【初心者必見】転職エージェント利用のために知るべきポイント8選

サラリーマン
転職検討中で、エージェント使おうと思ってるんだ。でも、良くない評判もあるし…。利用する時に気をつけるべきポイントって、何かな?

こんな疑問に答えます。

 

私は経理・財務の分野で10年以上のキャリアがあり、30代前半で年収1,000万円を超えています。

何も考えずに「会社に言われるまま」のキャリアを歩んでいたら、こんな結果にはならなかったと断言できます。

こびと株管理人
転職力」が、超重要な時代が到来しましたね~

 

本題に入る前に:大転職時代の到来

終身雇用・年功序列が崩壊しつつあります。

NEC、日立製作所、ソニー、第一三共、三井住友銀行、三菱UFJ銀行…

この数年で、数万人規模で従業員を削減した名門大企業は、たくさんあります。

こびと株管理人
もはや珍しくも何ともありませんね。

 

これからの日本は、間違いなく「欧米型」の雇用形態に移行していきます。

  • 総合職という名の「ふわっとしたキャリア」には意味がなくなり
  • 専門性のない人材は淘汰(とうた)される

そういう厳しい時代が到来します(というか、もう来てます)。

こびと株管理人
コロナ禍は、この流れを加速させるでしょう。

 

こんな時代を生き抜くためには、自分のキャリアは自分で考えて自分で作っていくしかありません。

  • キャリアを作る際に、重要な手段の1つになるのが「転職」であり
  • その「転職」をサポートしてくれる重要な存在が、転職エージェントです

 

この記事では、転職エージェントを利用する際に知っておくべき8つのポイントをざっくり簡単にまとめます。

こういったことを知っているのと知らないのでは、転職活動のクオリティに天地の差が出ると思います。

こびと株管理人
8つのポイントをおさえて、「大転職時代」を生き抜くヒントにして頂ければ幸いです

 

※ちなみに、根本的に「会社員に向いてない」場合は、転職しても何の解決にもなりません(笑) フリーの方が楽しく働けるかもですね。

私、サラリーマンに向いてない!?10年以上会社員やって思うアレコレ

2019.08.22

 

転職エージェントを利用する際に知っておきたいポイント8選

次の8つです。

知っておきたい8つのポイント
  1. 転職エージェントの収益モデル
  2. 人材紹介会社はどんどん潰れている
  3. もっともおすすめされやすい転職プラン
  4. 転職エージェントのタイプ【会社】
  5. 転職エージェントのタイプ【個人】
  6. 転職マーケットのボリューム
  7. 年齢別の転職難易度
  8. 職業適応性の考え方

以下、順番に解説します。

 

ポイント①転職エージェントの収益モデル

企業が人を採用する時、2つの選択肢があります。

2つの選択肢
  1. 直接採用
  2. 紹介事業者を利用

 

直接採用の場合は、

  1. 広告(紙媒体、リクナビNEXTなどのネット媒体)
  2. 自社HP掲載
  3. イベント開催・参加
  4. コネ採用

といったかたちで採用活動を行います。

※リクナビNEXTなどの転職サイトと、転職エージェントはまったく違うビジネスなので混同しないように気をつけてください。

 

一方で、紹介事業者を利用する場合は

  1. 有料紹介(転職エージェント)
  2. 無料紹介(ハローワーク、商工会議所など)

といったかたちで採用活動を行います。

 

上記6つのなかで、圧倒的に高コストなのが「有料紹介(転職エージェント)を使った採用」です。

(出典:JobQキャリアや転職に特化した匿名相談サービス

 

  • 転職希望者は、1円も支払うことなく、エージェントのサポートを受けられます
  • 採用者(企業)は、ミスマッチを防ぎつつ、優秀な人材を獲得できます
  • 転職エージェントは、優秀な人材を紹介できたら、成功報酬として採用者の年収の30~40%ほどを企業から受け取ります

 

何が言いたいかというと、こういうことです。

ポイント
  • メリット:転職エージェントを利用している企業には、優良企業が多い

=本気で優秀な人材を獲得したい&お金のある会社しか転職エージェントを利用できないため、転職サイトやハローワークよりはるかに優良企業が多い

  • デメリット:転職エージェントには、転職希望者を「どこでも良いから転職させたい」という気持ちがある
こびと株管理人
このメリット・デメリットは確実におさえておきましょう

 

ポイント②人材紹介会社はどんどん潰れている

人材紹介業は、厚生労働省の許可がいるビジネスです。

現在、約18,000ほどの転職エージェントが存在しており、毎年の新規申請数は、毎年数百~1,000件ほど。

その一方で、同じぐらいの数がどんどん潰れていっています

 

人材紹介業は初期費用が抑えて始められるビジネスですが、参入障壁が低い分、競争が熾烈(しれつ)なのです。

転職サイトに登録すると、見たことも聞いたこともないような名前の転職エージェントからガンガン営業メールがくるのは、そういう理由です。

  • 生き残りをかけて、営業メールを送りまくる
  • 客が釣れたら、(求職者の希望は無視して)全力で転職させる

こうしないと生き残れません。

こびと株管理人
こういうエージェントが「転職エージェントはうざい・役に立たない・うさんくさい」という評判を作っているわけです

結論:零細エージェントを使うときは、より慎重に

 

ポイント③4つの転職プランのうち、最もおすすめされるプラン

転職プランというのは、極論4つしかありません。

4つの転職プラン
  1. キャリアアップする転職
  2. キャリア維持する転職
  3. キャリアダウンする転職
  4. キャリアを復活させる転職

※キャリアを復活させる転職というのは、転職に失敗してしまった後に、「前職」レベルにキャリアを戻すための転職です

このなかで、手抜き転職エージェントが最も積極的なのは「キャリアダウンさせる転職」です。なぜなら、

  • ラクに
  • 確実に

金になるからです。

 

年収500万円の人を、年収350万円の会社に転職させるのはそう難しくありません。

受入れ側の企業にとっては、「(もともと高い賃金で雇われていた)良い人材を安く雇える」のだから最高です。

 

一方、一番難しいのは「キャリアアップさせる転職」です。手間暇かけてサポートしても、内定までたどり着ける可能性は高くありません。

転職させられない=企業から成功報酬を受け取れないのだから、やる気が出にくいのも当然ですよね。

キャリアダウンさせようとしてくる転職エージェントは、

  • あなたの能力・経験を活かせる
  • 大切なのはお金だけじゃないですよね
  • 会社から強い引き合いがある
  • この会社には将来性がある
  • 幹部候補だ
  • 他に転職できる良い案件がない

アレやコレやと色々と言ってくると思いますが、決して流されてはいけません。

 

志のある優秀な転職エージェントは、「キャリアアップの転職」を一生懸命考えてくれます。

そういう転職エージェントは、決して多くはないですが、間違いなく存在します。

こびと株管理人
平然と「キャリアダウンの選択肢」を提示してくるエージェントとは、絶対に付き合わないようにしましょう。

結論:「キャリアダウンの転職」を堂々と提案してくる転職エージェントは、相手にするな

 

ポイント④転職エージェントのタイプ【会社編】

転職エージェントには、タイプがあります。

求職者の年齢・職種・専門分野などによって、得手不得手があるのです。

  • 営業職に強い
  • IT業界に強い
  • スタッフ職(経理・法務等)に強い
  • 外資に強い
  • ベンチャーに強い
  • ミドル層に強い
  • 第二新卒に強い…etc

といった感じ。

 

そして、こういった切り口もあります。

2種類のタイプ
  1. 狩猟型
  2. 農耕型

①狩猟型というのは、広告などで次から次へと転職希望者を獲得して、どこへでも良いからどんどん転職させていくタイプのエージェントです。

こういったエージェントを利用した転職希望者は、転職で失敗するケースも非常に多いです。そして、二度とこのエージェントを使うことはありません。

 

一方で、②農耕型というのは、顧客(求職者)との関係を大切に育てるタイプのエージェントです。

  • 転職市場に、優秀な人材は数少ない
  • 優秀な人材は、複数回転職することも多い
  • 優秀な人材の周りには、優秀な人材が多い

こういうことを分かっているので、無理やり転職させるようなことはしません。

信頼を失わなければ、同じ人に何回も利用してもらえるし、口コミで「優秀な同僚」の利用者も増えます。

 

優秀な人材(転職希望者)のリストを持っているので、企業の要望にもすぐに応えることができます。

結果、三方良し(転職希望者も嬉しい、企業も嬉しい、転職エージェントも嬉しい)という状況になるわけですね。

こびと株管理人
自分に関係ないところに強みのあるエージェント×狩猟型の組み合わせに引っかかると、満足のいく転職活動はグッと難しくなります

おすすめは、文句なしに

  1. 自分のキャリアにマッチした強みを持つエージェント
  2. 農耕型エージェント

です。

結論:専門分野の合う「農耕型エージェント」は、安心して付き合える

 

  1. キャリアダウンの提案をしてこない
  2. 専門職・管理職・ミドル/ハイクラス・外資に強いという分かりやすいウリ
  3. 優良人材と長く付きあおうとする農耕型

という3点で、圧倒的におすすめなのがJACリクルートメントという社歴45年の大手エージェント(一部上場)です。

 

ポイント⑤転職エージェントのタイプ【個人編】

転職エージェント個人によっても、タイプがだいぶ異なります。

転職エージェントのタイプ【個人】
  • アドバイザータイプ(どんどん助言してくれる)
  • カウンセラータイプ(人の話を聞く、引き出すことが得意)
  • メンター・コーチタイプ(自分の経験を語りながら、ステップアップで導いてくれる)
  • コンサルタントタイプ(”答え”を持っていて、ズバリ指摘してくれる)

これは、どのタイプが良い悪いという話ではありません。相性の問題です。

 

業界情報や企業情報、最近の転職事情など、「自分の知らない情報が欲しい!」という人は、アドバイザータイプの人と相性が良いです。

転職希望者
こんなに色々な情報くれるなんて!

 

「とにかく自分の話を聞いて欲しい!」という人には、カウンセラータイプの人が向いています。

話しているうちに、自分のアタマの中が整理されてゆきます。

転職希望者
話しているうちに、自分が何をやりたいのか明確になってきたよ~

 

優柔不断で、自分の判断力に自信がない人は、メンターやコンサルタイプの人が向いています。

転職希望者
「あなたに〇〇は向いてない。そちらのキャリアを選択して成功する可能性は低い」ってハッキリ言ってもらえて目が覚めたよ~!

 

という感じです。

ちなみに、上記のいずれにも該当しない転職エージェントがいます。

生活費を稼ぐために仕方なく転職エージェントをやっていて、右から左に転職希望者を流すだけの仕分け人型エージェントです。

とりあえず条件に合いそうな求人を全部ぶん投げて終わりです。30件とか40件とか送り付けてくるやつですね。

 

転職希望者
転職エージェント、使えない…全然役に立たない….

こう感じる人の多くは

合わない理由
  1. 自分のして欲しいこと(助言が欲しい、話を聞いて欲しい、答えが欲しい)とエージェントのタイプが合っていない
  2. 志のない「仕分け人型エージェント」に当たっている

というケースが多いです。

結論:自分に合うタイプのエージェントを探せ(仕分け人型エージェントだけは、絶対に相手にするな)

 

ポイント⑥転職マーケットのボリューム

日本の採用慣行は「新卒一括採用」が中心です。基本的な人員は

  1. 新卒で採用して
  2. 自社で育てている

ので、中途採用のニーズはそれほど高くありません。

 

中途採用のニーズが高いのは、大体この順です。

中途採用ニーズ
  • 外資系企業(もともと新卒で人を育てる文化なんてない)
  • ベンチャー・スタートアップ企業(成長のため増員したい)

ーーーー大きな壁ーーーー

  • 中小日系企業
  • 大手日系企業

企業が人を欲しがる時というのは「成長している時」です。

日系大手企業の多くはすでに成熟しているため、相対的に求人が少なくなりがちです。

 

というわけで、中途で日系大手を狙うのは、なかなか難易度が高いのですね。

こういうこと(マーケットボリューム)を知っておかないと

転職希望者
全然書類が通らない…内定がもらえない…

と、ムダに自信を失うハメになります。

 

特に、大企業に勤めていた人ほど

次も同じぐらいの社格の企業ならイケるだろう(例:パナソニックに勤めていたから、日立もイケるだろう)」

と思いがちですが、それは難しいのです。

結論:成熟企業(リスク低)の求人は少ない、外資・成長企業(リスク高)の求人は多い

 

ポイント⑦年齢別の転職難易度

年齢は、高ければ高くなるほど、転職難易度が上がります。

転職難易度
  • 20代…イージー
  • 30代…ノーマル
  • 40代…ハード

 

昔は、〇〇歳転職限界説といった言葉がよく聞かれました。節目である35歳、40歳あたりは、特に意識されやすい年齢です。

しかし、厚生労働省の資料によると、35歳~44歳の転職者数は

  • 2000年:67万人
  • 2016年:106万人

1.6倍に増加しています。昔ほど〇〇歳限界説を気にしなくて良くなっているのは事実です。


(出典:「雇用を取り巻く環境と諸課題について」厚生労働省職業安定局

 

こびと株管理人
とはいえ、どのエージェントに聞いても「若い方が有利なのは事実だ」って言いますね。

〇〇歳限界説がなくなっていることは追い風ですが、若い方が有利なのは変わりません。

うだうだ考えているうちに、自分のキャリアの賞味期限が切れてしまうというリスクは、絶対に知っておきましょう。

結論:歳を重ねれば重ねるほど、難易度は上がる

 

ポイント⑧職業適合性の考え方

能力が高いにもかかわらず、転職に失敗し続ける人がいます。

そういう人は、パーソナリティに課題があることがほとんどです。

 

仕事への適合性は、大きく次の2つで判断されます。

ここにタイトル
  1. 能力
  2. パーソナリティ

 

これを体系的に整理すると、下記のようなツリーになります。


(出典:一般社団法人 日本職業協会

 

一般に、職務経歴書に記載するのは「能力-技量」のところです。

  1. 学習(achievement)…学歴や資格
  2. 技量(skill)…職務経験(何をしてきたか、何ができるか)

です。

 

この2つが充実している人は

企業の採用担当
この人は能力が高そうだな~

と思ってもらえますが、それだけで採用に至ることはまずありません。

なぜなら、これは「過去の情報」に過ぎないからです。

 

採用選考では、学歴や資格・職務経歴だけではなく、下記もチェックされます。

  1. 知能…地頭の良さ
  2. 空間視覚化…目に見えないノウハウを「見える化」する力
  3. 速さ・正確さ…仕事のスピード・正確性
  4. 精神運動機能…集中力、感情制御など

こちらは、将来への期待感を測るために必要な要素です。

「過去+未来への期待感」で併せて評価されないと、採用には至りません。

 

さらに、採用にあたっては上記のような能力だけではなく、パーソナリティも重要な要素になります。

  • 価値観
  • 態度
  • 興味

とか、そういう部分ですね。

 

何が言いたいかというと、優秀なエージェントは

  1. キャリア理論をしっかりと学んでおり
  2. (この体系的な専門知識を前提に)求職者の弱点を補うかたちでサポートしてくれる

ということです。

※私は、このあたりの知識を、めちゃくちゃ面倒見の良い転職エージェントさんに教えてもらいました。「こびと株さんは、〇〇の部分はもうOKなので、▲▲の部分をもっとアピールした方が良いですよ」みたいな感じですね。

 

ただ企業からの求人票を流すだけのエージェントは、素人です。

こういう人に振り回されないように、上記のような体系図を頭に入れつつ

  • 自分の担当エージェントが、どんな目線で
  • どこを補うための助言をしてきているのか

判断できるようになると良いですね。

結論:職業適合性を「地図」にして、迷子にならないようにしよう

 

まとめ:「転職力」「転職エージェントとの付き合い方」が大事な時代

以上をまとめると、この通り。

転職エージェントを利用する前に、最低限、下記の8つのポイントは頭に入れておきましょう。

知っておきたい8つのポイント
  1. 転職エージェントの収益モデル
  2. 人材紹介会社はどんどん潰れている
  3. もっともおすすめされやすい転職プラン
  4. 転職エージェントのタイプ【会社】
  5. 転職エージェントのタイプ【個人】
  6. 転職マーケットのボリューム
  7. 年齢別の転職難易度
  8. 職業適応性の考え方

 

成功報酬型というビジネスモデル上、転職エージェントには「どこでも良いからとにかく転職させたい」という強いインセンティブがあります。

そうしないと、競争の激しい業界を生き残っていけません(年間数百~1,000社ほど廃業する)。

だから、手抜き転職エージェントがもっともススめやすい転職プランは、内定可能性が高い「キャリアダウンのプラン」です。

こびと株管理人
こんなのに当たったら、たまったもんじゃないわ。

 

とはいえ、このご時世、独力で転職活動をするのも簡単ではありません。

ソロ転職活動のデメリット
  1. 書類選考・面接通過率が低くなる
  2. 非公開求人にアクセスできない
  3. 業界事情・企業情報を手に入れるのが難しい
  4. 面接のフィードバックがもらえない
  5. 履歴書のブラッシュアップがしにくい
  6. 企業との条件交渉の難易度が高い
  7. スケジュール管理が面倒etc…

普通にムリゲーです。

 

終身雇用・年功序列が崩壊した今、満足のゆくキャリアを作っていくには

  1. 転職力
  2. 転職エージェントと上手に付き合う力

この2つを高めざるをえないというわけですね。

※もちろん、1つの会社で出世して役員レベルまで昇り詰められる「数少ない勝ち組」になれる人には、不要な力です。

 

以上を踏まえて、個人的には新興・零細エージェントではなく、社歴の長い転職エージェント会社を使うべきだと断言します。

私が一番おすすめするエージェントは、JACリクルートメントです。

おすすめポイント
  1. 社歴45年の長い歴史・ブランド力ある
  2. 転職業界で3本の指に入る、大きなエージェント会社(一部上場企業
  3. 専門職・管理職・外資・ハイクラスといった「分かりやすい強み」がある(そもそも、こういうマーケットじゃないと農耕型の商売ができない)
  4. エージェントが良く訓練されており、質が高い(評判も良好)

問題は、基本的に市場価値の高い人材しか相手にしてくれないことです。要するに、ハイキャリア向けのエージェントなのです。

 

農耕型なので、登録しておくだけでも価値は高いです。上質な求人が出てくると、タイムリーに紹介が届きます。

長く付きえるエージェントの筆頭ですね。

30代~、年収600万円以上というのがメインの顧客です。相手にしてもらえれば、年収アップの可能性はめちゃくちゃ高いです。JACを使って国内大手・外資に転職していった同僚が何人もいます。

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

もう少し守備範囲が広いエージェントとしては、マイナビエージェントがオススメです。

こちらは20代からOKで、大手エージェントのなかでも人気があります。外資ではなく、日系に強いです。

実際、当ブログの管理人(フルーツ)が利用した際も、まったく不満のない対応をしてもらえました。

マイナビエージェントの悪い評判は本当か?【実際に利用してみた】

2019.03.18

 

第2新卒を対象にしたエージェントだと、JAIC(ジェイック)が、後輩たちから好評でした。

新卒で「あれ?会社選び失敗した?やっちゃったかも!」と思っている方は、ぜひ相談してみてください。

若い人は市場価値が高いので、いくらでもリカバリーが効きます。

 

以上、

  • 現在の会社・仕事に不満を抱えている人
  • 将来のキャリアに漠然とした不安を抱えている人
  • もっと年収を伸ばしたい人

何かしなきゃと思ってるんだけど、「怖くて転職エージェントが使えない」という人の参考になれば幸いです。

それではまたっ!

 

関連記事です。転職に関するノウハウについては、たくさん記事を書いているので、良かったら参考にしてください^^

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの真実】

2020.04.26

転職活動で明らかになる勘違いポイント11選

2020.05.01

【不況突入】転職が気になる人が今すべきこと3つ【最後のチャンス】

2020.09.17
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人。一部上場企業での経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリスト、FP資格を有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。