「好きな仕事なんてない」という人に伝えたいたった1つのコト

学生
好きな仕事をするのが良いって言うよね。でも「好きな仕事」なんてない気がする…。よくわかんないよ。
サラリーマン
オレだって、好きな仕事がしたいさ。でも、世の中そんなに甘くないよ。仕事は辛いもの。好きな仕事なんてないのが普通。

こんな人のための記事です。

 

「どうせ働くなら、”好きな仕事”がしたい。」

働く人なら誰でも、一度はそんな風に思ったことがあるのではないでしょうか?

 

私は学生時代「好きな仕事なんてない!」と思っていたタイプですが、社会人になって約10年、最近やっと

  • 好きな仕事ってどんな仕事か?
  • どうすれば好きな仕事ができるのか?

に対する、自分なりの答えが見えてきました。

 

もちろん、好きな仕事を手に入れるのはラクじゃありません。「そんなのない」と思ってしまう気持ちもよく分かります。

フルーツ
それでも、普通の人でも、低リスクで少しずつ、好きな仕事に向かってチャレンジすることは可能だと思うんです

この記事では、そのための方法について解説していきます。

 

「好きな仕事」ってどんな仕事?→4つの”好き”がそろう仕事

「好きな仕事」と言うと、やたらと注目されるのは”職種”です。

イラストレーターがやりたいとか、人事の仕事がしたいとか、大工になりたいとか、そういうヤツですね。

これは確かに、働く上で、とても重要な要素だと思います。

 

フルーツ
でも、”職種”だけ好きでも、「好きな仕事」とは言えない

私の求める「好きな仕事」は、ずっと続けたい楽しい仕事。毎晩、翌日の仕事にワクワクしながら眠るような、そんな仕事です。

そして、そういう仕事の条件は、”職種”だけではありません。

  • 満員電車での通勤はしなくていい
  • 好きな時間に働ける
  • キライな上司は存在しない

他にも様々な”好きな仕事の条件”(≒ワガママ)があります。

 

結局のところ、カンペキな「好きな仕事」の条件は…

好きな仕事の条件
  1. 目的が好き
  2. 職種が好き
  3. 働き方が好き
  4. 一緒に働く人が好き
フルーツ
この4つを満たす仕事なら、それは”妥協”じゃなくて、本当に「好きな仕事」って言えるかも!

というわけで、1つずつ、解説していきます。

 

①目的が好き

「好きな仕事」を考える上で、まず重要なのは仕事の目的を好きになれること。

  • ”目指すところ”が自分の価値観と合う
  • ”大義”に共感できる
  • 世の中に”提供しようとしている価値”が、自分のワクワクするモノである

みたいな、そんな仕事です。

フルーツ
せっかくだから「コレのためなら頑張れる!」という何かのために働きたいですよね

 

例えば、同じ経理の仕事をやる場合でも

  1. 「3度のメシより本が好き」という人が、出版社で経理をやる
  2. 仏教を信じている人が、キリスト教教会の経理をやる

だと、①の方が一生懸命に働きやすいですし、”仕事が好き”と感じやすいですよね。

フルーツ
仕事の目的は、「好きな仕事」の重要な要素の1つ。

 

②職種が好き

「好きな仕事」という以上、もちろん職種も重要です。

  • 営業
  • 経理・人事・総務など管理部門の仕事
  • エンジニア
  • 大工
  • 農家
  • 漁師
  • 美容師
  • トラックの運転手

などなど、一番イメージしやすい部分です。

フルーツ
日々の仕事内容に直結する部分なので、注目が集まるのも納得。

 

言い換えれば、職種は①目的を達成するために、チームの中で”自分自身が果たす役割”ともいえます。

チームに対して自分らしい貢献ができることは、仕事を喜びに満ちた体験にしてくれるかな、と思います。

フルーツ
好きな”職種”を選ぶことは、「好きな仕事」探しの欠かせない要素ですね。

 

③働き方が好き

長く続ける「好きな仕事」を考えるなら、”働き方”も重要ポイントです。

  • いつ、どこで、どれくらい働くのか
  • どんなやり方で、どんな順番で、どのくらいの品質に仕上げるのか
フルーツ
こういった点に自由があるのと無いのとでは、仕事への愛着がずいぶん違ってきそうです。

 

個人的に「好きな仕事」と言えそうな”働き方”は、例えば

  • 勤務時間:朝6時半~11時(うち、休憩30分)
  • 勤務場所:自由!(家orカフェ)
  • 勤務ペース:週3回程度

みたいな感じ。

フルーツ
一生遊んで暮らせるお金があったとしても、こんな「働き方」だったら続けたいかも♪

 

④一緒に働く人が好き

そして最後に、”一緒に働く人”。これ、実はかなり重要なポイントです。

例えば、8,600名を対象に「退職を考え始めたきっかけ」を聞いた調査でも、27%が「人間関係」と回答しています。(参考:『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表

フルーツ
職場に友人が3人以上いると幸福度がアップするなんて研究結果もあるようですし、個人的な実感から言っても”好きな人と働く”は超重要!

 

「好きな仕事」というからには、やはり

  • 上司・同僚などの身内の関係
  • 取引先・顧客などの外部の関係

どちらも好きな人だけを選べるのが理想的。

フルーツ
目的・職種・働き方と3拍子そろっていても、キライな人と毎日顔を合わせなきゃいけないんじゃ、台無しですもんね。

 

「好きな仕事」は自分で創るしかない


さて、ここまで、どんな仕事なら「好きな仕事」と言えるかについて、考えてきました。

  1. 目的
  2. 職種
  3. 働き方
  4. 一緒に働く人
フルーツ
この4つの”好き”がそろえば、これはもう間違いなく「好きな仕事」と自信を持って言えます!

 

サラリーマン
そりゃあそうだけど…。そんな仕事、無いよ。フルーツだって10年もサラリーマンやってんだから、分かってるでしょ?

そうです。その通りです。

いくらカンペキな「好きな仕事」像をイメージしてみても、そんな自分に都合の良い仕事は、この世に存在しません。

  • ピンとこない目的に向かって(会社の方向性に共感できない…)
  • 向いているのかどうかわからない職種で
  • 窮屈な働き方に耐えつつ
  • どうしようもない上司に悩みながら

なんとか働いている人も多いかと思います。

実際、日本では勤務先に関する満足度が、世界各国と比べて圧倒的に低いというデータもあるくらいです。

【会社が】サラリーマンの資産形成を妨げる最大の要因【大嫌い】

2019.09.10

 

では、どうすれば良いのか?と考えると…

フルーツ
結局、「好きな仕事」は自分で創るしかないです。

好きな仕事は、誰も与えてはくれません。

あなたが「好きな仕事」をできるように考えて雇ってくれる会社はありませんし、「好きな仕事」キットを誰かが売り出してくれることもありません。

「好きな仕事」で働きたかったら、自分自身で、自分専用の「好きな仕事」を創りだすしかないんです。

 

サラリーマン
自分で創るぅ?…ちょっと待ってよ、大変すぎない?

ラクなことではないと思います。「誰でも」「簡単に」「今すぐ」みたいなバラ色の話ではありません。

けれども、好きでもない仕事に何十年も捧げて

  • 毎日なんとか働いているけど
  • 楽しいのかどうかはよくわからない
  • 「私、なんで働いてるんだろう?」「この仕事、意味ある?」とか思いながらも
  • なかなか冒険もできない
  • 10歳上の上司の姿≒未来の自分の姿と思うと、眩暈(めまい)がする…

なんて将来にたどり着くよりは

フルーツ
多少の努力は必要でも、「好きな仕事」を創る道を選んでみたい

と、私は思います。

 

「好きな仕事」は、どこにもない。誰からも与えられない。自分で創らない限り、決して「好きな仕事」にはめぐり会えない。

ヒェ~と叫びたくなるような現実です。でも、絶望する必要はありません。

実際、私は今、光明を見つけています。

フルーツ
ビビりで、リスクが嫌いで、身体が弱くて、失敗ばかりの私でも、見つけられた希望の光です!

 

「好きな仕事」を創るには、副業からのスタートが最適解

サラリーマン
言ってることは、わからないでもないけど…。「好きな仕事を自分で創る」って、どうやればいいの?

具体的な方法を全然思いつかないんだけど…という人、多いと思います。

思いつかない理由は、たぶんこの2つ。

  1. そもそも「好きな仕事」が具体的にはイメージできていない
  2. ハイリスクすぎる気がして想像もできない
フルーツ
そして、その2つをまとめて解決してくれるのが、”副業”という方法なんです

 

「好きな仕事」なんて、やってみなければわからない

「好きな仕事」が具体的にイメージできないとしたら、それはたぶん

フルーツ
やったことがないから!

です。

 

実際のところ、

  1. 目的
  2. 職種
  3. 働き方
  4. 一緒に働く人

それぞれ何パターンくらい試した経験がありますか?

 

私は社会人歴のほとんどを

  • 1つの会社で、その会社の目的のためにしか、働いたことがない
  • 経理の仕事しか、試したことがない
  • 9時~18時での勤務しか、経験したことがない
  • ほぼ同じメンバーでしか、仕事したことがない

状態で過ごしてきました。

フルーツ
家で仕事をしたこともなかったし、自分の選んだメンバーで働くとか考えたことも無かった…!

 

こんな状態では、「好きな仕事」なんて、具体的にイメージできるはずがありません。仮にイメージしてみたとしても、それはせいぜい妄想レベル

自分の「好きな仕事」をしっかり理解するには、やはり「実際にやってみる」以外に方法はないと思います。

 

副業なら、低リスクで色々試せる

サラリーマン
実際に色んな仕事してみろって…またそんな、ハイリスクな…

「好きな仕事」を知るには、色々な仕事を試してみるしかない。

そう聞いて、

  • よし、起業してみよう
  • とりあえず、独立するかな
  • まずは、転職から!

と飛び込んでいける人は、そういう選択もアリなのだと思います。

でも、ほとんどの人は「そんなの怖い」「そんなリスクとれない」と感じてしまうのではないでしょうか?(私自身もそうです。)

 

フルーツ
だから私は、”副業からのスタート”が最適解だと思うんです

副業なら、大きなリスクをとらずに始めることができます。始めてみて合わなければ、すぐに止めることもできます。

例えあんまり稼げなくても、大きな問題にはなりません。今のキャリアを失うこともありません。

  1. 副業として始めて、色々試す
  2. 試しながら調整して、自分の「好きな仕事」を探る
  3. 探りながら少しずつ、自分専用の「好きな仕事」を創り上げていく…

いきなり大きな変化を起こすのが怖い人には、最適な選択肢だと思います。

 

フルーツ
私は実際に、副業を始めることで、自分の「好きな仕事」に近づいている真っ最中です
  • ”お金”の話題を始め、自分の考えていることを「わかりやすく書く」って価値があるかも!
  • 文章を書くって楽しい!
  • 家やカフェで好きな時間に働けばいいって素敵!
  • 一緒に働いててワクワクする仲間っているんだ!

みたいな喜びを、知り始めているわけです。

フルーツ
もちろん、道はまだ半ば。でもでも、副業からの「好きな仕事」創り、スタートして本当に良かった…!

 

結論:「好きな仕事」は、多分どこにもない。だから、自分で創ろう!

「好きな仕事」を真剣に考えると、人間って結構ワガママだな~と感じます。

  1. 目的
  2. 職種
  3. 働き方
  4. 一緒に働く人

4拍子そろってやっと、カンペキに「好きな仕事」。

フルーツ
当然そんな自分専用のステキな仕事は、誰も与えてはくれません

 

結局、「好きな仕事」を自由にデザインできるのは

  • カネに困ってないフリーランス
  • カネに困ってない起業家

ぐらいなのかもしれません。「雇われ」という立場上、会社員は制約が多すぎますね。

 

とはいえ、会社員にとっていきなりの独立・起業はハードルが高すぎます。

だから私は、副業で、リスクを抑えていろいろな仕事を試すことにしています

実際にやってみて、失敗して、悩んで、調整して、だんだんと自分専用の「好きな仕事」を創っていくというわけです。

 

フルーツ
具体的な副業の選び方・始め方・続け方などのノウハウや、試行錯誤の様子なども、これから発信していけたらな、と思っています
  • 好きな仕事探しは4つの観点で!
  • 好きな仕事探しは副業による試行錯誤で!

まずはこの2点、「好きな仕事」探し中の誰かの、参考になればうれしいです。

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

本業と副業を両立させるための重要ポイント3選【副業歴38ヵ月の副業マンが語る】

2019.12.19

【副業のリスク5選】迷っているサラリーマンは要チェックの副業体験談

2020.01.12

「仕事なんて頑張っても報われない」そう思うとき試してほしい5つのこと

2019.10.19
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。