あなたが数字に弱い理由3選【対策アリ】

数字に弱い人
数字に強い人ってカッコいいよね…。でも、ボクにはちょっと無理みたい。

こんな人のための記事です。

 

私フルーツ、数字には割と強い方。

  • 子どもの頃から、算数は得意だし
  • 簿記も得意で、日商簿記検定1級ホルダーだし
  • 上場企業の経理歴10年の、経理のプロだし
  • お金の話には、ちょっと詳しい

 

そんな私が「数字に弱い」と悩むあなたに向けて

フルーツ
数字に強くなるって、そんなに難しいことじゃないです!あなたもきっと、数字に強くなれます!

という話をしたいと思います。

 

私の周りにも、「数字なんて見るのもイヤ」というタイプはたくさんいます。

でもそれって、ものすごくもったいないコトだと思うんです。

  • 数字に弱いことのデメリット
  • あなたが数字に弱い理由
  • 「数字に弱い」の対策

を、サクッと解説していきますので、ぜひご覧下さいませ。

 

「数字に弱い」のデメリット3つ

数字に弱い人
数字に弱いコトのデメリットか…。あんまり考えたことなかったけど、色々損してる気もするかも。

今の世の中、数字に弱いのは、かなり損

これが私の考えです。

 

デメリット①お金の計算ができない

数字に弱いということは、

  • 数字で示されている内容を理解したり
  • 話を数字で整理したり
  • 数字で人に説明したり

することが苦手だということです。

フルーツ
すると、自然と、「数字で示されるモノ」全体が苦手になっていきます

 

世の中に、数字で示されるモノは、たくさんあります。中でも最も身近な例の1つが「お金」でしょう。

  • ビジネスでも
  • プライベートでも

お金は重要なポイントです。

にもかかわらず、数字に弱い人は、お金について把握したり計算したりすることが苦手です。

フルーツ
家計管理がうまくできない、ビジネスの動向を数値で把握できない…というのは、意外に致命傷になりえます。

 

デメリット②コンプレックスになりやすい

お金の話を離れて、ビジネスを行うことはできません

ですからビジネスの場では、

  • お金の管理ができる
  • お金の状況が把握できる

ということは、かなり重要なポイントです。

フルーツ
お金そのものでなくても、お金につながる数字(売れる商品の数とか、在庫の数とか…)が重視されるケースも多いですよね

 

ですから、お金の話(そこにつながる数字の話)ができないと、

数字に弱い人
仕事自体は一生懸命やってて成果も出てるはずなのに、なかなか認めてもらえないんだよね…。ボク自身、成果が出てるって数字で示すのが苦手だから…

みたいなことにもなりかねません。

フルーツ
数字に弱いだけなのに、仕事全体に苦手意識をもつようになってしまうと、かなりもったいないですよね。

 

デメリット③騙されやすくなる

数字に弱い人の中には

数字に弱い人
数字いっぱい使って説明されると「よく分かんないけどそうなのかな…」っていう気がしてくるよ

というタイプも少なくありません。

  • 自分の方が正しい主張をしているのに、数字を散りばめた説明に押し切られてしまったり
  • 実はイマイチな商品を、数字をこねくり回したセールストークで買わされてしまったり
  • 本当は自分がやった仕事なのに、数字に強い人に成果を持っていかれてしまったり

といった悲しい事態も有り得ます。

フルーツ
数字に弱いと損しがち。もったいないです~。

 

あなたが数字に弱い3つの理由

数字に弱い人
あーあ、なんでこんな数字に弱いタイプになっちゃったのかな…

私フルーツ個人的には、

フルーツ
一番の原因はちょっとした苦手意識

かなと思っています。

 

数字に強い人だって、実際には、大したことができるわけじゃありません。

  • 数字を見て概観がつかめる
  • ストーリーを数字を使って話せる
  • 数的感覚がある(おかしな数字に違和感を持てる)

といったコトに、微分積分といった高度な数学は必要ありません

ざっくりバッサリ乱暴に言えば

フルーツ
①加減乗除(足し算・引き算・掛け算・割り算)ができて、②見聞が広くて、③苦手意識が邪魔しなければイケる!

と思っています。

 

理由①練習不足

「数字に弱い人」でよくあるのは、

フルーツ
単純に練習量が足りてないパターン

かなと。

小さいときに

  • 算数ドリルをどれだけやったか
  • お釣りの金額やお年玉の合計額を暗算していたか

みたいなレベルの話ですね。

 

フルーツ
「電卓使えば分かるのに、ドリルなんてムダ!」という人がいますが、私はそうは思いません。

大事なのは、計算結果を導くことではなく、数的感覚を身に着けること

数字を扱った経験が少ないと、数的感覚が鈍くなりがちです。

  • おおよその数値の予測ができず
  • おかしな結果になっても違和感をもてず
同僚
キミは数字に弱いよね…

と言われてしまう結果になるわけです。

 

理由②本を読まない

また、「数字に弱い人」が読書嫌いというのも、よくあるパターンです。

数字に弱い人
そんなの関係ある!?数字と文字なんて、理系と文系だし、めっちゃ遠くない!?

関係は、あります。

フルーツ
そもそも文章が読めない人は、数字で表すべきコトが分からないケースも多いですしね

 

また、数字を見て大体の状況を掴んだり、物事を数字で説明したりすることは、言ってみれば

フルーツ
①数字と②ストーリーの間を行ったり来たりすること

です。

本をよく読む人の頭の中には、ストーリーのパターンがたくさんストックされていきます。

数字に弱い人
まずは②ストーリーの方に強くなることで、行ったり来たりがしやすくなるってわけか。

 

さらに、本を読むと、見聞が広くなります。ストーリーのパターンを知る以外にも、知識の幅が広がるわけです。

すると、”おかしな数字”に敏感になります。

ビジネスや日常生活で使う数字は、大抵「単位」が付いていますよね。km、kg、円…こういった「単位」をヒントに、”おかしな数字”に気が付けるようになるのです。

 

例えば

  • 昨日は400kmも歩いちゃった
  • 新しいスマホの重さは10kgかな
  • 今日のランチは3円だったよ

と聞いたら、多くの人が

数字に弱い人
え?何言ってるの?

と思いますよね。

 

自分の知っている一般的な数字とのズレを感じるからです。

  • 歩ける距離は、ふつう数kmだよね
  • スマホの重さは、ふつう100~300gくらいでしょ
  • ランチ代は、ふつう数百円~数千円かな

といった”知識”を持っているからこそ、違和感に気づけるわけです。

フルーツ
たくさん知識のある人の方が、数字にも強くなりやすいというわけです

 

理由③苦手意識

最後、1番よくあるのが

数字に弱い人
だから、ボクは数字に弱いんだって!!

という思い込みです。

  • 本当は、数字も十分扱える
  • 実際は、数字なんて大した問題じゃない

のに、「自分は数字に弱い」と固く信じて、数字を見るだけで脱走しようとする人いますよね。

フルーツ
いったん「数字に弱い」「数字は嫌い」と思い込んでしまうと、数字に関わることから逃げがちになってしまい、いつのまにか本当に数字に弱くなってしまったりもします…

 

「数字に弱い」の対策2選

数字に弱い人
なるほどね~。言ってることは分かるけど…今現在ボクが数字に弱いのは事実なわけで…結局、一体どうすればいいの?

対策は、大きくわけて2つです。

  1. これから頑張る
  2. 誰かに任せる

1つずつ、解説していきます。

 

対策①今から始める

1つめは、「これから数字に強くなろう(少なくとも、弱くなくなろう)」というプランです。

フルーツ
数字に強い・弱いなんて、結局は慣れの問題でしかありません。
  • 子どもと一緒に公文式をやってみる
  • 買い物のときに合計額を暗算する習慣をつける
  • とりあえず本を読んでみる

みたいなことをコツコツ積み重ねれば、少しずつ、けれども確実に、数字に強くなっていくはずです。

 

もちろん、慣れるまでには時間が必要です。

今日始めて、明日数字に強くなるのは難しいでしょう。

それでも、一歩ずつ積み重ねていくことで、苦手意識が解消できれば

フルーツ
自分は「数字に強い」という自信は、一生モノの財産になる!

かもしれません。

 

対策②数字に強い相棒を見つける

もう1つの方法

数字に弱い人
ボクは、数字については諦めるよ。

と、決断してしまうことです。

  • 数字に強い相棒を見つける
  • 数字を使わないスキルを研ぎ澄ます
  • 数字に強い人を尊重する

といったことができれば、得意を活かして働くことができます。

 

私は、基本的には

  • 得意なこと・好きなことを頑張る
  • 苦手なこと・嫌いなことは任せる

のが良いよね!派です。

フルーツ
苦手で嫌いなことを頑張っても、ツライばっかりですもんね

 

ただ、残念なのは

フルーツ
ビジネス面でも日常生活面でも、お金の管理ができないと、生き抜くのが難しい

という点です。

  • 数字に弱い自分を尊重してくれて
  • 信頼できて
  • 数字に強い

そんな相棒を見つけださないと

数字に弱い人
頑張っても報われない。職場でも評価されないし、お金も貯まらないし…なんだかなぁ…。

みたいな思いをするハメになります。

フルーツ
もしかすると、適切な相棒を見つけるより、せめて「数字に弱くはない」ところまで自分で頑張る方が、カンタンかも…

 

まとめ:数字に弱いなんて、もったいない!

「数字に弱い」という人には

  • お金の計算ができない
  • コンプレックスになりやすい
  • 騙されやすい

といったデメリットがあります。

フルーツ
個人的には、「数字に強いなんて実は大したことじゃないのに、もったいないな~」って感じます

 

「数字に弱い」の原因は

  • 単純な練習不足
  • 本を読まない
  • 苦手意識が強い

といったこと。

数字に弱い人
対策は、日々少しずつ工夫を重ねて①今から頑張るか、数字については諦めて②数字に強い相棒を見つけるか、だね
フルーツ
その通りです。どちらの道を進むにせよ、なにかと損しがちな「数字に弱い」を克服して頂ければと思います♪

それではまたっ!

 

※関連記事です

【あなたはカモか?】庶民・若い世代の資産運用について【情報強者か?】

2019.06.12

「自分の強みが分からない!」の対処法3選【強みの見つけ方】

2020.07.29

「数学嫌いに経理は向かない」はマジで勘違い!by現役経理部員

2019.07.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。