「転職できないのは無能だから?」悩む人が知るべき3つの真実と対策

転職できない人
転職活動始めたんだけど、全然うまくいかないの。…やっぱりそれって、私が無能だからなのかな?
転職に興味がある人
転職した方がいいかなって思うこともあるけどさ、僕にはムリかなって。だって無能だし…

こんな人のための記事です。

 

この記事では「転職できないのは無能だから」と考えてしまう人に向けて

  • 知っておくべき3つの真実
  • するべき対策3選

をまとめました。

こびと株
悩んでしまうことで不必要に自分の道を閉ざしてしまうのは残念すぎます。ぜひ、真実を把握して、正しい対策を選んで頂ければと思います!

 

「転職できないのは無能だから?」→悩む人が知るべき3つの真実

①転職できるorできないを決める最重要項目は、「市況」である

「転職できない」となったとき、その1番の原因はなんでしょうか?

それは、その時の転職市場の状況=市況です。

こびと株
個人的な有能・無能なんて、市況に比べたら小さな問題!

 

どんなに有能な人でも、求人ニーズが無ければ採用されるのは難しいでしょう。

逆に「転職市場は売り手市場、どこも人不足…」という状態なら、少々無能な人でもあっさりと内定を得てしまうものです。

転職に興味がある人
確かに、就職氷河期で苦しんだ人が全員無能だったわけないもんな…
転職できない人
確かに、そんなに有能とも思えない同僚が結構カンタンに転職を決めてた時期もあったかも…

 

「転職できない」状況から脱するには、市況の良い職種・業界を選び、転職活動のタイミングを計ることが超・重要です。

特に、現在はコロナ禍で不景気が進行中。リストラも増加していますし、人材採用どころではない業績の企業も増えています。

そして、その一方で

  • 今こそ良い人材をGETするチャンスと考えている
  • 業績好調・規模拡大中なので人手を求めている
  • ピンポイントで「こういうスキルのある人」が欲しい

といった会社・業界・職種があるのも事実。

求職者数はコロナウイルスの感染状況によって増減を繰り返していますから、タイミングによってはむしろ売り手市場と言える状況も。

こびと株
適当に選んだ1社か2社で採用されなかったからって諦めている場合ではありません。

転職市場の中で「熱い」ポイントを探しあてれば「私って無能かな?」なんて悩みは吹き飛んでしまうでしょう。

 

②伝える力は重要だが、仕事のスキルの1つでしかない

転職の求人に申し込むと

  • 学歴・職歴・資格などの書類
  • 筆記テスト
  • 適正テスト
  • 面接

など、様々なカタチでの選考試験を課されることになります。

こびと株
そして、これらの選考試験を「うまくやれるかどうか?」は、必ずしも「仕事で有能か?無能か?」とイコールではありません

 

選考試験をうまく勝ちぬくには、伝える力がかなり重要になってきます。

転職の試験というのは、要するに

  • 今までの職歴をどう見せるか
  • 自分の得意をどう届けるか
  • 保有資格の価値をどうアピールするか

など、様々な要素を組み合わせて「私を採用すると御社的におトクですぜ!」ということを伝える場だからです。

こびと株
だから、「伝える力」が弱い人は、転職活動がなかなかうまくいかないケースが多くなります

 

でも、この「伝える力」というのは

  • これだけである程度世渡りできちゃうくらいの重要スキルではあるけど
  • 仕事に必要なたくさんのスキルのうちの、たった1つでしかない

わけです。

転職できない人
たった1つのスキルが「苦手分野だ」っていうだけで、「無能」っていうのは、確かに考えすぎかも…

 

③自分は無能だと思っていると、本当に無能になる

最後に、もう1つ絶対に認識しておいた方が良いのが

こびと株
自分を無能だと思っていると、高確率で本当に無能になる

という真実です。

 

「私は無能だ」という考えは

  • 自信を失わせ
  • 委縮させ
  • 能力発揮の機会を奪い
  • 失敗を誘発し
  • 他人からも無能扱いされやすくする

恐ろしい思い込みです。

こびと株
日々、そんな状態で仕事をしていたら、本当に無能になってしまう日は遠くありません

 

転職できるorできないで、無能or有能を見極めることはできません。

だから、ムダに自分を追い詰めて、本当に無能になってしまう道を選ぶのは止めておきましょう。

こびと株
そもそも、もしも今現在無能だったとしても、これから無能でなくなれば良いだけのことですしね。悩みすぎは逆効果です!

 

「転職できないのは無能だから?」→悩む人がすべき対策3選

こびと株
ここまでお伝えしてきた「3つの真実」を踏まえて、ここからは、対策を3つ解説していきます!

大事なのは、課題を間違えないこと。

もともとの悩みは、

  • 転職できないこと
  • ×自分が無能かもしれないこと

のはずです。

「無能か?無能でないか?」なんて、明確な答えが出る問題ではありませんし、環境によっても変わります。

さまざまな思いをごちゃまぜにして、問題を過度に一般化すると泥沼にはまります。

こびと株
答えのない問題にグルグルと悩むのを止めて、目の前の課題(転職できない)としっかり向き合いましょう

 

対策①伝える力を磨く

まず第一に、「伝える力を磨く」ことを意識するのがおすすめです。

と言うと、

転職に興味がある人
いや、でも僕、コミュ力高いタイプじゃないから…

という風に悩んでしまう人がいるのですが、ここで言っているのは、

  • 「コミュ力が高くなければ無能だ」とか
  • 「話し下手は転職できない」とか
  • 「パリピになれ」とか

そういう話ではありません。

 

  • 相手に伝わりやすい説明の仕方を考える
  • 相手の求めている情報を伝える工夫をする
  • 見やすい履歴書を書く
  • 相手のニーズにハマる職務経歴書を書く
  • 面接官が上司に推薦しやすい受け答えをする

といったことを意識すべし、という意味です。

 

上手な見せ方、伝え方を工夫できるというのは

  • 転職活動で内定を獲得するためにも
  • 仕事を円滑を進めるためにも

必ず役に立つスキルです。

そして、そのスキルを磨く第一歩は、とにもかくにも「意識する」こと。

こびと株
日々のコミュニケーションの中で、上手に伝えよう、自分の良い面に光を当ててアピールしようと工夫できるようになれば、スキル習得は目の前です

 

※日々意識して過ごせるようになったら、次はもっと具体的に、対策②で紹介する優良転職エージェントの助けを借りて

  • 書類の添削を受ける
  • 模擬面接を試す
  • 実際の選考のフィードバックをもらう

といった練習を積み重ねるのがおすすめです!

 

対策②優良な転職エージェントを活用する

対策の2つめ、具体的に今すぐできる行動は、転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは

  • 現在の転職市場の市況
  • 売り手市場の業界・職種

といった、転職初心者・転職素人が知らない重要情報をもっています。

こびと株
個人的には、彼らの話を聞かずに転職活動をすすめるなんて、ハイリスクノーリターンだと思います

 

さらに、優秀な転職エージェントは

  • 豊富な業界知識を持っている
  • 質の高い求人案件を持っている
  • 採用企業が本音のところで求めているモノを知っている
  • 転職希望者に適切なアドバイスができる
  • 転職希望者の悩みに寄り添い、転職希望者が自信を取り戻すのを助ける

といった特徴があります。

こびと株
ダメエージェントは反対に、知識・スキルが不足している上に、こちらの自信をそぐようなコミュニケーションをとってくるので要注意です

【転職エージェントが怖い!】怖い理由別の対処法5選【カンタン】

2020.12.18

 

具体的に、おすすめできる転職エージェントは、年代別に

といった感じ。

こびと株
親切で評判の良いエージェントを選定しているので、ぜひ一度話を聞いてみて下さい。しっかりした情報収集は「転職できない」から抜け出す第一歩ですよ!

 

対策③長い目で見て取り組む

3つめは、長期的な取り組みを忘れないこと。

こびと株
もし「今の私は無能だから転職できないのだ」としても、「これから無能じゃなくなれば万事解決」。そう考えて1歩ずつ進んでいくわけです

物事はシンプルです。

転職できないなら、転職できるようになればいい

そのために、今からできることに取り組んでいくのが◎です。

自分の現在の状態に、くよくよと悩んでも物事は進みませんからね。

 

対策②で面談した転職エージェントに、「何が足りなくて転職できないのか」相談してみましょう。

  • 資格をとる
  • 職歴を工夫する(市場価値の高まる業務を積極的に担当する)
  • 志望を変え、自分の能力を活かしやすい業界・職種を選ぶ

など、できることはイロイロあるはずです。

正しい道を歩み続ければ、いつかはゴールにたどり着きます。

こびと株
明日ゴールインできないからって、凹んでいる場合ではありません。最初の一歩を踏み出し、長い目で見て歩き続けることです!

 

まとめ:問題は無能かどうかではなく、転職できないこと

転職できない人
転職できないのは、私が無能だからかな…?

こんな風に悩んでいる人は、

  • 転職できるorできないを決める最重要項目は「市況」
  • 伝える力は重要だが、仕事のスキルの1つでしかない
  • 自分は無能だと思っていると、ほんとうに無能になる

といった点を押さえて、

こびと株
転職活動そのものに集中して下さい!

 

あなたの課題は「転職したい」であって、「無能でないか不安だ」ではなかったはずです。

  • 伝える力を磨く
  • 優良な転職エージェントを活用する
  • 長い目で見て取り組む

といった対策を1つ1つ実行して、よい転職先をつかみ取って下さい。

こびと株
話を過度に一般化して泥沼にハマったり、取り組むべき課題をずらしてしまうのはもったいなさすぎです!

あなたの転職活動が、どうか成功しますように。

それではまたっ!

 

※関連記事です

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2021.05.20

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

【評判・口コミ】若手向け転職サービス、JAIC(ジェイック)の実態を徹底解説!

2020.06.16
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。