じることができます。

 

容赦のないリストラは

  • 超有名大企業でも
  • 業績がよい会社でも

が行われているのです。

フルーツ
リストラにあった人たち、きっと「こんな会社に入れたから私は一生安泰」って思ってたんだろうなぁ…

 

  • 経団連の会長「終身雇用を前提にすることが限界」
  • トヨタ自動車の社長「終身雇用の継続が難しい」
  • 経済同友会の代表幹事「終身雇用は制度疲労」

といった発言が飛び交う世の中です。(参考:日系ビジネス「相次ぐ脱終身雇用宣言、信頼と責任築く経営哲学はいずこに?」)

 

  • 新卒の学生にとってはもちろん
  • 20~30代の若手・中堅社員にとっても
  • 40~50代の管理職にとっても

「定年退職まで同じ会社で働ける」なんて保証は、どこにも存在しないのです。

 

個の力が求められる

さて、終身雇用が崩壊すると、どんな世の中がやってくるでしょうか?職場はどんな風に変わっていくのでしょう?

  • 実力主義
  • ドライな人間関係
  • 転職は当たり前

いろいろあると思いますが、今まで以上に個の力が重視されることは確かなように思います。

 

  • 専門知識
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 確かな実績
  • 人間性

どの面においても、数年前・数十年前の「過去の栄光」にすがって生きていくことは難しいでしょう。

居酒屋で上司にゴマをすったり、都合よく部下の手柄を横取りしたりしてやり過ごせる時代ではなくなるのです。

ウォルトディズニーの言う通り、現状維持では後退するばかりですから、日々の成長は欠かせません。

フルーツ
毎日の仕事を通して成長し、自分をアップデートさせていかない限り、生き残ることさえ難しくなっていくでしょう。

 

仕事で成長できない理由は、成長できる仕事環境を選ばないから

サラリーマン
そんなに脅かさないでよ~。仕事で成長って言ったって、どうすればいいのさ?

1番カンタンなのは、成長できる仕事環境を選ぶことです。

仕事で成長できていない人の中には

フルーツ
成長しにくい環境で、ただ目の前の仕事をがんばっている

という人がたくさんいます。

 

人間は環境の動物です。

  • 成長しにくい環境にいれば、成長するのは超大変だけど
  • 成長しやすい環境にいれば、成長しない方が難しい

のです。

人間なんて弱いもの。

自分の意志力を過信せず、成長に適切な環境を選ぶ。それこそが、これからの世の中を生きぬく重要なリスクヘッジだと、私は思います。

※もちろんどんな環境でも成長できる優秀な人も世の中には存在します。(でも個人的には、「だからって成長しにくい環境でがんばるのは、才能のムダ使いかな?」とも思いますw)

 

サラリーマン
え~。じゃあさ、成長できる仕事環境って、どんな感じ?今の環境が真っ当かどうかなんて、どうやって見分ければいいの?

見極め方のポイントは3つ。

  1. 上司は魅力的か?
  2. 同僚は成長しているか?
  3. 会社にその意志はあるか?

ひとつずつ、見ていきましょう。

 

成長できる仕事環境チェック①上司は魅力的か?

あなたから見て、上司が魅力的なら、

  • 身近に手本となる人材がいる
  • 会社の欲しい人材像と、あなたの思う魅力的な人材像には、重なりがある
  • 上司の指示を受け入れやすく、モチベーションが上がりやすい
  • 上司と円滑な人間関係を築きやすく、チャンスを得やすい
  • (上司が転職組でなければ)この会社で働くと、上司のような魅力的な人材になれる可能性が高い

ということになります。

フルーツ
これは、自身の成長にとって、比較的ポジティブな環境といえそうですよね

 

上司というのは、会社で自分よりも評価されている人です。

会社が望む形で成長を続けると、たどり着く人材イメージでもあります。

フルーツ
もしもあなたの上司が「こんな風にだけはなりたくない…」と思うような人なら、そこは、あなたにとってかなりリスキーな職場だと思います。

 

サラリーマン
いやいやいや。ウチの上司はダメダメだから。会社からも評価なんてされてないって。だから、あれが会社の望む人材像っていうのは、ちょっと違うんじゃないかな。

こんな風に思う人もいるかもしれませんね。

でも、少し冷静に考えてみて下さい。

あなたの上司は、

  • あなたよりも高い役職にあり
  • あなたよりも多くの権限を持ち
  • あなたよりも高い給料をもらっています。

だとすれば、会社が「あなた」と「上司」のどちらを高く評価しているかは明らかですよね。

あなたの上司は、少なくともあなたよりは、会社から評価され、望まれ、求められている人材なのです。

 

成長できる仕事環境チェック②同僚は成長しているか?

次に確認すべきは、「同僚は成長しているか?」です。

もしも

  • あなたは、1年前から成長していない
  • でも同じ職場の同僚は、成長している

ということなら、あなたが成長できない原因は、仕事環境以外にあるのかもしれません。

 

けれども

サラリーマン
いや…オレも成長してないと思うけど、周りの同僚も皆一緒かな。1年前と明らかに違うって思える人は、1人もいないかも。
フルーツ
だとしたら、あなたの職場は少なくとも、「成長しやすい職場」ではない…

そう考えるのが自然だと思います。

 

成長できる仕事環境チェック③会社にその意志はあるか?

最後に、「会社に従業員を成長させる意志はあるか?」という点です。

フルーツ
あなたの会社は、「あなたに成長してもらわなければならない」と考えていますか?これは、マジで重要なポイントですよ!

 

終身雇用が保証できた時代、会社は

会社側
とにかく言う通りに働いてよ。ウチでしか通用しないスキル習得も、専門性のつかない異動も、会社都合の転勤も、全部受け入れて。一生食べていけるように面倒みるからさ。

という理屈で、従業員を思うままに動かすことができました。

従業員側としても

従業員
まぁ一生を保証してくれるなら良いか。

ということで、納得のいく取引(?)だったのだと思います。

 

けれども今、終身雇用は崩壊しつつあります。

そんな中で会社が

会社側
今までと同じ感じで、言う通りに働いてよ。ウチでしか通用しないスキル習得も、専門性のつかない異動も、会社都合の転勤も、全部受け入れて。一生雇用できるかはわかんないけどね。

と言い出したら、どうなるでしょう?

従業員
イヤイヤイヤ。ちょっと待ってよwそれは無理でしょ。

従業員側はリスクが高すぎて、とても受け入れられません。

  • 人材が集まらない
  • 従業員のモチベーションが下がる
  • 優秀な人が辞めていく

となるのは時間の問題。これは会社にとっても困った事態です。

 

それでは、会社側はどうすればいいのでしょうか?

  • 終身雇用は維持できない
  • でも優秀な人材に集まってほしい
  • 従業員には長く、一生懸命働いてほしい

これを叶えるためには

会社側
ウチで終身雇用できるかはわかんないけど、ウチで働けば必ず転職市場での価値がアップするように育てるよ!成長できる環境を提供する!だから一生懸命働いてほしいな。

とアピールするのが1番でしょう。

実際、日本より早く終身雇用が崩壊したアメリカでは、こういった考えで人材を集めるのが、ある程度一般的になっています。

 

今、日本は移り変わりの時期にあります。ですから、

  • 「社員が成長できる環境を提供することが重要」と考えている会社と
  • 社員の成長に興味のない会社

の両方が存在します。

フルーツ
だから、まさに今こそ「社員を成長させる気のある会社」を選びとることが重要なのです

 

サラリーマン
うーん…理屈はわかるけど、社員を本気で成長させようとしてる会社なんて、ある?

あります。

例えば

  • 従業員に「どういうキャリアを望むのか」を問い続ける
  • 従業員自身の望むキャリアの実現に必要なスキルアップをサポートする
  • 従業員自身の望むキャリアが実現を意識した部署異動を行う
  • 部下の成長を、上司の業績評価目標に組み込む

といった取り組みを行っている会社があります。

フルーツ
こういう会社に勤める友人は「ウチの会社、ラクさせてくれないんだよね~w」と少し誇らしげに語っていました。

 

成長できない仕事環境からは脱出すべき

OL
う~ん…ウチの会社は、どう考えても「成長しやすい仕事環境」ではないみたい…

そんな人に伝えたいことが3つあります。

  • 「仕事環境に関わらず成長する」のは、超ハード
  • 手遅れになってから気づくと、マジで出口が無い
  • 今すぐ仕事環境を変えるべく行動するのが、1番リスクが低い

1つずつ解説していきます。

 

「仕事環境がどうあれ、オレは成長する」の難易度

さきほども書きましたが、人間の意志力は、さほど強いものではありません。

  • 魅力の無い上司と
  • 成長しない同僚に囲まれ
  • 成長できる環境を整える気のない会社のもとで

自分だけが成長を追い求めるのは、かなり高難易度です。

 

サラリーマン
いやでもさ、成長できない責任を全部、会社とか環境とかに押し付けるのって、カッコ悪くない?何事も自分の取り組み方次第みたいなとこもあるしさ。

確かに、そういう面もあります。

例えば、

  • 自分自身がどうなりたいか明確にする
  • 主体的に取り組む
  • 自分にできる精一杯を実行する
  • 環境を問わずチャレンジする
  • 失敗から学ぶ
  • 社外でのスキルアップを考える

といった行動も考えられるでしょう。どれも大切なことだと思います。

 

けれども、

  1. 成長しにくい環境で、もがきながら努力する
  2. 成長しやすい環境で、着実に成長する

2つの選択肢があるとき、あえて①成長しにくい環境を選ぶ必要は、ないのではないでしょうか?

フルーツ
メッチャ自分に自信があって、むしろ「ハードモードじゃないと燃えない!」みたいな人なら別だけど…個人的には、②成長しやすい環境を選ぶ方がおすすめ。

自分自身のために成長しやすい環境を選び取るのも、立派な取り組み方のひとつだと思いますよ。

 

手遅れになってから気づくパターン

手遅れになってから気づくパターンの代表例は

  • 会社の倒産
  • リストラ

の2つです。

フルーツ
どちらも職を失う、かなり致命的なケースです。

 

長い間、成長しないまま仕事を続けてきた人が、そう簡単に転職できるはずもありません。

  • エージェントに冷たくされ
  • 企業の規模や知名度の低下に落ち込み
  • 年収ダウンにショックを受け
  • 自分の市場価値の低さに驚く

そんな目に合って初めて

失業中
仕事で成長してないって、ヤバイ状態だったんだ…。会社の言う通りにしてれば大丈夫なんて、幻想だったんだ…。

と気が付くのです。

 

今すぐ行動すべき

結局、1番リスクが低いのは「成長しにくい仕事環境からは大急ぎで逃げ出す」ことです。

フルーツ
今いる場所にしがみつくのは、相当ハイリスクですよ~。

 

  • たまたまダメな上司にあたっただけ
  • 自分のいる部署がダメなだけ

ということであれば、異動希望を出す方法もあると思います。

フルーツ
隣の部署の様子をうかがってみれば、「部署がダメ」なのか「会社がダメ」なのかは、カンタンに分かりますよね

実際には多くのケースで、「成長しにくい職場環境」から抜け出すには転職するしかないのが現実でしょう。

 

  • オレ、ここ1年成長してないかも
  • ウチの会社、成長しやすい環境をつくる気なんかないぞ

こんな風に感じている人は、ぜひ一度、転職エージェントに話を聞いてみて下さい

優良で視野の広いエージェントと30分も話せば

  • 自分の現状がどの程度ヤバイのか
  • 成長しやすい仕事環境の会社はどんな雰囲気なのか
  • そもそも成長すべき方向性はどちらなのか…

など、様々な情報を得ることができます

 

具体的には、

といったエージェントがおすすめです。それぞれの年齢の転職市場や求人案件について、深い知見を持っています。

フルーツ
どちらのエージェントも、実際に利用して、その優秀さを確認済み!「成長できる仕事環境」を得るための転職活動には、ぴったりのパートナーになってくれるはずです♪

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

まとめ:従業員が成長できる環境をつくれない会社に未来はない

終身雇用が終わろうとするこの時代、「成長できる仕事環境」をGETすることの重要性が増しています。

  • 仕事で成長できないのは、かなりヤバイです
  • 仕事で成長する1番カンタンな方法は、成長できる仕事環境に身を置くことです
  • 従業員を成長させる気のない会社は、いずれ衰退していきます(※)
  • 倒産やリストラという事態になってからでは、手遅れです
  • 今すぐ行動するのが、実は1番ローリスクな選択かもしれません

※採用がうまくいかず、従業員のモチベーションが低下し、優秀な人材が流出するからです。実際、こういう会社の利益は低くなっているという研究結果もあります。

フルーツ
もし今あなたが自分自身の成長を感じられていないとしたら、少し焦った方が良いかもしれません

 

転職エージェントに登録してみると、現実が見えてきます。

自分の状況を正確に把握すれば

サラリーマン
グダグダ言ってる場合じゃないかも!

危機感を抱く可能性大です。

 

ちょっとした行動が、未来を変えます。

ぜひ「成長しやすい仕事環境」を手に入れて、自然で安心な成長を楽しんで下さい。

といったエージェントが、助けになってくれると思います。

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

短期間で年収を上げるために重要な3つのこと【日本の雇用環境における結論】

2019.11.25

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの転職活動事情】

2019.05.29

「仕事なんて頑張っても報われない」そう思うとき試してほしい5つのこと

2019.10.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク