在宅勤務で「やる気が出ない…」という人に、危機感が必要な2つの理由

サラリーマン
ウチの会社でも、とうとう在宅勤務がスタートしたよ。…でも、どーもやる気でないんだよね…
サラリーマン
オレもオレも。家だと、どうもねぇ…。毎日なんとなくダラダラモードだよ~

こんな人のための記事です。

 

この記事では、在宅勤務でやる気が出ない人が、

  • 危機感を持つべき2つの理由
  • 今すぐやるべき3つのこと

を解説します。

フルーツ
あなたは今、もしかすると重大な分かれ道に立っているのかもしれません。ここで道を間違うと…

というわけで、ぜひチェックしていって下さいね!

 

在宅勤務で「やる気が出ない…」という人が、危機感を持つべき2つの理由

サラリーマン
在宅勤務になったら、人目もないし、やる気でない時くらいあるでしょ。それを、「危機感が必要」なんて、どういうこと?

 

理由①仕事の成果が見えやすくなる

よく言われていることですが、在宅勤務が始まると、人事評価の在り方が変化していく可能性があります。

  • 「なんとなく」や「労働時間」ではなく、「仕事の成果」で評価されるようになる
  • 仕事のデキる人・デキない人が明確になる

というのは、わりと簡単に想像がつくと思います。

フルーツ
これって実は結構コワい話なんですよ。ホリエモンなんかに言わせると「ホワイトカラーの5割くらい失職するんじゃない?不要だってバレちゃうから」というくらいの事態ですから。

 

そんな「変化の時」を前にして、

サラリーマン
あーあ。やる気でないなー。

なんて言っているサラリーマンは、果たして「使える人材」と評価されうるでしょうか?

  • 満員電車にも在宅勤務にもグチを言って、常に不満たっぷり
  • やる気がなく、管理や監視のコストがかかる
  • いまひとつスキル不足
  • 今日の自分の仕事の成果は何だったのか、答えられない
フルーツ
もし、1つでも「あ、これ私かも…」と思うものがあったら要注意ですよ。今のうちに対策しておかないと、手遅れになってしまうかも…

 

理由②不況がやってくるかも

在宅勤務が導入されたのは、なぜでしょうか?もちろん事情はそれぞれだと思いますが、「コロナウイルス感染拡大の影響」という会社も少なくないでしょう。

いま、経済は混乱状態にあります。

外出規制、消費の冷え込み、株価の暴落、倒産や失業の増加…。

世界的な景況感の悪化から、「不況」もしくは「金融危機」「恐慌」と言われるような事態に突入してしまう可能性は否定できません。

フルーツ
先行きは不透明だけど、最悪の可能性も想定しておかないと、という感じはしますよね。

 

2019年は、大企業のリストラが増加した年でした。実に、1万人以上がリストラの対象になっています。

近年、日本は少子高齢化が進んでいます。人口は減る一方、社会保険料と税金は増える一方です。

この状況に、さらに「不況」が重なったとき、果たして私たちの仕事は守られるでしょうか?

フルーツ
あなたは、リストラや倒産の嵐が吹き荒れたとき、それでも職を失わない自信はありますか?

 

  • 仕事への熱意はありますか?
  • スキルは十分ですか?
  • あなたの強みはなんでしょう?貢献できる分野はどこでしょう?
  • あなたが仕事仲間になることで、周囲はどんなメリットを受けられますか?
  • 会社をクビになっても、転職先を見つけたり、フリーで食べていったりすることはできそうですか?

今こそ、これらの問いに向き合わねばならないタイミング。

フルーツ
「やる気が出ない」なんてボヤいてる場合じゃないんです!

 

在宅勤務のタイミングで、今すぐやるべき3つのこと

と、いうわけで、在宅勤務になったこのタイミングで、やっておくべき3つのことを解説していきます。

ちなみに「まずはやる気を出して!がんばって!」「モチベアップの方策はこれだよ!」みたいな話はしません。

やる気を出しただけでは、根本的な解決にはならないからです。

 

もちろん、今の仕事に真剣に取り組むことは大切です。

それはそれで大切なのですが、今回話題にしたいのは、どちらかというと、新しい行動の話。

みなさん、在宅勤務にともなって

  • 通勤時間がなくなり
  • 通勤準備時間もなくなり
  • もしかしたら残業時間も削減されて

いつもより少し時間に余裕があるはず。

フルーツ
その時間を、ぜひ新しい行動のために使って欲しいんです

 

行動①スキルアップ

1つめに取り組むべきは、スキルアップです。

スキルアップの方向性は、色々考えられます。

  • 何かあっても、転職できるように資格をとっておく
  • 何かのときに、個人で稼げるスキルをつけておく
  • 「何かのとき」に困らないよう、お金に関する知識アップを図っておく

などなど。

フルーツ
もしものときに頼れるのは、自分の腕ひとつ。今のうちに少しでもスキルを磨いて、自分や家族を守りましょう

 

※関連記事です

「資格は意味ない」は誤解!これから資格の価値が高まる4つの理由

2019.06.29

副業に興味がある人は絶対に身に着けておくべき3つのスキル

2019.12.06

【最高の基礎教材】本気でお金持ちになりたいなら簿記とFPを学ぶべき5つの理由

2019.09.03

 

行動②市場価値の把握

サラリーマン
スキルアップかぁ。必要なのは分かるよ。だからやる気は出ないけど、やってみようかとも思う。でも、どんなスキルをどうやってアップさせればいいのかが分かんないんだよね…

そういう人は、行動①スキルアップより先に、行動②市場価値の把握を優先しましょう。

要するに、

  • 自分は今の状態だと転職できるのか?
  • どんな条件で転職できるのか?
  • どんなスキルを身に着ければ、条件を上げられるのか?

といったことを確認するわけです。

 

フルーツ
安心して下さい。こちらは、スキルアップより全然カンタンです。

転職エージェントに登録して、30分~1時間程度の電話面談/Web面談を受ければ良いだけ

在宅のままでOKだし、お金も1円もかかりません。

具体的には、

に登録するのが良いでしょう。

それぞれの年代に適した求人情報をたっぷり持っている&親切で優秀なエージェントさんなので、安心して相談できます。(私自身、実際に利用して確かめています!)

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

サラリーマン
転職エージェント―?なんか不安だな…

その、不況が来そうな今のタイミングで「自分が転職できるのかどうか」をチェックすることが重要なのです。

大丈夫、仮に「今は紹介できる求人がない」という返事をもらったとしても、そんなの、誰にも知られることはありません。

現状を把握するのは、改善の第一歩。

  1. 何がネックになっているのかを教えてもらって
  2. そこをクリアすべくスキルアップして
  3. 「もしものとき」までに、転職先がみつかる自分になっている

そのための第一歩なのです。

フルーツ
「もしものとき」になって初めて、「転職できない自分」に向き合うのでは、残酷すぎますからね…

 

行動③副業スタート

3つめにおすすめしたい行動は、副業のスタート。

フルーツ
時間ができて、家にこもるしかないこの時期は、ネットビジネスを始めるのにピッタリかも

月数万円でも個人で稼げれば、リストラや倒産に対する不安もグッと軽くなるはずです。

【副業の必要性】会社員の9割は副業をした方が良いと思う3つの理由

2019.12.31

 

副業(アルバイト等を除く)は、残念ながら「今日始めて、明日稼げる」というほどカンタンではありません。

だからこそ、

  • 今のうちに最初の一歩を踏み出す人
  • 「でも」「だって」を繰り返して行動しない人

の間に決定的な差がつく分野だと思います。

フルーツ
私自身、副業を始めてから目標金額(副業+投資で月20万)を稼げるようになるまで2年半ほどかかりました。毎日コツコツ続けたことが、今は報われています♪

副業で成功する人の5つの特徴【体験談アリ】

2020.01.25

 

まとめ:「やる気が出ない…」なんて言ってる場合じゃないかも

在宅勤務で「やる気が出ない…」と感じている人が、危機感を持つべき理由は2つ。

  1. 在宅勤務は仕事の成果を見えやすくする
  2. 不況がやってくるかも
フルーツ
在宅勤務で「大した仕事はしてないな」とバレたタイミングで不況になって、ついにはリストラの対象に…なんて悪夢も、想定しておく必要があります

 

今すぐやるべき対策は3つ。

  1. スキルアップ
  2. 市場価値の把握
  3. 副業のスタート
フルーツ
在宅勤務で時間ができた今は、最後のチャンスかもしれません。ぜひこのタイミングで、手を打ってみて下さいね

それではまたっ!

 

※関連記事です

「転職活動やる気がでない」そんなあなたに知ってほしい5つのこと

2020.03.19

手に職つけたいあなたに。経理をすすめる3つの理由 【現役経理が教える】

2019.11.16

「副業がうまくいかない!」成功を邪魔するサラリーマン・マインド5選

2020.02.13
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。