短期間で年収を上げるために重要な3つのこと【日本の雇用環境における結論】

会社員
あ~、もっとお金欲しいなぁ。手っ取り早く年収をアップさせたい時って、どうすれば良いんだろう?

こんな疑問に答えます。

 

こびと株.comのメンバーは「4つの財布戦略」を掲げて

  1. 給与を伸ばし
  2. 配当金を伸ばし
  3. スモールビジネス(事業収入)を伸ばす

ということで、総年収を着実に伸ばしていっています(たぶん、同世代だと上位1~3%ぐらいかと)。

本腰入れて手を出していないのは、④不動産投資ぐらいですね。

年収を確実かつ着実に伸ばしていくために、ずいぶんと試行錯誤しました。

 

この記事では、手っ取り早く年収をアップさせるために重要な3つのことを解説していきたいと思います。

本記事の概要
  1. 年収をアップさせるための5つの選択肢
  2. 手っ取り早く年収を上げるために重要な3つのこと

条件を満たす人の場合は、この記事を読んだ直後に「年収アップ」のための第一歩を踏み出せるかなと思います。それでは、しばしお付き合いくださいませ。

 

年収をアップさせるための5つの選択肢

本題に入る前に、年収をアップさせる5つの選択肢をサラっと見ておきましょう。

以下の感じです。

年収を上げる5つの選択肢
  1. 昇進を狙う
  2. 独立・起業する
  3. 副業をする
  4. 投資する
  5. 転職する

順番に見ていきます。

 

①昇進を狙う

現在勤めている企業で成果を出して、引っ張りあげてもらうパターンです。

ただ、基本的に

  • 日本企業の給与体系は年功序列で、同期とはあまり差がつきません
  • 同期と差が出るようになるのは、管理職層になれるかなれないかあたりの年齢から

今20代~30代の人は、ガッツリ年収をあげようと思ったら5年~10年といったスパンで頑張る必要があります。

 

なお、昇進・昇格は運の要素もかなり絡みます。

時間をかけた挙句に「運」が向かなかった場合は結構悲惨ですね。

実力だけではどうにもならないのが、サラリーマン組織の宿命です。会社員経験が数年ある人は、ピンとくるものがあるでしょう。

 

もっとも短期的に効き目のある年収アップ方法は『残業しまくること』ですが

  • 時間を失うこと
  • 過労で心身にダメージを負う可能性が高いこと
  • 働き方改革などで、無限の残業が認められにくくなっていること

などを考えると、あまり良い手ではありません。

 

②独立・起業する

会社員として昇格を狙うより、独立・起業を狙う方がアップサイドは大きいです。

とはいえ、

  • やっただけお金を稼げるとは限らない
  • 稼げるときもあれば稼げない時もある

ということで、安定とは程遠い生活になります。

 

私の友人(エンジニア:年収400万円)は、在職中に副業で独立ネタを見つけ、年間600万円分の仕事を発注してくれるパートナーを見つけて独立しました。

ところが、独立して1年半後に取引を打ち切られてしまったのです。理由はよく分からなかったそうです。

今は新しい取引先を獲得すべく、貯金を切り崩しながら営業活動に奔走しています。フリーの世界ではこういうことは珍しくありません。

 

③副業する

副業も、てっとり早く年収をアップさせる選択肢の1つです。

※副業と言われて、パッとどんなものがあるか思い浮かばない人は、この本を読んでみるのがオススメ。大体網羅しているので、この中から興味があるものに手を出して試行錯誤していけばOKです。

 

残業時給<副業時給になった場合、副業のメリットはかなり大きいと言えます。気持ちの面でも、金銭的にも、圧倒的な余裕が生まれます。

【賢く稼ぐ】残業で100万円稼ぐより、副業で100万円稼いだ方が手取りが圧倒的に多くなる3つの理由

2019.09.30

 

問題は、残業と同じく

  • 時間を失うこと
  • 過労で心身にダメージを負う可能性が高いこと

ですね。

 

残業代は勤務時間に比例して確実にもらえますが、副業の場合はそうとは限りません。「残業してた方がマシじゃん」というのはよく聞く話。

一方で、やり方次第では収入が右肩上がりになります。

  • 残業:ローリスク・ローリターン
  • 副業:ミドルリスク・ミドルリターン

といったところでしょうか。

 

副業で年収をアップさせようと思ったら、1年ぐらいは下積みが必要かなと思っています。会社員としてそれなりに仕事ができるようになるまで、それぐらいの時間はかかってますよね。

この1年を乗り越えられると、ワンチャン人生が変わるぐらいのインパクトになる可能性があります。

シーさん
スモールビジネスが、給与収入に次ぐ家計の柱になると、ほんと人生安定しますね。

 

④投資する

レバレッジを効かせて(借金をして)投資をするという選択肢もあります。

  • アパート/マンションなどの不動産投資
  • 民泊/ホテル事業
  • コインランドリー経営
  • 太陽光発電

カネに働かせることで、普通のサラリーマンではありえないようなペースで収入を伸ばすことが出来ます。

 

もちろん、そのぶん大きな財務的リスクを負うことになります。

最近の不動産投資(都市圏)の場合、

  • 1億円借金して
  • いいとこ、150万円の手残り

のようです。

手取り年収150万円アップさせるために、1億円の借金をする度胸/信用のある人は、不動産投資等は選択肢の1つになります。3億借金できればセミリタイアです。

シーさん
私は年間150万円のキャッシュのために1億借金する気にはならないですね

 

⑤転職する

最後の選択肢は「転職」です。

繰り返しになりますが、日本企業の給与体系は、基本的に年功序列です。つまり、給与を決定づける最大の要因は「年齢」ということ。

  • 40歳で異動してきたマーケティングのド素人
  • 実務経験が10年ある35歳のマーケティングのプロ

同じ会社内なら、前者の方が給与が高くなるのが日本企業の特徴です。

 

こういう状況で、実力に見合うかたちで年収をアップさせる方法は、たった1つです。

  • 今よりも給与水準の高い会社に転職する

これだけです。給与テーブルそのものをレベルアップさせるのが、一番確実です。今の年収も上がりますし、今後の給与の伸びにも期待できるようになります。

シーさん
給与水準が低い会社でいくら頑張ったところで、給与は大して増えません。これが現実

 

手っ取り早く年収を上げるために重要な3つのこと

以上を踏まえて、

  • 手っ取り早く
  • できるだけ低リスクに

年収をアップさせるための重要ポイントを、3つ解説します。

 

年収アップのために重要なこと
  1. 転職という選択肢を採用すること
  2. とにかく年収にこだわること
  3. ハイクラス案件に強いエージェントを活用すること

上記のとおり。

詳しく見ていきましょう。

 

①転職という選択肢を採用すること

上記で紹介した5つのうち、「転職」という選択肢を最優先に考えましょう。

  • 日本企業で昇格を待つのはあまりにも時間がかかる
  • 副業は時間の切り売りになりがちで、芽が出るまでに時間もかかる
  • 独立・起業は、最初年収が下がるのが当たり前。軌道に乗るまでが超大変
  • 投資は種銭が少ない一般庶民には限界がある

こういう理由です。

 

昔は、いまほど転職市場が活況ではありませんでした。

  • 35歳転職限界説だの
  • 転職は生涯で〇〇万円損をするだの
  • 入社した会社に定年までいるのが一番お得だの

転職に対してネガティブな、色々な説・書籍がありましたね。ところが、今はもはやそういうトレンドではありません。

 

転職が「普通」「当たり前」になっている時代です。

イマドキ、転職活動は普通だよね?【サラリーマンの転職活動事情】

2019.05.29

主な理由は、高齢者層の退職・若い世代の減少による、働き手不足です。若い労働者の売手市場になっているということです。

ここ数年は、景気も良かったですし、転職で年収を上げた友人は多くいます。

 

転職を成功させた友人のセリフで最も印象に残っているのは

  • 「在職中の転職活動は、ノーリスク。いい会社が見つからなくても損はしない」
  • 「転職活動は、金銭面でノーリスク。採用前に報酬条件はすべて分かるから。」

というもの。

 

  • 今よりも年収がアップするところが見つかればそれでOK
  • 見つかれなければ今の会社に居ればOK

どちらに転んでも、損することはないというワケです。

※転職活動は、交通費ぐらいしかお金がかかりません。転職エージェントの利用料は「採用活動をしている企業サイドが払う」ので、私たち利用者は無料なのです。

 

副業などと比べると圧倒的に手間暇が少ないですし、ローリスクかつ即効性のある年収アップ手段として、転職は絶対に候補から外せないということですね。

 

②とにかく年収にこだわること

次の重要ポイントは、とにかく年収にこだわることです。

これが最重要といっても過言ではありません。

 

なんだかんだといって、年収を上げたいと言っているわりに年収にこだわっていない人は多いです。

  • こういう仕事はしたくない
  • 勤務地はこういうところじゃないと嫌だ
  • 〇〇はやったことがないから出来るか不安だ
  • お金を最優先にするなんてなんかダサいetc…

 

仕事を探す際には、色々な希望条件があるものですが、悪いことは言わないので、とにかく年収を第一順位に置きましょう。そのために、どんな環境の変化にも立ち向かう決心を持つべきです。

年収アップなんかどうでも良いと言っている人で、年収アップを実現させた人は見たことがありません。やはり、願わなければ叶わないのです。

 

年収をあげることを最優先にして、そのために自分が会社にどんな価値を提供できるかに焦点を絞るべきです。この一点突破の姿勢こそが、活路を生み出します。

あれもこれも欲しいのでは、ブレるだけです。

※本著書のmotoさんは、240万円→330万円→540万円→900万円と転職で順調に年収をアップさせていますが「年収そっちのけ」で転職活動したらこんな結果になるわけないですね。

 

今の景気なら、こういうアプローチをとれば年収をアップさせることはそう難しくありません。

ありがちな勘違いですが、年収の高い仕事=大変な仕事というわけではないです。もしそうなら、この世にブラック労働は存在しないことになります。

大変な仕事なのに、給与が低い。そういう仕事はいくらでもあります。逆に、比較的ラクなのに高賃金の仕事もあるのです。思い込みは捨てて、高年収にこだわりましょう。

 

③ハイクラス案件に強いエージェントを使うこと

3つめのポイントは、ハイクラス案件に強い転職エージェントを使うことです。

世の中にはたくさんの転職エージェントがありますが、そのなかで「ハイクラス案件」に特化しているエージェントがあります(経験上、ハイクラス案件に弱いエージェントを使うのは時間のムダです)。

JACリクルートメントという転職エージェントです。

本気で年収をアップさせたいと思ったら、ここが圧倒的におすすめです。

【JACリクルートメント評判】実際に7社を使った私が体験談を話します

2019.06.05

 

このエージェントの特徴は下記の通り。

  1. 業界3位の転職エージェント
  2. ハイクラス・専門職向けで、即戦力を求める求人案件が多い
  3. ②が特徴的なので、合う・合わないがハッキリしやすい
  4. 基本的には、評判はかなりイイ
  5. 実際に使ってみても、大満足の対応

30代以上で、経験のある業界・職種への転職を希望し、確実な年収アップを実現させたいのなら、JACリクルートメントは候補から外す理由がありません。

ハイクラス案件に強いだけあって、求職者側のスペックがそれなりに高くないと門前払いにあう可能性もあります。あなたに紹介できる案件はないですよ、ということです。

※こういう姿勢が、逆にJACリクルートメントのブランド力を高めていますね。

 

逆に言えば、彼らに相手をしてもらえるというだけで、年収アップのチャンスが開かれるということです。

特に、現時点で年収600万円以上ある人はチャンス大です。これほど年収が高い人はそう多くないので、厚遇されます。最低ラインという意味では、おそらく500万ぐらいですかね。

 

エージェントに聞けば分かると思いますが、年収アップを実現した事例がかなり豊富にあります。

  • 今よりも年収をアップさせたいということ
  • どんな経験を積んできて、どんな分野で貢献できるか

この2つをしっかり伝えられれば、あとはガッチリサポートが受けられるでしょう。

 

転職のヒント:現在の年収<市場価値の人は結構多いです

私たちは、高校・大学卒業後の新卒採用時に、いったん自分の労働力をマーケットに時価評価されることになります。これが日本の採用慣行の特徴です。

同じ人で

  • 年収300万円のオファー
  • 年収1,000万円のオファー

こういったものが混ざることはなく、内定をもらえる会社からの年収はどれも似たり寄ったりになります。それがあなたの市場価値だからです。

 

その後、内定をとった会社で働き始めるとします。いったん働き始めると

  • 仕事をすごく頑張るAさん
  • 仕事をいいかげんにやるBさん

この2人の実力差はあっという間に開きます。ところが、給与差はあまり開きません。同じ会社にいて、同じような年齢だからです。

 

  • 多くの日本企業では、露骨に同世代の給与差をつけることはしませんし(本当は貢献度が天と地ほど違うにもかかわらず)
  • 自分より仕事ができなくても、年上であるというだけで給与は高くなります

つまり、「実力」と「給与」にギャップが生まれていくということです。

 

このギャップを自力で埋める行為が転職活動です。成長した自分を、また客観的に時価評価してもらうというわけです。

社内そういう機能(実力を正当に評価して給与を決める)がないのだから、市場原理が働いている外の世界に飛び出して、時価評価してもらうしかありません。

 

私は「転職さえすれば給与は上がる」と言うつもりはさらさらありません。

転職活動は、

  • 自分の実力
  • 今の給与

このギャップを埋める手段なので、実力がない人の年収が上がる余地は、当然ありません

 

  • 年収>市場価値の人は、今の会社にしがみつくのが金銭的にはベストな選択になります。
  • 年収<市場価値の人は、待遇を良くしたいのならとっとと転職すべきです。今の年収は、会社からあなたへの評価に他なりません。

※見合う給与も払わずに『評価している』と言い張る会社はよくありますが、買い叩きもいいところですね。

 

特に、やる気のある20代後半~30代前半は「実力」と「給与」が見合ってない人が多すぎますね。ただ一生懸命、働かないおじさんのために働かされている状態です。

【日本の闇】大企業で生まれる働かないおじさんについて【対処法ナシ】

2018.11.03

20代後半~30代前半は、圧倒的に求人が多く、転職しやすい良いタイミングです。このタイミングで会社に搾取されると取り返すのが難しくなるので、そこは理解しておきましょう。

シーさん
年収を正当に評価する仕組みが「外の世界」にしかないというのも変な話ですよね~

 

まとめ:年収を上げる最短コースは「年収にこだわった転職」です

以上をまとめます。

年収を上げようと思ったら、5つの選択肢があります。

年収を上げる5つの選択肢
  1. 昇進を狙う
  2. 独立・起業する
  3. 副業をする
  4. 投資する
  5. 転職する

 

こういった選択肢があるなかで、年収を上げようと思ったら次の3つが特効薬になります。

年収アップのために重要なこと
  1. 転職という選択肢を採用すること
  2. とにかく年収にこだわること
  3. ハイクラス案件に強いエージェントを活用すること

 

転職活動というのは、

  • 今の実力と
  • 今の年収の

ギャップ(差)を埋めにいく行為です。

とにもかくにも、今の自分は最大でいくらの年収オファーを受けられるのか?トコトン年収にこだわって転職活動をしてみましょう。自分のMAX年収を知るのは良いことです。

 

転職活動をするにあたって「年収アップメインでいくなら」JACリクルートメントが圧倒的におすすめです。ハイクラス案件に強みがあります。

  1. 業界3位の転職エージェント
  2. ハイクラス・専門職向けで、即戦力を求める求人案件が多い
  3. ②が特徴的なので、合う・合わないがハッキリしやすい
  4. 基本的には、評判はかなりイイ(相手にされなかった人からの評判が悪いです)
  5. 実際に使ってみても、大満足の対応

前述の通り、ある程度の実力がないと相手にされません

「とりあえず、誰でも彼でも相手にして転職させてしまえ」というエージェントではないのです。

逆に言えば、相手にしてもらえるだけで年収アップの可能性がありますから、待遇をアップさせたい人はぜひコンタクトをとってみてください。

※チャンスがあるのは、今のような好景気の時だけです。不況がきたら「転職すれば年収上がるよ」なんて、頭がお花畑のことは言っていられなくなります。

 

もし年収100万円アップできたら、30年で3,000万円の経済的メリットがあります。

  • 家を買える
  • 車・時計など贅沢品も買える
  • 子供の教育費が2人分余裕で出る
  • 趣味に使えるお金も圧倒的に増える
  • 貯蓄に回せば老後問題も解決

転職しない人は、こういうチャンスを見過ごしているということです。

今はとにかく採用環境が良いですし、何より転職は若いうちの方が有利です。後悔しないように、動ける時に動いておきましょう。

年収にこだわっておくと、人生ラクになりますよ。

以上、「短期間で年収を上げるために重要な3つのこと【日本の雇用環境における結論】」でした。

それではまたっ!

 

関連記事です。

私が「転職賛成派」になったのは、自分がある種の絶望を味わったからです。学生のうちに知っておきたかったですね。

経理の年収にまつわる3つの「残酷な真実」と年収アップ戦略

2019.09.11

 

今の職場に満足しているけど年収を上げたい人は、やっぱり副業がおすすめです。税金的なメリットがすごく大きいです。

【賢く稼ぐ】残業で100万円稼ぐより、副業で100万円稼いだ方が手取りが圧倒的に多くなる3つの理由

2019.09.30

 

今は毎年のように配当金が増え続けて楽しい生活を送っているわけですが、最初は小さな金額からのスタートでした。労働に依存しない収入が欲しい人は、小さくコツコツ始めてみましょう。

【配当金月3万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資の始め方を解説します

2019.08.20
スポンサーリンク
スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

シーウィード

こびと株.comの管理人(役割:投資対象の選定)。お金の話と健康をこよなく愛するアラサーリーマン。一部上場企業の経理/財務部で財務諸表を作成している会計の専門家(日商1級・証券アナリスト)。40歳時点で給与以外の収入(配当/不動産/サイト運営)を月額20万円にすることを目標に活動中。187cmの大男。