キャリアダウンの転職を考える人がいだく5つの幻想【要注意】

サラリーマン
最近仕事忙しすぎて、ちょっと疲れちゃった。キャリアダウンでも構わないから、もう少しマイペースに働きたいなぁ…
サラリーマン
私も、キャリアダウンでの転職を検討中。バリバリ働くのも楽しいけど、家族の時間を増やしたいし…

こんな人のための記事です。

 

この記事では

  • キャリアダウンの転職を考える人のもつ5つの幻想
  • キャリアダウンを考えるとき、押さえておくべき2つのポイント

を解説します。

フルーツ
そのキャリアダウン転職、ネガティブスパイラルの入り口かも!?

思い込みで転職して後悔しないために、知っておくべきポイントをまとめています。

 

キャリアダウンを考えるときに抱いている幻想5つ

サラリーマン
幻想ってなーに?キャリアダウン転職はダメってこと…?

キャリアダウン転職の道を選んで、満足の暮らしを実現している人もいます。

フルーツ
だからもちろん、キャリアダウン転職=NGというわけではありません

でも、

  • キャリアダウン転職に「幻想」を抱いて
  • そのイメージだけでキャリアダウン転職を実行し
  • 後悔する

というのはイマイチすぎますよね。

というわけで、ここでは、キャリダウン転職の幻想あるあるを5つ、ご紹介していきます。

 

幻想①仕事が楽になる

サラリーマン
希望年収下げてキャリアダウンOKって思えば、少しはラクな仕事が見つかると思うんだよね

仕事のキツさと年収の高さが比例しているのなら、

  • メッチャ働いて、給料たくさんGETしたい!
  • ゆるめに働きたいから、少なめの給料でもいいよ!

両方の人がハッピーになれると思います。

でも、必ずしもそうはいかないのが、キャリアダウン転職の怖いところ。

 

  • サラリーマンの給料は「何をするか」では決まらない
  • 「楽な仕事≒向いている仕事」
  • 「楽な仕事≒環境が整っている場所での仕事」

といった状況を考慮すると、

フルーツ
年収下げてキャリダウンしたら、仕事が今よりむしろキツくなる」というパターンは、いくらでも考えられます

「楽な仕事→給料は安い」が間違っている3つの理由【両方狙える】

2020.03.14

 

幻想②好きなことができる

サラリーマン
キャリア志向からコースアウトしちゃえば、少しは自分の好きな仕事ができるかなって。
  • 未経験だけど、昔からあこがれていた職種に就きたい
  • 会社規模を小さくして、裁量を広げたい
  • 責任を小さくして、苦手な業務は断れるようにしたい

こういう理由で、キャリアダウンの転職を選択する人もいます。

 

でも残念ながら、転職してみて「考えてたのと違う…」と思う人も少なくありません。

  • あなたにとっては、あこがれの職種でも、仕事は仕事です
  • 会社規模を変えても、仕事のカバー範囲が広がるだけで、裁量は広がらないケースもあります(会社による)
  • 責任を小さくすると、逆らえない相手が増えるだけだったりします
フルーツ
本人は「キャリアダウンまで受け入れたんだから、好きな事くらいできるだろう」と考えがちだけど、現実はそう甘くないということ

幻想にとらわれてキャリアダウンすると、激しく後悔する可能性があります。

 

「好きな仕事なんてない」という人に伝えたいたった1つのコト

2020.08.09

 

幻想③楽しかった現場仕事をもう一度

サラリーマン
課長に昇進したけど、僕は管理職って苦手だなぁ…。やっぱり、現場が一番だよね。プレーヤーに戻りたい…

こういう思いから、

  • 年収ダウン
  • 役職ダウン

の転職を選ぶ人もいます。

 

けれども、

フルーツ
年齢が変われば、人間関係が変わります。…若い頃と同じイメージで現場仕事に復帰できるわけではないということ。
  • 同僚とのコミュニケーションが以前のようにはいかず
  • 気が付けば「労害」扱い
  • 年下上司から「面倒な部下」認定をされた上
  • 他部署からは昇進できなかった「デキない人材」と思われて
  • 職場の居心地は最悪…

なんて事態になりかねないのが、年齢を重ねた後での現場復帰です。

フルーツ
幻想を信じてのキャリアダウンは、おすすめできません。

 

幻想④労働時間を減らせる

サラリーマン
長時間労働に疲れちゃってさ…給料減ってもいいから、基本定時に帰りたい…

労働時間の短縮を狙って、正社員から

  • 契約社員
  • 派遣社員

への道を選択する人もいます。

 

この場合、もちろん「残業から逃れられたっ!」というパターンもありますが

「仕事内容が変わった(単純作業が増えた)だけで、労働時間は変わらなかった…相変わらず残業は多い…」

というケースがあることも見逃せません。

むしろ、

フルーツ
残業も休日出勤も今まで以上に断りにくくなる可能性もあります。雇用が不安定になって、「次回の契約更新」が気にかかるからです

 

「残業が当たり前なんておかしい!」残業ゼロは実現可能です【経験談】

2020.09.06

 

幻想⑤ダメなら戻ればいい

サラリーマン
一度コースから外れてみて、ダメだったらまたキャリアを積み直せばいいと思うのよね

こういう考えで、「一旦キャリアダウン」を選ぶのは、ちょっとおすすめしにくい選択肢です。

なぜなら、

フルーツ
日本の雇用環境だと、コース復帰がメッチャ大変

だから。

 

  • 大企業→中小企業
  • 年収600万→年収400万
  • 正社員→派遣社員

みたいな転職は比較的カンタンですが、その逆は本当に大変。ハードルがメチャクチャ高くなります。

もちろん今後、転職市場の流動化が一層すすめば、様々なキャリアを行き来できるようになる可能性もありますが

フルーツ
キャリアダウンするなら、片道キップになる覚悟が必要

という現状は、踏まえておくべきでしょう。

 

キャリアダウンを考えたらどうすれば?押さえておくべきポイント2つ

サラリーマン
キャリアダウンがイマイチかもっていうのは分かったけど、家庭の事情もあるし…どうすればいいかな?

キャリアダウンを考えたとき、押さえておくべきポイントは2つ。

  • キャリアダウン先の仕事の現実を見ること
  • 価値観をハッキリさせること

です。

フルーツ
結局のところ、現実を知った上で、自分の価値観にあった選択をするなら、キャリアアップでもキャリアダウンでも、どちらでもOKだと思います

 

ポイント①キャリアダウン先の仕事の現実を見る

  • イメージ
  • 幻想
  • 思い込み

こういうものを掻き分けて、キャリアダウンして就こうとしている仕事の「現実」を知ることが重要です。

 

例えば私の友人には、就活のときに「エリア総合職」を選択して後悔している人がいます。

  • 転勤が無い
  • その分給料が安い
  • 職務内容は総合職と同じ

そう信じて「実家から通える!仕事はバリバリできる!」と張り切っていたのに、

友人
総合職と同じ仕事なんて、全然させてもらえない…アシスタント業務ばっかりなの…

という現実にガックリきていました。

 

キャリア選択のときには、できる限りの情報を収集して、仕事の現実を知る必要があります。

一般論だけでなく、会社ごとの個別ケースをチェックしておきたいもの。

キャリアダウン後の「こんなはずじゃなかった」を避けるためには、事前情報が全てです。

 

フルーツ
具体的なおすすめプランは、転職エージェントからの情報収集

優秀な転職エージェントなら、求人企業の細かな現実をバッチリ把握しています。

なら、十分な参考情報を提供してくれるはずです。

※どちらも私自身に利用経験があり、無料なのに親切・優秀でおすすめできるエージェントさんです。

 

【初心者必見】転職エージェント利用のために知るべきポイント8選

2020.09.15

 

ポイント②価値観をハッキリさせる

もうひとつ重要なのが、自分自身が何に価値を置くのか、ハッキリさせておくこと。

フルーツ
そしてできれば、家族をはじめ自分の身近で大切な人たちと、価値観を確認しあっておくことです。

 

  1. 現実を知らずに
  2. 自分の価値観に合わないモノを

選択してしまえば、後悔するのは当たり前。

だから、「今後の選択肢をせばめるキャリアダウンは、結構キケン」と結論せざるを得ません。

とはいえ、本当は

フルーツ
自分が本当に納得して理解して選ぶなら、キャリアダウンだってなんだって当然アリ

なわけです。

幻想や一般論にふりまわされず、自分に最適なキャリアを選択していきたいものですよね。

 

まとめ:キャリアダウンは慎重に

 

キャリアダウンの転職を考える人の幻想あるあるは

  • 仕事が楽になる
  • 好きなことができる
  • 楽しかった現場仕事をもう一度
  • 労働時間を減らせる
  • ダメなら戻ればいい

の5つです。

フルーツ
転職というのは、なかなか悩ましい選択。中でもキャリアダウンの転職には要注意です

 

自分が、キャリアダウンで叶えようとしている希望は、

  • 本当にキャリアダウンで叶うのか?
  • 実はキャリアアップで叶ったりしないか?

よくよく検討してみて下さい。

フルーツ
「キャリアダウンでもなんでもいいからここから抜け出したいだけ」という人にほど、「それならむしろキャリアアップを!」と言いたいです!

 

不用意なキャリアダウン転職をして、後悔する人が減りますように。

 

それではまたっ!

 

キャリアアップの案件をたくさん紹介してくれるエージェントです

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

※その他、関連記事です

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2020.04.26

「とりあえず転職したい」はナシなのか?失敗しないポイント5つ

2020.06.21
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。