仕事で干される辛さについて。体験談と対処法を大公開!

 

突然ですが、仕事でいちばんつらいことって何でしょう?

  • 人間関係!ホントやっかいな人っているよね…。
  • 長時間労働!身体壊す寸前だよ!?
  • ノルマ!達成できない恐怖といったら…。

いろいろな意見があると思います。

私自身も、社会人になって10年超の間に、さまざまな思いをしながら働いてきました。

身体を壊して倒れたことも、一度や二度ではありません。

 

けれども、私が仕事で一番つらかったのは、

  • 身体的に限界がきて倒れたとき
  • メンタルクリニックに通わなければいけなくなったとき

このどちらでも、ありませんでした。

一番つらかったのは…仕事を干されたときです。

こびと株
職場にいて、やることないってマジでやばい。

 

この記事では

  • 仕事で干された体験
  • 干された人向けの脱出方法

を、まとめていきます。

こびと株
実体験に基づいた話なので、今ツライ思いをしている方の参考にして頂けると嬉しいです。

 

仕事を干された体験談

私が仕事で干されたのは、新入社員だった頃のことです。

まるまる23ヶ月の間、ほとんど仕事がない日が続きました

担当業務は基本的に

  1. 伝票の整理
  2. アンケートの回答
  3. ごく簡単な伝票入力(月に数件)

のみ。

とにもかくにもヒマすぎる日々でした。

 

右も左もわからない新入社員。しばらくは「こんなものかな?」と思っていましたが、だんだんと辛くなっていきます。

  • やることがないので眠い。私のメイン業務は「眠気と戦うこと」…。
  • 周りはかなり忙しそう。一人だけヒマしてるの気まずい。
  • 入社以来、私は1mmも成長してないっ!こんなんで大丈夫なの!?

不安、焦り、怒り…。ネガティブな感情でいっぱいになって、帰宅後毎日泣いていました。

こびと株
「こうなったら徹底的に働かず、給料かすめとってやる!」とかも思いました。…でもやっぱり、仕事がないまま職場にいるのは辛かった。

 

今思えば、原因は3つ。

  1. 入社早々に生意気な発言をした
  2. カンタンな業務でミスが多かった
  3. 部署で数少ない女性総合職だった(周囲は扱い方がわからなかった)

①と②は主として私の問題、③は職場側の問題ですね。

結局、課長に死ぬほど嫌われて、仕事を干されました

今思い出してもゾッとする、辛い毎日でした。

 

仕事を干されたときの対処法

実際に、仕事を干されて辛い思いをした体験から、対処法は基本的にこの3つに絞られると考えています。

具体的な方法をみていきましょう。

こびと株
大丈夫、今の状況が永遠に続くわけではありません。正しく手を打てば、「仕事で干されて辛い」からは脱出できます!

 

対処法①残された仕事をきっちりやる

初めにするべきことは、手元に残った数少ない仕事をきっちりやることです。

仕事を干されている原因が「仕事ぶり」にある場合、実績で信用を取り戻す以外ありません

それが、どんなに簡単な業務でも、細心の注意を払い、カンペキな仕上がりを目指してください。

こびと株
個人事業主にになったつもりで働くと◎。上司という名のお客さんから、信頼されるよう努めましょう。

 

対処法②仕事ができる人に助けを求める

職場を見渡せば、「この人は仕事がデキる!」という人が、ひとりふたりはいるものです。

その人に、助けを求めてみましょう。

アドバイスをもらうだけでなく、仕事を手伝わせてもらえると◎です。

デキる人には、仕事が集まるもの。

デキる人は忙しいことが多いので、細かな仕事を引き受ければきっと喜んでもらえるはずです。

 

ポイントは、頼まれたこと+αで仕上げること。

  1. カンタンな作業を手伝わせてもらう
  2. +αで仕上げる
  3. ①より少しだけ高度な仕事を手伝わせてもらえる

これを上手に繰り返せば、「気が付いたら自分が担当になっている業務」が出てくるはずです。

 

私自身も、デキる先輩についてまわって

  1. 書類整理担当
  2. 体裁チェック担当
  3. 作成担当
  4. 内容チェック担当
  5. 管理責任者

というステップアップをさせてもらいました。

こうやって、「仕事で干される」から抜け出すことができたわけです。

 

対処法③転職活動をしてみる

対処法①・②を試してもうまくいかない場合は、思い切って転職活動をしてみましょう。

干されて辛い気持ちになっているときは

  • 干されるくらい仕事ができないのに、転職なんて無理だよ…
  • こんなときに転職活動なんかするエネルギー無いよ。体力も気力も自信もないって…

こんな風に思ってしまうかもしれません。

こびと株
職場で干されることの一番のリスクは、この無力感・無気力感が日常になってしまうことです。

 

ここはひとつ落ち着いて、客観的に考えてみましょう。

職場で干されているのって、本当にあなただけが悪いんでしょうか?

上司にも同僚にも問題は全くなくて、純度100%であなたの責任ですか?

だって、仕事で干すって、パワハラなんですよ。(程度や状況にもよるのは、もちろんですけど。)

厚生労働省委託事業として運営されているサイト「あかるい職場応援団」にも、「パワハラの6類型」の1つとして

⑤過少な要求

運転手なのに営業所の草むしりだけを命じられる。事務職なのに倉庫業務だけを命じられる。

と書かれているくらいです。

こびと株
パワハラは、する側が悪いのであって、される側は被害者です。そしてこの問題は、転職で環境を変えさえすれば万事解決という話だったりします。

 

具体的におすすめできる行動は2パターン。

  1. 少しだけ頑張れそうなら:マイナビエージェントに話をきく
  2. どうしても気が進まないなら:リクナビNEXTを使って様子を見る

 

もしもあなたに

  • 受け身でいても、解決しないかも
  • 気力が枯れてしまう前に、転職先が決まると嬉しい
  • 自信がないからこそ、きちんとしたサポートを受けたい

こんな気持ちがあるのなら、①マイナビエージェントの力を借りるべきです。

プロの転職エージェントに相談しておくことは、あなたがこの先の働き方を考える上で、必ず役に立ちます。

※登録も相談も転職サポートも、全部無料なので安心ですね。

こびと株
マイナビエージェントさんは、めっちゃ親切で優しいですよ。「とりあえず情報収集だけ」でも、しっかり対応してくれます。

 

「仕事で干される」って、実はそれなりにヤバイ状況です。

  • 気力がなくなっていく
  • 自信を失っていく
  • 人間関係から外されていく

少しずつ少しずつ進むネガティブな影響は、時間がたてばたつほど深刻化します。

気が付いた時には

  • 成長は止まり
  • 居場所はなく
  • 心身は病みかけ…

なんてことに、なりかねません。ぜひ今のうちに手を打ちましょう。

こびと株
マイナビエージェントさんは、私が利用した7つの転職エージェント・サイトの中で、一番優しかったので、初めての相談にはおすすめです。

 

一方、②リクナビNEXTの良さは、なんといってもスカウト待ちの転職活動です。

  • 積極的に動くエネルギーがない
  • 自分なんてどこからも雇ってもらえないと思う
  • めんどくさいことはイヤ
  • 面接でアピールなんてできる気がしない

こんな人は、必ず登録しておくべきです。

経歴の登録さえしておけば、スカウトメールが届きます。リクナビNEXTは、手軽に転職活動を始められる最強のツールなのです。

 

干されてる人
何言ってんだよ…オレにスカウトなんてくるわけないじゃん…

そんな風に思いますか?

まぁまぁ。いいじゃないですか。

スカウトが来なくても、誰にもバレません。損することは全くないんです。

騙されたと思って、登録してみてください。

もしかして、もしかしたら…!ということもあるかもしれませんよ。

5分程度の登録作業をめんどくさがってフイにするには、惜しいチャンスだと思います。

 

ちなみにスカウトが届くと

  • びっくりするほど自信になる
  • 「今の職場に居続けなくてもいい」と思えて心が軽くなる
  • 志望動機ナシで転職活動ができる
  • 面接で企業に勧誘されて、わくわくする

と、いいこと尽くめです。

フルーツ
さらに、リクナビNEXTに登録すると使える「グッドポイント診断」は、自分を見つめ直す機会としてもおすすめです♪

 

仕事を干される まとめ:「仕事で干す」はパワハラすれすれ!?

干されてしまったら、まずは

  • 残された仕事をきっちりやる
  • 仕事ができる人に助けを求める

といった工夫をしてみましょう。

それでも状況が変わらなければ、転職一択です。

 

「仕事で干す」のはパワハラぎりぎりの行為です。そんな環境からはなるべく早く脱出するのが正解

悩んでいるときに転職活動を始めるのはしんどいものですが、パワハラ被害で心身を壊してしまう前に、ぜひ取り組んでみてください。

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

【転職先の選び方】失敗回避のポイント6つ【経理のプロの見抜き方】

2020.05.27

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2020.04.26

転職活動がしんどいだけの人vs転職活動で伸びる人【5つの違い】

2021.01.01
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。