「とりあえず転職したい」はナシなのか?失敗しないポイント5つ

サラリーマン
仕事イヤだなぁ…とりあえず、転職したいなぁ…
サラリーマン
オレも。でも、とりあえず転職したいだなんて、「なに甘っちょろいこと言ってんだ」みたいな感じだよね…

こんな人のための記事です。

 

結論から言えば

フルーツ
「とりあえず転職」だって、全然アリでしょ!

とはいえ、やっぱり「よし、じゃあ今すぐ仕事辞めるぞ!」というのは、おすすめしにくいのも事実。

この記事では、

  • 「とりあえず転職」がアリな理由
  • 「とりあえず転職したい」で失敗しないためのポイント5つ

などを解説していきます。

フルーツ
「とりあえず転職したい」と思ってしまっている自分の気持ちは、ぜひ大事にしてあげてくださいね

 

「とりあえず転職」がアリな理由

サラリーマン
「とりあえず転職したい」がアリって本当?みんなに反対されるケドなぁ…

反対する人にありがちなのが

  • とりあえず転職したい→ダメダメ
  • とりあえず今の会社を続ける→それがいいよ

という反応です。

でも、冷静に考えてみると、これって結構ヘンな感じがしませんか?

フルーツ
どっちにしろ「とりあえず」なのに、「転職したい」はNGで、「継続したい」はOKな理由って…?

 

「とりあえず転職」はナシなのか?

よく言われるのは

  • 転職の目的が曖昧(あいまい)だと失敗する
  • 何度も転職を繰りかえすハメになる
  • 不満ベースの転職はダメ

みたいな話ですよね。

 

でも、本当にそうでしょうか?

今の仕事に対して

  • 「なんとなく」の違和感
  • どうしても納得のいかない制約
  • 心身が悲鳴をあげるブラック具合

を感じるとすれば、それは十分に転職を検討する理由になると、私は思います。

 

もちろん、違和感の正体は言語化できた方が良いでしょう。

次にやりたいことへのポジティブな欲求があった方が、今の会社へのネガティブ感情だけで動くより望ましいかもしれません。

また、実際に転職活動を探してみれば、「とりあえず」のままでは内定しにくいという壁にぶつかる可能性だってあります。

フルーツ
でも、「とりあえず」からスタートすること自体は、何も変じゃないし、何も悪くない

私はそう思います。

 

「とりあえず継続」はアリなのか?

一方で、「それが普通だよね」くらいの感覚で受け入れられやすいのが、「とりあえず今の会社で」。

もちろん、

  • 選択肢のひとつだし
  • ある程度、在職期間を延ばしておいた方がいざ転職というときも有利だし
  • 今の仕事に、不満や違和感がないなら悪くないけど
フルーツ
「とりあえず」で現状に流されるのは、「とりあえず」で行動しようとするより、ずっとリスキー

というのが私の考えです。

 

人間は、基本的に「現状を維持したい」という欲求を抱えているもの。(「現状維持バイアス」なんて名前までついている心の動きです)

「とりあえず」からのスタートでも、新しい行動(転職とか、転職活動とか)を始めれば、

  • できればこういう仕事がしたいかなー
  • っていうか、今の会社のこういうところがイヤだったんだよね~
  • とはいえ、今の仕事もこういう面では悪くないよね

みたいな感じで、色々なことを考えます。

 

ところが、「とりあえず」で現状維持を選択した場合には

  • 特に何も考えず
  • 何のスキルも磨かず
  • 何の実績も積まず
  • たまに上司をディスってみたり
  • 時々会社のグチを言ったりしながら

なんとなく、時間を過ごしてしまいがち。

フルーツ
これから不況かも、リストラも増えるかも、と言われているこのご時世。「とりあえず」からの何もしない日々は、わりと危険だと思うわけです

 

「とりあえず転職したい」の真意

フルーツ
そもそも、「とりあえず転職したい」という呟き(つぶやき)の影には、こんな真意が隠れていると思うんです
  1. 会社がイヤだ
  2. 働く気はある
  3. 限界が近いかも

これらを考え合わせると、「とりあえず転職なんて甘えだっ!」なんて反応は、かなり的外れ

フルーツ
あんまりその気持ちを放っておかない方がいい、と思うわけです

 

真意①会社がイヤだ

サラリーマン
まぁ、コレはあるよね。会社が大好きなのに「とりあえず転職したい」なんて、レアだと思うな~
  • 会社がイヤだ
  • 仕事が嫌いだ
  • 同僚・上司と相性が悪すぎる…

背景にこういったストレスがあって、転職という言葉が頭に浮かぶ人は、少なくないと思います。

 

会社で過ごす時間は、短くありません。

起きている時間の中では1番長い、という人もかなりいると思います。

そして、時間というのは、人生そのものです。

フルーツ
イヤな会社で過ごすその1秒1秒が、まさに人生そのもの…。コレって、なかなか放置できない事態だと思うんです

 

真意②働くつもりはある

サラリーマン
まぁ、働かないと食べていけないからねぇ
  • 働く必要はある
  • 働く意欲もある
  • ただ、「今の場所で」働き続けるのは、どうかと思っている

これは、「働きたくない…」「とにかく何もかもイヤだ…」という現実逃避状態とは違います

フルーツ
むしろしっかり現実が見えてるってことだと思う。もちろんまだまだ情報収集は必要かもしれないけど。

 

真意③限界が近いかも

サラリーマン
限界…っていうつもりは無いけどなぁ…

「とりあえず転職したい」と思うくらいですから、現時点では

  • 転職活動でもするか
  • とりあえず次のこと考えないとな
  • 働かないわけにはいかないんだし

という感じで、まだ気力は残っているのだと思います。

 

でも、「とりあえず」で転職したくなってしまうほど、ストレスが溜まっているのは事実です。

自分の心身の状態というのは、意外に自覚しにくいもの。高ストレス状態が長く続けば、限界を迎えてしまいかねません。

フルーツ
転職を考える気力のある今のうちに、具体的な行動に移しておいた方が安全でしょう

 

「とりあえず転職したい」で失敗しないためのポイント5つ

サラリーマン
具体的な行動に移した方が良いって言うのは、つまり、とりあえず転職しちゃってOKってこと?

とりあえず転職。悪い選択ではないと、私は思います。

思いますが、「とりあえず転職」が必ずしも有利でないという現実も、直視しておくべきです。

中途採用を行っている企業の人事担当者を含め、「とりあえずで転職なんて」と思う人がいるのも事実だからです。

フルーツ
というわけで「とりあえず転職したい」で失敗しないための5つのポイント、解説していきたいと思います!

 

ポイント①退職を宣言するのは、とりあえず「明日」

転職先が決まる前に退職宣言をしてしまうのは、おすすめできません。

「とりあえず転職したい」のだとしても、実際のところ

  • どんな転職先候補があるのか
  • どんな条件で雇ってもらえそうか
  • 具体的に考えてみたとき、本当に自分は転職したいのか

あたりを見極めないことには、今辞めるのが正解かどうかは分からないからです。

早まった退職宣言は、自分の選択肢をせばめてしまうことになります。

 

私は一時期、

フルーツ
今日は我慢してもう帰ろう…。退職宣言は明日だ…!

を毎日繰り返すことで、なんとか退職宣言を思いとどまっていました(笑)

自分から、不利な選択をする必要はありません。

心身の限界を感じている場合を除けば、退職宣言は、最後の最後まで我慢するのが正解です。

 

ポイント②転職活動は、速攻で

退職宣言を先延ばしにしつつ、今すぐに始めるべきなのは転職活動です。

実際に具体的な転職先を探ってみることで、

  • 「なんだ、カンタンに転職できるじゃん」ということも
  • 「意外に今の職場も悪くないかも」と思うことも

有り得ます。

大事なのは、現実を見て、納得感のある結論を得ること。

フルーツ
実際に転職するにせよ、しないにせよ、転職活動は確実に良い経験になります

 

具体的には、

といった転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

Web面談や電話面談の対応も充実しているので、「とりあえず」にふさわしい手軽さで情報収集できます。

フルーツ
モヤモヤしているよりは、とりあえず動いてみることです。転職活動していることあんて、黙っていれば誰にもバレません。お金もかかりませんし、完全ノーリスクです

 

ポイント③「とりあえず」なのは、とりあえずナイショ

何度か触れている通り、「とりあえず転職したい」という考えには、ネガティブな印象を抱く人もいます。

だから、エージェントを含め、他人には「とりあえず」という気持ちは隠しておくのが得策

となると、上手に隠しておくためにも、一度

  • したいこと
  • したくないこと

ど、自分の仕事に対する価値観を書き出してみるのがおすすめです。

フルーツ
ちなみに、「したいこと」が分からなくても、全く問題はありません。「したくないこと」だけを明確にしておけばOKです!

「やりたい仕事なんてない!」→それで何の問題もないよ、という話

2020.06.01

 

ポイント④精神論は横において、アピール方法を考える

「とりあえず転職したい」なんて言うと

  • もうちょっと頑張れよ
  • 根性足りないんじゃない?

みたいな、精神論を聞かされることも多いかと思います。

フルーツ
でも、精神論なんてどーでもいいんです

 

転職したいと望む以上、重要なのは、採用選考を勝ち抜くことです。

そしてそのためには、相手先企業の面接官を納得させられるアピールが必要になります。

精神論は脇において、冷静に、慎重に、アピール方法を検討するのが◎。

自分の資格や経歴、思いなどを総動員して、じっくり練り上げて下さい。

フルーツ
ウソは必要ありません。でも、見せ方の工夫は必要です。転職エージェントのサポートを受けながら考えるのがおすすめです!

 

ポイント⑤冷静な状況判断がカギになる

転職活動を始めると、いろいろな情報が出そろってきます。現時点で、「とりあえず転職」した場合

  • どんな会社に転職することになるのか
  • 年収はどれくらいか
  • 仕事内容はどんな感じか

といった情報ですね。

 

それらを見る中で、

  • 自分はどんな仕事に惹かれるのか
  • 今の職場の一番イヤなところはどこなのか
  • 「とりあえず」の急ぎ方はどれくらいか

なんてことも、分かってくると思います。

 

これらの情報をそろえた上で、冷静に次の行動を選択するのが◎です。

フルーツ
ひょいっと転職してしまうも良し、もう少し機を待つのも良し。

※ただし、自分の心身の状態に配慮することだけは、忘れないようにしましょう。無理をして体を壊してしまっては、本末転倒ですからね。

 

「とりあえず転職したい」まとめ:とりあえず転職活動から始めるべし

フルーツ
とりあえず転職したい?うん、良いと思う!それも全然アリだよね!

これが私の考えです。

 

とはいえ、「とりあえず転職したい」で失敗しないために、気を付けた方が良いポイントはあります。

  • 退職宣言は後回し
  • 転職活動は、今すぐ始める
  • 「とりあえず」なのはナイショにしておく
  • アピール方法は慎重に検討する
  • 情報を集めたら冷静に状況判断を

の5つですね。

フルーツ
まずは転職活動をスタート。情報収集に取り組みつつ、転職について慎重に見極めていきましょう

 

具体的には、

といった転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。

Web面談や電話面談の対応も充実しているので、「とりあえず」にふさわしい手軽さで情報収集できます。

 

フルーツ
同じ「とりあえず」の転職でも、うまくいく人も、うまくいかない人もいます

それは結局、

  • きちんと情報収集ができるか
  • その中から自分に合ったチャンスを見つけられるか
  • 見つけたチャンスを活かせるか

という話だと思います。

 

フルーツ
「とりあえず転職したい」と感じた自分の気持ちを大事にしつつ、どうせするなら良い転職ができるように、慎重に情報を集めていきましょう

それではまたっ!

 

※関連記事です

【評判・口コミ】若手向け転職サービス、JAIC(ジェイック)の実態を徹底解説!

2020.06.16

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。