【仕事のできない新人&その先輩へ】経験者が特徴と対策を徹底解説!

大学生
就活終わった!…でも入社して、「できない新人」って思われたらイヤだなぁ。どういう人ができないって思われちゃうんだろう?
新人
仕事ができない…。ほんと辛い…。どうしていいかわかんないし…もう辞めたいかも…
指導担当の先輩社員
今度の新人、仕事ができなすぎて手に負えない。一体どうしてあげればいいんだろう…

こんな人のための記事です。

 

この記事を読むとこれが分かる!
  • 仕事ができないと思われてしまう新人の特徴
  • 仕事ができなくて悩む新人がするべきこと
  • 仕事ができない新人の指導担当社員がするべきこと

 

フルーツ
実体験に基づいた、実践的な記事です!それぞれの立ち場の人に役立つ内容をお届けします♪

 

こんな人が書いています:仕事ができない→できると変わった人

フルーツ
私フルーツ、新人時代は「使えない」と評判でした
シーさん先輩
明るく言うな!ほんとにどうしようもなかったんだから!
  • 仕事は遅い
  • 完成品はミスだらけ
  • 文句だけは一人前!
  • 挨拶はできない
  • 電話はとらない
  • 難しいこと頼むと「…。(できるわけなくない?)」
  • カンタンなこと頼むと「…。(つまんないんだけど。。)」

…なかなかとんでもない新人ですね。思い出したら胃が痛くなってきましたw

 

フルーツ
でもでも今は違います!
シーさん先輩
まぁそうだね、部内でも「できる若手」の代表格って言われてるもんね。残業ゼロ・有給フル消化でも成果が出せるのは、仕事ができるようになったからだね。

現在の評判は

  • 仕事が早い
  • 専門知識がある
  • ミスが少ない

といったところでしょうか。

まだまだ改善すべき点はたくさんあるものの、基本的には自信をもって仕事ができるようになりました。周囲からも評価される・頼られるようになり、随分と働きやすくなったと感じています。

 

今日はこんな私が、「仕事ができない」→「仕事ができる」に変わっていくために必要なことを、実体験に基づいて書いていきたいと思います。

  • 自分が気を付けたこと
  • 自分が失敗したこと
  • 先輩たちがしてくれたこと
  • 後に後輩指導をするにあたって感じたこと

などを、解説いたします!

フルーツ
「仕事ができない新人」問題で苦労している、新人や先輩社員の方の参考になればうれしいです♪

 

仕事ができないと思われる新人の特徴7選

まずは仕事ができないと思われる新人の特徴をご紹介します。

新人
うん。実際ボク、何が「仕事ができない」ってことなのか、よくわかんないんだよね。
大学生
そうそう!それがわかれば、「仕事ができない」って思われないように気を付けることができるよね!

 

特徴①ミスが多すぎる

指導担当の先輩社員
今度の新人のミスが多すぎて…いちいちフォローしなきゃいけないんだったら、自分でやった方が楽なんだよね…

仕事ができない新人の特徴1つめは、ミスが多すぎることです。

仕事をはじめて間もない新人であれば、ミスがあるのは当たり前です。けれども、その質や量には注意が必要です。

  • 確認不足によるケアレスミスが多い
  • 同じミスを繰り返す
  • 1つの資料に複数のミスがある

ということであれば、先輩社員をうんざりさせること間違い無しです。瞬く間に「仕事ができない新人」扱いされてしまうでしょう。

先輩
フルーツの新人時代も、出てくる資料出てくる資料、ミスだらけで大変だったなぁ…
フルーツ
ミスをする=人に迷惑をかける、ってことがわかってなかったんですよね。…わかってからは、提出前に死ぬ気でチェックするようになりました!

 

特徴②PCが使えない

新人
だってさ、エクセルとかワードとか、使ったことほとんどないしさ…そもそもPCなんてあんまり使わないよね。普段はスマホとタブレットでOKだもの。

PCスキルは、仕事の基本スキルのひとつです。仕事以外でも学ぶことができるスキルなので、社会人に成りたての新人に対しても期待されることがあります。

会社のおじさま方の中に「若い者はパソコンが得意なんだろう」という思い込みがあるせいで、期待値が高くなってしまっていることもあります。

  • エクセルでの簡単な図表作成
  • パワーポイントでのスライド作成
  • ブラインドタッチ(キーボードを見ずに、指先の感覚だけで文字入力する技術)

この程度のことができるかどうかだけでも、入社当初の印象を大きく左右することになるでしょう。

先輩
だからオレ、内定者懇親会のときに「マイクロソフトオフィススペシャリストの勉強しときな」ってアドバイスしたよね~?
フルーツ
…はい。言うこと聞かなくてごめんなさいぃぃ!!

 

特徴③助けを求めるのが早すぎる・遅すぎる

指導担当の先輩社員
ウチの新人、ろくに考えもしないで「わかりません」「できません」って言ってくるんだよね…。

新人のうちは、仕事の見積もりが難しいもの。つい不安になって、先輩に助けを求めてしまうこともあるでしょう。

けれども

  • 考えもしないで質問する
  • 早々にあきらめる
  • 自分ではなく、先輩がなんとかすると思っている

という態度では、「仕事ができない新人」扱いされてしまうのは当然です。

 

また反対に、できない仕事(量・質)をひとりで抱え込むのもNGです。

仕事は必ず締め切りまでに終わらせる必要がありますから、手遅れにならない段階でSOSを出すことも重要になります。このあたりのバランスを見極めるのが、最初の難関になるかもしれません。

先輩
決算確定日の17時になって、「作成しなきゃいけない資料があと10コあるんですけど…」って言ってきたときは、どうしてやろうかと思ったよw
フルーツ
できると思ってたんですよー!…見積もりが甘すぎました。。

 

特徴④わからないことをわからないと言えない

新人
「わかった?」って聞かれるとさ、ついつい「はい」って言っちゃうんだよね…先輩たちなんか忙しそうだし…

わからないことをわからないと言えないのには、いろいろな理由が考えられます。

  • プライドが高い
  • 先輩がこわい
  • 恥ずかしい …etc.

しかし、原因が何であれ、「わからないことをわからないままにすると、成長しない」ということには変わりがありません。成長しない新人は、いつまでたっても仕事ができないままになります。

「わざわざ先輩に聞かなくても自分で調べればわかるから大丈夫!」という超優秀な人をのぞけば、多くの新人は「わかるまできく」しかないのです。

先輩
わかったフリされるのが一番困るよね。わかってなかったことが発覚したときの、がっかり感と言ったら…
フルーツ
…でも忙しいときに聞くと怒るじゃないですかぁー!タイミングはかって聞くのって、新人にとっては難しいんですよぉー!

 

特徴⑤アドバイスを素直にきけない

指導担当の先輩社員
新人にいろいろ教えてあげてるんだけど、なんか響いてない感じなんだよね…

「素直である」というのは、人が成長する上で、とても重要な要素です。

  1. アドバイスをもらう
  2. 素直に受け取る
  3. 行動を変え、成長する
  4. 先輩たちが「またアドバイスしてあげよう」と思う
  5. またアドバイスがもらえる

この好循環を作っていきましょう♪

 

ちなみに、アドバイスを素直に聞けない人には

  1. アドバイスをもらう
  2. 耳を貸さない
  3. 同じまちがいを繰り返す
  4. 先輩たちが「この子には言ってもムダだな」と思う
  5. もうアドバイスをもらえない

という悪循環が待っています。

気が付けば、

  • 仕事はできない
  • 助けてくれる先輩は誰もいない
  • どうしていいかもわからない

仕事ができない新人一丁上がり!というわけです。

先輩
まぁ先輩側は先輩側で、アドバイスを聞き入れてもらえるだけの信頼関係をつくる努力をしないといけないんだけどねー。
フルーツ
やっぱり「この人すごい!」「この人できる!」って思ってる人のアドバイスの方が、聞きやすいですもんね。

 

特徴⑥スケジュール管理ができない

指導担当の先輩社員
今度の新人、スケジュール管理が苦手みたいで…締め切り破ったり、キャパオーバーになって大騒ぎしたり、もう心配すぎて何も任せられない感じなんだよね…

「スケジュール管理ができない」というのも、仕事ができない人(新人に限らない…!)の特徴のひとつです。

  • いつまでに
  • 何を
  • どんな形で

仕上げればいいのか、を意識して動くことは、仕事の基本中の基本です。

「締め切りを破る=約束を守らない」なので、スケジュール管理ができないと信用を失うことさえあります。

先輩
優先順位がつけられない人は要注意だね~。
フルーツ
八方美人に生きようとすると、ごちゃごちゃになっていく気がします…

 

特徴⑦ヤル気がみえない

新人
今日先輩に「ヤル気ある?」って言われちゃった…。ヤル気はあるんだけど…わかってもらえない…。

「ヤル気が無い」と思われがちな行動には

  • 文句・愚痴が多い
  • 遅刻をする
  • あくびをする
  • ミスが多い
  • 帰り支度が極端にすばやい

などがあります。

先輩たちは、新人の行動にそれとなく意識を向けているものです。「自分の行動は、周囲の目にはどう見えるか」を、気にかけてみることが大切です。

先輩
毎日あくびばっかりしてたから、ほんとヤル気ないヤツだと思ってたよw
フルーツ
ヤル気はあったんですよ!ヤル気と眠気は話が別というか…。あの頃は本当におこちゃまでした。

 

「仕事ができない…!」困っている新人のための対策8選

フルーツ
迷える新人さんのための対策8選!
新人
待ってましたっ!

 

対策①とりあえず「郷に入っては郷に従う」意識をもつ

入社してしばらく…「ある程度仕事ができるようになった」と自信がつき、周囲からも認めてもらえるようになるまでの間は、職場のルールを覚えることに専念しましょう。

おそらく、ルールの中には

  • 意味不明なもの
  • 非合理的なもの
  • 納得のいかないもの

もあると思います。

でも、ここはグッとがまん。しばらくは黙ってそれに従うのが◎です。

 

理由は2つあります。

1つめは、「後からわかってくる」場合があるから、です。

例えば私フルーツの新人時代に、こんなことがありました。

先輩
フルーツ、この資料のこの表、数字が右揃えになってないよ。早く修正して印刷し直して
フルーツ
!?(ぇ、なにそれ!?そんな細かい体裁どうでもよくない!?…紙の無駄だよ!エコじゃないよ!!

当時は全く納得がいかなかった私ですが、今なら意味がわかります。

事実として、「大事なところを間違えないのは、細かな体裁にまで気を配れる人だけ」なのです。だから先輩は、体裁にこだわることで、正確な資料の作り方を教えてくれていたのです。

フルーツ
…不満でいっぱいだった当時の自分が恥ずかしいですー。

 

理由の2つめは、周囲からの見え方の問題です。

入りたての新人が、職場のルールに逆らえば

上司
仕事もできないのに文句ばっかり言う子だな…

と思われてしまう可能性があります。

職場ルールの改善なんて、力をつければ(仕事ができるようになる、職位があがる、等)いつでもできます。新人が最初に挑むこととしては、あまりに不適切です。

フルーツ
私はこれで失敗をしました。言いたい放題言ったせいで、課長に嫌われてしまったのです。カンペキに干されました。…みなさん、どうかお気をつけてっ!

 

対策②できる先輩につきまとう

指導担当の先輩がいれば、その先輩に朝から晩までついて歩くくらいの気持ちで仕事をしてみましょう。

  1. その先輩の仕事の仕方を見る
  2. わからないことを聞く
  3. (可能なら)雑談もたくさんする

これがうまくいくと、

  1. 先輩の仕事の習慣や思考方法が、気付けば自分のものになる
  2. 疑問はどんどん解消
  3. 先輩と仲良くなれて、助けてもらいやすくなる

というわけで、一石三鳥の方法です。

 

大学生
でもそんなことしたら、邪魔にならない?逆に嫌われちゃったりしない?

私フルーツには、つきまとっていた先輩が、時期ごとに3人ほどいます。どの人とも仲良しになれましたし、今も仕事で助けてもらったり、逆にお手伝いさせて頂いたりします。

なついてくる後輩には、なかなか冷たくできないものです。あまり心配しないで、素直に教えを請うといいでしょう。

フルーツ
ただし!感謝の気持ちと、こまめな恩返しは絶対に忘れないでください。雑用しかできない間は雑用で、できる仕事が増えれたらできる仕事で、先輩の役に立つようにしましょう♪

 

対策③PCスキルを身に着ける

PCスキルを身につけましょう。非常に単純で、非常に役に立つ方法です。

新人
そんなこと言われても、PCスキルってどうやって身につければいいの?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(Microsoft Office Specialist 略してMOS)の資格をとるのがよいでしょう。ゴールが明確で取り組みやすいですし、テキストもしっかりしています。

さらに、「資格をとった」ということを周囲にアピールしやすいのもポイントです。

上司
おぉ。仕事のために資格をとったのか。〇〇も、がんばってるじゃないか。

こんな風に思ってもらえれば、仕事がしやすくなります。

難易度や勉強方法については、以下の記事をご覧ください。

MOS資格は就活や仕事で役に立つ!独学でも対応可能な難易度です

2018.02.14

 

対策④仕事なんて失敗しても大丈夫なのだと知る

上手くいかなくて泣きそうになっている新人さんや、焦ってテンパって間違えて~を繰り返している新人くんのための対策です。

仕事なんて、失敗しても大丈夫です。全然大したことありません。

私フルーツも

  • 監査法人に「超重要書類が足りていない」と指摘される
  • 取引先への支払いを忘れる
  • 経営層が見る資料に間違った数字を使う

など、いろいろな失敗をやらかしてきました。

でも、大丈夫なんです。全部なんとかなりました。まったく心配いりません。落ち着きましょう。

あなたは新人です。新人は仕事ができないものだと、みんなわかっています

ですから、失敗して本当にヤバい仕事は新人には任せません。また、新人が失敗してもフォローできる体制がつくってあるものです。

失敗すれば、叱られるでしょう。めちゃくちゃ怒られることもあるかもしれません。でも、新人の失敗くらいで、会社がつぶれたりはしません。人が死ぬこともないでしょう。

そして、1ヶ月もすれば、その失敗を気にしているのはあなただけになります。(いつまでもごちゃごちゃ言っている人がいたら、よっぽど暇な人だと思っておけばOKです♪)

フルーツ
ちょっぴり開きなおって、おちついて、がんばってみてください。焦って泣きそうになっているときに比べて、きっといろんなことが上手くできると思いますよ。

 

対策⑤ToDoリストを作る

仕事において、スケジュール管理は超重要です。

フルーツ
なによりも重要と言ってもいいかもしれません!

でも、このスケジュール管理を苦手とする人は、一定数存在します。

そんな人におすすめなのが、ToDoリスト(自分がやらなければいけない仕事を書きだしたリスト)をつくることです。

 

作り方のポイントは2つ。

1つめ、「ToDoリストは細かく書きましょう」。

  • ToDoリストに書いてあるとおりにやったのに、漏れている仕事があった!
  • ToDoリストを見ても、具体的に何をすればいいかわからない

となるようでは、ToDoリストの意味がないからです。

「Aの仕事をする」ではなく

  • X部から資料Yを入手する
  • 資料Yをみながら資料A-①を書く
  • 資料A-②用のデータを作る
  • 資料A-②を書く
  • 資料Aを〇〇先輩に確認してもらう
  • △△部の××さんに資料Aを送る

という書き方がおすすめです。

 

2つめ、「ToDoリストは優先順位順に並べましょう」。

スケジュール管理ができない人は、作業の順番が間違っているものです。「今日までの仕事が終わっていないのに、来週までの仕事にかかりきりになってしまう」といった具合です。

これを防ぐのが、優先順位付け。

ToDoリストにある作業を正しい順番で並べることができれば、あとは安心して作業に集中することができます。

フルーツ
最初は失敗もあるかもしれませんが、慣れればそのうち正しい優先順位がわかるようになります。日々、練習にはげみましょう。

 

対策⑥細かく確認する

仕事をすすめていく上で、新人が学ばなくてはならないことのひとつに、上司に判断を求めるべきことと、自分で決めて後で報告すればいいことの区別があります。

この区別はとても重要で、間違えると

上司1
何で勝手にそんなことしてんだ!?ちゃんと相談してくれよ!

と言われてしまったり

上司2
…うん?どっちでもいいんじゃない?そんなこといちいち聞かないでよ。オレだって忙しいんだからさ。あとで報告だけしてくれれば十分だよ

と言われてしまったりします。

 

最初はなんでも先輩に確認しましょう。そしてそれに対する先輩の行動をよく観察しましょう。

  1. 先輩→上司に相談してから答えてくれること
  2. 即答してくれること

の区別がわかるようになれば、上司に判断を求めるべきことと自分で決めて後で報告すればいいことの区別も、わかるようになると思います。

フルーツ
基本的に「意思決定は上司がするもの」だということは知っておきましょう。

 

対策⑦反省はする・自己嫌悪はしない

新人
今日も先輩に怒られちゃったよ…オレなんていても足手まといになるだけなんだ…
フルーツ
はい、自己嫌悪禁止!

失敗しても、怒られても、自己嫌悪にひたるのは止めましょう。自分を責めても、失敗は無かったことにはなりませんし、同じ失敗を繰り返さないようにもなりません。何の意味も無いんです。

大事なのは、反省すること。自分の行動を振り返って

  • 何がいけなかったのか
  • どうすれば次は失敗しないか

について考えることです。

反省と自己嫌悪は、似ているようで全く違います。反省は次回につながりますが、自己嫌悪はつながりません

仕事の世界は厳しいのです。自己嫌悪にひたってみせても、誰も許してくれません。口では「もういいよ。そんなにへこむな」と言ってもらえるかもしれませんが、その場限りのことです。

本当に許してもらえるのは、同じ間違いを繰り返さなくなったとき。「あいつも成長したな」「叱ってやった意味があったな」と認めてもらえるときです。

フルーツ
これは私が今でも気を付けていることです。ミスをしてどんよりした気持ちになるたびに、自分に「自己嫌悪してないで反省をしなさい!」と言い聞かせています。

 

対策⑧合わない仕事にはさっさと見切りをつける

「この仕事は自分には合わない」「この職場は何か変すぎる!」そう思ったら、さっさと見切りをつけて辞めてしまうのも1つのやり方です。

経済作家の橘玲さん(著書30冊超、Twitterフォロワー3万人超)も言っています。

  • 転職」しなければ、「天職」には出合えない!
  • 「新卒で適職に出合える」のは、宝くじに当たる以上にむずかしい。

(「転職」しなければ、「天職」には出合えない!」より抜粋)

向かない仕事を続けても、誰のためにもなりません。がんばりすぎて、身体を壊しては元も子もありません。自分のことを大切にしてあげましょう。

 

「辞めようかな…」と悩んだら

まずは転職活動を始めてみるのが正解です!転職活動をしてみて

  • うまくいった!魅力的な会社から内定もらえた!→今の会社は辞めちゃえばOK
  • 全然ダメだ…どこからも内定もらえない…   →今は転職の時期じゃないかも

という具合に判断すれば◎です。

 

具体的には、転職エージェントに登録しましょう。登録しておくだけで、オファーの状況が自分の市場価値を教えてくれます。

第2新卒の転職を専門に扱っている第二新卒AGENTneoや、転職サイト最大手のリクナビNEXT などがいいと思います。完全無料ですから、安心して登録してください。

 

転職活動の実際の様子が気になる方は、以下の記事をご覧ください♪

【経理の転職】転職活動体験談まとめ!転職活動は働きながら今すぐやるべき!

2017.04.07

 

新人に手を焼く先輩がやるべきこと7選

指導担当の先輩社員には苦労が多いもの。

  • 一生懸命指導してるのに、なかなかできるようになってくれない
  • 新人の失敗が多くて、業務の負荷が増える
  • 常識的なことまでいちいち教えなきゃいけないなんて大変すぎる …etc.

イライラしてしまうことがあるのも、よくわかります。

でもここはひとつ冷静になって、後輩のためにしてあげられることがないか、もう一度見直してみましょう。あなたもきっと、新人時代は、先輩の手をわずらわせたことがあったはずなのです。

 

対策①段取りを細かく管理する

新人が仕事になれるまでしばらくの間、仕事を細かく管理してあげましょう。

  • この仕事は3つのステップがあるよ
  • まずは1つめのステップを、10時までに終わらせようか
  • 1つめのステップができたところで、チェックするから教えてね

という具合です。かなり手間のかかる方法です。でも、はじめは手間をかけてあげることが必要です。

細かく管理してあげると、

  • 仕事の進め方
  • 準備の仕方
  • 時間管理のやり方

などなど、新人はたくさんのことが学べます。ここでかけた時間が、のちのち効いてくるはずです。

フルーツ
新人時代は、一から十までわからないことだらけ。細かいフォローが必要です!

 

対策②常に気にかける

フルーツ
OJTが始まったとき一番うれしかったのは、「見ていてくれる人がいる」ということでした。

気にかけてくれるひとがいれば、がんばりたくなるのが人情です。期待されれば、応えたくなるのが人間です。

指導担当社員のみなさん。指導担当になった以上、新人の様子を気にかけるのも、あなたの仕事のひとつです

  • がんばっているとき
  • 落ち込んでいるとき
  • 迷っているとき

きちんと気が付いてあげられる先輩になりましょう!

 

対策③信頼される先輩になる

指導担当の先輩社員
新人が、ちっとも言うこときいてくれなくてさ…

誰だって、「この人すごい!」と思っている人からのアドバイスの方が聞き入れやすいですよね。信頼関係ができてくれば、厳しい指摘も心に響くようになります

ぜひ、後輩が信頼しやすい先輩になってあげましょう。

そのために大事なのは、「仕事の実力」と「大人の態度」の2つです。

 

まずは「仕事の実力」について。

新人時代のフルーツ
先輩!月報、書けました!こんな感じでいいでしょうか?
先輩
うーん…これ、オレの月報。ちょっと読んでみて。
新人時代のフルーツ
…!(うげっ!ヤバっ!レベル違いすぎっ!!ショック…)

ものすごくレベルの高い成果物を目の当たりにした…そのとき私は、「この先輩の言うことは聞いておこう」と思いました。

実力も示さずに「オレの言うことを聞けっ!」なんて言われても、しっくりこないのは当たり前ですよね。実力を証明してあげて、後輩が言うことを聞きやすい状態にしてあげましょう♪

 

それから、「大人の態度」も重要です。

新人時代のフルーツ
実は…昨日1日かけて一緒に作ってもらった資料なんですけど…間違えてシュレッダーにかけちゃいましたっ!もっかい作り直さないとです!!
先輩
えぇーーー!マジで!?
新人時代のフルーツ
はいぃ…ごめんなさい…(ヤバいよぅ。やっちゃたよぅ。怒られるよぅ…。。)
先輩
マジかぁー…まぁしょうがないねぇ。じゃぁ今からまた一緒にやるかー。2回目だし、午前中で終わるでしょ。
新人時代のフルーツ
!?(…怒られなかった!?)

明らかな私のミスによって迷惑をかけたのに、一言の文句も、一言の嫌味も言われなかった…そのとき私は、「この先輩の言うことは聞いておこう」と決めました。

あとで先輩に「…普通怒りますよね?」と聞いたところ、「ぇー、だって、反省してる人に怒っても意味なくない?悪いってわかってない人には怒るけどさー」とのことでした。大人の態度です。

 

指導担当の先輩社員
なるほどねー…信頼関係が無いと言うこときいてくれないのは、当たり前かぁ…ボクもがんばってみようかなぁ…

 

対策④叱り方を見直す

新人
ウチの先輩、怖いんですよね…。「あなたはどう思うの?」とか聞いてくれるんだけど…思ったこと言ったら怒られそうだし…

人に注意するときには

  1. 人前で叱る・恥をかかせる
  2. 感情的に怒る
  3. 人格を否定する

のは禁じ手と言われています。

適切なアドバイスは人の能力を伸ばしますが、委縮させてしまえば人の能力は発揮されなくなります

新人が失敗する→先輩社員が怒る→新人がビビッてミスが増える→先輩社員が怒る…という悪循環におちいらないよう、十分な配慮が必要です。

フルーツ
私も後輩をビビらせてしまうことが多くて、反省しています…。十分に言葉を選んで注意できるようになりたいと思います。

 

対策⑤指導内容を絞る

指導担当の先輩社員
新人くん!キミはまったく…あれはできてないし、これもできてないし、それに昨日のあれはなんだ!それからそれからさっきのあれもダメだし、さらにいえばこれも気を付けるべきだし…!!

先輩社員は、仕事のスキル・ビジネスの常識・職場のローカルルールなど、たくさんのことに気を配りながら仕事をしています。

そんな先輩社員から見ると、経験の少ない新人社員の行動は、あれもこれもそれもぜーんぶ、なにもかも、気になることだらけです。

そしてついつい、気になったことのすべてを伝えたくなってしまいます。だって、ぜんぶ気を付けないといけないことだから。だって、ぜんぶ知っておかないと困ることだから。

でも、ちょっと待ってください。先輩社員のあなたが何年もかけて身に着けてきたたくさんことを、新人が一度に覚えられるはずはありません

フルーツ
言いたいことが100コあっても、伝えるのは1つか2つにしておきましょう。100コ伝えると、たぶん新人さんの頭には1つも残らないです~!

 

対策⑥失敗させる

私フルーツが、はじめて指導担当社員になってワタワタしていたとき、先輩に言われました。

先輩
失敗させてあげな。ケガしてもいいから。死なないようにだけケアしてあげればいいよ。

新人には、失敗も必要です。現実に失敗してみないとわからないことが、たくさんあるからです。

失敗する可能性から遠ざけていては、新人はなかなか成長できません。実際に最後までひとりでやってみなくては、得られない学びがあるからです。

新人の進んでいる道が、失敗に続いていることが、先輩には見えるときがあります。見えると、止めてあげたくなります。でも、失敗の機会を奪ってはいけません。

フルーツ
最後まで手を出さないこと。失敗させて、フォローしてあげること。…先輩側の器が試されます!

 

対策⑦「人を育てる期待のかけ方」を読む

おすすめの本があります!「人を育てる期待のかけ方」という本です。私フルーツ、既に5回ほど読みましたが、毎回感じるところがあります。

期待のかけ方一つで、人の成長や成功、ひいてはゴールの達成は大きく左右されます。正しい期待をかければ、人は必ず成長する。これは私の信念です。すべての人が、正しい期待をかけ、かけられて成長、成功できるように。ゴールを達成できるように。そして、自分らしく生きられるように。そんな願いを、本書に込めています。

(「人を育てる期待のかけ方」カバーより)

後輩の指導のためにも、自分自身のためにも、ぜひ、読んでほしい本です。

フルーツ
なぜ、あなたの期待に反して、新人は仕事ができないのか…なぜ、あなたの期待は叶わないのか…ぜひ、この本で学習してみてください。書籍代も、時間も、決してムダにはなりません!

 

仕事ができない新人まとめ

仕事のできない新人の特徴
  • ミスが多すぎる
  • PCが使えない
  • 助けを求めるのが早すぎる・遅すぎる
  • わからないことをわからないと言えない
  • アドバイスを素直にきけない
  • スケジュール管理ができない
  • ヤル気が見えない
新人のための対策
  • とりあえず「郷に入っては郷に従う」意識をもつ
  • できる先輩につきまとう
  • PCスキルを身に着ける
  • 仕事なんて失敗しても大丈夫なのだと知る
  • ToDoリストを作る
  • 細かく確認する
  • 反省はする・自己嫌悪はしない
  • 合わない仕事にはさっさと見切りをつける
指導担当社員のための対策
  • 段取りを細かく管理する
  • 常に気に掛ける
  • 信頼される先輩になる
  • 叱り方を見直す
  • 指導内容を絞る
  • 失敗させる
  • 「人を育てる期待のかけ方」を読む

学生から社会人になるのは大変なことです。だから、最初は誰でも「できない新人」です。(一部の超優秀な人を除きます。そういう人のことは…気にしないことにしましょう♪)

新人がうまくやれないときは、その責任は、新人と会社の両方にあることがほとんどです。それはつまり、両方にとって、対策が可能だということでもあります。

ここでご紹介した対策を、ひとつでもふたつでも参考にしていただければ幸いです。

それではまたっ!

 

 

※おまけー新人のみなさんへー

仕事ができなくて辛くて辛くて辛くて仕方なかったら、逃げ出すのを忘れないようにしてください。身体や心の調子を崩してしまう前に、きちんと自分を守りましょう。

がんばることは大切です。でも、無理をしてはいけません。

家族や友人、そしてだれより自分自身とよく相談して、決断してください。

もしかしたら、あなたが頑張る場所は”そこ”ではないのかもしれません。

第二新卒AGENTneoや、リクナビNEXT といった転職サービスのエージェントを利用して、環境を変えてしまうのも良いかもしれませんね。ダメな職場は本当にダメなので、見切りをつけるなら早いうちに!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。