FP3級/FP2級を学習する3つのメリット&独学勉強法

スポンサーリンク
勉強熱心な若者
FP(ファイナンシャルプランナー)って資格が気になってるんだけど、取ると良いことあるのかなぁ?メリットがあるなら勉強してみたいな。どうやって勉強するればいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

  • FPを学んで損することは絶対ありません
  • 学習内容もそんなに難しくありません

ぜひこの記事を読んで、FPにチャレンジしてみて下さい!

筆者スペック
  1. 学生時代にFP簿記1級、社会人になってから証券アナリストを取得
  2. 一部上場企業の財務部で10年間実務経験アリ(継続中)
  3. 現在、4桁万円を資産運用中

 

FPの学習範囲

まず、FPってどんなことを勉強するの?という範囲を確認します。

FPの試験範囲は次の6分野です。

  1. ライフプランニングと資金計画
  2. リスク管理
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

①ライフプランニングと資金計画では、主として三大資金計画(教育・住宅・老後)や公的な社会保険(医療保険・介護保険・年金保険)について学びます。

②リスク管理では、私的な保険について理解を深めます。その範囲は、生命保険や損害保険、自動車保険、傷害保険など幅広いです。

③金融資産運用では、株式・債券・投資信託などの金融商品について学習します。

④タックスプランニングでは、所得税や法人税、消費税などの税金について学びます。

⑤不動産では、不動産の売買・賃貸や不動産に関する税金、不動産の有効活用について学習します。

⑥相続・事業承継では相続税や贈与税について学びます。

学習範囲だけ見ると、非常に多岐に渡っていることが分かりますね!

FP受験検討中
ちょっと待ってちょっと待って!こんなにたくさん勉強できないよ!FPって実はめちゃくちゃ難しい試験なんじゃないの~?

ご安心下さい。FPは、試験範囲は広いですが、内容はカンタンです。広く浅い試験なのです。怖がる必要はまったくありません!

 

FPは教養資格【専門性・難易度は高くない】

実は、過去にこんな辛口な記事を書いています。

ファイナンシャルプランナーを取得しても意味がない?FP資格が使えない7の理由

2017.09.04

カンタンに要約すると、FPの試験は次の専門的試験の基礎レベルつまみ食いだという意見です。

  1. 社会保険の分野→社会保険労務士
  2. 税金の分野→税理士
  3. 不動産の分野→宅地建物取引士

FP試験は、専門的な試験というよりは一般教養試験なのです。範囲こそ広いですが、その内容は決して難しくありません。理解ができずまったく勉強が進まない…なんてことはそうそうありませんので安心して下さい!

勉強熱心な若者
なるほど!色々な専門家の試験の、本当に基礎の部分だけが出題されるイメージなんだね。日常生活で活用するなら、そのレベルの知識で十分な気がする!

FPは、教養試験としては非常に完成度が高く、代わりになるような資格もありません。広く浅くのつまみ食いだからこそ、独自性も高いというわけです。

それでは、FPを取得する3つのメリットを具体的に見ていきましょう。

 

FPを取得する3つのメリット

メリット①:三大資金計画について意識できる

人生の三大支出は「老後・教育・住宅」です。この3つをしっかり手当てできれば、生涯ゆとりある生活を送ることができます。

仮に、生涯賃金が2億4000万円(平均年収600万円×40年)のサラリーマンがいたとします。税金・社会保険料でざっくり25%取られるとすると、自由に使えるお金は1億8000万円です。

  • 老後資金   約2000万円
  • 教育/養育費 約2500万円(1人分)
  • 住宅資金   約3500万円

これらの三大資金を控除すると、残りは1億円です。これを現役時代の40年で割ると、1年あたりの生活費は250万円になります。なんと月あたり20万円ちょっとにしかなりません(養育費/住宅費込みで30万円を超える)。

こういうことを、若いうちに理解できているかどうかは重要です。

要するに、肌感として、「サラリーマンは何も考えずに暮らしていたら、絶対にお金持ちにはなれない」ということが分かりますか?ということです。こういう感覚を持っていれば

  • 老後資金は、つみたてNISAやiDeCoを利用して少ない資本で大きな額にする必要がある
  • 住宅は、ハウスメーカーの口車に乗せられないようにしながら、中古住宅を賢く利用する必要がある(もちろん、お金より「夢のマイホーム」に価値を見出している人はお金をかける価値があります)
  • 教育は、周りの雰囲気に流されずコスパの良い投資先を選定する必要がある

こういったことが理解できるはずです。

FPを学ぶことで、人生の三大資金計画に対する意識が強くなることは間違いありません。

FP受験検討中
なるほど~!お金持ちになりたければ、三大資金では絶対に失敗できないんだね。だからFP試験はこの分野の出題が厚いのか~

 

メリット②:無駄な保険に入らなくなる

FP学習の大きなメリットの1つとして、社会保険に詳しくなれるということがあります。社会保険とは次の5つのことを言います。

  1. 医療保険
  2. 介護保険
  3. 年金保険
  4. 労災保険
  5. 雇用保険

日本は、国民皆保険の制度を採用している先進国です。民間の保険に入らずとも、十分な水準の保障を受けられるようになっています。

例えば、高額療養費制度を使えば、どれだけ医療費がかかろうと月の負担額は10万円以内におさまります。入院・手術を1年間繰り返し、治療費の総額が1000万円かかるような大病を患っても、自己負担は年間で100万円にもならないのです。

また、病気やケガで働けなくなった時は傷病手当金が受けられます。最長で1年6ヶ月、働いていた時の給与の3分の2程度の給付金が受けられます。

このように、普段の通院だけでなく

  1. 医療で高額な治療費がかかった時
  2. 病気やケガで働けなくなった時

公的な保険で十分賄うことができるのです。高校や大学ではこのようなことは学ばないため、社会人になってからなぜか色々な民間保険に加入させられてしまいますが、そのほとんどは「入りすぎ」です。

自分がどのような状況になった時、公的な社会保険からどのような給付が受けられるか、ちゃんと把握した上で民間の保険に入っている人はかなり少ないんじゃないでしょうか。

FPを学んだ人は、その後保険内容を自分で見直して保険料の適正化を図る人が多いです。それだけFPで学ぶ社会保険の知識は役に立つということですね。

勉強熱心な若者
民間保険が不要な理由を、感覚じゃなくて数字で把握できるってことか。保険料を無駄払いしないためにも、早いうちに知っておきたい知識だね!

 

メリット③:資産運用に関する基礎用語が身につく

FPを学習することで、資産運用に関する基礎用語・知識がたくさん身につきます。

株式、債券、投資信託、外貨預金、ゴールド、デリバティブ、ポートフォリオ理論etc…

先に断っておくと、FPの知識を学んだからといって投資成績が良くなるということはありません。FPで学ぶ知識は、あくまで基礎の基礎だからです。

しかし、基礎を学ぶことで大きく次の2つのメリットが得られます。

  1. 投資の向き・不向きが分かる
  2. より専門的な書籍が理解できるようになる

FPレベルの知識にアレルギー反応がでるようなら、投資には向いていないと思います。収入・支出をコントロールして賢い貯金を続け、適正な家計を保つことが一番の資産管理になります。

もし、FPの学習が楽しい!もっと知りたい!と思うようであれば、資産運用に向いている可能性があります。要するに、自己責任のもと、自分に合うリスクをとった投資ができるということです。

もしそうなれば、より専門的な書籍を利用して、知識を深めていくのがオススメです。いきなり専門書を読んでもちんぷんかんぷんでしょうが、FPレベルの知識を備えておけばかなりスムーズに読み進められると思います。

FP受験検討中
若いうちは資金力もないし、知識を身につけるための投資をした方が良いのかもしれないね。早いうちにFPの勉強をしておくと、資産運用の土台がしっかりできそうだ!

 

メリットまとめ:複利効果が働くので、若ければ若いほどお得!

学習・資産運用の世界では「複利」のパワーが働きます。お金が雪だるま式に増えていくということです。

  • 住宅資金は早いうちに準備を始めた方が良い
  • 老後資金は早いうちに準備を始めた方が良い(つみたてNISAやiDeCo)
  • 教育資金は早いうちに準備を始めた方が良い
  • 民間保険は必要最低限にし、余資は資産運用に回した方が良い
  • マネーリテラシーは若いうちに身につけた方が良い

早ければ早いほど有利になります。20歳~30歳である程度のマネーリテラシーを身につけていれば、その後の暮らしはグっと有利になります。

FP試験は(お金に関して)今後の人生を楽にする良いきっかけになってくれると思います。

勉強熱心な若者
学習するメリットもたくさんあるし、気軽にチャレンジできそうだから勉強してみようかな!具体的にはどうやって勉強すればいいのかな?

というわけで、FPの独学方法について見ていきましょう。

 

独学で合格!FP取得の3ステップ(3級・2級)

FPの学習方法は非常にシンプルです。難しいことは何も考える必要がありません

  1. テキストを読む
  2. 問題集を解く
  3. 過去問を解く

これで合格です。

 

FP3級の独学勉強法

まずはテキストと問題集を買いましょう。FP試験は、試験傾向が安定しており難問・奇問がほとんどありません。勉強すれば必ず報われる試験です。

「みんなが欲しかった!」シリーズを使えば間違いなく合格レベルに到達します。他の参考書・副教材は一切不要です。

 

問題集はこちらの1冊でOKです。良問のみに厳選されており、解説も丁寧です。

この2冊をやりこめば100%合格します。癖のないテキスト・問題集なので、受験生によって合う・合わないという問題もありません。使用率の高い人気教材なので、安心して使って下さい。

 

①テキストを読む

まずはテキストを流し読みします。合格のための重要ポイントは問題演習なので、一生懸命読み込む必要はありません。マーカーやメモも不要です。

さらっと読み流して下さい。

 

②問題を解く

次に、問題集を使って演習をします。最低2回は解くつもりでやりましょう。

  1. 問題を解く→解説を読んで理解できればOK
  2. 問題を解く→解説を読んでも分からない→テキストに戻る

ひたすらこのパターンの繰り返しです。テキストに戻った際は、関係個所はマーカーを引くなりメモを残すなりしましょう。そこが試験で問われるポイント(そして自分が間違えた箇所)というわけです。

 

③過去問を解く

最後に過去問を解きます。過去問は日本FP協会(公式)にすべて置いてあります。

公式サイトの模範解答には解説がありませんが、上記のテキスト・問題集を見れば答えは理解できるはずです。その他、解説付きのサイトや過去問演習アプリなどもありますので、使いやすいサイトを利用して下さい。

重要なのは、どんな形であれ過去問を最低でも3回分はこなすことです。5回もやれば完璧だと思いますが、そこまでやる受験生は少ないと思います。

これで合格!
  1. テキストを1回流し読み
  2. 問題集を完璧にする
  3. 過去問を3年分解く
勉強熱心な若者
選択式の試験で、やれば必ず報われる試験ってのは良いね!難問奇問が入り乱れる記述試験なんて、やるだけ時間の無駄だからね。テキスト&問題集を完璧にして、過去問を解けば合格レベル!シンプル~!

 

参考:FP3級の合格率・勉強時間

FP3級の合格率は50%~70%です。ちょっとマジメに勉強すれば落ちるような試験ではありません。勉強時間は30~60時間程度(1日1~2時間を1ヶ月)が一般的なようです。

 

FP2級の独学勉強法

次に、FP2級の独学方法です。基本的なやり方は3級とまったく変わりません。

まずはテキストと問題集を購入します。おすすめテキストはやっぱり「みんなが欲しかった!」シリーズです。

問題集もこのシリーズがオススメです。定番です。

テキストと問題集を購入した後の流れは、3級と全く同じです。

これで合格!
  1. テキストを1回流し読み
  2. 問題集を完璧にする
  3. 過去問を3年分解く

FP3級と2級では、試験範囲(論点)の広さと深さが若干変わります。しかし、極端に難易度が変わるわけではないので安心してください。

十分独学で対応可能です。予備校を利用する必要は一切ありません。お金がもったいないです。

  • 〇〇問マスターしたら受かる

こういう感覚を持って学習すればOKです。とにかく問題演習がモノを言う試験です。6分野ありますから、各分野で100問ずつ、合計600問マスターしたらまず間違いなく受かります。

1日10問マスターすれば、2ヶ月で合格ラインですね。

勉強熱心な若者
コツコツと問題演習してれば自然に受かっちゃうような試験なんだね。3級と2級のレベル差はそんなになさそうだけど、学生の僕は3級に受からないと2級受けられないから…まずは3級から頑張ろうかな!

社会人の方であれば実務経験が2年以上あれば、3級を飛ばして2級から受験可能です。認められる実務経験の範囲はかなり広いので、該当する方も結構多いのではないでしょうか。

公式サイト:日本FP協会 実務経験について

 

参考:FP2級の合格率・勉強時間

FP2級の合格率は40%前後と、3級よりは下がりますがそれでも難関試験とは言えません。おおむね2人~3人に1人は受かる試験です。

勉強時間の目安はおおむね100時間前後です。3級の1.5倍~2倍ぐらいの学習量で受かるというイメージです。受験資格を満たしているのなら、いきなり2級から学習しても全く問題ありません。

3級が分かっていないと2級の問題は解けない!ということはないので、やる気のある方はぜひ2級にチャレンジしてみて下さいね。

 

まとめ:FP取得には3つのメリットあり!独学でも合格できるので、はやいうちに勉強してみよう!

勉強熱心な若者
FPの勉強をすると、3つのメリットがあるってことが分かった!
  1. 三大資金計画について意識できる
  2. 無駄な保険に入らなくなる
  3. 資産運用に関する基礎用語が身につく

FPの受験コスト(テキストや受験料)はせいぜい1万円ぐらいです。この1万円の投資によって、将来の数十万・数百万円の経済的メリットを生み出す可能性があります

転職や独立・開業に向く資格ではないですが、マネーリテラシーを高めたいという意識がある人にはピッタリの資格です。

勉強熱心な若者
学習方法は簡単!テキストを1回流し読みしたら、問題集を完璧にする!あとは過去問解けば合格~!

本当にシンプルで、やればすぐに得点力が伸びる試験です。司法試験や税理士試験のように、いくらやっても報われない可能性がある一発勝負の試験とは全く違います。

これで合格!
  1. テキストを1回流し読み
  2. 問題集を完璧にする
  3. 過去問を3年分解く

気軽にチャレンジ・学習できる試験なので、気になったからやってみる!ぐらいの気持ちで全然OKです。試験も年3回実施されていますから、非常に受験しやすいと思います。

マネーリテラシーは、若いうちに身に着けておくと本当にお得です。知識もお金も、複利の効果で雪だるま式に膨らんでいきます。

将来お金で苦労しないためにも、ここで1つ、FP試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

勉強熱心な若者
さっそく次回の試験日に申し込んでみた!頑張るぞ~!

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。