「外資が気になる!でも怖い!」そんなあなたが知るべきポイント3つ

外資に興味アリ
外資系企業って、ちょっと気になるよね。給料良さそうだし、カッコいいし。
外資に興味アリ
うん、興味はある。でも「よし転職だ!」っていうのは怖いよね。すぐクビになるって話もきくし…。

こんな人のための記事です。

 

外資が気になりつつも、

  • なんとなく怖い
  • 門前払いされたらイヤだ

なんて思って転職の選択肢に入れそびれている人、いるのではないでしょうか?

この記事は、そんな人が

  • 知っておくべきポイント3つ
  • 今からどうすれば良いか?

を書いた記事です。

フルーツ
外資について、「気になるけど怖い」と思っている人は少なくないと思うので、ご参考になれば嬉しいです

 

期待したくなる外資の特徴3選

外資に興味アリ
外資はスゴイってイメージあるよね。
外資に興味アリ
バリバリ働いて、しっかり休めて、給料は高くて…。効率的に働いてる感じ。

 

特徴①業績に応じて給料がもらえる

なんだかんだ言って年功序列が続いている日本の会社とは違い、外資系企業は実力主義が一般的です。

外資に興味アリ
働かないおじさんの給料がボクより高いってことは、ないわけだ。…それだけで魅力的かもw
  • 成果が上がれば厚遇される(昇給・昇進etc.)
  • 成果が上がらなければ冷遇される

という仕組みは、ドライでシンプル。

自分の成果をしっかり評価してほしい人にとって、実力主義は魅力的です。

フルーツ
「頑張ったら給料が上がる」って、わかりやすくモチベーションが上がりますよね。

 

特徴②職務範囲が明確・付き合い残業が無い

外資系企業では、ひとりひとりの職務の範囲が明確なことが多いです。

外資に興味アリ
やればやるだけ仕事量が増えていく&でも給料には反映されない、ってことはないのね。…魅力的だわ。

明確に取り決めた職務の範囲での成果を問われますから、

  • 担当外の仕事の無限増殖
  • だらだらしている同僚のしりぬぐいをさせられる
  • 自分の仕事は終わっていても付き合い残業を強制される

みたいなことは起こりません。

フルーツ
自分の業務に必要がなければ残業しなくていい。自分の仕事が終われば当然帰ってOK。これなら業務効率化のヤル気もアップするというものです。

 

特徴③休みをしっかりとれる

日本企業に勤めるあなたに質問です。

  • 今年の有給、使いきれそうですか?
  • 職場全体で見た有給の消化率はどの程度でしょうか?
外資に興味アリ
有給ぜんぶ使い切るなんて、夢のまた夢だよ…

こんな人も多いのではないでしょうか?

 

外資系企業には、有給取得は当たり前の権利という意識の会社が多いものです。

外資に興味アリ
休みがきちんと取れるのは魅力的よね
  • 働くときは、集中して働く
  • 休むときは、しっかり休む

メリハリが求められる文化というわけです。

フルーツ
ただし、キャリア選択によっては「若いうちは寝る間も惜しんで働くぞ」という人もいるようですね。そういう人は日本の会社以上の長時間労働で戦っているという話もあります。

 

男女平等

外資系企業は、男女平等です!

  • 女性だからお茶くみ
  • 男性だから昇進チャンスが多い

みたいな不平等は、グローバルな感覚では「許されない」からです。

フルーツ
残念ながら日本の会社は、まだまだ女性が働きにくい場所。きちんと評価されて働きたい女性にとって、外資は魅力的な選択肢ですよね。

【女性総合職の実態は!?】大企業勤続10年超の女性総合職が、本当のことを話します。

2019.11.11

 

でも怖い!外資にビビる5つの理由

外資に興味アリ
そうなのよ、魅力なのよ、外資系。…でもなんか怖いのよね。
外資に興味アリ
クビになったら困るしなぁ…

 

理由①終身雇用が無い

外資系企業には、終身雇用という発想はありません

だからこそ、年功序列ではなく実力主義の評価がなされるのですし、だからこそ、「働かないおじさん」が生まれない(少ない)のです。

外資に興味アリ
そこが外資の良いところでもあるんだけど…。クビになる可能性を考えると、やっぱり怖いわ。

 

最近では、日本企業でもリストラは後を絶ちません。

2019年だけでも、キリン・アステラス・富士通・カシオ・味の素など、たくさんの会社がリストラを行っています。

日本企業・有名企業・大手企業・好業績企業でもリストラをやるのが現代というわけ。

外資に興味アリ
これからは日系でも外資でも終身雇用は無いってことか。

 

とはいえ、外資系企業に特徴的な解雇のパターンとして、日本から撤退するというケースがあります。

  • 支店の整理
  • 日本市場からの撤退&日本支社は解散

なんてことになれば、日本で勤めていた人は(ほぼ)全員が解雇されます

本国の偉い人
来月で日本支社は解散です。今までありがとう。みんな次の職場でがんばって!

というわけです。

これは確かに、日系企業では起こりにくい、外資系企業特有の怖さかもしれません。

 

理由②上司との関係がシビア

外資系企業では、直属の上司が人事権を持っているケースが多くあります。

日本の会社と違って、上司との関係がしっかり処遇(昇進、昇給、異動、解雇など)に影響するというわけです。

外資に興味アリ
合わない上司の下だと大変よね…。上司は選べないからなぁ…。

 

実際、外資系企業に勤めていた私の叔父は

  • 上司に気に入られて、トントン拍子に出世
  • 病気して入院したら、役員がお見舞いにくるレベル
  • ところが突然の人事異動で上司が変わり
  • 今度は相性が悪すぎて、退職せざるを得なくなる

という道をたどりました。

外資に興味アリ
外資に行くなら、社内営業力も大事ってことかぁ…

 

理由③退職金が無い

外資系企業には、退職金制度がない会社も多くあります。

日系企業と給料を比べるときに、単純に「今の給料」だけを見ると評価を間違う可能性があるので、注意しましょう。

外資に興味アリ
日本の会社が「今の給料」+「将来の退職金」に分けて支払う分を、外資は「今の給料」にまとめて払ってるだけかもってことね。
外資に興味アリ
外資で働くなら、将来のことを考えてお金を貯めたり運用したりするのは、自分の責任でやらないとダメってことだね。

 

理由④英語力が無いとムリ

英語の必要度は、外資系企業の中でも、会社・ポジション・職種などによって様々です。

  • 社内の会議~日常会話まで全て英語
  • 英語でプレゼンくらいはできないと
  • 時々英語のメールを書ければなんとか…

など、ずいぶん違いがあるようです。

とはいえ、日本の会社に比べれば「英語はできて当たり前」感が強いのは事実でしょう。

外資に興味アリ
うーん。英語だけの環境なんて体験したことないから、ちょっと怖いわ。
外資に興味アリ
英語力を伸ばす良い機会だと思ってチャレンジするか…悩むねぇ…

 

理由⑤日系企業とは文化が全然違う

よく言われる「日本企業との文化の違い」。例としては

  • 自分のできること・できないことを主張する必要がある
  • 成果を伴わない長時間労働は無能の証と思われる
  • 会議で発言しないと、出席の価値無しと言われる
  • 勤めている人のバックグラウンドが様々で多様性がある
  • 意思決定のスピードが速い

などがあげられます。

外資に興味アリ
今までの会社とはずいぶん違うわ。変化って怖いものね…。
外資に興味アリ
今の会社の状態に、不満とか疑問とかあるから外資を考えてるんだけど…。すごく変わるって言われると、それはそれで怖くなっちゃうよね。

 

「外資が気になるけど怖い」そんなあなたが知るべきポイント3つ

外資に興味アリ
うーん。やっぱり、外資は気になるけど怖い!悩ましすぎるよ~

そんなあなたに、知っておいてほしいポイントが3つあります。

 

ポイント①外資は合う・合わないが激しい

外資系企業の文化は、日本企業のモノとはずいぶん違っています。

今まで日本の社会の中で暮らしてきた人にとって、突然の変化にとまどうことは多いと思います。

 

驚きが去ったそのあとに

  • これって最高!私には合ってる!」と感じるか
  • ぅ…。ちょっと激しすぎるかも。キツイ…。」と感じるか

は、人によって真っ二つです。

イキイキと働ける人も多い一方で、「イメージと違った」「メンタルを病んでしまった」「すぐに再転職するハメになった」という人も少なくありません。

フルーツ
期待ばかりで先走ることなく、慎重に情報収集する必要があります。

 

ポイント②外資へのキップは片道キップ

あまり知られていないことですが

転職エージェント
外資系企業→日系企業への転職は、意外と難しいんです

という事実があります。

 

  • 日系→日系は、OKだし
  • 日系→外資系も、いつでもOK
  • 外資系→外資系も、OKだけど
  • 外資系→日系だけは、難しい

ので、外資への転職は片道キップになりかねないんです。

外資に興味アリ
それって、外資に合わなかったらメチャきつくない?
フルーツ
イメージだけで外資転職を決めるのはリスキーかもしれません。

 

だからといって、せっかく外資に興味があるのに、よく検討もせずに候補から外してしまうのは、もったいないです。

  • 外資系企業と日系企業の両方に詳しくて
  • 自分自身の性格・キャリアにも配慮してくれる
  • 優秀なプロの助けを借りる

のがおすすめ。JACリクルートメントなんかのエージェントさんは、良いサポーターになってくれると思います。

フルーツ
私なら、シロウト判断は怖いので、必ずプロのエージェントに意見をききます。

 

ポイント③「外資に近い日系」「日系に近い外資」もある

ここまで、一般的な「いわゆる外資系企業」の話をしてきました。

とはいえ、実際には「外資系企業」という名前の会社はありません。

給与体系・福利厚生制度・企業文化などは、全て会社ごとに違っているのです。

フルーツ
ひとくくりに「外資系企業」と言ってみても、実態は会社ごとに違っているということ。

 

  • 外資系企業でも、年功序列に近い会社もあるし
  • 日系企業でも、実力主義の会社もあります
  • 外資系企業でも、退職金があるところもあるし
  • 日系企業でも、外資系に近い文化を持っている会社もあります

実際に勤めるのは、独特の制度と独特の文化をもった、たった1つの会社です。

「自分自身はどんな会社で働きたいのか」改めて考え、それに合った会社を選びとることが大切でしょう。

フルーツ
とはいえ、各企業の内部事情は、個人の力では調べにくいもの。内情をよく理解しているエージェントさんが味方につけるのが現実的カナ、と思います。

 

外資への転職まとめ:プロの診断をきいてみるのが◎

「外資系企業が気になる。でも怖い」と感じる人は、少なくないと思います。外資系企業には、日系企業とは違った特徴があるからです。

  • 業績に応じた給料
  • 職務範囲が明確・付き合い残業ナシ
  • しっかり休める

と聞けば魅力を感じますし、

  • 終身雇用が無い
  • 上司との関係がシビア
  • 退職金が無い
  • 英語力が無いとムリ
  • 日系企業とは文化が違い過ぎる

と聞けば不安に思ったりもするわけです。

 

外資に興味アリ
うーん。それで、結局、どうすればいいのかなぁ?

悩んだときは、プロに相談してみるのが正解でしょう。

  • 外資系企業と日系企業の両方に詳しくて
  • 自分自身の性格・キャリアにも配慮してくれる

優秀な転職エージェントを選んで、じっくり話を聞いてみましょう。

 

フルーツ
具体的には、JACリクルートメントへの相談がおすすめです。
  • 持っている求人案件は、ほぼ外資系50%・日系50%
  • こちらの性格やキャリアを見て、アドバイスをくれる
  • 丁寧で優秀なエージェント

というわけで、この手の相談にはピッタリなんです。

 

フルーツ
私自身、外資系への興味が高まったころ、JACリクルートメントさんに相談してみたことがあります。

そのときは

  • 外資系はおすすめしない
  • 面談の印象だと、あまり合わないのではないかと思う
  • 突然文化が変わりすぎるし、片道キップになりやすいので慎重になった方が良い

という内容のアドバイスを頂きました。

フルーツ
「止めておいた方が良い」というアドバイスをちゃんとしてくれるエージェントさんは、貴重だと思います。

 

「外資に近い特徴を持った日系企業もあるので、そちらを紹介しますね」ということで良い案件もたくさんご紹介いただきました。

大変満足度の高い面談でした。

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

「気になるけど怖い」なんて、いくら悩んでも答えはでません。どちらにせよ、ネットの情報だけでは不十分(自分に合うかどうかはわからないので)です。

優秀なエージェントさんとの面談は、

  • 新しい可能性に気づけたり
  • プロの目から自分がどう見えるかわかったり
  • 気になっている会社の内情が知れたり

情報収集に最適、良いことづくめです。話をきくだけならノーリスクですし、完全無料で対応してもらえます。

フルーツ
ぜひ一度、相談してみてくださいね。

JACリクルートメントさんなら、外資に転職するにせよ、日系に転職するにせよ、はたまた今の会社に留まるにせよ、あなたに合った選択をアドバイスしてくれると思いますよ。

それではまたっ!

 

※関連記事です

短期間で年収を上げるために重要な3つのこと【日本の雇用環境における結論】

2019.11.25

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの転職活動事情】

2019.05.29

【転職先の選び方】経理部員はココを見る!リスクを避けるチェックポイント6選

2019.12.12
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

フルーツ

こびと株.comの共同管理人。慶應義塾大学卒業後、一部上場企業に就職。経理/財務の実務経験10年超、日商簿記1級、証券アナリストを有する「企業と個人のお金の専門家」。4つの財布(給与/配当/不動産/事業収入)を駆使して経済的自由を達成することを目標に奮闘中。