職場の不公平あるある5選【転職する場合の注意点アリ】

会社員
なんかさ、職場って不公平なコト多くない?納得いかないことだらけでツライよ…
会社員
それある!ウチの職場もめっちゃ不公平!うんざりしすぎて、最近は転職とか気になり始めた…

こんな人のための記事です。

 

ありますよね、職場の不公平。

私も

こびと株
マジで納得いかん…!

と怒りくるったことは、一度や二度ではありません。(笑)

  • 友だちにグチったことも
  • 上司に直訴したことも
  • 転職活動に取り組んだことも

あります。

 

この記事では

  • 職場の不公平あるある5選
  • 「職場の不公平にガマンの限界!」という場合の注意点3つ

を解説していきます。

こびと株
職場の不公平にウンザリしている人や疲れている人、怒りを感じている人のお役に立てれば嬉しいです

 

職場の不公平あるある5選

職場の不公平①デキる人に仕事が集中

会社員
業務の配分が公平じゃない!

というのは、職場の不公平の典型例かなと。

デキる人というのは、上司から見て

  • 仕事を振るのがラク(飲み込みが早い)
  • 仕事の進捗を心配しなくてOK
  • 仕事の成果も確実
  • 仕事の効率もいい

ということで、どんどん仕事を任せたくなるもの。際限なく忙しくなっていく傾向にあります。

 

その一方で、デキない人は、

  • おやつを食べたり
  • 雑談を楽しんだり
  • タバコ休憩に
  • コーヒーブレイク…

のんびり過ごして、さっさと退社(もしくは「17時以降のみ働く」ことでガッツリ残業代をGET)。

これでは、不公平感満載ですよね。

 

会社員
仕事が増えた分、給料も増えるなら、まだいいんだけど…

給料は、仕事がデキる・デキない、仕事量が多い・少ないに関係なく、年功序列が一般的です。

結果として、搾取される若手と働かないおじさんが量産され、不公平は蔓延するばかり…。

  • 燃え尽きて病むか
  • 会社を辞めるか
  • 仕事がデキないグループに移っていくか

くらいしか選択肢が無い地獄の職場、少なくないと思います。

こびと株
不公平感は、確実に人を蝕みます。自分が腐ってしまう前に、何か手を打つ必要がありますね

 

職場の不公平②「女性だから」の各種雑務

業務配分が不公平シリーズの別パターンは、性別による不公平

  • 会議室の準備・片付け
  • 旅行のお土産配り
  • コピー用紙の交換
  • 郵便物の仕分け
  • FAXの送信
  • 共用のお茶・お菓子類の管理

こういった”雑務”の担当が、「総合職or一般職」「管理職or平社員」といった仕事内容の区分ではなく、「女性or男性」という性別の区分で決まってしまうわけです。

会社員
これも普通に不公平だよね。1つ1つはちょっとしたことだけど、公平に扱われないって思ったら、モチベーションはめちゃめちゃ下がるよね…

 

鈍感な人
いやー、今は女性もバリバリ働いてるからね。性別によって仕事が…なんて、昔の話でしょ。

と思う人がいたら、一度「自分が鈍いだけではないか?」と疑ってみた方が良いかもしれません。

人間だれしも、

  • 自分が不利になる不公平には敏感だけど(※)
  • 自分が有利になる不公平には鈍感なもの

です。

※不公平が長く続くと、イチイチ痛みを感じるのがツライので、無意識に「気づかないコトにしてしまう」というケースもあります。

もちろん会社によってはきちんと公平な環境が成立していますが、その一方で、まだまだ不公平がはびこる職場もたくさんあります。

会社員
歴史ある会社、アタマが固いおじいちゃんがトップの会社、変化を求められにくい規制産業の会社なんかでは、不公平が多いわよね…

 

職場の不公平③声の大きい人がトクをする

  • 業務配分とか
  • 業績評価とか

仕事のかなり重要なところで

会社員
単純に声の大きい人がトクしてる気がする…

というのも、職場の不公平感を激増させる要素になります。

 

上司や管理者の側に

  • 文句言われると大変だから、あの人に仕事を振るのは止めよう
  • 話し合いが面倒くさいから、あの人の仕切りに介入しないようにしよう
  • パワハラとか大騒ぎされるとイヤだから、あの人はそこそこ良い評価にしておこう

みたいな気持ちが働けば、部下は必ずそれを見抜きます。

会社員
仕事もできないのに声が大きい人がふんぞり返ってるの、ほんと腹立つ…。業務まわしてるのはこっちなのに…!

こう思われてしまえば、チーム内の公平感はズタズタです。

 

職場の不公平④仕事の遅い人の給料が高い

同じ仕事をしていて同じ成果を出していても、

  1. 定時内で終わらせる人
  2. 残業しまくらないと終わらない人

がいます。

この場合、優秀なのはどう考えても「①定時内で終わらせる人」なわけですが、

会社員
「②残業しまくらないと終わらない人」は残業代をもらえるから、給料が高くなるのよね…

これでは、優秀な人がヤル気を削がれるのも当たり前。

会社員
成果にひもづいた給料が払われないのって、やっぱり、不公平だよね…

 

職場の不公平⑤同一労働not同一賃金

職場で感じる不公平は、結局のところ、

会社員
ちっとも「同一労働同一賃金」なんかじゃない

という点なのかもしれません。

 

同じ仕事で同じ成果を上げていても、

  • 上司と仲良し。飲み会にも休日のゴルフにも付き合う→A評価
  • 上司とはイマイチ。時間外のお付き合いはお断り→B評価

なんて、よくある話ですよね。

不公平を感じている人、少なくないんじゃないでしょうか?

 

同じ電車の沿線に住む、正社員と派遣社員。

乗り合わせた電車が遅延したせいで、連れ立って遅刻してきた場合でも

  • 派遣社員:給与計算は時給換算で支払われるので、遅刻分は事実上減給
  • 正社員:遅延証明書を出しておしまい。減給ナシ

といった取り扱いの差が生まれるケースもあります。

これもまた、考えてみれば不思議な話です。

 

評価・報酬が

  • 上司との人間関係
  • 学歴
  • 飲み会への参加率
  • 一般職か?総合職か?
  • 派遣社員か?正社員か?
  • どんな家族構成か?

といった、仕事の成果以外の要素で変動すればするほど

会社員
これって不公平なんじゃない?

と感じる人が増えていくわけです。

 

「職場の不公平に我慢の限界!」という場合の注意点3つ

会社員
やっぱり、不公平多すぎ。もうガマンできない…!

という人に、行動する前に見て欲しい注意点が3つあります。

  • 正面突破はかなり困難
  • 似たような会社への転職は要注意
  • 不公平に限界なのか?自分がワガママなのか?は見極めるべき

1つずつ解説していきます。

こびと株
ガマンする必要は全然ないけど、慎重に動く必要はある。…これ以上ソンしてしまわないための注意事項です

 

注意点①正面突破はかなり困難

職場の不公平に対して、下準備ナシで

  1. 同僚に不満をぶちまける
  2. 上司に抗議する
  3. コンプラ部署に直訴する

みたいな対処法をとるのは、全くおすすめできません。

なぜなら、あまりにもリスクが高く、あまりにも運頼み過ぎるやり方だからです

 

訴えた先の同僚や上司、コンプラ部署が、たまたま

  • あなたと同じ問題意識を持っている
  • 職場環境を変えるだけのパワーと熱意がある

といった場合には、うまくいくでしょう。

 

でも、そうでない場合は、あなたが

  • 叱られ、避けられる
  • 評価を下げられる
  • ブラックリスト入りする
  • 昇進できなくなる

といった不利益を被るだけです。

こびと株
ちなみに私は新入社員時代、「①同僚(先輩)にグチる」と「②上司に抗議する」をやって、見事に干されました★

 

職場環境を改善し不公平をなくしたいなら、時間をかけるしかありません。(あなたが幹部社員なら話は別ですが…)

  • 仕事力を示す
  • じっくり仲間を集める
  • 上手なボスマネジメントで上司を味方につける
  • 出世して自分自身が地位を得る

といった積み上げナシに、結果を出すことは難しいでしょう。

こびと株
職場には、不公平から既得権益を得ている人たちもいます。彼らに対抗するには、慎重な下準備が不可欠です。

 

注意点②似たような会社への転職は要注意

会社員
今の職場で時間かける気力もないし、もう転職しちゃおうかなって思うんだけど…

という人に気を付けて欲しいのは、今の仕事と

  • 似たような規模の会社
  • 似たような歴史の会社
  • 似たような経営陣
  • 似たような業種
  • 似たような職種

の仕事を選べば、職場環境も似たようなモノである可能性が高いという点です。

 

こびと株
似たような会社は、似たような構造。環境を変えたいなら、違う特徴のある職場を選ぶ必要があります
  • 日系企業→外資系企業
  • 大手企業→スタートアップ企業
  • サラリーマン→独立

みたいな路線変更を覚悟しないと、次の職場でも結局似たような悩みを抱えるハメになりかねません。

 

会社員
そうは言っても、知らないタイプの職場に飛び込むのもちょっと不安かも…

という人は、転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

とはいえ、どのエージェントでも良いわけではありません

  • 各社の内部事情をきちんと知っている
  • 「その路線変更は、あなたには合わない」といったアドバイスもくれる
  • 短期的な内定ではなく、長い目でみたキャリア構築に協力してくれる

というエージェントでなければ意味がないからです。

 

具体的なおすすめは、JACリクルートメント

こびと株
私自身、実際にJACリクルートメントのエージェントさんに相談して、上記のようなアドバイスをもらうことができたからです
  • 職場の不公平がイヤで転職するなら、「今の会社とは違うタイプの会社」を選ぶべし
  • 知らないタイプの会社を選ぶなら、知っている人(=エージェント)の話を聞くべし

ということですね。

 

注意点③不公平に限界なのか?自分がワガママなのか?は見極めるべき

最後に、根本的なところで間違わない注意もしておきましょう。

あなたが感じている職場の不公平は

  • 本当に不公平なのか?
  • 単にあなたのワガママなのか?

という点です。

 

これを「公平に」見極めるのはかなり難しいと思いますが、1つのプランとして

こびと株
あなたは別の職場でなら、よりよく働くことができるのか?

を試してみる、という方法があります。

要するに、”不公平な取り扱い”が取り去られれば、

  • より成果が上がるのか?
  • より稼げるのか?

ということです。

 

具体的には、

  • 転職活動をしてみる
  • 副業をスタートしてみる

といった行動をとることで、事実を確かめることができます。

会社員
もし今の職場でしか稼げないなら、「不公平とか言ってるより、自分のスキルを上げるのが先」ってことね…。厳しいけど、それが現実かも…

反対に、「他でも稼げる」と分かれば、

  • 今の職場を変えるにせよ
  • 自分が職場を変わるにせよ

自信をもって行動することができます。

 

職場の不公平まとめ:自分を大事に扱うべし

  • デキる人に仕事が集中する
  • 女性だという理由で雑務を押し付けられる
  • 声の大きい人ばかりトクをする
  • 仕事の遅い人の給料が高い
  • 同一労働not同一賃金

などなど、職場の不公平に悩む人は少なくないかな、と思います。

 

「もうガマンの限界!」と感じるなら、ガマンを続ける必要はありません。

ただ、

  • 正面突破はかなり困難
  • 似たような会社への転職は要注意
  • 不公平に限界なのか?自分がワガママなのか?は見極めるべき

といった点には、よく気をつけて行動を開始しましょう。

こびと株
職場は、平日起きている時間の1/2~2/3程度を過ごす場所。そこで不公平がはびこっていれば、しんどくなるのは当然です。

職場の不公平に耐えながら働く人が、これ以上ソンすることなく環境を改善できると良いな、と思います。

 

それではまたっ!

 

※関連記事です

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2021.05.20

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

【ボスマネジメント】仕事がデキる人の上司付き合いのポイント5選

2021.01.22
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。