【転職エージェントが怖い!】怖い理由と対処法を徹底的に解説します

スポンサーリンク
転職希望者
転職したいなって思うけど、転職エージェントってなんか怖いよね…
転職希望者
転職エージェントって、使うと便利らしいけど、登録するのちょっとイヤだ…
転職希望者
明日エージェントと面談だけど行きたくないよー

こんな人のための記事です。

 

この記事を読むと転職エージェントの目的がわかり、転職エージェントを上手に使えるようになります。「なんとなく怖い」という状態から前進できます。

転職エージェントを上手に活用して、ストレスなく、効率的な転職活動を!

 

この記事のポイント
  • 転職エージェントは、目的を知らずに使うと怖い
  • でも、転職エージェントには魅力もある
  • 転職エージェントの怖い行動には、目的がある
  • 転職エージェントの目的を知って、上手に対処するのが◎
  • 転職エージェントを上手に使って、良い転職活動を♪
フルーツ
転職エージェントは、上手に使うもの。怖さを知らないのは危険だし、怖がって逃げ出すのはもったいないです!

 

転職エージェントが怖い

「転職エージェントが怖い」という人は、少なくないようです。まずは、どのあたりが怖いのかチェックしておきましょう。

 

怖い理由①無料なんて怪しい

転職希望者
だってまず、無料サービスなんて怪しくない?
  • 無料、無料っていうけど、最初だけでしょ?
  • 無料だなんて、そんなうまい話があるわけない。信じたらだまされるっ!
  • 気づいたらめっちゃ課金するハメになってるに違いない…

こんな風に考えて、「転職エージェントは怖い」と思ってしまう人がいるようです。

フルーツ
よくわからないボッタクリ業者のニュースなども目にしますから、怖くなってしまうのは当然かもしれません。

 

怖い理由②電話攻撃

転職希望者
1回登録したら、めっちゃ電話かかってきたんだよ。オレもともと電話苦手なのにさ…
  • 電話の勢いがすごくて、ひいてしまった
  • 職場にいるときに電話がかかってきて、焦った(今の職場にはナイショで転職活動してるのにっ!)
  • 「メールで連絡ください」って書いたのに、電話かかってきてイヤだった

こんな体験から、「転職エージェントは怖い」と感じている人もいるようです。

フルーツ
「ちょっと転職に興味ある」くらいのときに、エージェント側の勢いがすごいと、ひいてしまいますよね。

 

怖い理由③圧迫気味の面談

転職希望者
ボク、学歴も資格もあんまりないし…面談とか、バカにされそうでイヤだなぁ…
  • 学歴・職歴をディスられるらしい
  • 圧迫気味のエージェントもいるらしい
  • 転職先に関する希望を言うと、説教されるとらしい

こんなうわさを聞いて、転職エージェントとの面談に対して恐怖心を持ってしまう人は、少なくないようです。

フルーツ
バカにされたりお説教されたりが好きな人はいませんよね。こんなエージェントは困ったものです。

 

怖い理由④条件ゴリ押し

転職希望者
友達が使った転職エージェント、こっちの条件全然きいてくれなかったって言ってた。

転職活動が進むと、入社に関する条件を企業とすりあわせるフェーズがやってきます。そこで、間に入ってくれるのが転職エージェント。

しかし、この場面で、一方的に企業側の条件を押し付けてくるエージェントもいるというウワサがあります。

  • そんなこと言ってると、内定取り消されますよ
  • そのくらい、自分で今の会社と調整してなんとかしてください
  • はじめからワガママ言ってたら、印象悪いですよ。転職してから苦労しますよ。

こんな風におどすエージェントがいるようでは、「転職エージェントは怖い」と思われても仕方ないですよね。

フルーツ
両方の希望をきいて、きちんと調整してくれるのが、良い転職エージェントです。怖いだけの転職エージェントなんて、必要ないですよね。

 

怖い理由⑤入社強要

転職希望者
行きたくない会社でも、無理やり入社させられるって聞いた!

エージェント経由で内定を得た会社について

  • とにかく入社される
  • 迷ってても入社させる
  • なんなら、イヤがってても入社させる
  • ミスマッチでもブラックでも、なんでもいいから入社させる…!

転職エージェントに関するこんなウワサ、あなたも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

フルーツ
転職エージェントに、入社を強要する権利なんてありません。…転職先は、じっくり選びたいですよね。

 

転職希望者
やっぱり、転職エージェントは怖いのね…

確かに、転職エージェントには怖い一面があります。彼らの目的や活用方法を知らないと、脅かされて自信を無くしてしまったり、望まない会社に転職させられたり、ひどい目にあいかねません。

転職希望者
うんうん。やっぱり転職エージェントなんて使わないのが正解かな。

まぁまぁ。そう結論を急がないでくださいな。

転職エージェントは、怖がるものでも避けるものでもなく、上手に活用すべきもの。

一体なぜ転職エージェントはこんな怖いことをするのか、彼らの目的を探ってみましょう。実態がわかれば、怖さなんて消えてしまいますよ。

 

転職エージェントの目的

転職エージェントの目的は、一言で言えば「利益をあげること」です。

転職エージェントは、

  1. 企業に、転職希望者を紹介したとき
  2. 紹介した転職希望者に、企業が内定を出したとき
  3. 紹介した転職希望者が、企業に入社したとき

などに、企業から報酬を得ます。

特に多いのは、③のパターン。転職希望者を企業に入社させてはじめて、転職エージェントに報酬が支払われる仕組みです。

だから、転職エージェントは、転職希望者を転職先に入社させようと一生懸命なのです。

フルーツ
入社時点で支払われる転職エージェントへの報酬は、転職者の年収の3割前後だといわれています。…かなりの大金ですね!

 

転職希望者
私たちだって、転職したくて転職活動してるんだから、転職先に入社するために一生懸命よね。
転職希望者
うんうん。ただ、転職先は選びたいよね。内定出してくれればどこでもいいってわけじゃない。
転職希望者
そっか、だから転職エージェントの目的と、転職を希望してる私たちの目的は、一致する部分とそうじゃない部分があるってことかな?

その通りです。ですから、転職エージェントの行動の目的を知り、

  • 目的が一致する部分では大いに助けてもらい
  • 目的が一致しない部分は適当に受け流す

そんな上手な使い方が、最適なのです♪

 

無料対応の目的:とにかく転職希望者を集めること

転職希望者
無料ってとこが怪しいと思うんだけど…どうなの?

転職エージェントが、転職希望者に無料で対応する目的は、とにかく転職希望者を集めることです。

転職エージェントは、企業側から報酬を受け取ります。ですから、転職希望者からお金をとる必要はありません。(実際、職業安定法という法律の絡みもあって、転職希望者の利用は無料が一般的です)

フルーツ
たくさん人を集めるために、無料にしておくわけです。これ自体は、いろいろな企業で行っている販促活動の手法であり、特にあやしいことではありません。

 

電話攻撃の目的:何がなんでも転職希望者をつかまること

転職希望者
めっちゃ電話かけてくる理由は何?怖いだけだと思うんだけど…

転職エージェントが、すごい勢いで電話をかけてくる目的は、転職者希望者をつかまえることです。

転職エージェントの商売は、転職希望者がいなければ始まりません。企業の要望にあった人を紹介するためにも、できるだけたくさんの転職希望者とつながりをもっておきたいのです。

そのためなら

  • とにかく話す機会をつくる
  • そのために、出てくれるまで何度でも電話する
  • メールもたっぷりする

くらいは朝飯前です。

フルーツ
たくさん電話がかかってきたら、「そんなに私と話がしたいのね♪」くらいに思っておけばOKです!

 

圧迫面談の目的:条件下げさせて、すばやい内定獲得につなげること

転職希望者
面談で圧迫してくるエージェントは、何を考えてるの?

転職者の自信を失わせて、条件を下げさせることです。

圧迫され、「自分なんて」「高望みしたら転職先が見つからないかも」「ボクが世間知らずだったかな…」と思ってしまうと、転職にあたってのゆずれないはずの条件を、ついつい引っ込めてしまいます。

  • 希望年収:高めがいい!→低めでもいい
  • 残業:基本ゼロじゃないと!→あっても仕方ない
  • 家賃補助:必須!→なくてもいい
  • 勤務地:家から30分以内!→1時間くらいまでなら…

こうやって、条件が下がれば下がるほど、転職エージェントは該当する会社を探すのがカンタンになります。

フルーツ
圧迫面談は、「条件が下げさせて、さっさと転職させてやろう」という作戦なのです!

 

条件ゴリ押しの目的:お客さん(企業)の機嫌を損ねないこと

転職希望者
企業側の条件ばっかり押してきて、ボクたちの話をきいてくれない理由は何?

お客さんである企業の機嫌を損ねないため、と考えるとピンときます。

転職エージェントに対して報酬を払うのは、転職希望者ではなく企業です。つまり、転職エージェントにとって一番のお客さんは、企業なのです。

  • 報酬を払ってもらわないと
  • 次回の採用活動でも、自社を使ってもらわないと
  • 次回のためにも、自社が紹介した転職希望者に、内定を出しやすい気持ちになってもらわないと

これらを考えあわせれば、内定者を少々困らせたとしても、企業側の条件に「うん」と言わせたくなってしまうのも当然です。

フルーツ
どんな商売でも、お客さまの機嫌損ねると大変なのは同じです。…怖く見えるエージェントも、実は苦労している、ということですね。

 

入社強要の目的:入社させて報酬を得ること

転職希望者
こっちからしたらさ、無理やり入社させらるなんて大変なことだよ!転職エージェントはなんでそんなことするの?

これはもう単純に、報酬が欲しいからです。

企業と転職エージェントの契約でよくあるのは、企業に転職希望者が入社した時点ではじめて報酬が発生するパターンです。

つまり!転職希望者が内定を辞退すると、転職エージェントはタダ働きになってしまうのです!

転職希望者
ぇー。でもさ、こっちは転職する気はあるんだからさ、もっと別な会社紹介してくれればいいじゃん。

もちろんその通りです。

しかし、転職エージェント側からみると、それには手間がかかります。次に紹介した企業から内定をとれるかどうかも未知数です。

せっかく内定が目の前にあるのだから、そこに入社してほしい…そう思ってしまうのは、人情かもしれませんね。

 

転職希望者
転職エージェント側の事情はわかってきたわ。
転職希望者
うん。あんまり怖くもなくなってきた。なんていうか…転職エージェントも大変なんだね。

 

それでも転職エージェントが魅力的な理由

ここでは、欠点(怖い点・困った点)があるにもかかわらず、転職エージェントの利用が魅力的である理由を簡単にご紹介したいと思います。

 

転職エージェントには

  • 転職のプロ。キャリアプランの相談に乗ってくれる
  • たくさんの求人情報をもっている。その中から、適切なものを紹介してくれる
  • 選考に関する知識も豊富。内定をとるためのポイントを教えてくれる

といった魅力があります。

なかでも、たくさんの求人情報を握っている点は重要です。転職エージェントを使わない限り、応募さえできない求人も少なくありません。

転職希望者
なるほど。せっかく良い会社があっても、転職エージェントを使わないと出会えないんだね。…これは、使わないと損かも。

 

転職希望者
そうは言っても、転職エージェントっていっぱいあるよね。どこを使えばいいの?

職種や業種を問わずにおすすめできるのは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントには

  • 非公開の求人情報をたくさん持っている
  • 転職希望者の強みを見つけてくれる
  • 転職エージェントが直接、転職希望者を企業に売りこんでくれる

といった特徴があります。

特に、多数の非公開求人へのアクセスは、見逃せません。転職に興味があるなら、とりあえず利用必須とみて間違いないでしょう。

※私も実際に利用した経験がありますが、かなりまっとうなエージェントさんでした。安心してお使い頂けます♪

 

転職エージェントは、怖い存在ではなく、取り扱い注意の存在です。目的を理解して、取り扱いに注意すれば、怖がる必要は全くありません。

やっかいな点と魅力的な点がありますから、上手に使いましょう。

転職希望者
ふーん。確かに、って思えてきたよ。…でもさ、それでもやっぱり怖いときは、どうすればいい?

では、怖い転職エージェントへの対処法について、具体的に見ておきましょう。

 

怖い転職エージェントへの対処法

 

あやしい疑いへの対処法:複数エージェントの利用

転職希望者
転職エージェントがあやしく思えるときは、どうすればいい?

そんなときは思い切って、複数の転職エージェントに登録してみてください

  1. 何があやしくて、何がまっとうなのか、比較することで見えてくる
  2. 「この転職エージェント、やっぱり変だ」と思ったら、すぐに利用を止められる

この2つがポイントです。

 

複数のエージェントを利用してみて

私自身、実際にいくつもの転職エージェントを利用しました。

最初はいろいろと緊張しましたが、慣れるにつれて、転職エージェント側の目的がわかるようになりました。

エージェントごとの対応や反応の違いを観察するのも、なかなかおもしろかったです。(「観察する」くらいのつもりで接すると、「怖い!」という気持ちになりにくくて◎です♪)

エージェント選びのポイントは

  • 広く話をきくため、はじめは大手エージェントリクルートエージェントなど)を使う
  • 専門的な話をするため、次は職種や業種に特化したエージェント(管理部門ならMS-Japan)を使う
  • 「今の職場に残るのもアリですね」「今は転職市場がいまいちなので、もう少しタイミングをうかがいましょう」といった提案ができるエージェントを使う

あたりだと思います。

 

電話攻撃への対処法:取り合わない

転職希望者
もし、めっちゃ電話かかってきたらどうすればいい?

しつこい電話には、出る必要はありません

  • 「連絡はメールでお願いします」とメールする
  • 「〇日の〇時に電話ください」と約束し、それ以外の電話は無視する
  • 都合の良いときだけ出る

といった対応で、全く問題ありません。こちらのペースでやりとりしましょう。

 

転職希望者
でも、もしそれでも電話かかってきたら?

まっとうなエージェントなら、メールや約束した電話で連絡が取れている限り、しつこく電話してくることはありません

どうしても電話攻撃がやまないようなら、着信拒否して他の転職エージェントを使いましょう。転職エージェントはたくさんあるので、「選んで使う」意識でOKです。

 

圧迫面談への対処法:受け流す

転職希望者
面談でイヤなこと言われたらどうすればいい?

適当に笑って受け流してください。まともに聞く必要はありませんし、条件を下げてあげる必要もありません。

ディスられ過ぎて、どうしてもイヤな気持ちになるようなら、「帰ります」と宣言して席を立ちましょう。家に帰り、転職エージェントを変え、そのエージェントとは二度と会わなくてOKです。

 

とはいえ、基本的には、感じのいい、やさしいエージェントが多いので安心してください。こちらがリラックスして話せるように気を使ってくれます。

もしも圧迫気味な人に当たったら、「あークジ運悪かった」と思って次に行くのが正解です!

 

条件ゴリ押しへの対処法:「内定辞退します」

転職希望者
こっちの条件を聞いてくれない転職エージェントには、どう対応すればいい?

特効薬は、「そんなムチャ言うなら内定辞退します。入社したいと思っていたのに残念です。」というセリフ。大抵のゴリ押しエージェントは、びっくりして手のひらを返しますw

転職希望者
そっか!内定辞退されちゃったら、転職エージェントは報酬がもらえないもんね!

その通りです。「脅かしてくるなら、脅かし返してやれ」という発想です。

 

…まぁ、このセリフはさすがに極端ですが、実際

  • 内定までの間は、転職エージェントと2人3脚
  • 入社判断の時は、転職エージェントは無視

というのが最適解です。

転職エージェントは、上手に使いましょう。

 

※ちなみに、多くの転職エージェントは、条件交渉もきちんとやってくれます。転職希望者と会社の両方が満足するように、がんばってくれるのが普通です。

 

入社強要への対処法:無視

転職希望者
内定辞退しようとしてるのに、「絶対入社しろ!」って言ってきたらどうすればいい?

無視してOKです。着信拒否しちゃってください。

内定辞退のステップは

  1. 丁寧な断りのメールをいれる
  2. あとは関わらなくてOK

の2つだけ。転職エージェントに、入社を強要する権利も資格も無いので安心してください。

※しつこい勧誘をするエージェントは、多くないので心配無用です。

 

転職希望者
ふーん。なんか納得した!ちょっとめんどくさい感じもあるけど、メリットもあるから使わないと損だよね。

その通りです。大事なのはいい意味で「利用する」ことが。振り回されず、上手に役立てて、転職活動の成功を勝ち取りましょう♪

 

それでもやっぱり転職エージェントが怖い人へ

「何を聞いても、どうしても怖い!」という人は、転職エージェントを使わない転職活動をしましょう。

具体的には、スカウト待ちの転職活動です。詳しくは、以下の記事をご覧ください♪

【リクナビネクスト 評判】スカウト待ちが最強!実体験に基づく最適活用法

2018.05.09

 

まとめ:転職エージェントは上手に利用しよう

  • 転職エージェントは、目的を知らずに使うと怖い
  • でも、転職エージェントには魅力もある
  • 転職エージェントの怖い行動には、目的がある
  • 転職エージェントの目的を知って、上手に対処するのが◎
  • 転職エージェントを上手に使って、良い転職活動を♪
フルーツ
転職エージェントは、上手に使うのが◎。怖さを知らないのは危険だし、怖がって逃げ出すのはもったいないです!

 

それではまたっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comのメンバー(役割:保有銘柄のウォッチ)。某有名大学で会計を学んだ後、一部上場企業の経理/財務部で働いている。持ち前の情報収集力・財務分析力を武器に、保有銘柄のウォッチを行っている。